滝と渓谷

渓流・森・滝・渓谷 美しい自然を感じて

【 男鹿大滝(大瀑) 】 秋田県男鹿市

2016年09月19日 | 秋田県の滝と渓谷

   

・男鹿大滝(H28.9.16)                                                 ・男鹿大滝(H28.9.16)                                                  ・男鹿大滝(H28.9.16) 

   

・男鹿大滝滝壺(H28.9.16)                                           ・男鹿大滝(H28.9.16)                                                  ・男鹿大滝(H28.9.16) 

 

・男鹿大滝(H28.9.16)                                                 ・男鹿大滝落ち口(H28.9.16)

男鹿大滝駐車スペース

〇 アクセス

県道121号にある「大瀑入口」の標識から県道を離れて道なりに約0.8km、2分位進むと男鹿大滝の駐車スペースがあります。乗用車2台位駐車出来そうでした。トイレはありませんでした。県道を離れると舗装されていますが道幅の狭いすれ違い困難な道になるので対向車に十分注意が必要です。男鹿大滝へは、駐車スペースから遊歩道を歩いて12、3分で滝前に到着します。遊歩道は刈り払いされていて問題なく歩くことが出来ますが、渡渉を繰り返しながら進むので沢靴や長靴等で訪れたほうが、足元が濡れるのを気にせずに歩くことが出来ると思います。(平成28年9月16日現在)

コメント

【 門前大滝 】 秋田県男鹿市

2016年09月19日 | 秋田県の滝と渓谷

   

・門前大滝下流の小滝(H28.9.16)                                 ・門前大滝(H28.9.16)                                                 ・門前大滝(H28.9.16)

 

・門前大滝(H28.9.16)                                                  ・門前大滝下流の渓流と竜ヶ島(H28.9.16)

門前駐車場

〇 アクセス

県道59号沿いの門前地区になまはげ立像のある駐車場があります。駐車場には公衆トイレがあり、乗用車15台位駐車できそうでした。門前大滝へは、駐車場から門前漁港に向かって階段を下り、海岸沿いの車道を右に進むと遊覧船案内所がありそのまま進むと海岸に下りることができます。そこから先は大きな石が転がった海岸を歩いて進むと、駐車場から20分位で滝前に到着します。海岸は山側に踏み固められて少し歩き易い部分もありますが、大きな石が転がっている海岸を歩くので足元に注意が必要です。当日は水量が少なくほとんど水が流れていませんでしたが、迫力ある岩盤を間近で見ることが出来ました。近くの海岸にいた地元の方に尋ねると、この時期は水量が少ないとの事でした。(平成28年9月16日現在)

コメント

【 三段の滝 】 富山県砺波市

2016年09月13日 | 富山県の滝と渓谷

   

・三段の滝(H28.9.10)                                                 ・三段の滝上部(H28.9.10)                                           ・三段の滝(H28.9.10) 

 

・三段の滝滝壺(H28.9.10)                                           ・三段の滝(H28.9.10)

三段の滝駐車スペース

〇 アクセス

国道156号から国道471号に入り約1.5km、2、3分走ると林道の入口があります。林道に入り道なりに約4km、10分位進むと牛岳トンネルの入口手前に乗用車3、4台駐車出来るスペースと遊歩道の入口があります。このページの案内板の写真も参考にして下さい。林道は舗装されていますが道幅が狭く待避所も少ないので対向車に十分注意が必要です。この時期、道路の両側から生い茂った夏草が車のボディーに接触する所が何ヶ所もありました。三段の滝へは、駐車スペースから遊歩道を歩いて3、4分で滝前に到着します。遊歩道は少し足元の悪い所もありましたが刈り払いもされていて特に問題なく滝前に行くことが出来ました。(平成28年9月10日現在)

・牛嶽ふるさと歩道案内図案内板

コメント

【 梨谷川 美ヶ谷 】 富山県南砺市

2016年09月11日 | 富山県の滝と渓谷

   

・美ヶ谷に懸る滑滝(H28.9.10)                                ・美ヶ谷の滑(H28.9.10)                                ・美ヶ谷の滑(H28.9.10)

   

・美ヶ谷の滑(H28.9.10)                                          ・美ヶ谷の滑(H28.9.10)                                               ・美ヶ谷に懸る滝(H28.9.10)

   

・美ヶ谷に懸る滝落ち口(H28.9.10)             ・美ヶ谷の滑(H28.9.10)                                               ・美ヶ谷に懸る滝(H28.9.10)

   

・美ヶ谷に懸る滝落ち口(H28.9.10)                              ・美ヶ谷に懸る滝(H28.9.10)                                       ・美ヶ谷に懸る滝(H28.9.10)

   

・美ヶ谷に懸る滝(H28.9.10)                                        ・美ヶ谷の滑(H28.9.10)                                               ・美ヶ谷の滑(H28.9.10)

・美ヶ谷に懸る滑滝落ち口(H28.9.10)

美ヶ谷入渓地点駐車スペース

〇 アクセス

国道304号からたいらスキー場へ向います。たいらスキー場を過ぎてそのまま道なりに進み国道から約2.1km、3分位走ると道路の左手に林道獅子越線の入口があり白い林道の標柱が立っています。林道に入り800m位進んだ所に入渓地点があり、入渓地点の50m位手前に乗用車1、2台、100m位手前に乗用車2、3台駐車出来るスペースがあります。林道は入渓地点の500m位手前からダートになり、路面に凹凸があり砂利の悪路になるので運転に注意が必要です。当日は、入渓地点から美ヶ谷の滑や小滝を見ながらゆっくり沢を30分位歩いた所にある大きな滝まで往復しました。沢を歩くので沢靴等沢を歩く装備と、滑り易い所もあるので足元に十分注意が必要です。美ヶ谷に懸る滑滝や滝は滑らないよう注意が必要ですが、足場があるので問題無く昇降出来ます。また、天候によっては沢を歩く事が困難になると思われるので天候にも注意が必要です。(平成28年9月10日現在)

〇 詳しくは 【 初秋の梨谷川美ヶ谷 沢歩き 】 のページへ 

コメント

【 妙高山 黒沢 】 新潟県妙高市

2016年09月04日 | 新潟県の滝と渓谷

   

・黒沢に懸る滝(H28.9.3)                                            ・黒沢に懸る滝(H28.9.3)                                             ・黒沢に懸る滝(H28.9.3)

   

・黒沢の渓流(H28.9.3)                                                ・黒沢に懸る滝(H28.9.3)                                             ・黒沢に懸る滝(H28.9.3)

   

・黒沢に懸る滝(H28.9.3)                                            ・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)                                        ・黒沢の渓流(H28.9.30)

    

・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)                                         ・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)                                          ・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)

   

・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)                                         ・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)                                          ・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)

   

・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)                                         ・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)                                          ・黒沢の渓流(H28.9.3)

   

・黒沢に懸る小滝(H28.9.3)                                         ・黒沢に懸る滝(H28.9.3)                                            ・黒沢に懸る滝(H28.9.3)

   

・黒沢に懸る滝(H28.9.3)                                             ・黒沢に懸る滝(H28.9.3)                                            ・黒沢に懸る滝(H28.9.3)

火打山・妙高山登山口駐車場

〇 アクセス

国道18号から県道39号に入り笹ヶ峰キャンプ場に向います。国道から30分位走ると県道脇に火打山・妙高山登山口の駐車場があります。乗用車20台位駐車出来そうでした。満車の場合は県道の向かい側に笹ヶ峰キャンプ場の広い駐車場があるのでそちらに駐車する事が出来ます。トイレはキャンプ場の駐車場にあり、清涼飲料の自動販売機もありました。県道は妙高杉ノ原スキー場入口付近から道幅が狭くなるので運転に注意が必要です。当日は駐車場から県道を6、7分歩いた所にある県道の黒沢に架かる橋の袂から沢に入り、火打山・妙高山登山道の黒沢橋までの沢歩きを楽しみました。沢を歩くので沢靴等沢を歩く装備と、岩場を歩く所もあるので足元に十分注意が必要です。また天候に寄っては水量が増して沢を歩くことが困難で危険になると思われるので天候にも十分注意が必要です。県道の黒沢に架かる橋から途中休憩しながらゆっくり歩いて4時間位で登山道の黒沢橋に着きました。帰りは登山道を歩いて45分位で駐車場に戻る事が出来ました。今回歩いた黒沢は歩く距離も長く、大きな岩が転がっている岩場を歩く所も多いので少し体力が必要です。滝や小滝は川岸近くを普通に歩いて登ったり巻いて進む事が出来ます。沢に下りて10分位歩くと滑や滑滝が連続している美しいエリアがあり、そこを過ぎると時折小滝や渓谷になっている所がありますが大きな岩が転がるゴーロが続き、終盤は美しい小滝や滝が続いて黒沢橋に到着します。県道の黒沢に架かる橋の袂にも乗用車2台位駐車出来るスペースが有るので、美しい滑と滑滝が続くエリアで折り返しても沢歩きの楽しさを十分感じる事が出来ると思います。(平成28年9月3日現在)

〇 詳しくは 【 初秋の妙高山 黒沢 沢歩き 】 のページへ

コメント