滝と渓谷

渓流・森・滝・渓谷 美しい自然を感じて

【 澗満滝 】 長野県下高井郡山ノ内町

2019年11月01日 | 長野県の滝と渓谷

   

・澗満滝(R1.10.30)                                                ・澗満滝(R1.10.30)                                                  ・澗満滝(R1.10.30)

澗満滝展望台駐車場

〇 アクセス

国道292号(志賀草津道路)沿いに澗満滝展望台の駐車場があります。駐車場にトイレは無く乗用車10台位駐車出来そうでした。澗満滝展望台へは、駐車場から1、2分で行く事が出来ます。展望台からは遠望になりますが、美しい滝と紅葉の山の風景を楽しむ事が出来ました。(令和1年10月30日現在)

コメント

【 丸畑渓谷・瀬戸の滝・日照の滝 】 長野県下伊那郡売木村

2019年04月25日 | 長野県の滝と渓谷

   

・丸畑渓谷(H31.4.20)                                                 ・丸畑渓谷(H31.4.20)                                                  ・丸畑渓谷に懸る滝(H31.4.20)

   

・丸畑渓谷に懸る滝(H31.4.20)                                    ・丸畑渓谷に懸る滝落ち口(H31.4.20)                          ・丸畑渓谷(H31.4.20)

   

・丸畑渓谷(H31.4.20)                                                 ・丸畑渓谷(H31.4.20)                                                  ・丸畑渓谷に懸る滝(H31.4.20)

   

・丸畑渓谷(H31.4.20)                                                 ・丸畑渓谷(H31.4.20)                                                  ・瀬戸の滝落ち口(H30.4.20)

   

・瀬戸の滝(H30.4.20)                                                 ・瀬戸の滝(H30.4.20)                                                  ・瀬戸の滝(H30.4.20)

   

・日照の滝(H31.4.20)                                                 ・日照の滝(H31.4.20)                                                  ・日照の滝(H31.4.20)

丸畑渓谷駐車スペース

〇 アクセス

丸畑渓谷の駐車スペースは売木村と阿南町の境にあり、売木村側からは国道418号から県道46号に入り5分位、阿南町側からは国道151号から県道46号に入り15分位で到着します。駐車スペースには「丸畑渓谷へようこそ」の案内板があり、乗用車2、3台駐車出来そうでした。トイレはありませんでした。県道は道幅が狭いので対向車に注意が必要です。当日は駐車スペース付近の丸畑渓谷を散策し、瀬戸の滝、日照の滝を見学しました。駐車スペースの上流側に階段の土が流出して土留めの丸太が梯子のようになっている階段があり、注意して下ると川岸に行くことが出来ます。川岸付近は岩場になっているので足元に注意が必要です。駐車スペースの下流側に踏跡のような遊歩道があり、遊歩道を下って行くと直ぐ瀬戸の滝を見下ろせる展望スペースがあります。駐車スペースの県道向かい側に日照の滝の遊歩道入り口があり、沢登りコースを歩くと2、3分で滝前に行くことが出来ます。(平成31年4月20日現在)

     〇 画像をクリックすると大きなサイズで表示されます。

・「日照の滝遊歩道案内図」案内板

 

 

コメント

【 差切峡 】 長野県東筑摩郡筑北村

2018年06月17日 | 長野県の滝と渓谷

   

・ドの渕(H30.6.17)                                                    ・差切峡(H30.6.17)                                                     ・差切峡(H30.6.17)

   

・ドの渕(H30.6.17)                                                    ・差切峡(H30.6.17)                                                       ・差切峡(H30.6.17)

   

・麻績川の渓流(H30.6.17)                   ・真珠渕(H30.6.17)                                                     ・麻績川の渓流(H30.6.17)

   

・真珠渕(H30.6.17)                                                    ・真珠渕(H30.6.17)                                                      ・真珠渕(H30.6.17)

差切峡駐車場

〇 アクセス

国道19号から県道55号に入り筑北村方面に進みます。国道から4.3km位進むと県道の左側に乗用車5、6台駐車出来る差切峡の駐車場があります。駐車場の少し先の旧道に公衆トイレがありました。差切峡には、県道から川岸に下りる事が出来る遊歩道が3ヶ所あり、遊歩道を少し歩くとドの渕や真珠渕近くの川岸に下りる事が出来ます。このページの案内板の写真も参考にして下さい。また、県道55号は平成30年6月18日から8月3日までの土日祝日を除く朝9時から夕方4時までの間、災害復旧工事のため全面通行止めの通行規制のお知らせが設置してあったので、訪れる時は道路状況を確認してから訪れた方が良いと思います。(平成30年6月17日現在)

     〇 画像をクリックすると大きなサイズで表示されます。

・「県立自然公園差切峡」案内板

コメント

【 濁滝(白竜の滝) 】 長野県大町市

2018年06月17日 | 長野県の滝と渓谷

   

・不動沢橋(H30.6.17)                ・濁滝(H30.6.17)                                       ・濁滝(H30.6.17)

   

 ・濁滝(H30.6.17)                                                       ・濁滝(H30.6.17)                                                        ・濁滝(H30.6.17)      

   

・濁滝(H30.6.17)                                                       ・濁滝下流の濁沢の渓流(H30.6.17)                               ・濁滝(H30.6.17)

七倉登山口駐車場

〇 アクセス

国道148号から県道326号に入り大町ダム、七倉ダム方面に向かいます。大町ダム、七倉ダムを過ぎて道なりに進むと、突き当りに乗用車50台位駐車出来る七倉登山口の広い駐車場があります。国道から20分位で到着します。駐車場付近に公衆トイレ、清涼飲料の自販機や食事が出来るお店(七倉山荘)、乗り合い出来るタクシー乗り場がありました。混雑時には2km位手前の七倉ダムの駐車場に駐車することになるようです。七倉登山口から高瀬ダムまでは東電の管理用道路で一般車両は通行出来ないため、乗り合いタクシー(片道2,000円位)を利用するか、管理用道路を歩く事(約6km)になります。高瀬ダム堰堤の左側に休憩所、簡易トイレ、帰りのタクシーを呼べるようコイン式公衆電話(10円玉必要)が設置してありました。乗り合いタクシーは季節によって運行時間が違うので「信濃大町なび」のWEBページに詳しい案内が掲載されているので参考にすると良いと思います。濁滝へは、高瀬ダム堰堤の右側のトンネルを抜けて、不動沢に架かる吊橋を渡り烏帽子岳の濁沢登山口に向かいます。ダムの堰堤から15分位歩くと、登山口の少し手前に濁沢に架かる登山道の橋があるので、そこから先は沢沿いに歩いて進みます。ガレで歩きにくい沢沿いを上流方向に5分位歩くと滝壺近くまで行くことが出来ます。滝壺近くは大きな石が転がっているので足元に十分注意が必要です。(平成30年6月17日現在)

コメント

【 日向滝・赤滝 】 長野県下高井郡野沢温泉村

2017年11月03日 | 長野県の滝と渓谷

   

・日向滝(H29.11.3)                                                     ・日向滝(H29.11.3)                                                     ・日向滝(H29.11.3)

   

・日向滝(H29.11.3)                                                     ・登山道脇の風景(H29.11.3)                                        ・赤滝川に懸る小滝(H29.11.3)

   

・赤滝川に懸る小滝(H29.11.3)                                    ・赤滝川の渓流(H29.11.3)                                             ・枝沢に懸る滝(H29.11.3)

   

・枝沢に懸る滝(H29.11.3)                                          ・登山道から見た大仙滝(H29.11.3)                               ・登山道から見た大仙滝(H29.11.3)

 

   

・中ノ滝(右岸側の滝)(H29.11.3)                             ・赤滝川に懸る滝落ち口(H29.11.3)                               ・大仙滝落ち口(H29.11.3)

   

・赤滝川に懸る滝(H29.11.3)                                       ・中ノ滝(左岸側の滝)(H29.11.3)                               ・赤滝(H29.11.3)

   

・赤滝(H29.11.3)                                                        ・赤滝(H29.11.3)                                                        ・赤滝(H29.11.3)

毛無山・赤滝登山コース入口駐車スペース

〇 アクセス

国道117号から県道353号に入り野沢温泉の温泉街を抜けてオリンピックスポーツパークに向かいます。国道から10分位でオリンピックスポーツパークに到着します。オリンピックスポーツパークからはダートの林道を道なりに4km位進むと林道の左側に「毛無山・赤滝登山コース入口」の標柱がある登山道の入口があります。登山道入口の少し先の道幅が広くなっている所に乗用車2、3台駐車出来そうでした。当日はオリンピックスポーツパークの少し先に「土砂崩落のため通行止」の案内があり、登山道入口までの間に法面の土砂が崩落している所が1ヶ所ありましたが、乗用車は普通に通行できそうでした。当面の間、出かける前に道路状況の確認をした方が良いと思います。日向滝へは、登山道の入口から少し進むと分岐があり、分岐を左に進んで赤滝川を渡渉して小さな沢沿いに進むと登山道入り口から6、7分で滝前に行く事が出来ます。赤滝へは、赤滝川に沿って続く登山道を大仙滝や中ノ滝を見ながら登ると、登山口から1時間位で滝前に行く事が出来ます。登山道のルートは明瞭ですが、渡渉が必要な所や急な斜面や崖をへつるような所もあり(しっかりとしたチェーンの補助があるのでそれほど怖くはありません。)、この時期は落葉に覆われた登山道が、粘土質でぬかるんでいて滑りやすい所もあるので足元に注意が必要です。(平成29年11月3日現在)

コメント

【 床並の滝・床並の平垂 】 長野県木曽郡木祖村

2017年06月25日 | 長野県の滝と渓谷

   

・床並の滝(H29.6.24)                                                 ・床並の滝(H29.6.24)                                                   ・床並の滝(H29.6.24)

   

・床並の滝(H29.6.24)                                                 ・床並の滝(H29.6.24)                                                   ・床並の滝(H29.6.24)

   

・床並の滝(H29.6.24)                                                 ・床並の滝(H29.6.24)                                                   ・床並の滝(H29.6.24)

   

・床並の平垂(H29.6.24)                                             ・床並の平垂(H29.6.24)                                               ・床並の平垂(H29.6.24) 

   

・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)

   

・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)

   

・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)

   

・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)

   

・床並の平垂(H29.6.24)                                              ・床並の平垂(H29.6.24)                                               ・床並の平垂(H29.6.24)

床並の滝駐車スペース

〇 アクセス

国道19号から県道26号に入り8.3km位進むと、県道の左側に「床並の滝・平垂」の案内標識があります。標識から左折して「床並の滝」の案内に従って7、8分進むと、「床並の平垂」の案内板があります。案内板の少し先に木製のベンチがある道幅が広くなっている所があり、林道の両側に乗用車3、4台駐車することが出来ます。さらに道なりに1、2分進むと床並の滝への入口と「床並の滝」の標柱があり、標柱付近の林道が広くなっている所に乗用車3、4台駐車することが出来ます。公衆トイレはありませんでした。県道を離れると道幅が狭く、床並の滝の1.3km位手前からはダートになり、0.9Km位手前にあるゲートから先は路面に凹凸もあるので慎重な運転が必要です。床並の平垂は、林道から見学することが出来ますが、当日は沢に下りて美しい滑の沢歩きを楽しみました。床並の滝へは、駐車スペースから遊歩道を歩いて2、3分で滝前に行くことが出来ます。川岸近くの濡れた岩場(チェーンの補助あり。)を歩く所もあるので足元に注意が必要です。(平成29年6月24日現在)

〇 詳しくは 【 初夏の床並の平垂 沢歩き 】 のページへ

コメント

【 尾ノ島の滝 】 長野県木曽郡木曽町

2017年06月25日 | 長野県の滝と渓谷

   

・尾ノ島の滝(H29.6.24)                                              ・尾ノ島の滝(H29.6.24)                                               ・尾ノ島の滝滝壺(H29.6.24)   

   

・尾ノ島の滝(H29.6.24)                                              ・尾ノ島の滝(H29.6.24)                                               ・尾ノ島の滝(H29.6.24)

   

・尾ノ島の滝(H29.6.24)                                               ・尾ノ島の滝(H29.6.24)                                             ・尾ノ島の滝(H29.6.24)

尾ノ島の滝駐車スペース

〇 アクセス

国道361号から県道20号に入り2.5km位進むと、県道の右側に「ここは開田高原旭ヶ丘 尾ノ島の滝2.7km」の案内標識があるので標識から右折します。道なりに1.9km位進むと道路の左側に「ここは開田高原高森 尾ノ島の滝0.8km」の案内標識があるので標識から右折します。尾ノ島の滝の表示は小さいので見落とさないよう注意が必要です。右折すると道幅の狭いダートの道になりますが1、2分で尾ノ島の滝の駐車スペースに到着します。駐車スペースには乗用車4、5台駐車出来そうでした。トイレはありませんでした。尾ノ島の滝へは、駐車スペースから遊歩道を歩いて5、6分で滝前に到着します。遊歩道は問題なく歩く事が出来ますが、滝壺付近は滝の飛沫で岩が濡れていて滑りやすいので足元に注意が必要です。(平成29年6月24日現在)

コメント

【 蓼科大滝 】 長野県茅野市

2017年06月18日 | 長野県の滝と渓谷

   

・遊歩道脇の巨木(H29.6.17)                                       ・遊歩道脇の原生林(H29.6.17)                                     ・蓼科大滝(H29.6.17) 

   

・蓼科大滝(H29.6.17)                                                 ・蓼科大滝(H29.6.17)                                                 ・蓼科大滝(H29.6.17)

   

・蓼科大滝滝壺(H29.6.17)                                          ・蓼科大滝(H29.6.17)                                                  ・蓼科大滝(H29.6.17)

蓼科大滝駐車場

〇 アクセス

国道152号からビーナスライン(県道192号)に入り蓼科湖方面に進みます。蓼科湖から0.9km位進んで県道が大きく右にカーブする所に「大滝キャンプ場入口」の標識があるので、標識から左折して道なりに1、2分進むと道路の左側に蓼科大滝の駐車場があります。駐車場には乗用車7、8台駐車出来そうでした。トイレはありませんでした。県道を離れると道幅狭くなるので運転に注意が必要です。蓼科大滝へは、駐車場から遊歩道を歩いて7、8分で滝前の四阿に到着します。遊歩道は整備されているので問題なく歩く事が出来ますが、木の根が露出している所等もあるので歩きやすい履物で訪れた方が良いと思います。蓼科大滝付近の遊歩道脇の原生林は、巨木に囲まれた深い森の中に迷い込んだような、独特な雰囲気のある美しい森の風景を楽しむ事が出来ます。蓼科大滝へは、歩く距離は少し長くなりますが、ビーナスライン(県道192号)のプール平駐車場からも行く事が出来ます。(平成29年6月17日現在)

     〇 画像をクリックすると大きなサイズで表示されます。

・「蓼科大滝遊歩道周辺案内図」案内板

コメント

【 杜鵑峡 】 長野県茅野市

2017年06月18日 | 長野県の滝と渓谷

   

・杜鵑峡(滝の湯川)の渓流(H29.6.17)        ・杜鵑峡(H29.6.17)                                                     ・杜鵑峡(滝の湯川)の渓流(H26.9.17)

   

・杜鵑峡(H29.6.17)                   ・杜鵑峡(H29.6.17)                   ・杜鵑峡(滝の湯川)に懸る小滝(H29.6.17)         

   

・杜鵑峡(H29.6.17)                 ・杜鵑峡(H29.6.17)                  ・杜鵑峡(滝の湯川)に懸る小滝(H29.6.17)

杜鵑峡遊歩道入口

〇 アクセス

国道152号から県道484号に入ります。道なりに1.8km位進むと県道の左側に杜鵑峡遊歩道の案内板と遊歩道の入口があります。遊歩道の入口付近の路肩に乗用車2、3台駐車出来るスペースがあります。ビーナスライン(県道192号)から県道484号に入り遊歩道の入口に向かうことも出来ます。杜鵑峡へは、遊歩道の入口から5、6分で渓谷の入口、滝の湯川に架かる霧島の橋(吊り橋)に到着します。遊歩道は30分位で一周して入口に戻ることが出来ますが、岩場を歩く所や、渓流沿いを離れると道幅の狭い急な登りもあるのでしっかりした足回りが必要です。渓谷の風景を楽しむことが目的であれば、遊歩道の入口から杜鵑峡までを往復しても良いと思います。(平成29年6月17日現在)

     〇 画像をクリックすると大きなサイズで表示されます。

・「杜鵑峡遊歩道のご案内」案内板

コメント

【 横谷峡(横谷渓谷)・乙女滝・王滝 】 長野県茅野市

2017年06月17日 | 長野県の滝と渓谷

   

・乙女滝(H29.6.16)                                                     ・乙女滝(H29.6.16)                                                    ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)

   

・横谷峡(渋川)に懸る小滝(H29.6.16)                          ・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)                                      ・霧降の滝(H29.6.16)

   

・霧降りの滝(H29.6.16)                                              ・横谷峡(渋川)に懸る小滝(H29.6.16)                           ・横谷峡(渋川)の滑(H229.6.16)

   

・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)                                    ・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)                                      ・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)

   

・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)                                    ・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)                                      ・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)

   

・横谷峡(H29.6.16)                                                    ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)                            ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)

   

・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)                           ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)                           ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)

   

・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)                           ・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)                                     ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)

   

・一枚岩(H29.6.16)                                                    ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)                            ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)

   

・横谷峡(渋川)の滑(H29.6.16)                                    ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)                            ・横谷峡(渋川)に懸る滑滝(H29.6.16)

   

・王滝上段(H29.6.16)                                                 ・王滝上段(H29.6.16)                                                  ・王滝上段(H29.6.16)

   

・王滝(H29.6.16)                                                        ・おしどり隠しの滝(H29.6.16)                                     ・おしどり隠しの滝(H29.6.16)

横谷峡駐車場

〇 アクセス

国道299号から横谷温泉方面に向かって進みます。(「蓼科高原 横谷峡」の案内板があります。)国道から100m位進むと道路の右側に横谷峡駐車場があります。駐車場にはトイレは無く、乗用車30台位駐車出来そうでした。横谷峡には遊歩道が整備されていて、駐車場から乙女滝や王滝を見学しながらおしどり隠しの滝まで歩いて1時間15分位で到着します。遊歩道は横谷観音への分岐までは道幅の広い林道のような道ですが、分岐から先は道幅が狭くなりアップダウンもある登山道のような道になるのでしっかりした足回りと少し体力が必要です。当日は、霧降りの滝の少し上流から滑と滑滝の連続する美しいエリアの沢歩きを楽しんだ後、そのまま王滝の滝前まで行きました。王滝の滝前へは、遊歩道の分岐に「遊歩道ではありません 王滝付近で行止り 足元悪し 自己責任で一般向けではありません」の看板があり、少し進むと遊歩道にベンチがありそこで遊歩道は終わります。ベンチから先は、以前は左岸に渡る橋があったようですが現在は無いので、左岸に渡渉してそのまま左岸の川岸を20分位歩くと王滝の滝前に到着します。川岸近くは滑りやすい所や落石が転がっているような所もあるので足元に十分注意が必要です。また、王滝の少し手前の滑滝付近の木製の橋が朽ちていて半壊状態でしたが、なんとか渡ることが出来ました。いつ折れるか判らないので無理はしない方が良いと思います。橋が渡れないと滑滝を登るか少し崖をへつらないと王滝の滝前に行く事は出来ません。沢を歩くので沢靴等沢を歩く装備と、天候によっては水量が増して渡渉して進むのが困難で危険になると思われるので天候にも注意が必要です。(平成29年6月16日現在)

     〇 画像をクリックすると大きなサイズで表示されます。

・王滝手前の半壊した木橋

〇 詳しくは 【 初夏の横谷峡・王滝 沢歩き 】 のページへ

コメント