漢字家族BLOG版(漢字の語源)

漢字に関する話題など。漢字の語源・ワードファミリー。 現在、荘子「内篇」を素読しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

荘子:斉物論第二(30) 萬物盡然,而以是相蘊

2008年12月31日 21時25分07秒 | 漢籍
 [ブログ内検索]
荘子:斉物論第二(30)

 長梧子曰:「是?帝之所聽?也,而丘也何足以知之!且女亦大早計,見卵而求時夜,見彈而求?炙。予嘗為女妄言之,女以妄聽之。奚。旁日月,挾宇宙,為其?合,置其滑?,以隸相尊。?人役役,聖人愚?,參萬?而一成純。萬物盡然,而以是相蘊」

 長梧子曰わく、「是(こ)れ?帝(コウテイ)の聴いて?(まど)いし所なり。而るを丘や何ぞ以て之を知るに足たん。且(か)つ女(なんじ)も亦(また)大(はなは)だ早計(ソウケイ)なり。卵を見て時夜(ジヤ・ときをつぐる)を求め、弾(たま)を見て?炙(キョウシャ・やきとり)を求むるとは。予(わ)れ嘗(こころみ)に女(なんじ)の為(ため)に之を妄言(モウゲン)せん。女(なんじ)、以て之を妄聴(モウチョウ)せよ。奚(いかん)。日月に旁(なら)び、宇宙を挾(わきばさ)み、其の?合(フンゴウ)を為し、其の滑?(コッコン)に置り、隸(いや)しきを以て相い尊ぶ。衆人は役役(エキエキ)たるも、聖人は愚?(グドン)、萬?に参じて、一(いつ)に純を成す。万物を尽(ことごと)く然(しか)りとして,而して是(こ)れを以て相い蘊(つつ)む」と。

 すると長梧子は答えた。

 「それは、あの人類最高の智者といわれる?帝でさえ、その説明を聴いてとまどうほどの意味深長なことばだよ。まして(お前の先生の)孔子ごとき人物に理解できないのは無理もない。(彼は”未だ生を知らず、いずくんぞ死を知らんや”とうそぶく徹底した現実主義者だからね)、それにだよ、お前も早合点すぎるよ。その程度の説明で霊妙な道の実践だなどというのは、まだ鶏にもならぬ卵を見て暁を告げさせようとし、鳥を射つ弾(たま)を見て?炙(やきとり)を注文するようなものだ。

 では、ひとつお前のためにでまかせを聞かせよう。お前もいいかげんに聞けばよかろう(絶対者の真の偉大さ、その真面目は言葉などでは説明し尽くせるものではないから、あくまで一つの便宜的な試みとしてだ。便宜的な試みということで真実のほどは保証できないから、お前もそのつもりで聞くがよい)。どうだね。

 さて、、絶対者とは、その偉大な徳化は、あの万物を遍(あまね)く照らす太陽や月と輝きを同じうし、その偉大な包容力は、広大無辺な宇宙をも小脇に挟むほどである。彼は道(実在そのもの)とぴったり一つになり、一切の分別知を捨てて、滑(みだ)れて?(くら)き”不明の明”を自己の智恵とし、己れを奴隷の汚辱に置いて、賤しい者を尊い地位に置き価値の差別をなくし、すべての他人を尊び重んじてゆく。世俗の人間はいたずらに知を競い利を争って、馬車馬のような人生を喘(あえ)いでいるが、しかし絶対者は、是非の分別を捨て、利害得失を一つと見なし、無心忘我の境地に安らかな自己を愉楽するから、その外貌は全く愚鈍な人間のようである。彼は永劫の時間のなかに参入して時間そのものと一つとなり、その一つとなった境地で、ただひたすら自己の純粋性を全うする。彼は一切存在の対立と矛盾の相(すがた)をその対立と矛盾のまま然りとして肯定し、道と一つとなった自己の境地に万物を包摂する。(絶対者はこういった境地を自己の境地とする至高至大の人格なのだ)」

line

黄帝(コウテイ)
 伝説上の帝王。文学・暦法・音楽・医薬などをはじめてつくった人とされる。のち、五行説で土・中央を支配する神とされた。


?
 原文は?の口の部分が日。
 ?合(フンゴウ)とは、上下のくちびるのように、ぴったりとあうこと。



コメント

ピアノ協奏曲・バレー「黄河」

2008年12月31日 11時11分37秒 | Weblog
[郎朗]钢琴协奏曲,芭蕾舞--黄河


[郎朗]钢琴协奏曲,芭蕾舞--黄河(上)]


[郎朗]钢琴协奏曲,芭蕾舞--黄河(中)]


[郎朗]钢琴协奏曲,芭蕾舞--黄河(下)]


コメント

荘子:斉物論第二(29) 無謂有謂,有謂無謂,而遊乎塵垢之外

2008年12月31日 08時38分39秒 | 漢籍
 [ブログ内検索]
荘子:斉物論第二(29)

 瞿鵲子問乎長梧子曰:「吾聞諸夫子,聖人不從事於務,不就利,不違害,不喜求,不?道;無謂有謂,有謂無謂,而遊乎塵垢之外。夫子以為孟浪之言,而我以為妙道之行也。吾子以為奚若?」

  瞿鵲子(クジャクシ)、長梧子(チョウゴシ)に問いて曰わく、「吾れ諸(これ)を夫子(フウシ)に聞けり。『聖人は務めに従事せず、利に就かず、害を違(さ)けず、求めらるるを喜ばず、道に縁(よ)らず、謂う無くして謂う有り、謂う有りて謂う無く、而して塵垢(ジンコウ)の外に遊ぶ』と。夫子は以て孟浪(モウロウ)の言と為せども、我は以て妙道(ミョウドウ)の行と為すなり。吾子(ゴシ)は以て奚若(いかん)と為すや」と。

 瞿鵲子、が長梧子にたずねていった。

 「私は、先生(孔子のこと)に次のようなことを聞きました。

 『聖人は俗事(仕事)に励むようなことはせず、利を求めようとせず、害をさけようともしない。他人が自己を求め用うるからといって喜ぶでもなく、ことさら道を意識してそれに従ってゆくでもない。沈黙していても物言わざる言葉で何かを語っており、しゃべっていてもその言葉は無心の言で、しゃべらないのと同じであり、その身は世俗のうちに在りながら、その心は遠く世俗の世界の外に逍遥している』

 と。ところで、先生(孔子)は、そういった境地を否定して、とりとめのない言語の虚構だといわれるのだが、私はこれこそ霊妙な道の実践だと思う。あなたは、どう考えられるかね」

line

瞿鵲子・長梧子
 いずれも架空の人物。荘子が創作した名前。
 長梧子 ・・・ 長(おお)きな(あおぎり)の下に棲む瞑想者。
 瞿鵲子 ・・・ にとまる鵲(すずめ)のような饒舌家を連想させる。ここでは、孔子の弟子という設定になっている。


為孟浪之言
 漫瀾と同じ。とりとめがなく限りない。


コメント

中古漢語語音教程(もくじ)

2008年12月30日 23時24分09秒 | 音韻論
[中古漢語語音教程(もくじ)]

  中古漢語語音教程-1 聲母
  中古漢語語音教程-2 脣音
  中古漢語語音教程-3 舌音
  中古漢語語音教程-4 喉牙音(上)
  中古漢語語音教程-5 喉牙音(下)
  中古漢語語音教程-6 齒音(上)、尖團音
  中古漢語語音教程-7 齒音(下)
  中古漢語語音教程-8 聲母總結:普通話
  中古漢語語音教程-8附1 聲母總結:日語
  中古漢語語音教程-9 聲調-1
  中古漢語語音教程-9 聲調-2
  中古漢語語音教程-10 韻尾、入聲韻
  中古漢語語音教程-11 韻母
  中古漢語語音教程-12 遇攝
  中古漢語語音教程-13 果攝、假攝
  中古漢語語音教程-14 宕攝
  李白 靜夜思 中古漢語朗讀
  謝靈運 齋中讀書 中古漢語朗讀
  杜牧 山行 中古漢語朗讀



コメント

杜牧 山行 中古漢語朗讀

2008年12月30日 22時52分56秒 | 音韻論
杜牧 山行 中古漢語朗讀



  李白 靜夜思 中古漢語朗讀

  謝靈運 齋中讀書 中古漢語朗讀

  中古漢語語音教程(もくじ)
コメント

謝靈運 齋中讀書 中古漢語朗讀

2008年12月30日 22時49分28秒 | 音韻論
謝靈運 齋中讀書 中古漢語朗讀



  李白 靜夜思 中古漢語朗讀

  杜牧 山行 中古漢語朗讀

  中古漢語語音教程(もくじ)
コメント

李白 靜夜思 中古漢語朗讀

2008年12月30日 22時48分45秒 | 音韻論
李白 靜夜思 中古漢語朗讀



  杜牧 山行 中古漢語朗讀

  謝靈運 齋中讀書 中古漢語朗讀

  中古漢語語音教程(もくじ)
コメント

中古漢語語音教程-14 宕攝

2008年12月30日 22時38分13秒 | 音韻論
中古漢語語音教程-14 宕攝



  中古漢語語音教程-1 聲母

  中古漢語語音教程(もくじ)
コメント

中古漢語語音教程-13 果攝、假攝

2008年12月30日 22時34分44秒 | 音韻論
中古漢語語音教程-13 果攝、假攝



  中古漢語語音教程-14 宕攝

  中古漢語語音教程(もくじ)
コメント

中古漢語語音教程-12 遇攝

2008年12月30日 22時29分37秒 | 音韻論
中古漢語語音教程-12 遇攝



  中古漢語語音教程-13 果攝、假攝

  中古漢語語音教程(もくじ)
コメント