かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

テラファイトアース 新たに実用新案特許が下りました

2016-09-30 11:47:07 | ゼロ地場発生装置テラファイト

2016年9月30日(金)

ネオガイア・テラファイトは、「流体の活性化装置」として、国内とアメリカで特許を取得していますが、

新たに、テラファイトアースは従来の特許に加え、さらに実用新案特許が下りました。

何が従来に無かった技術なのか・・・。

その従来に無かった技術が、今までになかった不思議な現象次から次に生み出しているようです。

実用新案権者 上森三郎

   

 

 


ジュニパーベリーとテラファイトアース

2016-09-29 09:53:12 | ゼロ地場発生装置テラファイト

2016年9月29日(木)

 いくつかの講演会も終わって、一段落してちょっとした油断からか、窓を開けっ放しで冷たい夜風にさらされたのか、咳が止まらなくなりました。

夜中にも咳き込んで苦しくて・・・。

・・・

昼間、咳き込んでいる私を見て、

「このジュニパーベリーテラファイトアースに挟んで、枕元に置いて寝てください」と、スタップサロン内藤さん

それで、早速試してみました。

私は、みぞおちあたりに直接当てて床に就きました。

するとどうでしょう・・・。

身体がス~~~ッとして、一晩中、気持ちよ~~~く寝れました。

咳が全く出ませんでした。 

有難いことです!

・・・

今、私には思い浮かべていることがあります。

現代科学では信じがたいことが、どうも現実界では確かに起きている現象があります。

少しでも世の為人の為になるのであればと・・、いろいろ実験してみたいと思います。

そして・・、次々にアイデアが浮かんできます。 次々に・・・!!

 

 


名張市と奈半利町と倉吉市には、大きな謎が秘められています

2016-09-28 10:06:45 | かごめかごめの真実とは

平成28年9月28日(水)

今度、武部さんと馬路村のピラミッド調査に行きますが、馬路温泉は満室状態で宿泊ができません。

それで近隣に宿がないかと探していると・・・。

奈半利町」と言う町名が目にとまりました。

私には、2011年11月11日に、三重県の名張市で、天皇陛下の御命を受けた方のご臨席によって「神の儀式」を執り行いましたが、

その「ナバリ」と私には全く同じ音魂として響きました。

そして、馬路村と倉吉市の東郷湖畔にある馬の山古墳群との絡みから、以前から気になっていた馬の山古墳群の西に位置する茶臼山と、

神の儀式を行った名張市桔梗ヶ丘と奈半利町の三ッ目山(452.7m)の三点とを結んで見ました。

そうすると・・、どうでしょう。 きれいな正三角形を描きました。

そして、そのライン上辺りの山のコンタラインを見て行くと・・。

私の目には、間違いなく古代の人達のお墓が並んで見えました。

因みに、「ミネ」または「ミウネ」とはヘブライ語で「お墓」の意味であるということですから、「」「峰」「嶺」は、そのことを現代の私達に教え、残してくれています。

そのことを教えてくれているような白い花の咲く頃」という歌の情景は、そのことを私達に教えてくれているように思います。

 

赤い点はお墓と思われる峰です。

 


日御碕に海底遺跡が存在する

2016-09-27 11:29:44 | かごめかごめの真実とは

2016年9月27日(火)

下の図形は正三角形です。

三角形の底辺の西は宇佐八幡神社です。

中央が、間違いなくピラミッドであると思われる内子町上日の地(愛媛県)。

東が、できるだけ早く行くようにと言われる馬路村です。

頂点が、出雲にある日御碕沖です。

日御碕に海底遺跡があると言われていますが、間違いなく祭祀場遺跡があることを図形は教えています。

そして、馬路村(高知県)にあるピラミッドも祭祀場でしょう。

その馬路村のピラミッドも戦後、杉の木が植林されているようで、

その痕跡は腐葉土と植林で覆い隠されているでしょうが、必ず地表面に磐座の存在があることでしょう。

武部隊長の出番のようです。

 

 

国土地理院地図で見た馬路村のピラミッドです。

ピラミッドを国土地理院地図の3Dで見たものです。

イエスの生命の樹(カバラ)で、出雲、宇佐八幡、馬路は、重要なセフィラのポイントです。

重要な祭祀場が太古の昔からあったとしても不思議でありませんね。

 遥か太古の昔から、国創りは、生命の樹(カバラ)に基づいて設計されていることが言えます。


お世話になりました

2016-09-26 09:35:54 | かごめかごめの真実とは

2016年9月26(月)

 昨日の東京での(株)トータルヘルスデザイン様主催の講演会には、沢山の方々に集っていただきました。

そして、皆さんが高尾征治博士の話を真剣に聞かれていました。

高尾博士は、講演の中でシンクロニシティの話もされていましたが、真名井拓美さんの新著「凝集するシンクロニシティ」明窓出版に、

「上森さんと真名井さんのシンクロ現象が書かれています」と、紹介されていました。

特に、テラファイト・ネオガイアを購入された方々が共通して言われることの一つに、「シンクロニシティが頻繁に起きるようになりました」と言われます。

高尾博士の話もですが、私の話も皆さんが真剣に聞かれていました。

そして私の講演時間も瞬きのごとく終わってしまいました。

その後、高尾博士と私のサイン会が用意されていましたが・・、横から「エッ!私の本、売り切れてしまったんですか!」と高尾博士の声。

会場に入った時、私の本と博士の「新時代を拓く量子水学説」(株)ECO・クリエィティブ発行の分厚い本が沢山積まれていたのを私は目にしていましたから、その声に、私も驚きと嬉しい思いになりました。

これから高尾博士が追及されてきた世界が、世の人々に受け入れられる時代の幕開けなのかもしれません。

「これから世界は大きく変わっていきますよ~~」と私も最後に皆さんに言っていましたね。

・・・

 来場の皆さん、そしてトータルヘルスデザインのスタッフの皆さんに感謝の思いでいっぱいです。

本当にありがとうございます。  感謝しています。

これからもよろしくお願いいたします。   上森三郎

・・・

 感謝していると言えば・・、その前日、神戸でのセミナーが終わって東京への新幹線に飛び乗りましたが、弁当の差し入れとチョコレートを戴きました。

Fさん、弁当、大変美味しかったです。 そのお蔭で元気100倍でした。 ありがとうございました。

     


ゼロ磁場エネルギーの水は、人と自然が喜ぶ水です

2016-09-24 11:06:53 | ゼロ地場発生装置ネオガイア

2016年9月24日(土)

 私は今まで、ネオガイア・テラファイトのことを多くの皆さんの前で話す機会はほとんどありませんでした。

でも明日25日(日)東京 では、山の話でなく、ネオガイア・テラファイトの構造と、それが生み出す「水」について話をします。

そして、地球の構造をモデルにした新商品、「テラファイトアース」のことも話したいと思います。

講演会はトータルヘルスデザイン様主催です

私はもともと30年間ほど建築の現場に携わっていました。

私は、建築士の立場からシックハウス症候群(化学物質過敏症)の原因と解決法を模索していました。

そしてその原因を突き止め、そこから究極の解決法を手にすることができました。

その究極の解決方法は「水の活性化」にありました。

完全に建築に携わることを止めさせられ、水の研究から農業や酪農の現場でのデータ取りだけに専念させられました。

もう建築を離れて15年が経ちました。

それから現在も一切、建築の仕事はしていません。

でも・・、人生の基軸にあるものは最初からなんらぶれることなく、変わっていません。

「病んだ人を救うには・・又、病んだ地球を救うには」というテーマです。

一級建築士がプロデュースした、魔法の杖ならぬテラファイトアース

私はこのテラファイトアースとネオガイアを世界へと広げたいと思っています。

・・

トータルヘルスデザイン様の「元気な暮らし」10月号に、素晴らしい記事が掲載されていま~す。

この記事にも載っているメロン。

「規格外の大きなものが沢山出来てぇ」と言われた規格外の大きなメロンを食べましたが、本当に美味しかったですねぇ!

  

 

 

 


日月の山と天竺山と空海さま

2016-09-23 10:56:09 | かごめかごめの真実とは

2016年9月23日(金)

 岡山県久米郡美咲町錦織にある興禅寺さんに、高野山から嫁いでこられたという上品な奥様が、どうして天竺山の話をしてくれたんだろう・・。

しかも「天竺」? と名が付いた山であることを・・。

これはもう、間違いなく空海さまのメッセージであると私は捉えました。

そして分かったことは・・・、その天竺山と大事な大事な山である竪破山とを結びます。

そしたらどうでしょう・・、そのライン上に「日月神示」が降ろされた麻賀多神社から導かれた岐阜の「日月の山」を見事に通過します。

そして、そのライン上には意味ありげな山や滝や古墳群などが並びます。 偶然ではないでしょう。

そしてもう一つ、大きな必然・・・、それはそのラインが「天竺」・・インドへと繋がります。

この霊ラインは、空海さまの夢のラインのように私には響きます。

ここ天竺山から南西方向217°へ11.5㎞地点にマリア様の陵墓があります。

ここからの目印は、綺麗な人工的に見える二上山です。

二上山は間違いなくベンチマークの山です。

 

天竺山

 

二上山

 


足利氏は知っていた! マリア様のお墓と、真理谷と言う地名の関係

2016-09-22 09:23:00 | かごめかごめの真実とは

2016年9月22日(木・秋分の日)

「千葉の木更津市に真理谷(まりあつ)と言う地名の場所があります。
 そこに真理谷城と言うお城があります。
 1400年頃に足利氏の命を受けて、武田信長と言う方が建てられたそうです。
 岡山にある、マリア様のお墓と何か関係があるのでしょうか?」

・・・

と、私がマリア様の生誕(9月20日)の日の前日に阿吽山房へと行くその前の日に、上記のような文章を、亀さんの会員交流ページに見つけました。

「これは何かあるに違いない」と国土地理院地図で調べてみると・・。

なんと!! 凄い発見です。

それで下記のように書き込みました。

 

Re:木更津に真理谷(まりやつ)と言う地名が

 

日付: 2016年09月18日 | 投稿者: 重大な発見です!

 

川辺さん重大な発見のようです。
先ず日本海側で大事なベンチマークマウンテンの宝達山と岡山のマリアの墓と、真理谷城が二等辺三角形を描きます。
そして、日本建国のカバラ図と重ね合わせると重要な一致が、鹿島神宮と王冠にあたる竪破山との関係が見事に浮かび上がり、

日本建国のカバラで大事な大事な11番目のダートに位置する足利の文字がそこには在ります。
偶然ではなく、行基・足利氏たちは、日本の本当の歴史をよ~~く知っていたとしか思えません。
素晴らしい発見です。
亀さんのブログの方に図を乗せますので確認してください。

 

 
・・・
    
 
 
 
 
 

 


私に会いたくば、南無大師遍照金剛と・・

2016-09-21 11:27:02 | かごめかごめの真実とは

2016年9月21日(水)

 阿吽山房さんに来てくださった皆様に、私がマリア様のお墓の発見に至る経緯をプロジェクターで映し出して見ていただきました。

お集まりの皆様と阿吽山房さんに感謝です。

そして雨にも・・感謝です。

昨日(20日)が晴れなら・・、じっくりと聞いて見ていただくこともできなかったことでしょう。

「ありとあらゆることに感謝」です。 私の朝の祈りの中にこの言葉があります。

 

「祈ってください!」と沢山の方々にお願いしていた重大なことがありましたが、祈りは龍神を動かし、龍神は雲を呼び嵐となって誰かのよからぬ計画を阻止したと私は思っています。

人知れず、それでも祈り続けて居られたことでしょう。 皆さんに心から感謝いたします。

 

阿吽山房さんからの帰路、案内板を無視することができず、そのお寺さんへと行きました。

そしてそこには空海さまの立像がありました。そして、どうぞ中へと・・、と言われているようで中へと。

綺麗に手入れが行き届いているお寺さんでしたねぇ。

テラファイトをかざした111円をお賽銭箱に投げ入れて、御参りを済ませて帰ろうとすると・・・。

気品あるオーラに包まれた奥様に話しかけられて、お茶とお菓子まで戴くことになりました。

そして天竺山のことや、奥様が高野山から嫁いでこられたことなどお聞きしましたので、ちょっとだけ高野山、空海さまの秘密などを私はお伝えしました。

今まで沢山のお寺さんに行きましたが、偉そうにして「こんな人がお坊さんとは・・」と、本当に嘆かわしいことばかりで、寺院に行っても話することは避けている私です。

でも・・、ここの興禅寺さんは違いましたねぇ。

奥様はじめ、皆さんが素晴らしい気配りのできる人達でした。

とくにお寺さんで御勤めをされる方々は、このような気配り心配りができなくてはなりません。

簡単なようでそれは非常に難しいものかもしれません。 

 

その人に生まれる時から備わったものかもしれませんが、そのような方に接して学ぶことで人生がより豊かになれることでしょう。

「縁ありて栄え、縁ありて滅び」という因縁の法則がありますが、素晴らしい人達により接することであなたの人生も大きく栄えだすことでしょう。

 

               

興禅寺さんからの帰り道、彼岸花(曼珠沙華)に魅せられました。

彼岸花はいろいろな呼び方があるようですが、

狐の松明(きつねのたいまつ) 

狐花(きつねばな) とも呼ばれているようですが、狐の母、愛染明王の花と私はよんでみたいと思います。

 


今日9月20日はマリア様生誕の日

2016-09-20 09:22:23 | かごめかごめの真実とは

2016年9月20日(火)

 美咲町の人達が「阿吽山房」さんに集まられてマリア様の生誕のお祝いをされるとのことで、私も行くことになりました。

「岡山県美咲町にマリア様のお墓を発見!」の小冊子をおみやげに皆さんにお渡ししたいと思います。

内容は、発見に至った経緯を書き綴った、武部さんのブログと私のブログから抜粋し作ったものです。

私はその時の楽しい思い出が蘇ってきますので、何度も何度も読み返しています。

      

 


二か所行った神社とお寺が共に、八幡山に向かって祈るようになっていました

2016-09-19 09:22:23 | かごめかごめの真実とは

2016年9月19日(月)

 9月11日(日)久しぶりに神河町へと行きました。

電車で姫路まで行って播但線で寺前駅まで行きました。

駅には古代史研究家の市川慎さんが車で迎えに来てくれていました。

そして連れて行ってもらったのが、薬王子神社でした。

そこで御参りすると・・、八幡山へと手を合わすようになっていました。

橘の彫り物が印象的でした。

          

レンズのかげんだと言っても、綺麗ですねぇ。その日その時でしか見せてくれない、二度と取れない写真ですね。

薬王子神社から大黒茶屋へと行って食事を済ませて・・、次に連れて行ってもらったところが松雲山 長泉寺でした。

ここでも又、八幡山へと手を合わせて祈るようになっていました。

鶴と亀をあしらった鬼瓦が印象的でした。

     

 


大阪リバーサイドホテルでの講演会は満席状態でした

2016-09-18 11:32:52 | かごめかごめの真実とは

平成28年年9月28日(日)

 昨日の(株)トータルヘルスデザイン様主催の講演会には沢山の方々に集っていただきました。

満席状態でしたね。

私も含めて3人の講師の方々の講演を皆さんが真剣に聞いて居られました。

内容はどれも素晴らしい話でした。

あっと言う間に私の持ち時間も終わりました。

終わってみれば、あれも言い忘れたこれも言い忘れていたという状態でした。

大勢のひと様の前で話をする人生になるなど、思ってもみないことでした。

遠方からも沢山の方々にきていただいていました。

そして、講演も終わって、私の本を沢山の方々に買ってもいただきました。

サインするのに、お名前を間違えないようにと・・、そちらだけに神経が行ってましたから、いろいろな質問やお話にも丁寧な答えができなかったことと思います。

この場で、お詫びと御礼を申し上げます。

  本当に、お忙しい中、また、遠方より来ていただきまして、ありがとうございました。

  皆様に感謝しています。    上森三郎

 

     

 


一級建築士がテラファイトアースをプロデュース

2016-09-16 09:17:23 | テラファイトと三鍼法とStapsalon鍼灸院

2016年9月16日(金)

 17日(土)大阪 25日(日)東京 で、今までの世に無かった全く新しい テラファイトアース なる商品を発表します。

講演会はトータルヘルスデザイン様主催です

私はもともと30年間ほど建築の現場に携わっていました。

私は、建築士の立場からシックハウス症候群(化学物質過敏症)の原因と解決法を模索していました。

そしてその原因を突き止め、そこから究極の解決法を手にすることができました。

その究極の解決方法は「水の活性化」にありました。

完全に建築に携わることを止めさせられ、水の研究から農業や酪農の現場でのデータ取りだけに専念させられました。

もう建築を離れて15年が経ちました。

それから現在も一切、建築の仕事はしていません。

でも・・、人生の基軸にあるものは最初からなんらぶれることなく、変わっていません。

「病んだ人を救うには・・又、病んだ地球を救うには」というテーマです。

一級建築士がプロデュースした、魔法の杖ならぬテラファイトアース

私はこのテラファイトアースとネオガイアを世界へと広げたいと思っています。

講演会では時間もそうないでしょうから、ここで自己紹介と開発までの簡単な紹介でした。

 


カタカムナと北斗七星と斎宮

2016-09-15 09:50:02 | かごめかごめの真実とは

2016年9月15日(木)

 昨日はカタカムナのセミナーの日でした。

不思議なことですが、吉野先生とその仲間の人達が集まる日に必ずと言って良いほど大きな発見があります。

吉野先生を使って神様が大事なことを私に教えているようです。

昨日も・・、日月神示が降ろされた麻賀多神社の話から「日月の山」の発見を先生に伝えると、「富士山」の話になり、先生は最初にカタカムナ的に富士山の話から始められました。

それを聞いていた私に、「富士山」「北斗七星」「千山」・・・「書きあげよ!」と聞こえてきました。

・・それで、先生の話を聞くのを止めて、席をはずしてパソコン開いて国土地理院地図とニラメッコ。

そして道教の聖地、千山から富士山までの北斗七星を描かされました。

そしてそれから・・です。

「北斗七星 斎宮」で検索すると・・。

天皇大帝」とトップに出てきました。

 そしてそこには下記のことが書いてあり、それには大きな謎めいたものを感じました。

私幣禁断に類似する禁令

私幣禁断とは、一般には天皇家の祖霊を祀る伊勢神宮を天皇・皇后・皇太子以外が祀ることを禁じたことを言う。これに似た内容の禁令が以下のように出されている。

  • 796年、日本の天皇は北斗七星を祀ることを禁じた。罰則として 「法師は名を綱所に送り、俗人は違勅の罪に処せ」 と規定した(『類聚国史』 「延暦十五年」)。
  • 799年斎宮が伊勢神宮へ行くに際して 「京畿の百姓」 に 「北辰に灯火を奉る」 ことを禁じた(『日本後紀』 「延暦十八年九月」)。
  • 811年、斎宮が伊勢神宮へ行くに際して九月の一ヵ月間、「北辰を祭り、挙哀改葬等の事」 を禁じた(『日本後紀』 「弘仁二年九月一日」)。
  • 835年、斎宮が伊勢神宮へ行くに際して九月の一ヵ月間、「京畿」 での 「北辰に火を供えること」 を禁じた(『続日本後紀』 「承和二年八月二日」)。
  • 967年施行の 『延喜式』 は斎宮が伊勢神宮へ行くに際して 「九月一日より三十日まで、京畿内、伊勢、近江、等の国、北辰に奉灯し、哀を挙げ、葬を改むる」 ことを禁じた。

なお、1811年、伊勢神宮の私幣禁断は解かれたが、北極星および北斗七星の祭祀解禁の時期は不明である。 (ウィキペディアより)

・・・

 「どうして北斗七星を祀るのを禁じたのか?」

 「どうして9月の一か月間に・・」なのでしょうか?

 れれれ? 時代背景は平安京からで、空海さまが生きた時代ですね。

・・・となれば、答えは見えてきますよ。

 天皇家とはイエス王家のことですね。

イエス様の母はマリア様。

マリア様はキルギス生まれでBC21年9月20日生まれ。

卑弥呼は177年8月31日生まれ。

卑弥呼の妹、倭姫は、182年9月20日生まれ。

んんん~~ん、卑弥呼姉妹はマリア様の生まれ変わりだったように私は思います。

日本でイエス王家のことが知られ復活することを時の政権側が恐れたことが由縁と思われます。

  

 


初代斎王が女王卑弥呼でした

2016-09-14 09:17:23 | かごめかごめの真実とは

2016年9月14日(水)

卑弥呼は初代斎王であり、最初にして最後の女王でした。

一人の天皇に1人の斎王。

新たな天皇には新たな斎王。

この斎王制度が始まったのは卑弥呼からでした。

そして斎宮のスタートは、丹後半島の竹野・・現在の竹野神社に斎宮が築かれました。

私が描かされた図形の数々はそれらのことを教えているようです。

又、この斎宮制度は、カトリック修道会の原型ではないだろうか・・・。

 亀さんの宮の玉手箱に大事なものは仕舞いました。