かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

人類変容を促がす世紀の大スクープ

2013-06-30 20:00:46 | かごめかごめの真実とは

いよいよ世界史のビックリ箱がヒカルランドさんから開かれます。

世界文明の「起源は日本」だった!

       巨大地上絵発見でわかった!

・・・

 それで・・、この国の礎を造ったモーセ様にご報告をすべく、6月29日(土)宝達山(石川県)へとご挨拶に行って来ました。

このご報告のお話は・・、次につづく

Dscf9825
Dscf9830
Dscf9857
Dscf9858
Dscf9812

 __
Img6301904550001


方墳のようです

2013-06-26 16:41:57 | かごめかごめの真実とは

 かごめかごめの真実とはが、 世界の文明の「起源は日本」だった でヒカルランドさんから7月出版予定です。

2013年6月26日(水)

朝から小雨が降っていましたが、気になってその山を確かめに行きました。

「あっ! 人工的な山だ!!」と言う第一印象でした。

この近隣では古墳群が発見されている地域ですから、ここもお墓ですね。 

 方墳です。

お墓の向き、神社の向き(NNE~SSW)からして、馬の山生まれの丹後王国の豪族のお墓でしょうか。

「よう来てくれた!」と申されたかどうかは分かりませんが・・

Dscf9740
Dscf9741
Dscf9742
Dscf9744
Dscf9745
Dscf9749
Dscf9750
Dscf9760
Dscf9751
Dscf9752
Dscf9753
Dscf9761
Dscf9762
Dscf9765
Dscf9766
Dscf9764
Dscf9768
Dscf9769
Dscf9770
Dscf9771Img6251920480001

 

そこから、法華山一乗寺を廻って、事務所へはチョット遅めの出勤でした。

Dscf9773Dscf9790Dscf9785
Dscf9784
Dscf9789
Dscf9791Dscf9792_2
Dscf9793
Dscf9795


空海様と最澄様

2013-06-25 20:02:54 | かごめかごめの真実とは

2013年6月25日(火)

 先日の日曜日のことです・・。

 「契約しなさい!と言われて穴を掘ってる私の話、信じられますか」と言う私に、 

「信じます!」と言われた天台宗のご住職様。

 それで話は弾み・・・、 

私 :「私は過去も現在も一切宗教をやっていませんし、お正月でも神社やお寺さんに行ったことがない私です。でも今は神社やお寺や山へと行かされています。そして・・・、実は、比叡山延暦寺と高野山金剛峯寺を結んで、その辺を底辺として正三角形を描くポイントに、不思議な山があります。 方形の容をした等高線が見てとれます。 どう見ても自然ではありません」

 ご住職様 :「それはどこですか!」 

私 :「はい、 割りとこの近くです。きっと何か意味があると私は思います」

 ご住職様 :「そうですかぁ・・」 

私 :「空海様と最澄様を結びつけている山のようです」

 ご住職様 :「・・・・・」 

・・・

実は石の宝殿の巨石から、このポイントを結んで、その線を北へと伸ばして行ったところに、私が穴を掘っている生野町の絶峯御林と古城山御林へとつながります。この場所こそ、5kmの壮大なスケールで鶴と亀が山を使って造形されている場所です。 これから世界の聖地となるところです。

Img6251920480001


法道仙人も本格的にご登場のようです

2013-06-24 11:54:14 | かごめかごめの真実とは

2013年6月23日(日)

カーナビにセットしたお宅へと車がなかなか案内してくれないので、その近辺をゆっくり走っていたら、「毘沙門天」の大きな文字と「寺」の文字が目に入ったので、導かれるように吸い寄せられるようにお山へと上がって行きました。

岩屋寺となっていました。

鷲の彫り物に寅の彫り物に・・・、んん? ムカデを祀って居られるご様子。

前日、事務所を退社する時、居てるはずもないビルの廊下に15cmほどもあろうか、大きなムカデがはいずり回っているので、そ~っと逃がそうかとも思いましたが、「申し訳ない!」と言って踏み殺して帰った私でした。  んん・・・、ムカデさんが私を呼びに来ていたのかもしれません。

お堂で手を合わせてから、山頂へと行こうかとも思いましたが「小雨も降ってるしぃ・・」と言うよりも、前日のムカデさんが大勢さんの援軍を連れて、おまけにヘビさんでも連れて現れるような気もして、おずおずと下って来ました。

そして寺の住職さんにこの町の事情なりを教えてもらおうと思って、ピッポーンとインターホンを鳴らしても、奥の方で鳴る音は聞こえますが、何一つ応答が無いので、坂道をてくてくと傘をさしながら下りて行くと、遠く一直線に伸びる道の中央を、こちらに真っすぐ自転車に乗ったお坊さんが勢いよく来たかと思いきや、「あれれ・??」。

急な坂道ですからお坊さんは自転車を下りると思ったのに、ビュ~~ンと上って行きます。

あのぉ~~~、ちょっと教えてもらいたんですがぁ・・、よろしいでしょうかぁ!」と私。

ああ、良いですよ、何かぁ!?」と、お坊さんは衣をたなびかせながら走り去って行きました。

てくてく坂道を上って、先ほどのインターホンがあった玄関に行くと先ほどのお坊さんが、「ま、どうぞお上がりください・・」と、そして奥座敷へと案内してくれました。

・・・

 「実は・・・」と言って、取り寄せた謄本や地図などを広げて住職さんに説明する私を、冷静に見ているもう一人の私が居てるような不思議な感覚になりながら説明する私でした。

私 :「このような不思議な話、信じられますか?」

ご住職様:「一般的には信じる人は少ないでしょうが、私は信じます

私 :「大和朝廷側からすれば、出雲の国譲りを成し遂げた最大の功労者のお墓です。証明されたら規模から言えば日本で三番目の大きさの前方後円墳です・・」

ご住職様:「この世は不思議な世界です・・

・・・ 気がつけば、1時間半ほども経っていました。

・・ので、

では、よろしくお願いします!」と私。

見送りに玄関口まで来られたご住職様に、

「実は昨日、居るはずもないビルの廊下にムカデが居てまして・・」と私。

ご住職様:「殺されたでしょう」

私  :「そうなんです、殺してしまいましたぁ」

ご住職様:「私の家にもムカデがよく出ますが、刺されたことはありませんよ。どうぞあちらへ・・、と言ったら他所へ行きますよ」

私  :「そう思ったのですがぁ・・、次からはそのようにいたします

・・・

いよいよあの日から・・、法道仙人(ほうどうせんにん)も本格的にご登場のようです

 

Dscf9431_2
Dscf9433
Dscf9434
Dscf9435
Dscf9436
Dscf9438
Dscf9441Dscf9442
Dscf9443
Dscf9447
Dscf9446
Dscf9445
Dscf9448
Dscf9452
Dscf9451
Dscf9453
Dscf9454Dscf9449
Dscf9455
Dscf9456Dscf9457
Img6241046170001


二種類の三角定規とコンパスと

2013-06-22 17:56:59 | かごめかごめの真実とは

2013年6月19日(水)

 5年ぶりの小型船舶操縦免許の更新を受講。

遠い昔、1級から5級まで分けられていた時代に、いきなり1級免許を取得した私です。

現在は、一級二級と特殊(水上オートバイ)の3区分に改正されています。

その時代は、筆記試験と実技試験がありましたが、実技試験では、20トン級の船で救助訓練の実技をやる班と、船内で海図を広げてマグネットコンパスで角度を出して、二種類の三角定規とコンパスを使って現在の位置を作図するなど、蛇行する船内で電卓をたたいて簡単な計算をすることができず、最初の実技を受けた日は、やっとのことで駅までたどり着き、駅のホームの椅子で動けなかったことを思い出しました。

・・・

  偏差は、海図に書いてありますが、日本付近ではおよ5~8度で、磁北が真北の西側にあり、マグネットコンパスの0度は、自差がなくても、5~8度、真北の西を指しています自差は、明確な2つの目標の重視線や、長い直線の防波堤の方位を測定し、海図の方位と比較することなどによって求められます。ただし、船の針路によって変化することがあります。

・・・

 このことは、これまで地図上に沢山の図形を書かされている私ですが、陸でも海上でも全く同じ事で、もうはるか紀元前数千年前から、この知識と技術を持った人達がこの日本に居たとしか思えない、三角法を使って国土設計を行っている事実です。

本当に、世界文明の「起源は日本」だった、のです!

Dscf9458

最近、太平洋横断にチャレンジされ、船が沈没遭難し救助された方が居られますが、私が同じようなことをしようと思ったら、小型一級船舶操縦免許があるので行けそうですが、私は海技士(機関)の資格をもっていませんから、機関長を乗船させないと行けません。

帆船以外の推進機関装備の小型船舶(モーターボートや動力漁船など)が、沿海区域の外側80海里の区域を越えて航行するときは、小型船舶操縦者のほかに六級海技士(機関)以上の資格を有する機関長を乗船させなければなりません。

Img6221119190001
Img6221119050001


大阪での出版記念講演会

2013-06-21 14:37:05 | セミナー・イベント

  ・・の、お知らせです

2013年20日(土)13:30~17:00

大阪府立ドーンセンター  募集定員111名です。

懇親会は ホテル京阪にて   定員45名です。

Photo
Photo_2
Photo_3


西という古い漢字が教えるものとは

2013-06-20 19:54:43 | かごめかごめの真実とは

2013年6月20日(木)

出雲の国譲りの最大の功労者、コヤネ爺さんの前方後円墳が、とある山中に息をひそめるように眠っています。発掘、証明されれば大きさから言うと日本で三番目に大きい前方後円墳です。神戸の法務局では探すことができず、18日(火)姫路の法務局へと出向き、やっと地権者を特定すべく謄本を上げることができました。 

地権者は二百名以上になっています。細かく分割され入りくんでいますねぇ

古い古い地図とにらめっこして特定して行く過程で、「??????」 

アッ! この東西南北の記号は・・・!!!

そうです! 西宮市の市章にあった 弓偏に田で・・、「ユタ」で、ユダヤを表していると、ダビデの星も含めて、 「怪しい・・」と思っていましたが、 西という日本の古い漢字のようです。

・・・でも、これは、日本から見て西の方角にはユダヤの人が住む国があると教えているような気がします。

そうだ! この意味は、西の彼方に住むユダヤの民が暮す国と日本が行ったり来たりしていたことを教えているのではないでしょうか。 

古い漢字が教えるこの意味は・・・!

・・・

 21日 AM 武部さんより情報がありました。

武部さん:「古い漢字の西という字の元は籠(カゴ)と言う字です」

私  :「そうなんですかぁ!」

武部さん:「陽が西へ沈むと鳥は籠に入ります。帰っていきます」

私  :「面白いですねぇ。ダビデの星もカゴを表しますが・・」

・・・ 籠に鳥     か~~ごめ、かごめ 籠の中の鳥は・・・

  西宮市の市章と中の文字には 大いなる意味がありそうです

Img6201847140001
Img6201847300001
Dscf9737

西宮の市章

Img1191906100001_4


どうして全国初の出版記講演会を山口で開催するか

2013-06-20 10:11:11 | かごめかごめの真実とは

 山口県には 日本を心から思いやる「御魂が今でも沢山眠っています」・・ではなくて、「御魂は生き続けています」。 明治維新を成し遂げた御魂は、肉体を脱ぎ捨てても実は今なお生き続けているのです

Photo_2
Photo_3
Photo_4

 

空海様の教えによる行動記録が和紙表紙の本に!

巨大地上絵発見でわかった

世界文明の「起源は日本」だった 

上森三郎出版記念講演会を全国初に開催<o:p></o:p>

 

兵庫県埴岡の里や淡路島、三重県などに巨大地上絵を発見された上森三郎氏の活動記録が和紙装丁の本になり、ヒカルランドから710日に発売されます。昨年8月、高尾征治工学博士の案内により上森三郎セミナーに参加して、ゼロ磁場を示すテラファイトを購入後、水の蘇生や微生物の活性化の変化を観察して以来、卑弥呼の墓の鍬入れ式参加、埴岡の里の遺跡史跡視察等で数回神戸に行き確認しました。空海様の教えにより、国内外を探訪し卑弥呼の墓等の発掘調査などをされ、その超人的な行動記録や不思議な出来事がまとめられたものです。私の撮った放射状の光が少しカーブした写真も表紙に採用される予定で、はるや書店に50冊(1冊1,995円消費税込)注文しました。<o:p></o:p>

 

 上森氏から720日の大阪での出版記念セミナー後の講演会の話をしていたら、全国初の出版記念講演会を山口県で開催する運びになりましたので下記の通りご案内します。<o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

 1部  平成25年7月14日(日) 1200分から1530

場 所  山陽小野田市ドライブイン南国 0836760213<o:p></o:p>

 参加費  2,500円 (昼食・飲み物代・カンパ) <o:p></o:p>

 なお、会場の都合により先着30名で締め切らしていただきます。 <o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

 

2部  平成25年7月14日(日) 1700分から1900

場所    小郡幼稚園  Fax 083-972-2198<o:p></o:p>

 参加費  1家族 1,000円(カンパ)<o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

 

第3部  懇親会・食事会  講演終了後、徒歩移動約5分。ちろりあん<o:p></o:p>

 参加費  3,000円 先着20名<o:p></o:p>

 参加申込    藤井康三 携帯 090-9504-6551 Fax0836-76-1369<o:p></o:p>

 

 Eメール k_fujii2so@yahoo.co.jp <o:p></o:p>

 

片山耕修 携帯 090-2292-4188 Fax083-972-2198<o:p></o:p>

 

Photo

Photo_5


埴岡の里は、かごめの故郷でした!

2013-06-18 13:08:00 | かごめかごめの真実とは

2013年6月18日(火)

 兵庫県中央部に位置する朝来市生野町と神崎郡神河町は、播磨国風土記では埴岡の里と呼ばれていました。

その埴岡の里が、かごめ唄の「かごめの故郷」でした。

八幡山ピラミッドを中心にして半径おおよそ4,3kmのカゴメ紋のポイントポイントに

人工的に細工を施しています。

神河町の観光地図に新たな重要ポイントを書き込んでみました

7月10日に出版される、世界文明の「起源は日本」だった のカバーにもピンクの光の十字架が写った為信神社の場所が一目で分かるように書きこみました。

モアイ像の巨石の場所も書き込んでみました。

   ああ~~ 神河町は、全国の市町村から一番うらやましがられる町になりそうです。

神河町の地形はハート型になっているのでハートの町と呼ばれているようですが、私は鳥が羽を広げて飛んでいる形に見えて仕方ありません。渕集落の飛び出した部分の山が、実は羽を広げた鳥の頭の部分にあたります。鳳凰か、又は平和の象徴のハトが羽を広げて飛んでいるようです。 この形と黄金比率の十字架の根元にあたる徳島県の伊島の形と同じような形をしているのは偶然でもなさそうな気がする私です。

カゴの中には羽を広げた鳥が2羽いてますが、皆さんは探す事ができますでしょうか。

グーグルマップを覗いて見つけてください。

これからまだまだ書き込まなくてはならない重要なポイントが発見されることでしょう。  楽しみです

Img6181236050001


1900円+税で 1995円になりました!

2013-06-17 14:03:51 | かごめかごめの真実とは

2013年6月17日(月)

緊急報告です。

1800円+税になってたのが、1900円+税に変更になりました。

内容がだんだんと濃いものになっているようです。

そして、下記のメールの内容などあり、出版予定は7月10日に決定となりました。

出版会社の社長も大感動されている内容の本です。

私が体験したことを書いている本ですが、その私が読んでいて、それはそれは面白くて・・、いつもお風呂の中で校正していた私でしたが、次へ次へと読みたくて、気がつけば一時間以上も湯船の中にいてそれはそれは額から汗が噴き出して滴り落ちて・・、それでも読んでしまうようなワクワク、ドキドキする本です。  

<o:p></o:p>

上森様

<o:p></o:p>

今度は良くなりましたね。

<o:p></o:p>

ハードカバーで和紙を使うそうです。

<o:p></o:p>

by 神部一馬

世界文明の「起源は日本」だった

__

 

上森様

  社長、大感動ですね。

 ①金曜日、摺合せを行いました。

 結局、地図は著作権に抵触するとのことで、

 出版社の責任となるので、書き直しするそうです。

 八月三日(土曜日) 午後一時から四時くらいまで

 ヒカルランド本社で出版記念セミナー

 を開催するとのことで、上京お願いします。

 発行は七月一〇日とのことです。

 以上、ご了解のほどお願いします。

 

by 神部一馬

 

-----Original Message-----

 From:

 Sent: Monday, June 17, 2013 11:10 AM

 To:

 Subject: すごいです

から十字のピンクの光がおりてきて地に突き刺さる

 これは地球上に生まれた始めての人間の誕生シーンだそうです

 神話によく出てくる

 ギリシャ神話にも

 光透波の小田野さなえ自伝に出ていました

・・・

 8月3日(土)にヒカルランドさんで出版記念セミナーが企画されているようですが、無名の私のセミナーにどれほどの受講料が付けられるのか私には見当もつきませんが、

セミナールームには50名ほどしか入れないと思いますので、本が皆様の手元に届くのは7月12,3日ごろの予定ですから、出版会社さんでの出版記念セミナーというところに大きな価値もあるのでしょうから、本が出版されると同時に即、埋まってしまうと思われます。

東京近郊の方々で、かごめの皆さんの中で、「ぜひ行きたい!」と言っていただける方は、事前に仮予約ができるのか私には分かりませんが、今から問い合わせされるのも一案かと思います。

前回、東京での緊急特別講演会でも、アナウンスする時間もありませんでしたが、満席の状態でした。  

今回は、東京の書店さんや全国の書店さんでも本が販売されるようですから、「神様と契約して・・、穴を掘りなさい!と言われて穴掘りしている私ですぅ」と言う変わり者の顔でもじかに見てみようかという方も現れるでしょうから・・、 かごめの皆さんは是非ともお早めに・・!

あの東京講演会からどんどん話は進んで行ってま~~す

でも・・どうなんでしょう、始めての人と、何度か聞いている人とをごちゃ混ぜにして話をする時、 どこに話の重点を置くのか、今から考えてしまう私です。

時間も限られていますから・・・、もうある程度理解していただいていると言うことで話を進めて行くとになると思いますが、始めての方はなかなかついていけないでしょうねぇ。

どうして、そうなるんですかぁ!」「何でそのようなことが言えるんですか!」・・と。

始めての方は、本を買われて何度も読み返し、そしてブログにも目を通して始めて理解ができることでしょう。

・・・、だから、このような本が出版されたのですね。・・と。

P3221153

 6月14日、神戸のジュンク堂さんへ行って、「20冊お願いします」と予約した私でしたが、今日、差額分と、新たに20冊の代金を払って注文してきました。

・・

担当者のTさん:「私達より情報が早いですね。実は余分に20冊を申し込んでいましたが、新たに余分に注文します

私  :「兵庫県がメインになっていますから、県庁の方々も知っておかなくてはならない情報ですから、100冊ぐらい取り寄せていてもすぐになくなると思いますよ

Tさん:「私も買って読みます

私  :「ありがとうございます

・・・ ん? お互いに、「ありがとうございます」と、ニコニコ笑顔の交わし合いでした

 


倉吉へは、鴨族の御霊様への鎮魂の旅でした

2013-06-16 14:51:02 | かごめかごめの真実とは

2013年6月11日(火)

 倉吉市へ龍神の解放へ行ったお話・・の、つづきです。

んん・・ん!? 下の2枚の写真に、水玉が浮かんでいるように写っているのが、見てとれますでしょうか。 そして・・、きれいなブルーの光が映し出されていてとてもきれいです。

Dscf9610

  Dscf9609

龍神を解放して、それから向かった先は、今泉神社でした。

ここの神社も大変由緒ある神社のようでした。

亀に鳳凰の頭、そして立派な龍も造形されていましたが、部族の復興と復活を願って、そこにご先祖様たちが、子孫たちがくるのを待って居られるご様子に感じ取れました。

Dscf9645
Dscf9646
Dscf9647
Dscf9649
Dscf9650
Dscf9651
Dscf9652
Dscf9653

Dscf9654
Dscf9655
Dscf9656
Dscf9657
Dscf9658
Dscf9659
Dscf9660

 

今泉神社から八幡神社へと向かいました。

拝殿にはご立派な鳳凰の彫り物がありました。 んん・・ここでも復活を願っているようです。

Dscf9661Dscf9662Dscf9663Dscf9664
Dscf9665
Dscf9666
Dscf9667

Dscf9668
Dscf9669
Dscf9670
Dscf9671

そして、そこから阿蘇山一の滝(岩倉の滝)へと向かいました。

行って真っ先に感じたことは、「空海様が来ている!」という強い思いでした。

空海様は龍神(水)を操り、そこには必ず不動明王で大事なポイントを守護させています。

もうバチバチの空海様の臭いが漂っていました。  素晴らしい! スポットでした

Dscf9672
Dscf9673
Dscf9674
Dscf9678
Dscf9682
Dscf9683
Dscf9684
Dscf9685
Dscf9686
Dscf9688
Dscf9680
Dscf9675
Dscf9689

Dscf9694
Dscf9676Dscf9692
Dscf9693
Dscf9696

 

十分に空海様を感じて、山を下り、「やはり今回の旅は、空海様に呼ばれたようです」と話して、何気なく神社の横を通りすぎて車のブレーキを踏んだ私でした。

バックしなさい!」「その神社に行きなさい!」と言われたような気がして・・、車をバックさせました。 そして神社へ入って行くと・・なんと!!

やはり私の旅は、空海様との旅路のようです。


龍神様は天空へと昇っていきました

2013-06-13 20:06:37 | かごめかごめの真実とは

2013年6月10日(月)

「このような龍が写ってるんですが・・」と、それはそれはハッキリと龍が写った写真を見せられていた私は、「これは私へのメッセージです。私にすぐ来てほしいと言ってます」と言うことで、朝9:42分三宮発のスーパーはくと3号に乗り、11:57分、鳥取駅に着くと、メッセンンジャーのYさんがむかえに来てくれていました。そしてシューマン波動の不思議な女性の運転で、謎の館ならぬビーワンサロン「ようこさんのお店へ案内されました。 そこに集まられた感性豊かなシャーマン的な皆さんに「かごめ」のお話をプロジェクターで映し出してお見せしました。

さぁ・・、みなさんに短時間でどれだけ理解していただいたのか少し不安でもありますが・・。

皆さん、楽しい一時をありがとうございました。 これからのよろしくお願いいたします

終わって、またまたシューマン波動の女性の安全運転で、何か出そうな場所へと案内されました。池の畔の大きな石がある祠で目を閉じてしばらく何が脳裏に映像を見せるか意識を集中させると、遠くからだんだんと身体をくねらせながら龍がうっすらと現れ、近づいて大きくなり天へと登りました。 んん・・ 「明日が楽しみ!」と 一人ニヤリとする私がいました。

Dscf9579
Dscf9582
Dscf9583
Dscf9584
Dscf9585
Dscf9586
Dscf9588
Dscf9587
Dscf9591

翌6月11日(火) 倉吉駅前のホテルをAM8:30 出発

龍神が待つ、今滝(龍神宮)へ。Dscf9615

  Dscf9593
Dscf9594
Dscf9595
Dscf9596
Dscf9597
Dscf9598
Dscf9599Dscf9600
Dscf9602
Dscf9603
Dscf9604
Dscf9605Dscf9613Dscf9615_2

 

 

Dscf9608Dscf9621
Dscf9620

 

 

 龍神宮でお祈りを済ませ、下の滝をファインダーから覗くとそこに映し出された木が黄金の生命の樹に見えてビックリしました。

そして階段をゆっくりゆっくり下りて、それから素足になり滝壺の近くへと寄って行くと、上から勢いよく身体に大粒の水玉がたたきつけてきました。

今まで龍神の解放を20匹以上やってきた私でしたが、「早く来い!」と怒り狂ってた龍神様でしたから、今回は真剣そのものでした。

膝下まで水につかり、足元はツルツルすべりやすい危険な状態でしたが、踏ん張り、おごそかに・・、そして、両手を水面すれすれに、下から上へと、「オオ~~~ ~~~ オオ~~~~         ~~~」 龍神様へ真剣勝負で挑みました。

すると・・・、 終わってほどなくして、空を見上げると・・・。

  龍神様は雲となって天空へと昇っていきました。 

   いつも光や雲で教えてくれるのには不思議でもあり、楽しみでもある私です

Dscf9623
Dscf9624
Dscf9625
Dscf9626
Dscf9627
Dscf9628
Dscf9630
Dscf9631
Dscf9632
Dscf9633

Dscf9634
Dscf9635
Dscf9637
Dscf9641

 それからずっと私達の車の上を龍神様はついてきていました。

Dscf9642
Dscf9643
Dscf9644


この後も・・・ つづく。


拝殿にコイの彫り物

2013-06-13 12:04:26 | かごめかごめの真実とは

2013年6月11日(火)

  鳥取県倉吉市大宮41-1

 小鴨神社(おがもじんじゃ) の前を通り過ぎようとしましたが、何か気になり車をバックさせて鳥居をくぐって行って、もう感激!しました。

拝殿にコイの彫り物は私としましては始めて見るものでした。

コイは何を教えているでしょう・・・!  お分かり頂ける方は、居られますでしょうか。

お分かりの方は、よ~~く勉強しておられる方ですね。

そして本殿の彫り物もご立派なものばかりでした。

鳳凰に鶴に亀に・・もちろん鴨さんも・・狐さんも・・。 意味ある彫り物が沢山ありました。

この神社がそんじょそこらの神社とは格段に違うことが一目で分かりました。

  由緒あるご立派な神社です。 必見です!

Dscf9697
Dscf9698
Dscf9699
Dscf9701
Dscf9702
Dscf9703
Dscf9700Dscf9705
Dscf9727
Dscf9706
Dscf9707
Dscf9708
Dscf9709
Dscf9710
Dscf9711
Dscf9712
Dscf9713
Dscf9714
Dscf9715
Dscf9716
Dscf9717
Dscf9718
Dscf9719
Dscf9720
Dscf9721
Dscf9724
Dscf9725
Dscf9730
Dscf9732
Dscf9733
Dscf9734
Dscf9736


ヒカルランドさんから出版決定!

2013-06-12 14:12:46 | お知らせ・メディア

  

 空海様が私に教えてくれた、かごめかごめの秘密の暗号が解けて、先ずは第一弾目の本が出版されることとなりました。 この素晴らしい空海様の情報は、世界平和へのシナリオとなるものです。

Dscf7937
Dscf7956

 

             

巨大地上絵発見でわかった

世界文明の「起源は日本」

だった

ついに開いた!世界史のびっくり箱

大国主=神武天皇=イエス・キリストの衝撃!

次々と特定される驚天動地の解き明かし

・・・

 ヒカルランドさんの出版予定に公表されています。

☆2013年7月発売予定☆ となっていますが、今月末には発売になるのではと、私は思っていますが・・。  今から本屋さんで注文していただき、ぜひとも誰より早く読んでみてください。

私も校正する為に幾度となく読み返しましたが、実に面白い世にも不思議な物語です。

特に兵庫県神崎郡神河町の人達や朝来市生野町の方々には読んでおいていただきたいと思います。

本の表紙の左下の写真は神河町にある為信神社ですが、「どこにあるんですかぁ!」と、聞いて行かれる方もあることでしょうね。

広島県福山市大門町の方々も、西宮市の方々、高砂市淡路島の方々、徳島県伊島の方々、も情報として読んでおかれることを希望します。

岡山県の熊山遺跡の謎にも触れていますし、神戸市の再度山大龍寺の秘密や三重県の高峰の秘密などなど・・、関係機関や社寺の方々は、「どうして・・、なんで、・・何があったの??」と言うように、人騒がせな本になるようです。

本当に人騒がせだ!」と世間様から言われそうですが ハイ、今から覚悟はしています。

Img6121341210001

巨大地上絵発見でわかった 世界文明の「起源は日本」だった! 人類変容を促す世紀の大スクープ 著者:上森 三郎、神部 一馬 四六判ハードカバー 価格:1900円+税 超★わくわくシリーズ043 ☆2013年7月発売予定☆ ISBN:9784864711319 ついに開いた!世界史のびっくり箱 大国主=神武天皇=イエス?キリストの衝撃! 次々と特定される驚天動地の解き明かし ◎ 3500年前にモーセが日本に来た ◎ 古代日本の基礎を作ったのはモーセだった ◎ その後イザヤが契約の箱を剣山に運んだ ◎ ウガヤ王朝は紀元前660年から始まった ◎ 神武天皇はイエス?キリスト ◎ 神武天皇即位の紀元前672年は西暦57年のこと ◎ イエスの血を引く卑弥呼は世界のスメラミコトだった ◎ 卑弥呼の役割はモーセとイエスの墓守り ◎ 物部氏はレビ族の末裔だった ◎ 蘇我馬子の名はキリストの暗示 ◎ 天照大神とはアブラハムの父祖御テラのこと ◎ 本書はイスラエルの失われた10部族の完成版ともなる 幾重もの封印を超えて本物の歴史の目がとうとう開かれる 21世紀の黙示録がここに始まる! モーセ以来3500年ぶりにヤハウエから契約を迫られた男 「上森三郎」が明かした驚愕の超真相とは? 空海と卑弥呼が告げた緊急メッセ―ジを解読した 「現代版モーセの物語」がここに始まった! ◎ モーセとイエスは日本で理想の国造りに生涯をかけ、骨を埋めた ◎ 「失われた10部族」は古代日本で国造りをした! ◎ 聖書が明かす「東の海に囲まれた島々」とは日本だった ◎ シュメール文明は日本がルーツだった ◎ エジプトのピラミッド文明も日本が発祥だった ◎ イスラエルの12部族は日本への里帰りだった ◎ 「モーセの契約の箱」は剣山から兵庫県埴岡の里に移された ◎ 兵庫県の朝来市生野町と神崎郡神河町が世界の聖地になる ◎ 失われた契約の箱と聖杯はそこから出土する ◎ カゴメ唄のかごめの中心点は八幡山ピラミッドだった! ◎ 婀月山が卑弥呼の古墳だった ◎ 空海の「ひな型日本の巨大国仕掛け」がとうとう浮かび上がった


倉吉は我が国の歴史にとって重要な町のようです

2013-06-11 21:18:25 | かごめかごめの真実とは

2013年6月11日(火)

 鳥取県倉吉市へ、動きを止められている龍神の解放へと行きましたが・・・。

 取りあえずは一部写真を・・・。

 龍神様は上空へと昇っていきました! という、詳しいお話は後日に・・。  つづく

Dscf9609

Dscf9611
Dscf9642
Dscf9626
Dscf9633
Dscf9691

Dscf9727

Dscf9677