恐竜だいす記!

恐竜絵本作家の日々雑記帳

滋賀県日野町で講演会

2018-10-21 08:39:04 | イベント
11月24日(土)13:00~14:30 滋賀県日野町林業センターで「親子で楽しむお話会:恐竜博士に
なろう!」を開催します。(画像は予告チラシです。)プログラム内容は絵本読み聞かせ、ティラノ
サウルスの話、化石タッチタイム、質問コーナー、手品などです。大阪弁での恐竜の話を聞きた
い方、ぜひご参加ください!(詳しくは「こちら」をクリックしてください。)
コメント

講演会のお知らせ

2018-10-19 09:19:24 | イベント
11月24日(土)13:00~14:30 滋賀県日野町林業センター・ホールで「親子で楽しむお話会:
恐竜博士になろう!」を開催します。(画像は以前の講演会の映像説明の様子です。)主催は
「おはなしもくもく」さん「日野町立図書館」さんです。内容は絵本読み聞かせ、ティラノサウル
スの話、化石タッチタイム、質問コーナー、手品などです。大阪弁での恐竜の話を聞きたい方、
ぜひご参加ください!(詳しくは「こちら」をクリックしてください。)
コメント

ナヌークサウルス

2018-10-16 08:38:10 | 恐竜いろいろ話
この頃朝夕冷え込みます。各地からは初冠雪のニュースを聞きます。昨日は富士山雪化粧の
映像を見ました。ふとどういうわけか、白亜紀末期のアラスカに生息していたナヌークサウルスを
思い浮かべました。ナヌークとはアラスカ原住民語でホッキョクグマのことです。ティラノサウル
ス類で、寒さに適応して羽毛を持っていたと考えられています。恐竜は寒冷地にもいたのですね。
自然の不思議さを感じます。
コメント

「この本読んで!」

2018-10-13 09:09:13 | 絵本いろいろ話
一昨日、新居に初めてのお客様が!「この本読んで!」の取材です。「この本読んで!」
は発行:出版文化産業振興財団(JPIC)で、JPICは日頃から子どもたちの読書活動や
イベントに積極的に取り組んでおられます。(毎年GWに開催される「上野の森親子ブック
フェスタ」も主催されています。)アトリエでは、絵本ができあがるまでの工程を取材して
いただきました。頭に浮かんだ情景をレイアウト用紙に描いてラフスケッチを作る作業、
それを本描き用紙にトレースして、墨入れをする作業などなど。(ボツラフも見せました
よ~)取材スタッフさんたち興味津々でした。取材していただき、ありがとうございました!
「この本読んで!」の具体的な発刊日時が決まりましたら、またお知らせします。皆さん、
ぜひご覧ください!
コメント

ケントロサウルス

2018-10-10 09:03:58 | 恐竜紹介
ケントロサウルスはステゴサウルスに近縁の剣竜で、アフリカ・タンザニアのジュラ紀の
地層から見つかりました。おお、剣のようなトゲです!ステゴサウルスよりかなり小柄で、
全長は5メートルほどでした。性質はおとなしく、歯がない小さな口で植物を食べていた
と考えられています。ケントロとはスパイクという意味です。肉食恐竜に襲われたときに
はこの鋭いスパイクで身を守りました。
コメント

作業机

2018-10-08 09:02:33 | Weblog
先日新居に引っ越しました。その後アトリエをDIYで作ったりして、ようやく完成しました。
画像は作業机周辺です。天井が向こうむきに斜めに下がっていて、その下に長さ3mの一枚板
を取り付けました。たくさんの恐竜フィギュアを乗せていますが、このフィギュアたち、飾りで
はなくて、いろんな角度から眺めてはデッサンをします。2連窓は落ち着かないかな?とか
心配しましたが、北向きで日光は入らず、採光の加減も良くて、案外絵を描くのに適している
ことに気づきました。やったぜ!あ、右上にいるのはリトルホーンです。その下のイラストカ
レンダーは友人の絵本作家「かとうようこ」さんから贈られたものです。ありがとう!
これから良い作品を作るために頑張ります!エイエイガオ~!
コメント

やまのおんがく

2018-10-05 09:33:14 | 書籍紹介
友人の「室井さと子」さんが素敵な絵本を刊行しました!「やまのおんがく」(岩崎書店)です。
わあ、山の中にはいろんな動物が隠れています。探すのがとてもおもしろくて大人でも充分
楽しめます!動物たちの解説がついているのもいいですね。この絵本、作者の動植物への
温かい目を感じさせます。室井さんは福島県生まれ、デザイン会社を経て、フリーのイラスト
レーターとなり、カレンダー、本や雑誌の挿絵などを多く手掛けています。「はなさくのんの」
「おひさまのはな」(以上、至光社)などの作品があります。ぜひ皆さんも絵さがしを楽しん
でください!
コメント

多摩川図書館でお話会

2018-10-02 08:52:04 | イベント
10月27日(土)14.00~15.00 立川市多摩川図書館で、親子で楽しむおはなし会「恐竜博士になろ
う!
」を開催します。恐竜絵本の読み聞かせ、ティラノサウルスの話、恐竜化石の紹介、質問コー
ナー、手品などをします。おもしろいですよ~!「関西弁での」恐竜の話を聞きたい方、ぜひ応募
してくださいね!(※申し込み受付開始は10月10日からです。)
コメント

ドロマエオサウルス

2018-09-30 08:52:44 | 恐竜いろいろ話
画像はラプトルの仲間「ドロマエオサウルス」です。派手な色彩と模様で描いてみました。
前兆1.8メートルほどの小さな恐竜ですが、動きは俊敏で、絵のようにカギヅメを振りかざし、
ジャンプして獲物に襲いかかったかもしれません。
コメント

2018-09-28 08:52:34 | Weblog
先日、千葉県四街道市「蔵の図書館」から栗が送られてきました。「おお、こんなにたくさん!しかも
でかい!」画像は皮をむいたところです。引っ越し後少々疲れていましたが、甘栗食べて元気を出しま
す!
コメント

カルノタウルスとギガノトサウルス

2018-09-26 09:05:27 | 恐竜いろいろ話
現在「恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス」(小峰書店)の制作を進めています。その次の作品
「恐竜トリケラトプスとあくまのもり」(小峰書店)ではカルノタウルスとギガノトサウルスが登場
します。(画像は丸善日本橋店での展示イラストです。)2頭とも子どもたちに大人気の肉食恐竜
です。「おれたちの出番だぜ!」と、絵本出演を楽しみにしています。
コメント (4)

引っ越し

2018-09-24 08:36:58 | Weblog
先月末、近所に引っ越しました。本がぎっしり詰まった段ボール箱を持ちあげたりしたので、
しばらく筋肉痛が、「いててて。」さてさて転居通知はがきのイラストを皆さんにご覧いた
だきたいと思います。引っ越してから2週間ほど段ボール箱に囲まれて生活していました。
(いまだに、あれがない、これがないと探し回っています。)ビッグホーン、リトルホーンは
新しいアトリエで作られる作品に出演することを楽しみにしています。皆さん「これからも
よろしくね!」
コメント

ティラノサウルス

2018-09-22 08:13:10 | 恐竜いろいろ話
恐竜の中で最も有名なのが「ティラノサウルス」でしょう。全長12~15メートル、まさに恐竜
の王(レックス)と呼ぶのにふさわしい風格があります。さてさて、ティラノサウルス類「ユー
ティラヌス」に羽毛が発見されて以来、羽毛が生えたティラノサウルスが流行しているようで
す。この絵ではたてがみのような羽毛を描いてみました。似合っているでしょうか?
コメント

ステゴサウルス

2018-09-19 08:48:00 | 恐竜いろいろ話
数ある恐竜の中でも特に有名なのがこのステゴサウルスです。ステゴって名前、奇妙に感じられる
方もおられると思いますが、「屋根の上」という意味です。当初背中の板は屋根のように背中を
覆っていたと考えられていたため、このような名前がついたらしいです。性格はおとなしく、小さ
な口で草や木の葉を食べていました。でも肉食恐竜に襲われたときはしっぽのスパイクを振り回し
て果敢に戦ったようです。(その証拠にステゴサウルスのスパイクに刺された傷が残るアロサウル
スの骨が見つかっています。)のんびり草原で過ごすステゴ親子、もしジュラ紀に行けたら、ぜひ
会いたいです。
コメント

むかわ町穂別博物館

2018-09-17 08:31:08 | Weblog
北海道むかわ町穂別博物館はアンモナイトコレクションでも有名です。「おお、でかい!」直径1メー
トル近くもあります。白亜紀の北海道の海の中にはたくさんのアンモナイトがいて、それを捕食する
クビナガ竜やモササウルスなどのウミトカゲ類も繁栄していました。白亜紀の北海道の海の中、さぞ
かしダイナミックなことだったでしょう。
コメント