恐竜だいす記!

恐竜絵本作家の日々雑記帳

「この本読んで!」

2018-10-13 09:09:13 | 絵本いろいろ話
一昨日、新居に初めてのお客様が!「この本読んで!」の取材です。「この本読んで!」
は発行:出版文化産業振興財団(JPIC)で、JPICは日頃から子どもたちの読書活動や
イベントに積極的に取り組んでおられます。(毎年GWに開催される「上野の森親子ブック
フェスタ」も主催されています。)アトリエでは、絵本ができあがるまでの工程を取材して
いただきました。頭に浮かんだ情景をレイアウト用紙に描いてラフスケッチを作る作業、
それを本描き用紙にトレースして、墨入れをする作業などなど。(ボツラフも見せました
よ~)取材スタッフさんたち興味津々でした。取材していただき、ありがとうございました!
「この本読んで!」の具体的な発刊日時が決まりましたら、またお知らせします。皆さん、
ぜひご覧ください!
コメント

ダスプレト親子

2018-09-03 08:26:19 | 絵本いろいろ話
おお、ダスとプレト親子が元気よく走っています。おや、何か言ってますよ。「新作絵本
楽しみに待ってるぜ!」「ぼくも早く見たいな~!」昨年夏に発刊された「恐竜トリケラ
トプスとダスプレトサウルス」(小峰書店)はこの2頭が主人公でした。(順調に版を重ね
ています。読者の皆さん、ありがとう!)
※さてさて、黒川みつひろ、新居アトリエは何とか80%ができあがりました。難しい注
文に工務店さんも頑張っています。早く新作絵本の制作に取りかかりたいです。皆さん
待っててね!
コメント

色紙

2018-08-29 08:12:21 | 絵本いろいろ話
先日の柏市の児童書専門店ハックルベリーブックスでのお話会の最後に色紙を作成して、
オーナ―の「奥山恵」さんにお渡ししました。おお、ダスが元気よく走っています!
コメント

「恐竜トリケラトプスとスピノぼうや」サイン本

2018-08-02 09:11:21 | 絵本いろいろ話
先日、「恐竜トリケラトプスとスピノぼうや」(小峰書店)のサイン本30冊が完成しました。
サイン本は出版社で検品された後、クレヨンハウス東京店に送られ、販売されます。
あ、スピノサウルスが「よろしく!」と言っています。
※8月5日、未来屋書店幕張新都心店で「恐竜のお話会」を開催します。大阪弁での
恐竜の話を聞きたい方はぜひご参加ください!
コメント (2)

たたかえ恐竜トリケラトプス

2018-07-30 08:34:50 | 絵本いろいろ話
現在、トリケラトプスの絵本シリーズ(小峰書店)の発刊を続けていますが、このシリーズは、
26年前、1992年6月発刊の「たたかえ恐竜トリケラトプス」が最初の作品でした。さてさて、
この絵本のあらすじを簡単に紹介したいと思います。
気候の変化が起こり、トリケラトプスの生息地の植物が減りました。リーダーのビッグホーン
は、はるか南にあるらしい、緑豊かな新天地をめざして旅立つ決意をします。ビッグホーンの
息子リトルホーンは、トリケラトプスの群れからはぐれてしまい、あちこちさまよううち、恐ろし
い肉食恐竜が群れをつけ狙っていることに気づきました。それはダスプレトサウルスのダス
です。やがて群れに戻ったリトルホーンからダスのことを聞いたビッグホーンは、先制攻撃を
しかけることを決意して、リトルホーンにダスの居場所へ道案内させます。

ハラハラドキドキの場面が続きます。先日、この絵本の重版通知(43刷り目)が届きました。
長い間、子どもたちに愛読されていることに感謝します!
※8月5日、未来屋書店幕張新都心店で「恐竜のお話会」を開催します。大阪弁での恐竜の話を
聞きたい方はぜひご参加ください!
コメント

サイン本

2018-07-28 09:20:40 | 絵本いろいろ話
現在「恐竜トリケラトプスとスピノぼうや」(小峰書店)のサイン本を作成しています。スピ
ノかあさんを描いてみました。このサイン本は全30冊が仕上がり次第、クレヨンハウス
東京店
で販売される予定です。皆さん、楽しみにお待ちくださいね!
コメント (2)

恐竜絵本

2018-07-16 09:26:00 | 絵本いろいろ話
昨日、パルコブックセンター吉祥寺店(吉祥寺リブロ)に行きました。すると私の絵本が面出し
展示されていました。なんだかオビが目立っています。ちょっとうれしいような気恥ずかしいよ
うな。さてさて、このパルコブックセンター吉祥寺店は7月29日で閉店されるそうです。38年間
の歴史に幕を降ろすそうですが、私にとっては今までお世話になっていたので、とても寂しい
気持ちになりました。
コメント

恐竜トリケラトプスはじめてのたたかい

2018-06-27 09:14:32 | 絵本いろいろ話
恐竜トリケラトプスはじめてのたたかい」(小峰書店)が第30回愛媛新聞小学生読書感想文コンク
ール
(課題図書)小学生低学年の部に選ばれました。皆さん、ビッグホーンが感想文をお待ちし
ていますよ~!よろしくお願いします!
コメント

恐竜絵本制作スタッフ

2018-06-25 08:53:06 | 絵本いろいろ話
「恐竜トリケラトプス絵本シリーズ」が26周年になりました。読者の皆さん、長年ありがとうございます!
さて、ここで製作スタッフを紹介します。左から小峰書店編集部Kさん、作者の私、図書印刷プリンティ
ングディレクターTさんです。この3人が中心になり、絵本作りを進めています。(画像は1年前に撮影
されたものです。)これからも子どもたちが喜ぶ絵本を出していきます!皆さん、どうかよろしくお願
いします!
コメント (2)

恐竜絵本中国語版

2018-05-28 08:26:29 | 絵本いろいろ話
ちょうど1年前、友人で大先輩の「長野ヒデ子」さんと「和歌山静子」さんに、中国語版恐竜絵本を
贈りました。お二人とも何度も中国に行き、また中国の方を日本に招いたりして、絵本や紙芝居の
普及に尽力されています。まさに草の根交流ですね。この恐竜絵本は現在中国の子どもたちに
読み聞かせされたりして活用されているそうです。長野さん、和歌山さん、関係者の皆様、ありが
とう!中国の子どもたち、これからも恐竜たちの活躍を楽しんでね!
コメント (2)

ビッグホーンとリトルホーン

2018-05-26 08:48:33 | 絵本いろいろ話
現在、恐竜トリケラトプスの絵本シリーズ小峰書店)は26年目に入りました。画像はビッグホー
ンとリトルホーンです。リトルホーンは推定5才(26年経っても年齢は変わりません。)これからも
この親子は大活躍します。皆さん応援よろしくお願いします!
コメント

恐竜トリケラトプスとウミガメのしま

2018-05-18 08:35:19 | 絵本いろいろ話
皆さんお待たせしました!「恐竜トリケラトプスとウミガメのしま」が増刷されました!ストーリーを
簡単に紹介します。
ウミガメのアーケロンが、肉食恐竜カルカロドントサウルスのカルドンにタマゴを取られて困ってい
るという知らせを受け、トリケラトプスのビッグホーンとリトルホーンとプテラノドンのプテラぼうや
は、海をわたってウミガメ島に行きます。ビッグホーンはカルドンをやっつけるため、ある作戦を考え、
砂の中に隠れます。(忍法土遁の術です。)リトルホーンがうまくカルドンをおびきよせ、ビッグホー
ンがカルドンに突進することができました。こうして作戦はうまくいくように見えましたが、あれあれ、
意外な展開になっていきます。
この話、おもしろいですよー。「恐竜トリケラトプスとウミガメのしま」は、今回の重版で12刷りになり
した!読者の皆さん、ありがとう!
コメント (2)

恐竜トリケラトプスとダスプレトサウルス

2018-05-13 08:33:21 | 絵本いろいろ話
新作絵本「恐竜トリケラトプスとダスプレトサウルス」(小峰書店)の重版が決定しました。少し
あらすじを紹介します。
肉食恐竜ダスプレトサウルスのダスは息子のプレトにえものを捕ってくるように命じます。
プレトはトカゲを追いかけますが、(その様子をトリケラトプスのママホーンがみていました。)
コリトサウルスの巣に入ってしまい、コリトサウルスたちに、タマゴ泥棒と間違えられて追い
かけられます。一方ダスは帰りが遅いプレトの匂いをたどってさがしていました。しかし鼻から
川の水を吸い込んでしまい、さあ大変、大事な嗅覚が効かなくなってしまいました。果たして
ダスは プレトを無事に救い出せるのでしょうか?

トリケラトプスの絵本シリーズは26周年になりました。(150万部を超えたようです。)
長年続けてこられたのは、読者の皆さんからの励ましがあったからだと思います。子ども
たち、ありがとう!
コメント

恐竜絵本出演者

2018-04-19 20:31:43 | 絵本いろいろ話
今年「恐竜トリケラトプスシリーズ」(小峰書店)は26年めに入りました。主人公リトルホーン
始め、レギュラー出演者はこの絵(絵本ナビさん作成です。)のとおりです。そのほか、毎回
いろんな恐竜にゲストとして登場してもらっています。「次は誰を出そうかな?よし!この恐
竜さんだ!」さっそく所属プロダクションに電話をして、ギャラの交渉をします。「あちゃ~!
出演料が高すぎますよ。なんとかならないですかあ?」なかなか交渉がまとまりません。
 な~んてことはないですよ。皆さん、「読者さんのためなら!」と、喜んで出演してくれます。
ガオ~!
コメント

恐竜あいうえお

2018-02-28 08:48:00 | 絵本いろいろ話
昨日、紀伊国屋書店吉祥寺店に行くと、「恐竜あいうえお」(小峰書店)が平積みされていました。
おや、端っこで落っこちそうですね。このコーナーには新学期用の絵本などがまとめて置かれていま
す。「恐竜あいうえお」は、ひらがなと一緒に恐竜の名前と特徴が覚えられる、一石三鳥の絵本です。
子どもたち、楽しく「あいうえお」をおぼえてね!
コメント