jokichi つれづれ日記

自然観察大好きじいさんが 見たこと 感じたこと を気ままに綴ります。

ナガバジャノヒゲ の青い実

2017-01-13 10:28:06 | 池のまわりのこと
全く雪のない池畔の石の間に大株になった ナガバジャノヒゲ の細い葉がこんもりとしている。
青い実が稔っているはずだが・・・と長い葉を分けてみると。
 
もっと小さい別の株ではかぶっていた枯れ落葉を除けてみると。
やっぱり 青い実が輝いていた。
ナガバジャノヒゲ は匍匐枝を出さず株立ちになる・・・などと書き込みがあるが
jokichi の観察では草丈に比べると短いけれども匍匐枝も出して大株に成長してゆくようだ。
ジャノヒゲ の場合は草丈が短いから匍匐枝の長さが際立つのじゃないか・・・と思う。
この写真は1月10日に撮った。
今度は ジャノヒゲ の青い実を撮ろうと思っていたが翌日から雪が降り出しまだ降りやまない。
もうすぐ大寒なんだ。予報では向こう一週間は雪が降るらしい。
ジャノヒゲ の実が現れるのはホントの春が来てからだろう。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« フユイチゴ | トップ | 冬芽 ツノハシバミ 蛇足も少々 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

池のまわりのこと」カテゴリの最新記事