滋賀 建築設計事務所イデアルの小さな独り言

建築家・清水精二のブログ、何でもあり独り言集・・・。

閑谷(しずたに)学校を訪れて

2018年12月09日 | 建築

岡山県備前市にある閑谷学校(正確に言うと旧閑谷学校)を訪れて来ました・・・。閑谷学校は、現存する日本最古の学校建築であり、現存する世界最古の庶民のための公立学校でもあります。閑谷学校は、江戸時代の寛文10年(1670年)に岡山藩主池田光政によって創建されたものです。初めて閑谷の地に来観した池田光政は、「山水清閑、宜しく読書講学すべき地」と称賛し、地方のリーダーを養成する学校の設立を決めました。そして、学校の永続を願う藩主の意を受けた家臣津田永忠は、約30年の歳月をかけて、元禄14年(1701年)に現在のような閑谷学校の全容を完成させました。

 

上の画像は、国宝の講堂です。入母屋造りの屋根は、創建当時は茅葺きだったそうですが、現在は備前焼瓦が葺かれています。閑谷学校については、予備知識も何もなく訪れたので、最初に遠くから全貌を概観したとき、紅い瓦葺きだったので、石州瓦なのかなぁ・・とも思ったのですが、石州瓦にしては色にムラがあるし、岡山で石州瓦というのもおかしいし・・と考えているうちに、間近で瓦が見えるところまでたどり着き、ひょっとして備前焼・・?と思ったら、本当に備前焼の瓦が葺いてありました。

備前焼瓦では、耐久性はあっても水密性(屋根の防水)には問題があるのでは・・と思いながら、眺めていると軒先にパイプ状のものが取り付けてあったので、これは水抜きパイプだなとすぐに分かりました。つまり・・備前焼瓦は漏水することを前提に葺かれているということのようです。ちなみに、後で資料館で知ったのですが、この水抜きパイプも備前焼で造られているとの事で驚きました。

 

もう一つ驚いたのが、閑谷学校を取り囲むカマボコ型の石塀です。(上の画像)、こんな石の塀は見たことがなかったので、どんだけの手間暇をかけて造ってんねん!!と思ってしまいました・・。この長さ756mにおよぶ石塀は、形の異なった石を組み合わせた切り込みはぎ式の石築きで、閑谷学校の全容が完成した元禄14年(1701年)にこの石塀も完成したそうです。石塀の内部には、清浄した割栗石をつめ雑草木を生やさないように築造されているとの事です。

 

最後に紹介するのが、私が気に入った文庫の窓に取り付けられている銅板(雨戸?)です・・。漆喰壁と緑青が現れた銅板との質感のコントラストが生えていて、めちゃくちゃ渋かったです。この銅板の緑青のムラとか、凹凸とか、随所にある赤錆(おそらく銅板に打ち付けた釘から染み出た下地の鉄の錆か何か)などの粗い質感と漆喰の無機質で吸込まれるような白とのコントラストが最高です。私もこういう銅板の使い方をしてみたいと思ってしまいました。(現在は、こういう緑青は出ないでしょうけど・・)、ちなみに、文庫の床下換気口にも同様の銅板が取り付いていました。

 

 

 

コメント

「太陽の塔」の内部に行って来た。

2018年11月18日 | アート・文化

先日、「太陽の塔」の内部に行って来ました・・・。太陽の塔は、1年以上の改修・増築工事を終えて今年の3月から48年ぶりに一般公開されています。太陽の塔は、芸術家・岡本太郎がデザインし、大阪万博でもひと際注目を浴びたモニュメントでした。万博開催後、ほぼ全てのパビリオンが撤去されるなか、75年に太陽の塔の永久保存が決まったものの、通常は人が立ち入らない「工作物」として残されていました。太陽の塔を一般公開するため、大阪府は法規上の整理を行い、約13億8800万円の費用を投じて、耐震補強を施すとともに地下に展示空間を増築し、常設の展示施設へと再生させました。

 

太陽の塔の内部空間には、岡本太郎が構想した高さ41メートルにおよぶ「生命の樹」がそびえ立っています。地下から上へ上へと伸びる生命の樹には、原生類時代、三葉虫時代、魚類時代、両生類時代、はちゅう類時代、哺乳類時代に生きてきた約180体の生きものが取り付けられています。生物群は、太陽虫やクラゲから、アンモナイト、恐竜、マンモス、ネアンデルタール人などなど・・。上にのぼるにつれて時代が進んでいく設定で、命の歴史を感じることができるようになっています。模型のリアルさや大きさも含め、大迫力の生命の樹を目の当たりして、高揚感を感じずにはいられませんでした。(岡本太郎・・恐るべしです)

 

生命の樹に誘われて最上階までのぼると、そこからは太陽の塔の両腕内部を見ることができます。内部に入る前に外から太陽の塔を眺めていて、たぶん・・鉄筋コンクリート造なのかなぁ・・と思っていたのですが、腕の部分は鉄骨造でした。しかも新たな照明効果で神秘的な存在感を放つ露出の鉄骨フレームの美しさに驚かされました。(専門的には、こんなに多くの部材ジョイントが要るのかな?・・これも意図的なデザインかなと思ってしまいましたが・・)、ちなみに、太陽の塔は、腕から下が鉄筋コンクリート造で、腕から上が鉄骨造になっていることが塔内にあったカタログで判明しました。

 

ところで、太陽の塔が何を表しているのか・・作者が何も語っていないため、よく分かっていないそうです。ただ、特徴的な3つの顔についてはハッキリしているそうで、お腹に付いている「太陽の顔」は現在を、頂部の「黄金の顔」は未来を、背面の「黒い太陽」は過去を表しているそうです。これは、大阪万博テーマ館が「過去」→「未来」→「現在」を巡る構成であったことに加えて、作者である岡本太郎が「人間の身体、生命のうちには、いつでも人類の過去、現在、未来が一体になって輪廻している」と考えていたからだそうです。それで・・分かっているのはこれだけで、あとの解釈は自由なんだそうです・・。

という事で、みなさんも是非一度、太陽の塔の内部空間を体感してみてください。なかなかの感動モノですよ・・・。(ちなみに、一般公開は期間限定ではありませんが、内観するには予約が必要で、ネットの予約サイトから予約できます)

 

 

 

コメント

第70回 正倉院展2018

2018年10月30日 | アート・文化

今年も奈良国立博物館で開催されている正倉院展に行って来ました・・・。毎年の恒例行事として、古の文化と職人技(そのセンス)に敬意を表しに奈良に行って来ました。今年で70回を迎える正倉院展ですが、これまで正倉院展に出陳された宝物は延べ5000件近くに及ぶとの事です。それでもなお正倉院には約9000件を数える宝物があり、未だに初出陳の宝物が毎年含まれています。このことからも、正倉院では、いかに数多くの宝物が大切に守り伝えられてきたかがよく分かります。

 

それで、今年も出品の中から宝物を1つ紹介したいと思います。画像の宝物は、「玳瑁螺鈿八角箱」という印籠蓋造の八角形の箱です。木製で底裏を除く外面を玳瑁(たいまい:べっこうのこと。)貼りとし、玳瑁に文様の形をくり抜き、螺鈿で唐花文や蓮華・鳥などの文様を表しています。玳瑁は下地に黄色と焦げ茶色が彩色された上に貼られていて、斑文に変化を持たせています。また、螺鈿はヤコウガイが用いられていて、象嵌(ぞうがん:金属・陶磁・木材などの材料の表面に他の材料を嵌め込むこと。)後に線刻が施されています。

この「玳瑁螺鈿八角箱」は、明治28年に大がかりな修復が施されており、外面の玳瑁は面積の半分以上が修復されているそうです。当初の玳瑁は赤黒い斑文の多い部分を用いているのに対して、後補部分は黄色の部分が多い材が用いられています。ちなみに、正倉院宝物の玳瑁は、黒色の斑点を多く含むものが用いられている傾向があり、玳瑁の黄色を好むようになったのは近世になってからのようです。本品の用途については、珍材を用いた華麗な装飾から仏前に進める献物を納めるための献物箱と推定されています。

 

せっかく奈良に行くのだから、今年も正倉院展に行く前に他の社寺を訪れて来ました。今年は、法隆寺(2回目です)と中宮寺(法隆寺のすぐ隣です)と法起寺に行って来ました。

 

画像は、コスモス畑から見る法起寺の三重塔(国宝)です。706年(慶雲三年)に建立された現存する日本最古の三重塔です。法起寺の周辺では、農家の方がコスモスを栽培されていて、その規模は毎年少しずつ拡がっているとか・・。ちょっとした名所になっているようです。

という事で、今年の恒例行事も終わってしまいました。、正倉院展は、11月12日まで開催されていますので興味のある方は、古の文化と職人技に敬意を表しに奈良に行ってみてはいかがでしょうか・・・。

 

 

 

コメント

「睡眠負債」を防ぐには・・・。 最初の90分が睡眠ゴールデンタイム

2018年10月07日 | 独り言

最近バタバタしていて、先月は久しぶりに月1ブログが書けませんでした・・・。努力目標は月2ブログなのですが、月1も達成できていませんね。それで、私もバタバタしていて睡眠不足になりがちなので、今回は「睡眠負債」を防ぐ基礎知識を紹介することにします。

睡眠不足が借金のように積み重なってしまうことを意味する「睡眠負債」という言葉があるそうです。日本人の睡眠時間は年々少しずつ短くなり、1日の平均睡眠時間が6時間未満の人は、2007年が28.4%だったのに対して、2015年には39.5%と10ポイント以上も増えているそうです。(厚生労働省「国民栄養・健康調査」)

「睡眠負債」を防ぐには、少しでも質の良い睡眠をとることが重要になってきます。22時から2時の間に成長ホルモンが分泌されると言われていますが、成長ホルモンの分泌は時間に左右されるワケではなく、入眠から約90分間のノンレム睡眠の間に多く分泌されるそうです。さらに、寝始め90分間のノンレム睡眠では、最も大きな睡眠圧(眠気)の解消・自律神経の調整・脳のコンディショニング(記憶の定着)などが行われるとの事です。

以前、私が3~4時ぐらいにいつも寝ている(最近はもう少し早く寝るようにしています・・)ことを知っている友人から、「一番睡眠においしい時間帯(22時~2時)を外して寝ているな!!」と言われたことがありますが、どうやら「何時に寝るか」ではなく、最初の約90分間でいかに深い眠りにつくことができるかが重要だということのようです。つまり、寝始め90分間で脳と身体のコンディショニングが決まる(最初の90分が睡眠ゴールデンタイム)ということです。

ちなみに、良質な睡眠には、脳などの深部体温を上げてから下げることも必要なんだそうです。睡眠は深部体温が少し下がったときに始まるので、寝る90分前に入浴を済ませておけば、深部体温が上がったあと、入眠時までに適度に下がるため、スムーズな入眠とその後の良質な睡眠につながるそうです。

という事で、「睡眠負債」になりがちな方は参考にしてみてはいかがでしょうか・・・。

 

 

 

コメント

マンション-プロジェクト

2018年08月26日 | 建築

暑い日が続きますね・・・。今日は、山積みになっている事務所の書類を整理していました。(書類の山の中で仕事をしている状態になっていたので・・)、整理した書類の中に昨年設計して、現在中断しているマンション-プロジェクトの図面やパース(完成予想図)があって、このマンションも中断しなければ、ちょうど今月完成する予定やったなぁ・・とパラパラ図面を見ていました。それで・・せっかくなので、今回は中断しているマンション-プロジェクトを紹介することにしました。

 

このマンション-プロジェクトは、2LDKの賃貸マンションですが、お施主さんの要望により分譲マンション以上の仕様になっています。他の賃貸マンションとの差別化を図りたいとのお施主さんの要望から、通常のマンションにないプランとなっていて、天井高さも2メートル80センチ以上確保しています。(通常のマンションの天井高さより30~40センチ高く設定しています)

外観の特徴は、上層部から飛び出している中空テラスで、この中空テラスは、外壁から5メートル飛び出していて、8畳分程度の広さがあります。ちょっと技術的な話をすると、中空テラスはPRC(プレストレスト鉄筋コンクリート)造としています。5メートルも飛び出しているので、コンクリートのひび割れを制御するためにポストテンション工法により、プレストレス(圧縮応力)を導入するように設計しています。

ちなみに、このマンション-プロジェクトが中断している理由はというと、ここまで差別化を図るのであれば、一戸に2台分の駐車場を確保しよう(夫婦で1台ずつで2台)ということになり、そのためには計画している敷地では狭いので、もっと広い土地を現在検討しているからです。このマンションの設計はほぼ出来上がっているので、別の土地で法令がクリアできれば少し修正を加えて、このまま建てるのも良し、いろいろ違うアイデアが浮かんでいるので、どうせなら設計をやり直して全く違うマンションを建てるのもいいかも知れませんね・・・。

 

 

 

コメント

唐崎の松

2018年07月29日 | 独り言

昨日(いや今日かな)の夜中は、すごい風でした。この辺り(大津市)は、台風の被害もなくて良かったです・・・。昨日は、お袋を連れて唐崎神社の「みたらし祭」に行って来ました。毎年7月28日、29日に行われる「みたらし祭」は夏の身体健康を祈願するお祭りで、手筒花火の奉納などさまざな神事・行事が催されるそうです。私は、昨年からお参りするようになって、今年で2回目なので神事・行事についてあまり詳しくありませんが、昨日は台風のため幾つかの行事が中止になったようです。一昨年までは、親父が車でお袋を「みたらし祭」に連れて行っていたようなのですが、親父も歳なので運転免許を返して車にはもう乗っていない(高齢者の運転は危険ですからね・・)という事情で、私が昨年から車でお袋を「みたらし祭」に連れて行っているという次第です・・。

 

唐崎神社には、近江八景「唐崎の夜雨(やう)」で知られる「唐崎の松」があります。(と言っても・・私は近江八景について詳しくないのですが・・)、画像は、現在の霊松で三代目に当たります。記録の上では初代の松は天正元年(1573)に大風によって倒れ、二代目は天正19年(1591)当時の大津城主であった新庄直頼等によって植えらたそうです。 その後、植栽から約140年が経った享保19年(1734)に発行された『近江輿地志略(おうみよちしりゃく)』には、「樹高はそれほど高くなく、枝葉が四方に繁り七間四方(12.6m×12.6m)の大きさで雨宿りが出来る。姿形がまことに均整がとれて美しい」と書かれていて、とりわけ巨大ということではなかったようです。

しかし、それから約100年後に描かれた浮世絵「唐崎夜雨図」では枝が琵琶湖まで達し、同時期の版画にも枝が東西54m・南北68.4mという注記があり、かなりの大きさになっていたことを窺わせています。さらに、明治初期(『近江輿地志略』から130年後)の由緒書には、高さ27m、幹廻り11m、枝東西72m・南北86mと記録されていて、途方もない大きさの霊松が存在していたようです。(その頃の写真が長崎大学附属図書館に所蔵されています)、この巨大な霊松は大正10年に枯れ、移霊祭を斎行して三代目として現在の霊松に引き継がれたそうです。その三代目霊松も、昨年枝張りの半分が一気に枯れため切り取られ、残る半分の延命治療を続けているそうです。すでに三代目霊松から種を取った次代の松も育成中とのことですが、延命治療にベストを尽くしているところだそうです。

それにしても、高さ27m、幹廻り11m、枝東西72m・南北86mもある巨大な霊松の実物を見てみたかったものです・・。残念なことに大正10年に枯れてしまったそうですが、もし枯れずに現存していたら、昨年初めてお袋を連れて訪れた・・というような事にはなっていなかったのでしょうね。もっと早くに訪れて(子供の頃にでも見に行って)、「大津(唐崎)には途方もない大きな松があるんや・・」ときっと自慢していたのでしょうから・・・。

 

 

 

コメント

豊田市美術館に行って来ました。

2018年06月25日 | 建築

今日は暑かったです・・・。というか・・今も暑いですけど。ワールドカップの時期になると、にわかサッカーファンになるので、昨夜はサッカー日本代表の試合を観戦していました。正直、セネガルに勝てると思っていなかったので、リードされながら2回も追いついての引き分けはスゴイと思いました。ここまで来れば、次のポーランド戦に勝って決勝トーナメントに行ってもらいましょう・・。

という事で、先日、愛知県の豊田市美術館に行って来ました。豊田市美術館は、建築家の谷口吉生氏の設計によるもので、昨年、同じく谷口氏が設計した金沢の鈴木大拙館を訪れて、いい建築だったので、他の谷口建築も訪れてみたいと思い行って来ました。

 

豊田市美術館の特徴は、常設展示室・企画展示室・高橋節郎館の展示空間の集合と、それらを結ぶ人工池に面した水平に延びる回廊によって構成されていることです。画像でいうと、水平に延びる回廊超しに見える半透明のガラスで覆われた白い建物が、この美術館構成の中心をなす常設展示室のための建物となっています。

 

また、美術館の敷地の中には、伝統的な木構造による茶室建築が建てられており、この建物も谷口氏の設計によるものです。美術館の建築と茶室建築は、様式的に全く異なるものですが、部分的に共通の素材を使用したり、簡潔さを求める共通の意匠性によって、同一の敷地に建てられた建築としての共通性を保つことが試みられていました。

 

 

 

コメント

ウォーキングの「やってはいけない」

2018年05月27日 | 独り言

昨日も今日も暑いです・・・。夏です。先日までは、散歩をしていて気持ち良かったのですが、今は汗ばむので、夕方の涼しい時間に散歩に出掛けなくてはいけなくなりました。それで、今月はまだ記事を書いていなかったので、そろそろ月1ブログ(月2ブログを目指しているんですけどね)を書かないといけないなぁ・・と思いつつ、パッと思いつく記事がなかったので、今回は、ウォーキングのお話にします。

「老化は足から」といわれるように、足の筋力は、20代をピークに、40代でピーク時の70%、60代で約50%と、上半身の3倍のペースで衰えるといわれています。①1日中、デスクで仕事をしている。②歩くのは通勤の時だけ。③移動はもっぱら車。④休日は家でゴロゴロしている・・などの「歩かない生活」を続けていると、さらなる筋力の低下を招き、将来の健康リスク(転倒、骨折、寝たきり、心臓疾患、血行不良などなど)を高めることになるそうです。ちなみに、私も①③は当てはまりますからね。④については、「休日も仕事をしている」ですけどね・・。

足の衰えの予防のために、手軽に始められるのがウォーキングですが、ウォーキングの「やり過ぎ」は、かえって健康に良くない場合もあるそうです。東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利所長は、5000人を対象とした15年以上の調査結果をもとに、ウォーキングの「やってはいけない」注意点について、警鐘を鳴らしていますので紹介します。

1つ目は、「1日1万歩以上にこだわらない」・・8000歩を超えると、効果に大差がなくなり、何が何でも1日1万歩となると、かえって疲労が溜まってしまう恐れがあると共に、過度になると免疫力が低下する。

2つ目は、「運動時の消費カロリーを気にし過ぎない」・・カロリーは個体差を無視した数値であるため、同じ消費カロリーでも体重差によって異なるのであまり意味がない。

3つ目は、「汗ばむ程度は目安にならない」・・発汗は、体質に左右され、同じ気温でも季節によって異なる。

4つ目は、「朝歩くことにこだわり過ぎない」・・体温の低い寝起きよりも、体温の高い夕方がベストで、上記3つ目と共に平均体温を上げることで免疫力がアップする。

5つ目は、「無理をしてはいけない」・・疲れているとき、天気の悪い日、暑さ・寒さが厳しいときは無理をして歩かない。1週間、1か月間、1年間のトータルで考えることで、負担が少なく長く続けられる。

という事のようです。私もよく仕事の合い間に、気分転換を兼ねて散歩をしていますが、 足の衰えの予防になっているのかな・・?、先日、散歩するときに、親父の万歩計を借りて計ってみたところ、2000歩程度しか歩いていなかったので、おそらく何の予防にもなっていないのでしょうね・・・。

 

 

 

コメント

世界から注目されている緑茶

2018年04月15日 | 独り言

もうすっかり春になって、桜の花も散ってしまいましたが、我が家のサクラソウは、まだまだ頑張って咲いています・・・。画像は先日撮影した我が家のサクラソウです。先月の下旬から咲き出して、雨が降ると雨水の重みで倒れてしまうので、もうこれで終わりかな・・と思うのですが、陽が差すとまたムクムクと起き上がってきて咲いています。今日も昨日の夜からの雨で倒れていますが、天気か良くなってきたので、いつものようにムクムクと起き上がってくれるのでしょうね・・。

 

という事で、今日は緑茶のお話です。近年、和食がユネスコの文化遺産に登録されたことや健康志向の高まりもあって、世界中から緑茶が注目されています・・。緑茶は健康にいいことで知られていますが、近年では海外の大学などでも研究が進められていて、イギリスのアングリアラスキン大学の研究では、ECGCという緑茶だけに含まれる成分が、健康な細胞を保護しながらガン細胞を死滅させるサイクルを引き起こすことが分かっています。

ところで、海外ではどんなお茶にも砂糖を入れて飲むそうですが、緑茶も例外ではないようです。特にイスラム教の国々では緑茶の人気が急上昇していて、ラマダン(イスラム教徒が1か月間、日の出から日没まで断食を行う)の期間中、夕刻になって飲食が許されると、砂糖を入れた甘味たっぷりの緑茶が身体を癒してくれるということで、ファンを増やしているんだそうです。また、シリコンバレーでは健康志向の高まりから、砂糖不使用でカフェインが含まれている緑茶が、IT系企業のエンジニアが常飲していたエナジードリンクの代替品として数年前から流行しているそうです。たとえば、グーグル社では、1か月にコーヒー4000杯に対して、緑茶はペットボトル6万本が消費されているそうです・・。

私たち日本人が普段飲んでいる緑茶は、世界中から注目されているということですね・・。私は、コーヒーが飲めないので緑茶は結構飲んでいるほうだと思います・・でもコーヒーが飲めない代わりにミルクティーやココアも結構飲んでいるかなぁ・・。ちなみに、金沢大学の60歳以上の男女を対象にした調査では、緑茶を全く飲まない人に比べて、緑茶を毎日飲む習慣のある人は、認知症または軽度の認知障害の発症率が約1/3という結果が出ているそうですよ・・・。

 

 

 

コメント

終の棲家・・和風平屋建て住宅

2018年03月04日 | 建築

今日は完全に春でしたね・・・。にもかかわらず、花粉症もひどくなかったので、散歩をしていて・・とても気持ち良かったです。

先日、数年前に設計させて頂いた「瀬田の家」のお施主さんから久しぶりに連絡がありました。連絡を頂いた要件は、「瀬田の家」とは関係のない別件だったのですが、その時に快適に暮らしていることと、いい家を設計してくれたことへのお礼を言って下さっていました。いわゆる建築家冥利に尽きる言葉を頂いたワケです。(この言葉を聞きたくて、日々格闘しているのですからね・・)

 

 [正面外観を見る]

それで、瀬田の家については、工事の様子などはブログでも紹介していましたが、よく考えると完成した建物は紹介していなかったことと、前回の記事で「誰か・・数寄屋の設計させてくれないかな・・・」と言っていたこともあって(瀬田の家の外観は数寄屋風なので)、今回の記事で紹介することにします。瀬田の家は、ご夫婦が「終の棲家」として暮らされる平屋建て住宅として設計しました。和風にしてほしいという要望があったので、外観は数寄屋風にしていますが、内部は生活様式に合せて和洋折衷にしています。

 

 [リビングより中庭を見る]

敷地の南側には高い建物が建っているので、中庭を設けて、その中庭を囲むように各部屋を配置することによって、建物内に光を取り入れています。その中庭を臨む窓には、オリジナルの連窓・連段の障子窓を設けています。(2枚目画像)、また、限られた敷地に奥行きと広がりを持たせるため、玄関に前庭、LDKに中庭、中庭の奥に後庭と異なる形式の3つの坪庭を設けて、視覚のストーリー性を演出しています。

という事で、これからも「瀬田の家」のように、建築家冥利に尽きる言葉を頂くことができるよう自己研鑚に努めなければいけませんね・・・。

 

 

 

コメント