20日の日経平均 34円64銭高い22079円09銭で終了

 20日の日経平均ですが、前日終値(22044円45銭)よりも86円29銭高い22130円74銭でスタート&直後に22071円04銭をつけるも10時半頃に22204円75銭まで上昇する場面が見られ、前場は前日比97円97銭高い22142円42銭で終了。
 午後に入ると3連休を前に利益を確定する動きが強まりじり安。終了少し前には22047円90銭をつけ、終値ベースでは前日比34円64銭高い22079円09銭で終了しました。
 日経平均はかろうじてプラス圏で終了も、JPX400は小幅に売り込まれました。

 東証1部の上昇組は、ウィルグループ(17.36%高)やコロプラ(11.46%高)など5銘柄。KLabも9.75%高と堅調。

 一方の下落組では、すてきナイスグループ(10.80%安)と日本アジア投資(10.56%安)の2銘柄で10%以上の下落。ヤマトHDが8.37%安、トナミHDが6.12%安と陸運が冴えませんね。
 他、ファナックが2.15%安。
 
 レオパレス21は5円安の253円で終了。
 ジャスダック上場の大塚家具は2円高の182円で終了しました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

19日の米国市場 ダウ0.17%安、ナスダック0.07%高、S&P500種横ばい

 19日の米国株式市場は買いが先行もその後調整して、終値ベースでは小動き。
 NYダウは、前日比52ドル29セント安い27094ドル79セントで終了(0.19%安)。
 ナスダックは、前日比5.49ポイント高い8182.88ポイントで終了(0.07%高)。
 S&P500種は、前日比0.06ポイント高い3006.79ポイントで終了(0.00%高)しました。

 ダウ構成30銘柄では13銘柄で上昇、17銘柄で下落。
 マイクロソフトが1.84%高、メルクが1.14%高、ユナイテッドヘルスグループが0.97%高。
 一方、ウォルトディズニーが2.56%安、ホームデポが1.17%安、ゴールドマンサックスが0.85%安、アップルが0.81%安。


 NY原油は、前日比0.02ドル高い1バレル58.13ドルで終了。
 NY金は、前日比9.6ドル安い1トロイオンス1506.2ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

19日の日経平均 83円74銭高い22044円45銭で終了

 19日の日経平均ですが、米国の利下げを素直に好感して前日終値(21960円71銭)よりも103円75銭高い22064円46銭でスタート。9時半頃に22250円近辺まで上昇(午前高値は22255円56銭)した後は10時半頃まで午前高値近い水準で推移も11時前に22130円近くまで調整しましたが、その後は買い戻しが入り、前場は前日比222円82銭高い22183円53銭で終了。
 午後は13時前に22003円30銭まで上げ幅を縮小も日銀の金融緩和現状維持と報道された後は概ね20050円~20100円程のレンジで推移。
 終値ベースでは前日比83円74銭高い22044円45銭で終了しました。
 東証1部の上昇組では、日本アジア投資が23.48%高、リズム時計工業が16.09%高。
 一方の下落組では、大日本住友製薬が2.78%安、SUMCOが2.77%安など。
 レオパレス21、ジャスダック上場の大塚家具は共に横ばいで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

18日の米国市場 ダウ0.13%高、S&P500種0.03%高、ナスダック0.11%安

 18日の米国株式市場は、FRBが0.25%の追加利下げを発表する中、主要3市場は一時調整したものの買い戻しが入り終値ベースではマチマチで終了。
 NYダウは、一時210ドル程売り込まれましたが、その後は買い戻しが入り、終値ベースでは前日比36ドル28セント高い27147ドル08セントで終了(0.13%高)。
 ナスダックは、前日比8.62ポイント安い8177.39ポイントで終了(0.11%安)。
 S&P500種は、前日比1.03ポイント高い3006.73ポイントで終了(0.03%高)しました。

 ダウ構成30銘柄では17銘柄で上昇、13銘柄で下落。
 JPモルガンチェースが1%高、アップルが0.94%高、マイクロソフトが0.82%高。
 一方、ダウが1.02%安、キャタピラ―が0.83%安など。
 宅配大手のフェデックスが12.9%安と下げていますね。

 NY原油は、前日比1.23ドル安い1バレル58.11ドルで終了。
 NY金は、前日比2.4ドル高い1トロイオンス1515.8ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

18日の日経平均 40円61銭安い21960円71銭で終了

 18日の日経平均ですが、17日の米国株式市場は様子見の小動きで終了する中、前日終値(22001円32銭)よりも13円33銭高い22014円65銭でスタート&直後に22027円86銭をつけた後は序盤に21962円73銭もその後は買い戻し傾向で推移して、前場は前日比11円40銭高い22012円72銭で終了。
 午後は12時45分頃にこの日の安値となる21942円03銭をつけてからは21960円弱から21980円強の狭いレンジで推移。終値ベースでは前日比40円61銭安い21960円71銭で終了しました。
 昨日までの10日連続上昇で1400円近く上昇していただけにようやく調整したものの、FOMCの結果発表待ちで様子見感が強い状態ですね。
 東証1部の上昇組では、クワザワ(19.51%高)やソフトブレーン(10.61%高)など3銘柄で10%以上の上昇。
 一方の下落組では、大豊工業(14.76%安)とKLab(13.31%安)の2銘柄で10%以上の下落。
 急騰と反動調整の原油相場に振り回される形で今日は石油関連株も調整していますね。

 レオパレス21は8円安の259円で終了。ジャスダック上場の大塚家具は横ばい180円で終了しています。 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

17日の米国市場 原油は8ドル高の反動で3ドル半安 ナスダックが0.4%高など主要3市場は小幅上昇

 17日の米国株式市場は、FOMCの結果を見極めたいとして、様子見ムードが強い中、主要3市場とも小幅に上昇して終了。
 NYダウは、前日比33ドル98セント高い27110ドル80セントで終了(0.13%高)。
 ナスダックは、前日比32.47ポイント高い8186.02ポイントで終了(0.4%高)
 S&P500種は、前日比7.74ポイント高い3005.70ポイントで終了(0.26%高)しました。

 ダウ構成30銘柄でも15銘柄で上昇、15銘柄で下落するマチマチ。
 ボーイングが1.41%高。アメックスが1.2%高、マクドナルドとP&Gが1.18%高。
 一方、ダウが2.06%安、シスコシステムズが1.1%安、3Mが0.94%安、ウォルグリーンとファイザーが0.9%安。
 
 NY原油は、前週末に石油施設に攻撃を受けたサウジアラビアの生産回復が予想より早まるとの見方から、前日に8ドルも急騰していた反動もあり、今日は前日比3.56ドル安い1バレル59.34ドルで終了。
 NY金は、前日比1.9ドル高い1トロイオンス1513.4ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

17日の日経平均 13円03銭高い22001円32銭で終了

 3連休明け17日の日経平均ですが、先週末(13日)終値(21988円29銭)よりも40円70銭安い21947円59銭でスタート、序盤に21878円63銭も9時50分頃に20000円超え。10時45分頃には22041円08銭まで上昇も11時頃に21950円近辺まで調整して前場は前日比23円55銭安い21964円74銭で終了。
 午後に入ると再び小幅なプラス圏に浮上。14時半前に小幅なマイナス圏に沈む場面もありましたが、買い戻しが入り、終値ベースでは前営業日比13円03銭高い22001円32銭で終了しました。

 先週まで9連騰で1368円程上昇していたところに、原油価格の急騰もあり(企業業績にどれだけ影響するか予測がつきにくいこともあり)てっきり格好の利食い売りの機会になると想像していたのですが、対ドル円相場が1ドル108円台に乗せたこともあり、終わってみれば小幅にあげて、22000円の心理的大台もほんのわずかですがキープしての終了となりました。
 コロプラ(14.43%高)とブレインパッド(10.51%高)の2銘柄で10%以上の上昇。
 原油価格の急騰で関連銘柄の上昇も目に付き、国際石油開発帝石が9.71%高、コスモエネルギーが8.61%高、石油資源開発が7.89%高、富士石油が5.67%高。
 楽天(6%高)や日揮(5.64%高)も堅調ですね、

 一方の下落組では、enish(19.9%安)など5銘柄で10%以上の下落。
 他、日本ペイントHDが8.2%安、関西ペイントが5.56%安、ルネサスエレクトロニクスが3.93%安、ソフトバンクグループが3.03%安など。

 レオパレス21は9円安の267円で終了。ジャスダック上場の大塚家具は2円安の180円で終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

屋根の補修中、転落事故相次ぐ 台風被害の千葉で死者も

屋根の補修中、転落事故相次ぐ 台風被害の千葉で死者も 2019年09月17日 朝日

 同記事によれば、(16日は千葉を含めて大雨になりましたがその大雨に備えて)ブルーシートを張る作業を行ったものの、転落事故が同県内で16日午前だけで15市長選で計35件発生。
 最悪の形となる死亡事故や屋根が抜けて3メートル下に転落。あばらや腰の骨にひびが入り救急搬送される事例も発生してしまったようです。
 まず屋根や瓦を補修しようにも周辺道路の遮蔽物が撤去し切れておらず、業者の手配も困難。あるいは適合する瓦の在庫を保有していないため本格的な修理には時間がかかってしまうといった事情もあるようですが、外は、乾燥し切っていても滑ったり不安定な足場でバランスを崩して滑りやすい(雨が降りだしたら危険度は加速度的に上がります)ので、豪雪地帯の雪下ろし同様、なるべく複数人で登り注意の声替えをしながら作業を行う(可能ならお互い助け合って作業する)、最悪転落しても他の方がすぐに救急搬送の連絡ができるようにする(屋根に上がることが困難な年寄りでもスマホをもって立ち会うこと位はできるでしょう)など、普段やり慣れていない作業だからこそ、二重・三重の対策を練って作業に取り組むことが必要なのかな…と思います。

 その一方でこの状況に漬け込む悪徳業者が早くも跋扈しているそうで、ブルーシートの養生だけで18万円請求される酷い話も飛び込んできています。
 中々難しい判断になりますが、すぐにできますと安請け合いする飛び込みの業者やポストに投函された手元のチラシの業者は極力避け、安心して任せられる、実績のある地元の業者を口コミで選ぶ(地域にお金を回すという意味でも大きいです)ことが大事だと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

16日の米国市場 原油が8ドル高(14.7%高) ダウ0.52%安、ナスダック0.28%安、S&P500種0.31%安

 日本は敬老の日の祝日で休場だった週明け16日の米国株式市場は、突然の原油供給懸念ショックに原油相場が振り回される中、主要3市場とも下落して終了。
 NYダウは、先週末比142ドル70セント安い27076ドル82セントで終了(0.52%安)。
 ナスダックは、先週末比23.17ポイント安い8153.54ポイントで終了(0.28%安)。
 S&P500種は、先週末比9.43ポイント安い2997.96ポイントで終了(0.31%安)しました。

 ダウ構成30銘柄では7銘柄で上昇、23銘柄で下落。
 シェブロンが2.16%高、ダウが1.68%高、エクソンモービルが1.5%高。
 一方、P&Gが1.94%安、ウォルトディズニーが1.61%安、ウォルマートが1.58%安、アメックスが1.31%安、ゴールドマンサックスが1.22%安など。


 NY原油は、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、中東産原油の供給が細るとの警戒感が強まったことから、結局、先週末比8.05ドル高い1バレル62.90ドルで終了(14.7%高)。
 NY金は、先週末比12.0ドル高い1トロイオンス1511.5ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

原油が急騰、ブレントは一時19%高 NYは63ドル台

原油が急騰、ブレントは一時19%高 NYは63ドル台 2019年9月16日 日経

 連休中はどうしても国内ニュース報道が中心となり、また千葉県を中心とした台風被害に伴う停電や断水という大きなニュースもあるので、海外報道はどうしても目に付きにくくなるのですが、サウジアラビアで起きた石油施設への攻撃を受けて原油価格が急騰。
 週明け16日には、北海ブレント原油先物は日本時間同日朝の取引で、期近11月物が一時1バレル71.95ドルと前週末より11.73ドルも上昇(19%高)。
 ニューヨーク市場でも15日(日本時間16日早朝)の原油先物10月物の価格は1バレル63ドル台前半と先週末の終値(54.85ドルと55ドル弱で終了)よりも8ドル以上高い15%程上昇しているようです。

 被害を受けたのはサウジ東部にある国営サウジアラムコの2カ所の施設で、日量570万バレルの原油生産が止まった模様(世界の生産量は日量約1億バレルで、その5%余りの規模とのこと)。
 しばらく原油価格は落ち着いた値動きが続いていましたが、供給停止が長期化するようだと原油価格への影響も出て来そうな嫌な予感がしてなりません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

16日 千葉や茨城で非常に激しい雨 熱中症にも注意

16日 千葉や茨城で非常に激しい雨 熱中症にも注意 2019年09月16日 天気JP
千葉南部で悪天候予想…屋根の補修で転落相次ぐ 2019年09月16日 読売

 千葉県などではまだ電気や水道が回復しなかったりする地域も多く、先週の強風で破壊された屋根や瓦の修理もままならない所も多いのですが、その千葉県や茨城県で今日は1時間に50ミリクラスの非常に激しく降る雨が予測されているようですね。
 エアコンも使えない所に強い雨が降れば窓を閉め切らざるを得なくなり、更に体調を崩すリスクも高まるだけに自身のお体には十分気を配って欲しいと思います。

 また屋根や瓦の破損がある家では、家の中を濡らさないためには屋根にブルーシートを張らざるを得ないのですが、普段そういった作業をやり慣れていないせいもあるのか、屋根から転落する事故が相次ぎ、千葉県内では少なくとも10人が救急搬送される事態に陥ったようです。
 災害とは違いますが、私の住む地域も昭和の昔は平野部でも年に1度は屋根に登り雪下ろしをしなければならなかった地域でしたが、その私が成人する頃にはそこまでする必要もなくなり、ここ十数年瓦屋根に登ったことがない位ですから、もし同じ立場に追い込まれたら…と考えるだけでも正直怖いのですが、比較的年輩の方でも、自宅を守るためにはこの足場の悪い屋根に登る作業をやらざるを得ず(他の若い方に相応の対価を払って作業を代行して貰えない)そしてケガをする人も出てくる…。たまらなくやり切れない思いになります。


 そして今日は東海地区を中心に岐阜・愛知・静岡などで最高気温が35度まで上昇する予定の地区もあるようで。
 この時期に35度ですか…とただただ絶句することしかできませんが、こういった地域では、夜になっても熱が抜けない可能性が高く熱中症で体調を崩すリスクにも十分注意して下さい。
 今週の3連休あるいは来週の3連休はボランティアに励む(励んだ)という人も、誰かの手助けをするにもまずは自分自身が健康な生活を送ることができるから人助けもできる。そんな当たり前の現実を忘れないで欲しいと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

停電の復旧 市原市・袖ケ浦市・千葉市緑区などの多くの地区で明日予定が27日に…

停電復旧 大きく遅れるのはこの自治体 2019年9月15日 NHKオンライン掲載記事

 同記事によれば、当初の復旧の見込みが遅れて、20日までの復旧予定どころか明日(16日)一杯までに復旧見込みだった地域でも、市原市や袖ケ浦市、千葉市緑区など、地区によっては27日まで遅れる見通しの所が出てくるようですね。
 文句を言ってもどうにもならないことだとは頭ではわかっているつもりですが、復旧予定が11日も伸ばされた日にはその地域の方はたまったものではないと思いますが、体調を崩している方は本気でインフラが整っているホテルなどへの一時避難を検討する必要もあるかもしれませんし、反面屋根が吹き飛んでいる場合は防犯上の理由から自宅から離れたくないという方も少なくないと思うのですが、悪い情報程早く知らせて欲しいはずなのに、連休の中日になって突然言い出されても…(困惑
 医療が必要な方(主に高齢者)の場合は心の準備だけでなく離れて住んでいる家族に車を出してもらうなど時間的な余裕も必要なのですから、期待だけさせておいてその期待を裏切ることは本当に勘弁して欲しいものだと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

13日の米国市場 ダウ0.14%高、ナスダック0.22%安、S&P500種0.07%安

 13日の米国株式市場は様子見の小動き。
 NYダウは、前日比37ドル07セント高い27219ドル52セントで終了(0.14%高)。
 ナスダックは、前日比17.75ポイント安い8176.71ポイントで終了(0.22%安)。
 S&P500種は、前日比2.18ポイント安い3007.39ポイントで終了(0.07%安)しました。


 ダウ構成30銘柄では18銘柄で上昇、12銘柄で下落。
 ダウが2.62%高、ユナイテッドヘルスグループが2%高、JPモルガンチェースが1.97%高、キャタピラ―が1.54%高。
 一方、アップルが1.94%安、トラベラーズが1.34%安。

 NY原油は、前日比0.24ドル安い1バレル54.85ドルで終了。
 NY金は、前日比7.9ドル安い1トロイオンス1499.5ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

13日の日経平均 228円68銭高い21988円29銭で終了

 13日の日経平均ですが、12日の米国主要3市場は0.3%までの小幅上昇で終了する中、前日終値(21759円61銭)よりも148円22銭高い21907円83銭でスタート。序盤に21820円94銭まで上げ幅を縮小もその後は上昇に転じて10時40分頃には21999円18銭まで上昇する場面が見られ、前場は前日比187円92銭高い21947円53銭で終了。
 午後も21950円から22000円程の高値安定状態で推移。一時22019円66銭と22000円の心理的大台を超える場面も見られ、終値ベースでも前日比228円68銭高い21988円29銭で終了しました。

 unicoブランドで家具を販売するミサワがストップ高(18.18%高)となるなど3銘柄で10%以上の上昇。三越伊勢丹が5.24%高、ヤフーが4.92%高、ソフトバンクグループは3.2%高、資生堂は2.19%高。
 銀行は、筑波が5.52%高、栃木が4.28%高。
 一方の下落組ではネット広告配信のアイモバイルがストップ安となる20.6%安。ジャパンディスプレイが5.63%安。
 ジャパンディスプレイは白山工場の休止延長のニュースが入ってきていますね。

 レオパレス21は1円高の276円で終了。ジャスダック上場の大塚家具は3円安の182円で終了しました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12日の米国主要3市場は0.17~0.3%の小幅続伸

 12日の米国株式市場は、米中対立が和らぐことへの思惑から、主要3市場とも小幅に続伸して終了。
 NYダウは、前日比45ドル41セント高い27182ドル45セントで終了(0.17%高)。
 ナスダックは、前日比24.79ポイント高い8194.46ポイントで終了(0.3%高)
 S&P500種は、前日比8.64ポイント高い3009.57ポイントで終了(0.29%高)しました。
 ダウ構成30銘柄では22銘柄で上昇、8銘柄で下落。
 ビザが1.71%高、3Mが1.49%高、トラベラーズが1.42%高。
 一方、ウォルグリーンが4.31%安、ボーイングが1.91%安、ユナイテッドヘルスグループが1.75%安など。

 NY原油は、前日比0.66ドル安い1バレル55.09ドルで終了。
 NY金は、前日比4.2ドル高い1トロイオンス1507.4ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ