ポキポキの木にカイロの花

広島市東区の整体・カイロプラクティック「もりたカイロプラクティック」院長公認裏ブログ

少しずつ春めいて。

2014-02-26 | 2014年

この季節、近くの梅林の香りに足を止めてしまいます。
次は沈丁花。もうつぼみがふっくらとしてきています。

当院も今週は春らしくスイートピーを飾ってみました。
ピンクや白だけでなく、こんなシックな色もあるのですね。

大好きな花です。
受付に座っていると、ふんわりと香ります。

花の香りが楽しめる季節です。

しかしこの時期はご用心。

貝原益軒先生の「養生訓」には次のようにありますよ。

 「春は陽気が発生し、冬にとざしたのにかわってひとの肌をやわらかにし、表面の気がようやく開き始める。
 だが余寒がまだまだ厳しいので風邪をひきやすい。用心して風寒に当たらないようにして、
 風邪や咳の病気にかからないようにしなければいけない。
 草木の芽も春の余寒にいたみやすい。
 これでわかるように、ひとも余寒を恐れて注意しなければならない。
 ときどき身体を動かし、運動し、陽気の循環を助けて気を発生させるのがよい。」

陽気とは、中国医学の考え方、陰陽で体内のバランスを考えるときに使われる言葉です。
なんとなく体を動かしたくなる気持ちかな。
私たちの体も芽吹いて行くイメージです。
まだ寒い日もあるから、用心しようね、草木の芽と同じだよ。
寒さに気をつけながらも、体を少しずつ動かして、いきいきとした体をつくりましょう。
もりたカイロプラクティックも、そのお手伝いをいたします。(ここは宣伝ですけど)

養生訓には大体知りたいことが書いてあって、私にとっては「家庭の医学」です。

☆東区スポーツセンターから徒歩5分。もりたカイロプラクティックからのお知らせ。

○もりたカイロプラクティック院長ブログ更新しました。
院長のぎっくり腰をカバーしたサポーター。
この会社の商品は、私も産後に骨盤ベルトとして使いましたが、真摯な製品作りをしているのでおすすめです。

ぎっくり腰におすすめな腰痛サポーター


院長昨日の一句

にがるとは ぶち絶妙な 広島弁

「にがる」ってわかりますか?「にがる」は「にがる」としか説明できないような広島弁なんです。


もりたカイロプラクティックスタッフ  森田ほほ


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 浜田方面へ行ってきました。 | トップ | 「蜩ノ記(ひぐらしのき)」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2014年」カテゴリの最新記事