ポキポキの木にカイロの花

広島市東区の整体・カイロプラクティック「もりたカイロプラクティック」院長公認裏ブログ

湯上りたまご顔になるには

2006-02-27 | 2006年

昨夜、博多発広島の最終新幹線で主人が帰ってきた。

冷静に考えたら、月曜日の治療院は予約がいっぱいで忙しい。
体力が持つのだろうか?

そんな不安は、彼の「ただいまー」という声が吹き飛ばした。

なんと麗しい表情!

湯上りたまごのごとし!


「あ~楽しかった…」

彼の顔は、キラキラしていて(脂?)、
歩くと金粉が出るかのようだ。

「こんなに幸せなことはなかった…」

うっとりするというのは多分こういう表情なのだろう。

「イチローがバットを構えるとね…」

おなじみのポーズを真似ながら、
ネバーエンディングストーリーinヤフードームが始まった。
ジェラシーすら感じるぜ、イチロー。

元気だ。。。
こういう元気は、接する人をも明るく、元気にする。

本当に好きなことを満喫することの効果を目の当たりにした
貴重な日曜日だった。
そして、ここまで好きなことがあるということを、
ちょっとうらやましくも思った。

おみやげはアンパンマンのぬいぐるみとTシャツ。
幸せのおすそ分けをありがとう!

当面は院長の湯上りたまご顔を、
もりたカイロプラクティックで見ることができると思います。

コメント (4)

砂に癒される

2006-02-10 | 2006年

ここ数日、雪やら寒い日やらが続いて、
外遊びができずエネルギーが有り余る娘と、
そんな娘にエネルギーを費やして、心も身体もエンプティなワタクシ。

今日の広島は比較的良いお天気。
ちょっと寒いかなあと思ったけど、公園に行ってみた。

公園は貸切。

お兄ちゃんお姉ちゃんがトンネルを掘っている砂場も貸切。

いつもは娘が他の子どもさんに砂をかけたり、
作ってるお山などを破壊してしまうんじゃないかと
ハラハラしながら見ているのだが、
今日はそんな心配もないので、娘と一緒に遊んだ。

遊ぶと言っても私がひたすら砂プリンを作り、娘が壊す…の繰り返し。
乾ききっていない砂は、砂プリンを作るにはベストコンディション。

ずらりと並べる砂プリン。
キャーとかガーとか言いながら、手で払いのけたり足で踏んづけたり、
お腹を押し付けたりして壊す娘。

あまりに楽しそうに壊すので、私も一緒に壊してみた。

あ、楽しい。

競い合って潰す潰す。
で、また作る、潰す。

気がついたら30分経っていて、身体が冷えてきたので帰った。

帰りに気がついたのですが、何だか心が満たされた感じがした。

砂ってそういう癒しの効果があるのかなあ?

大人になってしまうと砂遊びの機会なんてあまりないけれど、
砂風呂とか、心身共に癒されるかも。

帰宅後すぐにふたりでシャワーを浴びるために風呂場で服を脱いだのだが、
我が家の風呂がある意味「砂風呂」に近い状態になってしまった…。

お父さーん、今夜はクレイ入りのお湯よー。癒される?

コメント (4)

広島に来てからよく食べるようになったもの…牡蠣じゃない

2006-02-03 | 2006年

広島に来てから、それまでの人生に食べてきた量の、
10倍くらい食べている。

主人の実家でご飯を食べるたびに、
特に冬場はよく出るなあと思っていたのだが、
どうやら県内で獲れるし、家族も好きなようだ。

ある寒い日、義母が

「これ食べなさい、身体が温まるから…」

と、もらった包みを開けると、石みたいなものがごろんと2個入っていた。

なまこだった。

「さばき方、わかる?教えてあげるよ。」

「はしっこを切って、内臓を出すんよ。それから薄く切ってね。」

はーい、と返事したが、実際になまこを目の前に、私は固まった。

グアムの澄んだ青い海にはたくさんいたが、
あの時は旅先で気持ちが大きくなっていて、かわいいな、とさえ思った。
もちろん、さばいて喰おうなどと思わなかった。

大学生の頃、雨降りの校内で見た巨大ナ○クジをちょっと思い出す。
そんなこと思い出しちゃいかーーーん!!!

ヨ、ヨメトシテヤラネバナラヌ…

包丁を入れる。固くも柔らかくもなく、弾力があるようなないような。
このつかみ所のなさはなんだろう?
なんだか胸がもやもやする。前歯を噛み締めてしまう。

ぷしゅ。どろり。台所中に広がる磯の香り。

ああ、これが「このわた」か、とっておこう…などと思う余裕など少しもない。
手早く洗い流した。

薄くスライス。原型を留めない最後の方のなまこは、
もう何を切っているのか自分でもわからない。

こうして苦労してさばいたなまこを、主人は大変喜んで食べていた。

私は、なまこの歯ごたえが、
包丁を通して指に感じた感触とまったく同じということに驚いた。
物言わず、動かない分、主張を貫いている感じだ。

広島に来て、1年半が過ぎ、最近ようやくおいしいなと思うようになってきた。

いつも食べているなまこの倍くらいの値段がする、
「赤なまこ」も気になってきた。

しかし、やっぱりさばくのは苦手。
広島人になるにつれ、克服していけるのかな…。

ところで、なまこの栄養的価値ってなんでしょう?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。


もりたカイロプラクティックからのお知らせ☆
当院サイト内院長ブログ更新。
出会いの春。良い姿勢で好印象に!
良い姿勢を保つちょっとしたコツ
それ以外の院長の日常。
もりたカイロプラクティック院長のフツーのブログ
過去の今日の一句もこちらから。

コメント (4)

一瞬で見る「院長今日の一句」。

広島市東区もりたカイロプラクティック店舗前にて公開中。