馬 能力主義


馬の能力を過去レースより分析。人気馬の信頼度や穴馬の盲点を見極める

4月5日 阪神競馬場 大阪杯

2020-04-05 11:34:03 | ギャンブル
■阪神競馬11R

◾GⅠ 大阪杯


◆頭数は寂しいが実力者が集い、上位陣は何が勝ってもおかしくないメンバー構成。
ひとつのミスめ許されない状況で、よりマイナス面のない馬の順番を。

確たる逃げ馬不在で展開はスローか、先行馬に有力馬が揃い3コーナー辺りから実力勝負、そうそう前は止まらない、後方からの馬は厳しいか。



前走が明らかな仕上げ途上、能力だけで2着。1着ダノンキングリーとは仕上がりの差、そして舞台設定の差だろう。
叩き2戦目、阪神コースで逆転の目は充分。


○対抗
色々と賛否両論だが、個人的には毎日杯の勝ち方が秀逸。この舞台が合わないとは思わない。ピンかパーの成績から頭あって、連がらみなしのスタイルで挑みたい。


▲ワグネリアン
べすとな舞台はやはり東京と思うが、
阪神はそれなりに結果を残す。
ここは前を見ながらの位置で展開利から3番手評価。


戦績的には一枚落ちるが、この騎手の1枠1番はなんとも不気味。
器用に立ち回れば3着残りめも。



△ダノンキングリー
力は一枚上も生涯唯一の着外を喫した遠征はやはり気になるところ。距離も本来ならばもう少し短いほうがいいはず。
克服できればあっさりもあるが……。


△クロノジェネシス
こちらはなんといっても成長力が魅力。
能力はひけをとらない。
ただし、枠順の運が今回はなかった。
強力先行勢が揃い、この枠はマイナスだろう。



○ブラストワンピース
▲ワグネリアン
△ダノンキングリー
△クロノジェネシス



4月4日 中山競馬場 ダービー卿CT

2020-04-04 10:54:49 | ギャンブル
■中山競馬11R

◾GⅢ ダービー卿CT


◆混戦模様で波乱含み、先行馬が揃い、息の入らないタフな流れと予測。前を見ながら中段から差してこれる馬が展開有利か。


負けるときは2桁着順も多く、中々つかみどころの難しい同馬だが、それなりに傾向もある。
5着以下に敗れた6戦の内、4戦がGⅠ、1戦が休み明けの距離1800で過去最高馬体重だった府中牝馬Sで、負けと言う負けは
、2018年のターコイズSの1人気8着。
同じ舞台での敗戦はやや気になるところだが、そもそもGⅢ以下(4,2,1,1)で、ここでの能力は上位。

ちなみに上記のターコイズSはビュイック騎手で2019年マイルCSもプリモシーンに騎乗して11着に負けている。
そのビュイック騎手は2015から2019までのJRA騎乗のうち、牝馬、セン馬合わせて14回の騎乗機会があったが、勝鞍は0だった。


2,3歳時はダノンプレミアム、ワグネリアンと接戦を演じていた同馬。弥生賞3着以降は中々結果がでなかったが、翌年の京王杯AHで3着。続く富士Sは惨敗を喫したが、ニューイヤーSでは久々の勝利。
この戦績を見てわかる通り、やはりコース適正は中山マイルがベスト。
前走はその条件で崩れているが、もうひとつ、着順の良し悪しは枠順も関係してくる。
コーナーワークの良い馬で、内枠から上手く流れに乗って4コーナーで抜け出すような競馬で好走するタイプ。
今回はこの理想の枠で、前目で流れれば、前走より確実に着順をあげるはず。


▲単穴 エメラルファイト
成績的に頭打ち感もあるが、重賞勝ちのある中山コースで一変の可能性がある。
時計勝負では分がわるいが、パワー型で直線に坂のあるコースは得意。
スプリングS以降は、東京、京都、小倉と直線平坦ばかりで、この馬の持ち味が生きなかった。鞍上が仕掛けどころを間違えなければ一発があっていい。今回が絶好の狙い目。


☆マイスタイル
戦績的には強いのか弱いのかよく分からないタイプも、某予想屋さんの情報では極端に揉まれ弱いとのこと。なるほど好走時は内枠からスンナリ先行か、中段でも外に馬がいないバラけた展開時。
それならば大外が奏効しそうで、人気落ちなのもオイシイ。
影の実力者で侮れない。



△勢は、
上がり馬の、△トーラスジェミニと△ペプチドバンブー、
忘れ去られたGⅠ馬、
△ケイアイノーテック、
前走は1年ぶりも見せ場充分、叩き2戦目の、
△カツジ
までおさえて波乱に期待したい。



▲エメラルファイト
☆マイスタイル
△トーラスジェミニ
△ペプチドバンブー
△ケイアイノーテック
△カツジ


3月22日 阪神競馬場 阪神大賞典

2020-03-22 15:43:28 | ギャンブル
■阪神競馬11R

◾GⅡ 阪神大賞典


◆ここは、実績、総合力で勝る、

◎本命 キセキ

で、仕方なし。
元々、超不良馬場の菊花賞で圧勝の菊花賞から、スタミナは問題なし。
この低調なメンバー構成ならまず崩れようがない。
東京や京都のような広いコースがベストも、昨年は阪神の大阪杯、宝塚記念を連続で2着と、こちらも問題なさそう。
不安点を上げるとすれば、過去凱旋門賞から帰国後の馬たちの成績が振るわないことと、勝ち味に遅いこと。

何かに足元をすくわれる可能性はあるが、軸は安泰。



ただし、相手が難解。
実績的に上位になるであろう、ユーキャンスマイル、ムイトオブリガードは明らかなサウスポー、追い込み一辺倒のメイショウテンゲンは人気ほどの信頼は置けない。

長距離の一戦でやはり、騎手の腕は重要。


3連勝で勢いがあり、鞍上武豊も心強い。
実績上位馬に不安があり、ここはくい込みがあってもいい。


距離を伸ばしてから堅実に走っている同馬。流石にGⅠ、JCは荷が重かったが、日経新春杯、ダイヤモンドSでは再び掲示板内。
鞍上中谷から福永も少なからず、プラス。


☆レノヴァール
2600以上で5,3,4着で連対圏まであと一歩。小頭数でチャンスはある。


ユーキャンスマイルと、メイショウテンゲンは押さえで。

◎キセキ
☆レノヴァール
△ユーキャンスマイル
△メイショウテンゲン


3月18日 大井競馬場 京浜杯

2020-03-18 11:14:19 | ギャンブル
■大井競馬11R

◾SⅡ 京浜杯


◆昨年の全日本2歳優駿で、やや小粒だったが見事JRA勢を、撃破したヴァケーション、直線の脚が出色で、3着に食い込んで見せた、ティーズダンクが登場。

少し時間が足りないので
先に印だけあげておきます。
時間があったら後程コメントのせたいと思います。


▲ヴァケーション
☆ファンシーアップ
△コバルトウイング
△ファルコンウイング
△プラヴール



3月15日 阪神競馬場 フィリーズR

2020-03-15 13:58:09 | ギャンブル
■阪神競馬11R

◾GⅡ フィリーズR


◆まずはこれだけ前にいきたい馬が揃えば息の入らない厳しい流れと予想。



人気馬の中では1番信頼が置ける。
今回は逃げ、先行争いのひとつ後ろのラインから、競馬もしやすいはず。

阪神JFは逃げ、先行天国の馬場の中、中段から差して5着、最後は決め手比べで見劣ったが、GⅠクラスの中では若干距離が長いかな、と、いった印象。
現時点で恐らく1400ベストで巻き返しに期待する。



差し比べならヒケをとらない。
前走は馬場状態と流れが向かずに3着に破れたが、ここは流れが向きそう。



▲単穴ルーチェデラヴィタ
前走はGⅠど大敗も。フケの影響が明らかに。
新馬、コスモス賞を連勝、続くアルテミスSは休み明けの影響もあった分と不利の影響で6着。
まともならここで勝ち負けの能力。



☆単穴 クーファイザナミ
対抗○と同様のタイプで差し脚魅力。
正直もう少し時計がほしいところだが、無欲の一発注意。


あとは、人気どころで、
△ケープゴット
前走1200使用馬は走っていないデータだが、皆が気づき出すと破られる法則?笑、の、可能性でおさえ。差し馬なのも悪くない。

前走で人気を裏切った、
△アヌラーダプラはここが試金石。


逃げて結果を出した(レコードのおまけ付き)
△カリオストロは
レコードの後のレースで割引。
この枠順でやや難しさを強いられる点も気がかりでおさえ評価



▲ルーチェデラヴィタ
☆クーファイザナミ
△ケープゴット
△アヌラーダプラ
カリオストロ