3.11後の世界

その後の世界について書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時代の変わり目

2016年10月21日 17時39分52秒 | 日記
鳥取地震がありました。


以前鳥取は 地震が少ない といわれていた県で 204年に移住者2000人 を達成しています。





今日の地震で その安心感 もろく崩れ去りました ガタガタ。




熊本地震、阿蘇噴火と続いた事で 

日本の皆さんは痛感したでしょう。

今までの前提はなくなった 時代がかわったことを



もう 以前のような 日本ではないのです。

だから 海外へ という論旨ではありません。 
そうやって 九州に移住した人が被災し 海外に行った人がビクビクわけで 
だから●●●●は危ないからとめろとか そういうつもりはありません。



地震はどこであっても 備える時代ですよ ということです。
何が起きるかわからない時代
前例がなさすぎて 統計がとれず 予測ができないのです。

これから週刊誌や夕刊紙 メディアであることないことが延べられますが




これですね          

「誰も信じるな」





従来であれば 明日から何事もなかったようなフツーがはじまりますが

鳥取はこれよりも大きな地震が起きることを考え ビクビクする日々がはじまり 

全国の皆さんは 明日は わが身と 思ってください。
関西は 阪神大震災があったから 当分大丈夫なんて なんの根拠にもなりませんので
感情論で大丈夫とは考えないほうがよいと思われます。

関東がまずいとすれば 富士山噴火系か 直下型地震か という
即リーチも 可能性として 体感的に そーとー確率があがったと皆さん感じているでしょう。
ゆれてますからね。トリガー的な役割がどこになるかだけのような気がします。
 
いうまでないのですが  この状況でも多くの人は まさかね ぐらいにしか考えてないでしょう。

そんな余裕はないです。 たぶん。


主観 とか 思いこみ はとーぜん 
経験 記憶 データーが 
役にたたなくなってきている事 を薄々気づいてませんか 皆さん。

事実として われわれ のいる 日本は プレートのせめぎ合う場所の上に存在し 大陸のように安定していませんから それを痛感してください。

追記事項ですが
、鳥取県ではその後も、22日午前0時までに震度1〜4の地震が計103回に上った。
これを ニュースで知りました。

誰も このエリアのリスクを のべていなかったことに この事態の深刻さがあります。
次はどこか 予測できないということです。考えればわかることです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 311移住者の逮捕 大麻取締法... | トップ | 意図的誘導 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事