山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蓼藍の子葉

2012-06-09 | 染織、染料植物
日本茜、ムラサキの子葉に続いてこちらはおなじみのタデアイの子葉、
これらが育って沢山の色素をもたらしてくれていると考えると不思議、
それで仕事をさせてもらっていると思うと感謝感謝である
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムラサキの本葉 | トップ | 四葉の日本茜が6つの葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

染織、染料植物」カテゴリの最新記事