横尾美穂と声

シンガソングライター&ボイストレーナー

横尾美穂の声と生活

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

紅葉狩り

2018-10-15 22:56:01 | 日記・その他

9月もあっという間だったけど、10月ももう後半へ。
10月はゴスペル教室が毎週。参加者みんなが愛おしくてしょうがない。まさにファミリーです。12月1日の発表会が楽しみ。

そして日高へは、私の愛する姉妹のお招きで、ゴスペルのワークショップへ。一緒に食べたランチ。私は平取和牛。美味しかったぁ。

10月12日は今年最初で最後の札幌でのワンマンライブ。初共演のバンドメンバーのカズ―さんやトムさんはじめ、さっちん、亮さん、なるけん、みんな、ほんとうにかっこいい。大好きだぁ。そして満席。お客さまの半分くらい、バンドでの美穂ワンマンライブの初めての人でした。お一人お一人に歌を分かち合えて、嬉しいな。ライブはその瞬間に生まれる時間をみんなで共有できるから、とってもハッピーになる。

私、生きてきてよかったと思う。

さて、10月後半は、また日高へゴスペルワークショップとミニコンサート。そして帯広、美瑛へと参ります。
ボイストレーニングや歌のアカペラ創作(帯広)、三浦綾子文学と聖書と賛美というライブ(美瑛)させていただきます。

10-11月 北広島で個人レッスンの教室を開きます。限定開講で、料金もリーズナブル。

雪が降る前に・・・もう一度あの人と、巡り合いたい・・・なんて曲もありますが、北海道は雪が降ると、活動が縮小されがち。
レッスン始めるなら、秋から・・・。

また良い出会いがありますように。

おやすみなさい。

コメント

9月をふりかえり

2018-09-26 22:31:39 | 日記・その他

9月は台風と地震の影響で、エネルギ―や流通などがストップするとどうなるか、という経験を目の当たりにした。
そのすぐ2週間後に娘が心臓のペースメーカー電池交換手術。今日、無事、退院し家へ戻ってきた。
たくさんの方が心配し、祈り、応援してくれた。感謝。

娘は、3歳の時に拡張型心筋症とわかり、その後完全房室ブロックも併発。これから成長する子供にとって、自脈だけでは生活が難しいと、ペースメーカーを植え込んだ。(心筋症の助けにもなっている)

当時はまだ判断のできない娘の身体にペースメーカーを入れるという決断が私たち親にあった。娘のお腹にペースメーカーが植え込みされたエコーを見て、「この子はずっとこのお友達と一緒なんだ」と思った。「このお友達のおかげで娘は楽になる。」と頭ではわかっていても、私の細胞から生まれてきた赤子の娘の身体に、別のものが植え込まれる、なんとも複雑な心境だったのを覚えている。

実は、同じ年に、埋め込んだはずの電池が滑り落ちて、また開腹し、電池をつけなおすという手術もした。2ヶ月で2度もお腹を切った。
代わってあげたくてもできない、辛い経験だった。でも一番頑張ったのは娘。痛さのゆえに、足を上げたり、抗生剤の副作用で全身に蕁麻疹が出た。それでも彼女は笑顔の子だった。彼女の笑顔に励まされた。

それから幼稚園、小学校へ。筋肉がないので運動は苦手。鉄棒もダメ。できないことはあったけど、踊ることは好きだった。
小3の時に3度目の手術。この時も痛さで泣いていた。しかも冬休みの真っただ中。当時まだ幼稚園児の息子がいたので、病院通いしていたが、吹雪で2日病院へ行けないというハプニング。病院に電話して、本人と話す。「ごめんね。。。いけないくて」本人は「わかった。大丈夫。」
看護師さんがやさしくて、24時間体制で診てくれる病院だけど、それでも親がいない夜を2日も病院の個室で過ごさせてしまった。夜にひとりでこっそり涙を拭っていたらしい。

その後、片頭痛がひどくて、食事もとれず、嘔吐、便秘で心身が弱り、心臓と同じ救急車で病院へ搬送された。

いろいろあった・・・。そして、中学、高校へと成長し、今は大好きなダンスを踊りながら人を励ますチアダンスを踊れるようになった。

今回の入院で、小さな娘はもういなかった。オーストラリアへ一人で短期留学もしたせいもあり、寂しさの免疫もついていたし、手術の朝もリラックスして、病室から歩いていきながら、「行ってきます」と笑顔で手術室へ入っていった。

採血されても、何をされても、涙は一回もださなかったよ、と彼女。手術のとき、麻酔がかかる前に、手術台に寝かされながら、周りで動き回る医師や看護婦の手際のよさに感銘を受けたこと、麻酔がかかっても目を開けていられないだろうかと最後まで目を開け続けようとしていたが、どんどん波のように意識が遠のく体験をしたことを話してくれた。(←おもろい子!)

術後、麻酔から目覚めるのも早く、目覚めたとたん、「友達が心配してるから、生きてるよ、ってラインする。」(←今の子!)
そして安心したら、「お腹すいた」と言い、私もほっとした。

切り傷はまだ引っ張られていて痛いようで、長時間椅子などには座れないが、傷口がふさがって、抗生剤の点滴も必要なくなり、今日退院できた。家のベッドで入院前と変わらなく、ゴロゴロしている(笑)。

3歳の頃、肺炎にかかったときに、心音に雑音があると言われ、前の日には想像していなかったことが起こった。
病院に搬送され、検査の毎日。検査中に起きた脈の伝達部分のブロック。最悪の事も頭をよぎりながら、ICUで横たわる娘のそばにいれないで一夜を過ごした。

そんな体験をしてきた娘は、今はチアダンスを踊り、コアラを抱っこしていたり、将来の夢を語る。

彼女を見ていると、生きているのではなく、生かされていると実感する。
神と人の愛の中で守られ、とてもやさしく、強く、頼もしく成長している。
次回の電池交換は10年後になる予定。彼女はもうすっかり成人しているのだ。次からは親ではなく、彼女が判断していくのだなぁ。(できるかぎり親としても、シブがき隊でもなく、応援隊でいます!)


9月は、いろいろあったけど、自分の力で生きているのではなく、神に「生かされている」こと、普通の生活が普通ではなく、ありがたいことであることを改めて思わされている。

10月はライブやゴスペルワークショップもある。ひとつひとつ丁寧にしたいものです。
その後の自分の導きも祈りつつ、歩もう。

感謝。

コメント

胆振東部地震から6日目

2018-09-11 00:28:10 | 日記・その他

台風でたくさんの被害があったその翌々日、まさかこんなに大きな地震が北海道で起きるとは、、、
誰も予測できないです。天災。

この6日間、主人が仕事で出張中。夜中に起きた地震で、フェイスブックで停電の知らせをしている人が続出していく中、漏れなく我が家も停電。1週間に天災で2回も停電を味わうことに。
その晩は眠れず、次の日は午前中までぼーっとしていましたが、遠くにいた主人から「水も止まるかもしれない」「私の実家から親を連れてきた方がいい」「外出するときはブレイカーを落とす」など的確な指示。私の実家は、今回の地震で液状化が起きた清田区内。実家はその被害はない地域だったが、断水が続いた。
実家に水を届け、母がこしらえた煮物を食べる。実家が先に通電した後は、水と電気の分かち合い。

2011年東北で起きた震災のときは、まだ幼かった子供たちも、今回は心強い助けになってくれた。

主人が土曜の夜に仕事から帰ってきてくれることになり、千歳空港まで迎えに行った。空港の中には、大気中の人でごった返し、電気がないので冷房もない。

自分の家に戻り、車の電気を消すと、辺りは真っ暗。札幌や他の地域でも星がきれいに見えるほどだったらしい。

どっと疲れが出てきているときに、友達が旦那さんと一緒に電池やカセットコンロのガスなど必要なものを届けてくれた。こんな非常事態でも人の事を思いやれる友達に勇気をもらった。

両親の家に水を届け、ついでにリフレ(アロマトリートメント)してあげたら、むくみが半減し、喜んでくれた。

電気もなくて、携帯も使えなくなって、子どもたちとしりとりしながら暗い夜ねたり、いつもの生活ができないけど、別のできることを発見したり・・・・

地震は怖いし、今も余震があって、毎日夢も何種類も見て、寝汗かいてるけど、

物質的な豊かさが削られたら、きっとこうなるだろうな・・・という想像が生まれた。

また電気が戻り、携帯が使えるようになると、あっという間に元の生活に戻るけど、少しだけ前の自分と違う自分がいるのも確かだ。

人としあわせを分かち合うこと、人の助けの温かさ、シンプルな生活に豊かさのヒントがあることを再確認。

今の自分がこのくらい成長したらやってみようとか、あと5年したらこんなことしたいとかじゃなく、

今の自分ができることが、まだいっぱいある気がしてきたよ。

特別すごいことじゃんくてもいい。誰かの手や足を撫でて癒せたり、寂しい人を抱きしめることはできる。

恥ずかしいなんてない。今まで生きてきた自分を大事にして、他の人のために自分を使っていこう。自分のために自分を喜んでいこう。

被害が大きく、今だ家に戻れずいる方や、悲しみの中にある人に、神さまの慰めと、具体的な助けが与えられますように祈ることもできる。

そうだ。祈ろう。毎分、毎秒、祈りながら、賛美しながら、生きていることを喜ぼう。

日本全国で台風や地震の被害に遭われたみなさん、被害によって心が疲れてしまっている皆さん
今日から学校や仕事へ戻ったなさん、災害の間奮闘している警察や助けてくれている人たち

みんなに今の労苦の分祝福がありますように祈ります。

眠れない夜を過ごしている方へ 少しでも安らぐ心と睡眠が与えられるように。

おやすみなさい。


 

 

コメント

8月の充電の記録

2018-09-06 00:13:15 | 日記・その他

夏休み歌のワークショップ8年目を無事に終えました。子どもたちと保護者との出会いは宝物です。

ある高校の放送部の取材・・・高校生とお話しできてうれしい。高校の時間講師していたころを思い出す。

8月6日北広島カフェスモンクでのライブ・・・大山けんちゃん、柳さん、さっちん、4人でのとっても楽しいライブでした。地元の友達がいっぱい来てくれて、テンションマックスでした。

夏休み女子会・・・夏歌の打ち上げ。あーー楽しかった。

中学生の壁新聞の記事の取材・・・夏歌の参加者だったKちゃんが壁新聞に私の記事を掲載すると言うことで友達と取材。中学生もかいわいいな。

富川福音キリスト教会のオープンチャペルで歌う。美味しいお菓子ケーキのおもてなし、札幌からもRさんが聴きに来てくれたり。
終演後は整体を受けるという恵みにもあずかれ、感謝でした。疲れた体が癒されていく・・・。

娘、オーストラリア短期1ヶ月留学、夫と息子は二人旅。私は普段できない家の片付け、写真の整理しながら、ライブ準備や秋からの企画準備をゆっくりと。映画タイム、同窓会ちょっと顔出し、時間講師のころお世話になった先生宅訪問、祈りの会・・・休暇って感じだった。感謝。雨が多かったせいか、時がゆっくりだった。

富良野のアカナラ(北の国からのロケ地)でライブ。さっちんと道中楽しく、主催者の柿本夫妻にはお世話になりました。富良野好き。

そうこうしていたら、家族みんな揃っていた。

主人が出張へ。息子と娘と遅い夏休み。お出かけ数回。クレープ食べたり・・・。

静まりのセミナー初参加。神さまのとの静かな時間。身体も心も軽くなった。

個人レッスンやグループレッスンの依頼も来て、岩見沢へ月一回コンスタントにお仕事が与えられ感謝。

写真整理もできたし、家の中掃除もできたし(もうぐちゃぐちゃだけど)、良い夏休みだった。

9月からはゴスペル講座も始まるし、頑張る。

昨日台風が北海道にも近づき、停電。文明の利器のありがたみと、それがない静寂も感じられた。

静寂が今もう少し必要だとわかっている。走ったら、休めばいいね。

グループでのボイトレや歌レッスン、企業のセミナーの音楽同好会からもお話が・・・。
九月はお馴染みの福祉施設でも訪問ライブします。

日高へは9月10月一回ずつ行く。

娘のペースメーカー電池交換手術のため、9月中旬は1週間お休みをいただきます。

札幌エルプラザ教室(歌とボイストレーニング)10月28日(金)誰でも参加できる。詳しくは私のホームページへ。

とりとめない、私のメモでした。恵みでいっぱいだな。

コメント

充電期間

2018-07-30 21:07:37 | 日記・その他

今年の夏休み歌のワークショップにも新しい出会いがたくさん。
8年間で300人以上の子どもたちに出会ってきたことになります。

8月1日 16:30~成果発表会 (大曲夢プラザ)

それが終わったら

8月6日(月)北広島 S'Monksでライブです。8月11日富川へ。8月18日富良野へ。

12-17日までは逃避行。きっと家で仕事や掃除だけど、静かに、ゆっくりとします。9月からの活動へ向けて充電。

コメント

環境整備2 

2018-07-12 03:13:01 | 日記・その他

ここ数年ずっと続けてきた。
40歳になったら、少しずつ物を減らしていきたい計画。

なかなか減らない。

でも、なんとか机が見えた!

イメージがあって・・・自分が居心地の良い部屋のイメージ。この夏はペンキも塗っちゃう予定。数年前は、キッチンのキャビネットを緑にとトイレの壁をアンティークピンクに。

この夏は、結婚する前に買ったタンス。これを白く塗る。ちょっとぼてっとした感じで。うまくいくかな・・・。

もうひっこ夏休みに取り組みたいのは、絵を描くこと。自分の絵を描いて、家族写真やいろんなお気に入りのポストカードとかを壁に飾る。

だから今年はお庭は無理そう。

今週末から2週連続北見へ。その前に3つ仕事を片付けてしまいます。

今日は頑張りました。おやすみなさい。

コメント

ボイストレーニング~参加者の声

2018-07-08 22:08:34 | ヴォイストレーニング

<生徒Kさん>

ボイトレ日記🎶【 イメージの力と魔法の巻】

細胞のひとつひとつには実は...
意思があるんじゃないのか
そう思えるぐらい、
昨日のレッスンは
ほぼ全員が美穂さんの魔法に
かかっていた❣️
声を出している生徒の前で
美穂さんが両手を広げると、
声も広がりのあるものに変わり👀💦
みぞおちを押す仕草だけで
伸びのある声になったり🙄💦

つまり
指導者の動きに合わせて
生徒の身体が伸ばすべき筋肉を伸ばし、
広がる場所を口腔内に作り、
声を響かせるバネを内側に作り出し、
出にくかった高音までも
導き出すのだ。
そこに時間差はない。
指令に対する反応は迅速に起こる。
脳で理解してそうするというより、
身体(細胞のひとつひとつ)そのものが
意思を持っているみたいだ。
魔法のようである。
言葉で伝えるとタイムラグが生じるが、
動きに対する反応は反射に近く、速い。
また、言葉ではないコミュニケーションは
イメージを想起しやすいほど
的確に伝わる。
私たち生徒の声がレッスン中に
みるみる変わるのは、
それだけ美穂さんの動き(ジェスチャー)が
筋肉を動かす際の“無意識”と
つながっているのだと思う。
解剖学的とも言える声と身体の理論が
美穂さんには染み込んでいる。

私自身のことを言えば、
ソプラノボイスを
導き出してもらえたことが
驚きだった。
ちょっと無理して出す苦しいソプラノではなく、
太いソプラノが出た。
本来はもっと声の幅があるようである。
でも今のところ、
美穂さんにリードして貰わないと
出せる気がしないけれど😅
リードと言えば、美穂さんの動きを
鏡のように真似て歌ったとき、
まるでミュージカルのように
歌えてとても楽しかった

諸々ウォーミングアップしたあと、
一人一人の声をチェック🎶
一人一人の改善点を階段を上るように
指導してくれます。
この指導をもとに、
カラオケに行ってフィードバックするのが
私の楽しみでもあるのだ😁🎶

座学では
先月に引き続き表現について。
今月は“あがる”ということの原因と
対処法を学びました。
一人ずつ“dump the devil”方式で
あがった経験などを話し合った。
ある方の話がとても納得する話で、
「良く見せたいとか欲があるとあがる。」
というものである。
なるほど、見られてると思って
かっこつけると固くなるもんなぁ。
美穂さんも共感されていたけれど、
楽しくて、好きでやっている時はあがらない
とのこと。うん。好きなことしか
したくないなぁ😄🎶
そしたらあがり知らず😁👍
究極は
「あがってますけど何か
ぐらいの気持ちでいけば
良いという。
こういう開き直りは
我々中年は得意である(笑)

今日は魔法とイメージの力で
みんなみるみる声に
伸びと深みが加わった。
個人的には
お腹にたまっている思いが
全部ブワワワワワ〜ンと
空へ向け飛んでいくような
開いていくような
昇っていくような、
そんな心地よさを味わった。
きっと今日は私だけではないはず😊❣️

最後にみんなで合わせて歌った声は
とても気持ちよく響いていた。

 

<生徒Uさん>

心も身体も解き放つ・・・
美穂先生の発声法!...

昨日は久しぶりにボイストレーニング。
体が楽器…
美穂先生のボイトレは
まずは体を楽器として作るところから。

美穂先生の体を使った発声指導で
”あら不思議!”
出にくかった高音が伸びやかに出せます。

発声は一人一人個人レッスン。
もうすぐ私の番 ”ドキドキ”
日頃はコーラスで歌ってるので
高音を地声で出すのは苦手です。
でもやっぱり”あら不思議!”

美穂さん流の、体を解放するための
不思議な格好の発声法で(笑)
声の質までも変わり高音部が出せます。

美穂先生の発声指導は天才です!

その横尾美穂さんが
ゴスペルCD「Search me、 O God」
をリリースされました。
美穂さんの魂の歌声が収録されてます。
素晴らしいです!

ボイトレのお陰で
身も心も解放されて爽快感でいっぱい!
本日も元気に駆け抜けます…。

コメント

休養と環境整理

2018-07-04 22:42:13 | 日記・その他
月火と仕事を入れずに休みました。
実際には家の中の片付けをしたり
お芝居観たり。

環境整備が自分の心にはとても安心を与えるようです。

混乱状態になる前に
休養と整理

そしたら次の一歩を踏み出せる。

コメント

函館でのできごと

2018-07-01 00:09:16 | 日記・その他

6月函館ガーデンプレイズというゴスペルクワイアの指導へ3日間でかけました。

前後に時間があったので、はじめて五稜郭を散歩したり、友達にカフェや函館山など連れて行ってもらいました。

すべての出会いに意味があると信じています。

函館の家族。来年も会いに行きます。

今日は左足がつってるので、ストレッチして休みます。

おやすみ
今日の自分おわって
明日、また会えますように。

コメント

終わらせることから、、、

2018-06-29 00:07:42 | 日記・その他
お仕事
家事
家族と過ごす時間
趣味
友達と会う時間

削る作業
整理する

自分が自分でいられるように

思い切って一度終わらせてみる

そうすると
またはじまることができる

今日教えていただいた考え方

やってみようと思う
ちょっと不安はあるけど

神さまに信頼していきたい

生きていく糧
全ての必要を満たしてください
助けてください





コメント

思いもよらない神の恵み

2018-06-28 00:05:15 | 日記・その他

我が家に昨日今日届いたもの。

1つは、お手紙と献金。ずっと私や私の家族のことを祈ってくださっている方から、愛情たっぷりのプレゼントを受け取りました。
言葉では言い表せない、彼女の愛に感謝です。実は、同じ信仰を持った友に、同じように献金していただいて、助けられたことが度々あります。神さまの憐みの中で、生かされています。感謝です。

そして、メロンが届きました。私は、歌の他にいろいろバイトもしています。その時に出会ったお客様です。その方々の二日間、アテンダントをさせていただきました。なんだか、とっても温かくて、ずっと前から私を知ってくれてているようなご夫婦でした。私にとって忘れられない方だったので、お便りしましたら、メロンを贈ってくださって・・・。お二人の体調がよくないと聞いていましたが、絶対にまた再会したと思います。


神さま、祈りを聞いてくださってありがとうございます。
必要を与えられることも感謝です。そして何よりも、このようにすばらしい人の出会いをあたえてくださり、その方々をとおして神さまの愛を感じられる恵みに感謝します。

良くしてくださったみなさまに、神さまのめぐみが豊かに与えられますように。

今日の美穂は、頭痛から解放され、夕方から散歩へでかけ、おいしく夕飯を作れました。

おやすみなさい。明日は朝早くからの行動です。起きられますように。

みなさんの明日も守られますように。



コメント

ぶどうの木

2018-06-26 23:07:54 | 日記・その他

実家にはぶどうとリンゴの木がある。
年によって豊作の時、不調の時があるが、両親がずっと大事に育ててきた。ここ数年は、目の見えない父に代わり、母が全部やっている。
私も一度ぶどうの木の間伐を手伝った。

以前、ブログには、父が作ったぶどう棚について投稿したことがあった。

昨日のこのブログ投稿に対して、聖書の言葉「主はぶどうの木、私は枝です」という箇所を思い出しましたというコメントをいただきありがとうございます。

実は、その箇所が賛美歌になったものがありますが、3歳で心臓病と分かった娘が入院中、その歌をよく歌っていました。


主はぶどうの木 私は枝です
いつも離れずに
主はぶどうの木 私は枝です
豊かな実を結ぶ

みことばに とどまり
愛に生きるなら
この世は知るでしょう
主の救いと癒し

娘の病気も父の目の病気も、大変だし、辛うこともあるけど、主のご計画の中で与えられたものなのだと思います。
娘とこの歌を歌っていたのは、きっと父と母が孫のためにいつもぶどうの木を見せたり、抱っこして、ぶどうの木から食べさせていたからだと思います。
我が家にとって、ぶどうの木やリンゴの木は父母の愛情の象徴でもあります。

聖書では、ぶどうの木をイエスさまにとらえ、愛の神という幹に繋がって、みことばという栄養をいただきながら、私たちはその枝となっていれる。その枝から、美味しい実を実らせてくださるのです。

愛の幹からは、愛の実がなる。その枝にされている自分。

間違っても、ちがう実をつけないように、しっかりと木にしがみついていたいです。

ちなみに、ぶどうから作られるぶどう酒(ワイン)。ぶどうの種類によって味が違いますね。ぶどうもさまざまな個性があるように、神さまはさまざまな個性も尊重しておられます。それぞれ味わい深く、でも根本には愛のエキスを流してもらっている。それが信仰者なのですね。

今日の私もおしまい。一日無事に生きました。
明日も朝目覚めさせてくださる神さまに感謝します。

おやすみ・・・・

ちなみに、わたしは、自然酵母のワインが好きです。



 

コメント

人との出会い

2018-06-25 23:24:27 | 日記・その他

母と今日いろいろ話して思ったこと。

ひとりずつ、人生のストーリーがある。そして、その時々の決断が今の自分へとつながっている。母の母、つまり私のおばあちゃんが選んだ道、おじいちゃんと結婚し、北海道の函館へ来たこと。その後、戦争を迎え、疎開したこと。母は生まれ、母は札幌で働き始め、父と出会った。父と結婚して、姉と私が生まれた。

よく、葬儀などで、故人の人生を振り返るが、そんな短い時間じゃ語れない、ひとりひとりのストーリー。

私の母も、おばあちゃんも、そのまたおばあちゃんたち、おあじいちゃんたち。。。。。きっと、「もっとあのとき、こうしておけば!」とか思っていたこともあったでしょう。

でも、みなさんが選んできた道の先に、私がいます。ありがとう。
みなさんが、流した涙、汗、痛み、苦しみ、そして微笑み、優しさ、ぬくもり・・・その結晶が私です。

今、私も生きることは、そんなに最高だ!とは言えない心境もあるけど、ただただ思うことは、神さまは、私の祖先を創り、その流れに私という存在を生かしているということ。

明日は、明日の風が吹く。
ということで、今日の自分終了。明日の自分、待ってろよ。

おやすみなさい。

コメント (1)

子ども 歌 夏休み ワークショップ!

2018-06-25 23:19:32 | 夏休み歌のワークショップin北広島

コメント

低気圧頭痛

2018-06-24 21:15:38 | 日記・その他

昨日の「ハグ運動推進家」に対してコメントくださったかたありがとうございます!
男性同士のハグも素敵!スポーツ選手も家族同士も、友だちも、ハグする男性同士も素敵!
人に触られるのが嫌な人もいますので、注意は必要ですが、生きている間、悔いのないよう、愛情や感情表現の一つとして「ハグ」を大事にしたいです。ある人は、プレゼント、ある人はお手紙、その人によって嬉しいことが違うようです。


昨日のキャンドルナイトは、八剣山果樹園のエコケータリングの設立記念も兼ねて、代表のビアンカさんが毎年続けている企画でした。
アコーディオン奏者の青柳さん(ヤギさん)が昨年まで出演されていたそうですが、今年お亡くなりになったそうで、ヤギさんの追悼もかねていました。

中神さんの一人芝居で始まり、18歳の高校3年のハルくんの歌やオリジナルの英語の歌も素晴らしく、飛び入りしたオーストラリアのハンナは大阪から北海道まで自転車で旅行中で、地元ではシンガーの活動もしていて、飛び入りで歌ってくれたり・・・。インターナショナルな雰囲気と、簾舞のお店「ほっぺた館」の出店、ワイン試飲、エコケータリングのおいしい軽食や飲み物・・・・とても楽しい夜でした。

キャンドルナイトの出演は無事終えられたのですが、今日は、私、低気圧頭痛で引きこもりでした。ここ最近、半日はずっと寝てる。
今日は礼拝も行けず、ほぼ一日ベッドで過ごしました。
水と夫の手作りスープと麻婆豆腐を少しだけお昼にいただき、夜は焼肉。肉を食べると元気になる私。

今年の北海道の6月は、ほんの少し天気が悪くて、調子くずしちゃう。

6月にリリースしたゴスペルソングブック「Search me, O God」好評発売中なのですが、指定の口座に振り込んでいただければ、すぐに郵送しますので、お申込みください。詳しくは→https://cms.e.jimdo.com/app/se3b68b341c221328/pbdc643217e46a8f2?safemode=0&cmsEdit=1

今回この作品を作るきっかけになった、出来事の一つの存在、シンガポールのロバートからもメールが届いた。うれしかった。
美喜さん家族にも先日会えたし、嬉しかったな。

CDの1曲目は、アメージンググレイスは私の人生の中でも大切な讃美歌。

たくさんの人に聴いてほしい。

コメント