表通りの裏通り

~珈琲とロックと道楽の日々~
ブルース・スプリングスティーンとスティーブ・マックィーンと渥美清さんが人生の師匠です。

7月の裏通り

2016-06-30 11:10:18 | ブルース・スプリングスティーン
爽やかな晴れ間といかにも梅雨というジメジメした日が交互に続いている仙台です。まぁ、雨は仕方ないとしてもこの湿気だけは耐えられませんね。珈琲豆だけでなく店に置いているレコードや本の状態が心配な7月の裏通りです。



今月は夏の甲子園の県予選があるので、その結果如何で予定は変わることがあります。ご来店の際はお電話を頂くかFacebookの【焙煎珈琲裏通り】のページでご確認ください。

コメント

五回目の6月18日

2016-06-18 17:21:58 | ブルース・スプリングスティーン
まるで梅雨明けを思わせるような暑い一日でした。そんな今日はクラレンスが亡くなって五回目の6月18日。
Eストリート・バンドではジェイキーがクラレンスの代わりを立派に務めてくれているので、あまり不在を感じなくはなりました。むしろ晩年のあまり動けなかった元気のないクラレンスよりもバンドに彩りを添えてくれているように思います。

でも今日、改めて残された三枚のアルバムや全盛期のプレーが聴けるブルースの楽曲を聴いていたら無性に寂しくなりました。やはりクラレンスの存在は唯一無二の存在なんですね。
クラレンスに先立って亡くなったダニーも然り。現在のEストリート・バンドを支えているスティーヴ、ロイ、マックス、ゲイリー、ニルス、そしてパティ。みんな居て当たり前だと思っているけど、いつかお別れの日が来るんですよね。
クラレンスの命日に、ふと考えてしまいました。
コメント

Clarence Clemons

2016-06-17 13:20:34 | ブルース・スプリングスティーン
明日6月18日はクラレンス・クレモンズ五回目の命日です。

3月のニューヨーク公演、「凍てついた十番街」の演奏中スクリーンに映し出された在りし日のクラレンスの姿を見て、僕は涙が止まりませんでした。
クラレンスについて語りたいことはいっぱいあります。でもまた泣いてしまいそうなので胸に仕舞っておきます。

明日はクラレンスのためにクラレンスを偲んで営業します。朝からずっとクラレンスのアルバムを中心にかけていきます。


もう一度会いたかったなぁ...
コメント

Racing in the Street

2016-06-15 13:26:44 | ブルース・スプリングスティーン
ついに「レーシング・イン・ザ・ストリート」が登場したオランダ公演。しかし一層『ザ・リバー』ツアーじゃなくなってきていますね。
『ザ・リバー』から5曲、『ボーン・トゥ・ラン』と『ボーン・イン・ザUSA』からも5曲。面白いですね(^^)

Start Time: 7:34 p.m.

Setlist
1. Badlands
2. No Surrender
3. My Love Will Not Let You Down
4. FROM SMALL THINGS
5. Sherry Darling
6. Night
7. Spirit in the Night
8. My City Of Ruins
9. JERSEY GIRL
10. Hungry Heart
11. Out in the Street
12. You Can Look
13. Death To My Hometown
14. The River
15. RACING IN THE STREET
16. The Promised Land
17. Workin’ on the Highway
18. Darlington County
19. Waiting on a Sunny Day
20. I’m on Fire
21. Because the Night
22. The Rising
23. Thunder Road
24. Land Of Hope And Dreams
25. Jungleland
26. Born to Run
27. Seven Nights to Rock
28. Detroit Medley
29. Dancing in the Dark
30. Tenth Avenue Freeze-out
31. Shout
32.This Hard Land

END TIME: 10:57

Read more: http://springsteen.wickedlocal.com/2016/06/14/brucespringsteennetherlands/#ixzz4BcRFdl4d
Under Creative Commons License: Attribution Non-Commercial
Follow us: @blogness on Twitter

コメント

Waitin’ on a Sunny Day

2016-06-02 10:47:45 | ブルース・スプリングスティーン
まさかのWaitin’ on a Sunny Dayで幕を開けた昨日のスコットランド・グラスゴウ公演でヨーロッパツアーの八日目が終わりました。昨日に限らずご存じの通り連日スゴそうな内容です。いつもながら同じセットは一度もなし。ここまで毎日バラバラにしてもハイクオリティなステージが成立するんだからEストリート・バンドは偉大です。
一応「ザ・リバー・ツアー2016」と銘打って行われているヨーロッパツアーですが、新旧織り交ぜたベストヒット(ファンから見たら...ですけど)ステージのようです。でもヨーロッパにも『ザ・リバー』完全再現を心待ちにしていたファンもいるでしょう。どっちが良いとかじゃないけど、まぁ強いて言えば『ザ・リバー』からのセレクトが8~10曲と、他のアルバムと比べれば多いのでやっぱり「ザ・リバー・ツアー」なのかな。

1. Waitin’ on a Sunny Day
2. Spirit in the Night
3. My Love Will Not Let You Down
4. The Ties That Bind
5. Sherry Darlin’
6. Two Hearts
7. Rosalita (Come Out Tonight)
8. 4th of July, Asbury Park (Sandy)
9. Hungry Heart
10. Out in the Street
11. Lonesome Day
12. You Can Look (But You Better Not Touch)
13. Death to my Hometown
14. American Skin (41 Shots)
15. Murder Incorporated
16. I’m Goin’ Down
17. Johnny 99
18. The River
19. Point Blank
20. Darnkess on the Edge of Town
21. The Promised Land
22.Working on the Highway
23.Darlington County
24.Because the Night
25.The Rising
26. Thunder Road
27. Badlands
28. Born In The USA
29. Born to Run
30. Glory Days
31. Dancing in the Dark
32. 10th Avenue Freeze Out
33. Shout
34. This Hard Land (acoustic)

Read more: http://springsteen.wickedlocal.com/2016/06/01/setlist-bruce-springsteen-in-glasgow-6116/#ixzz4ANmOUfJx
Under Creative Commons License: Attribution Non-Commercial
Follow us: @blogness on Twitter

「サニーディ」がオープニングで使われたのって初めてかな?そしてヨーロッパツアーでは『ボーン・イン・ザU.S.A』からの選曲も非常に多いのは何故でしょう?いずれにしてもとっても楽しそうなステージですね(#^.^#)

ところで日本ツアーはいつ頃になるのでしょうか?来ないなら来ないって言っておくれブルース!!またそっちに行くからさ。
コメント