たわいもない話

かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂

中国自然歩道紹介 4回目(大休峠~香取分岐点まで)

2008年10月25日 15時44分13秒 | 中国自然歩道
注意情報 (2008.10.25) ・・・香取方面は背丈くらいの熊笹に覆われており、道らしきルートはまったくありません。

【 琴浦町一向平~大山町川床までの9kmコースを順次紹介します 】


4回目は大休峠から香取分岐点までの2.7kmを紹介します。


大休峠に設置されている案内板です。


全コースを踏破するのであれば、川床側から一向平に向うコース取りの方がやさしく感じられます。(ただし一向平に迎えの車を準備しておく必要あり)


この辺りは比較的歩きやすい区間です。





一向平から3分2地点6km進んできました。


石畳がしばらく続きます。


大休峠からは下りになります。


この辺りは白樺林続きます。


大休峠と川床のほぼ中間点です。


川床まで1.5km地点です。


この地点が香取方面との分岐点です。
標識には香取方面と表示してありますが道はまったくありません。山の経験が豊富で、特に興味のある方以外は立ち入られないほうが良いと思います。

香取コースは背丈くらいの熊笹に覆われており、標識はもとより道はまったくありません。一般の人が立ち入らないよう標識は外しておくべきだと感じました。
(標識に従い、背丈くらいの熊笹をかき分けながら1.0kmくらい進んだところで、土のうを積んだところに着きました。さらに土のうと平行に斜面を下り300mくらい進むと林道に出ることができました。そこから林道を歩くこと4kmくらいようやく香取部落に着くことができました。このコースが正式な香取コースかどうかは解りません)

【次回は最終回 香取分岐点から川床までを紹介します】






コメント

雲雀のさえずり2-1

2008年10月21日 14時15分55秒 | 雲雀のさえずり
【 ブランドの 力落とすは 一瞬で 後の後悔 先にはたたぬ 】

企業発展の最善の策は正直であること。
嘘をつくことは、経営者の弱さの表れであり大いなる不名誉でもある。
正直さを守り通すことは、嘘をつくより多くの利をもたらす。
コメント

中国自然歩道紹介 最終回(香取分岐点~川床まで)

2008年10月16日 16時25分44秒 | 中国自然歩道
【 琴浦町一向平~大山町川床までの9kmコースを順次紹介します 】

最終回は香取分岐点から川床までの1.2kmを紹介します。


この辺りから少し急な下り坂が500mくらい続きます。


道にところどころ木に根があらわれています。


この地点は阿弥陀滝方面に向うルートの分岐点です。阿弥陀滝ルートは道らしいい道はほとんどなく、時には川の中を歩くことも覚悟しておく必要があります。


この川が阿弥陀川です。大山から湧き出る清流は夏でも冷たく、川の水を口に含み汗を洗い流せば、ここまでの疲れを癒してくれるでしょう。


川床から一向平に向かう入口です。


一向平~川床ルートについて

大山登山をされた方もおられると思いますが、このルートを踏破するのは大山登山より体力が必要です。また、川床~一向平ルートを一日で往復するには、よほど体力に自信のある人でないと難しいと思います。
川床~大休峠までの往復のコースなら比較的難所は少なく、大山登山より優しく、家族連れでも十分に自然を満喫することができるでしょう。




コメント

中国自然歩道紹介 3回目(大山滝~大休峠まで)

2008年10月12日 18時09分37秒 | 中国自然歩道
【 琴浦町一向平~大山町川床までの9kmコースを順次紹介します 】

3回目は大山滝から大休峠を紹介します。


ここから大休峠までの3.5kmの内、最初の2.5kmくらいがこのコースの最大の難所になります。(大山滝で十分に休養を取り出発しましょう)


急な坂道が続きます。


大休峠が近くなってきました。


このコースの最大の難所を抜け、ここからは比較的平坦な道になります。


もう少しで大休峠に到着です。


ここからしばらくブナ林が続きます。


大山夏山登山道の6合目付近の避難小屋を望むことができます。


ようやく大休峠の避難小屋に到着しました。(所要時間約2時間)

(次回は大休峠から川床までを紹介します)


コメント

中国自然歩道紹介 2回目(大山滝吊橋~大山滝まで)

2008年10月11日 17時20分02秒 | 中国自然歩道
【 琴浦町一向平~大山町川床までの9kmコースを順次紹介します 】

2回目は大山滝吊橋から大山滝を紹介します。


大山滝吊橋から大山滝の中間付近(雨上がり時等は石が滑りやすくなります、足元には十分な注意が必要です)




大山滝に降りる途中に写しました。


滝壺から写した二段滝です。


滝壺に流れ落ちる水量は相当なものです。


滝壺に降りるには、ロープ、鎖を伝って降りる必要があり、かなり危険をともないます。(注意札等をよく確認して行動してください)


大山滝を休憩所から写したものです。


大山滝の休憩所付近のブナ林に日が差し込み、とても幻想的で神秘的な風景でした。

【次回は大山滝から大休峠を紹介します】








コメント

中国自然歩道紹介 1回目(一向平~大山滝吊橋まで)

2008年10月11日 17時19分27秒 | 中国自然歩道
【 琴浦町一向平~大山町川床までの9kmコースを順次紹介します 】

1回目は一向平から大山滝吊橋までを紹介します。


一向平から大山滝吊橋の間は、従来の道が大雨による崩落により通行止めとなっており、迂回路を通ることになりますが、この間は、山間の狭く急な階段を500段ちか歩くことになります。(一人づつしか通ることはできません)
登る人と降りる人が擦れ違うのに相当の時間を要します。【だんだん、だんだん】
従って、軽装備での歩行は危険が伴います。(場合によっては引き返す勇気も必要でしょう)


大山滝吊橋




大山滝吊橋から大山滝方向に向かって写したものです。この吊橋から眺める紅葉はみなさまに”きっと”感動を与えるものと思います。


ここから険しい山岳コースへと進んでいきます。




コメント

雲雀のさえずり 1-4

2008年10月04日 13時27分48秒 | 朝の散歩
老いてなほ 若き思いは 陽炎の 海に落ちゆく 夕日かへらず

海人との会話

波打ち際は、日本海の荒々しい波に洗われ丸くなった小石で覆われている。
「ほんな~ま~、海に入ってみ~か?」
海人さんは軽トラックの荷台に積んでいた、直径1mは有るだろうと思われる大きな桶を肩に担いだ。
「ほんな~、き~つけてガンバ~ないよ!」
「だんだん、いつまで海に入れ~か、わからんだ~もんガンバッテみいわ!」
黒のウエットスーツに身をつつんだ海人さんは、桶を静かに海に浮かべると沖へと向かっていった。
コメント