たわいもない話

かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂

早春の香り

2015年02月06日 17時25分40秒 | 雲雀のさえずり

今日はこの時期としては珍しく穏やかな朝だった。

「おい! 海に波はあるか?」

私は、窓を開けている妻に尋ねた。

「波は、ないみたいだよ!」

私の家は、海から三百メートルほど離れた、日本海が一望できる高台にある。

「ほんなら、モンバ(二月から三月にかけて海岸の石や岩に着く、岩ノリ、ヒラメ、カヤモなどの海藻の一種)を採りに行ってく―けん!」

私は素早く服に着替え、胴長を車に積んで、心を弾ませながら海岸に向かった。

昔は、モンバを専門に採る人もいて、それを買って食べることもできた。

しかし、この頃はこのような人は殆どいなく、食べようと思えば、自分で採りに行く以外に方法はなくなってしまった。

海岸に着くと、遠目には穏やかそうに見えた海だが、一メートルくらいの波が立っていた。

波をかぶりそうだったので、モンバ採りをやめようかとも思ったが、せっかく来たのだからと考え直し、胴長をはいて海に入った。

岩にはモンバがついていたが、腰をかがめながら深みに入って行くと、時より押し寄せる大きな波が胴長に入りそうになる。

「こりゃー だめだ!」

しかたなく、水際の石についたモンバを少し採った。

私が家に帰ると、妻は台所で洗い物をしていた。

「今日は波があって、だめだったわぁー」

と、流し台に、ビニル袋に入れたモンバを置いた。

「これだとれりゃー 十分だがん」

妻はモンバを洗いはじめた。

「おとうさん、今日のモンバは砂がいっぱいまざっちょうなー」

と、ぶつぶつ言いながら洗っていた。

夕食になって、私がテーブルに着くと、ささやかな食卓に、さっそくモンバも並んでいた。

「どんなー 食べられ―かいな?」

「まだ、私は食べちょらんけんわからんわ」

私は醤油づけしたモンバにはしをつけた。

「やっぱり、初物は美味いなー」

妻もモンバにはしをつけた。

「うまい。熱いご飯にのせて食べーと、何杯でもご飯が進むよなー」

と、ニコニコしながら言った。

やはり、自分で苦労して採った初物のモンバは、何ものにも代えがたい早春の香りであった。

コメント

登校拒否の孫との葛藤

2015年02月04日 17時24分28秒 | 雲雀のさえずり

 

 

朝七時四十分、孫の翔太(仮名)が、腹が痛い、と言いながら家にやってきた。

翔太は次女の三男で、私の家から三百メートルほど離れた場所に住む、小学三年生である。

家からは学校に行くふりをして、私の家に来るようになったのは四ケ月くらい前の事である。

家に来ると、居間のソファーに寝転んで、頭が痛い、腹が痛いと言っては、学校に行きたくないと言って動かなくなる。

次女は共稼ぎで、連れ合いも朝が早いため、翔太に十分目が届かないため、私の妻が翔太の面倒を見ることが多くなっていた。

「翔太、腹が痛いなら、病院に行かんといけんがん!」

何とかなだめて、診療所に連れて行って診察を受けさせても、体温は平熱でどこにも異常はない。

「翔太、怠けちょったって、いけんがな。学校に行け!」

いくら声を張り上げ、怒鳴っても、翔太は動こうとしない。

しかたなく、ソファーから引きずり降ろして無理やり抱え、自動車に乗せて学校に連れて行く。

学校に着くと、今度は、車のシートをつかんで駄々をこねて降りるのを拒む。

「翔太、何で学校にいきた―ないだ! ガンバッテ行かにゃーいけんがなー」

いくらなだめ、脅しても

「イヤダー イヤダー」

ぐずぐずして一向に動こうとしない。

「ほんなら、おじいちゃんが教室までついていっちゃけん、行かいや!」

「イヤダー イヤダー」

翔太は動かない。

無理やり車から引きずり降ろし、正門をくぐって下足場まで連れて行く。

しかし、また、そこでしゃがみ込んで動かなくなる。

しかたなく、担任の先生を呼んで、教室に連れて行っていただくようにお願いする。

「後は私が面倒見ます。おじいさんは心配せずに帰って下さい」

朝、こんなに手をやかせる翔太だが、学校が終わると、朝の登校拒否が嘘のように“ルンルン”で帰ってくる。

こんなことが、一週間の間に2回くらい起こると私たちも心配になり

「翔太、学校でいじめられちょうへんだか?」

と、問いただす。

「んん。いじめられちょうへん」

翔太は否定する。

私の目から見てもいじめの兆候などは感じられなかった。

こんなことが二ケ月も続くと、さすがに、翔太の親も、私たち夫婦も原因が分からず不安を募らせた。

そんなある日の朝のこと。

この日の朝も、翔太は腹が痛いと言って我が家に来ると、いつものように居間のソファーに寝転んで、動かなくなってしまった。

妻が、無理やり体温計を翔太の脇に差し込んで、体温を測ったが熱はない。

私が診療所に連れて行こうとしても“イヤダ、イヤダ、行きたくない”の一点張りで動かない。

「翔太、宿題はしたの?」

妻が何気なく翔太に尋ねた。

「まだ、ちょんぼし残こっちょう」

翔太は寝転んだまま、蚊の鳴くような小さな声で言った。

「ほんなら、おじいちゃんが学校に送っちゃーけん、宿題してから学校に行かいや!」

翔太は、妻に教わりながら宿題を終えた。

翔太は、何か付き物から解放されたような笑顔になって、私の車に素直に乗ったので学校に送って行った。

妻が、私が家に帰るのを待ち構えていたように

「どうだった。翔太は素直に学校に入った」

心配そうに尋ねた。

「うん。今日は学校の正門の前で降ろしたら、自分一人で玄関を入って行ったよ!」

「おとうさん。どーうも、翔太の頭や腹が痛んなーのは、宿題をしちょらん日に偏よっちょうみたいだよ!」

妻は、何かを悟ったように言った。

「そうかも知れんなー これまで、こんなに素直に行ったことはないけんなー」

その日を境に、翔太が学校から帰るのを待って、妻がつきっきりで宿題を教えるようになった。

それでも、毎日毎日、翔太の機嫌を取りながら宿題をさせるのは難題で、宿題ができなかった時や、残った時は、また以前のように登校拒否を繰り返こともあった。

担任の先生からは

「宿題は残っていてもいいですから、学校には来させてください」

と、寛大な配慮をしていただいていたので

「翔太、宿題が残っちょってもいいけん、学校に来いって、先生が言っちょうなぁーけん、行きない!」

しかし、宿題が終わらないと、いくら言っても学校に行こうとしない。

そこで、翔太を含めた家族会議を開いた。

そして、しばらくの間、妻が朝の七時に翔太の家に行き、翔太の宿題をチェックし、出来ていなければ宿題を終わらせてから学校に行かせることにした。

この対処方法の効果があったのか?一ヶ月を過ぎた頃には、たまには前日に宿題ができず、朝になって慌ててすることもあるが、以前のような登校拒否は少なくなっていった。

まだまだ、気を緩める訳にはいかないが、今のところは、よい方向に進みつつあり、これまでの、学校や家族を巻き込んだ対処方法は間違っていなかったものと考えている。

昨今の子供たちを取り巻く社会環境は年々厳しくなり、政府の諸施策にも関わらず、児童虐待、登校拒否は増加傾向を示す一方、出生率は1.4前後と減少傾向に歯止めはかかりつつあるものの、依然低水準で推移している。

子供は国の宝であり、貴重な財産でもある。

私の孫のような、登校拒否に陥る子供を一人でも減らすには、親、学校、社会が一体となって取り組む必要があると考える。

子供が登校拒否に至るまでには色々なケースが考えられるが、一部の専門家や評論家が唱える、きれいごとや、建前論だけでは解決の難しい場合が多々あると思う。

当事者ともなれば、いくら我が子に愛情を抱いていても、時には、子供に向かって、怒りを爆発させることもあろうし、冷静さを失って、つい、力技に頼りたくなることもあるだろう。

登校拒否の子供を一人でも減らすためには、子供の周りの者(親、兄妹、祖父、先生、教育委員会、地元民など)が連携を深め、早期に兆候をつかんで原因を究明し、本音で話し合う場をもって対処することも大切ではないか?

子供は、繊細で我が儘で自分勝手に思われがちであるからこそ、周りの者が、自分の事として私心を持たず連携し、真心をもって対処することで一人でも多く、登校拒否の子供を減らしていけるのではないだろうか。

今の小学生の学力は、昔に比べればかなり高くなっているよう思われるが、反面、子供たちを取り巻く環境は、私たちの子供時代に比べると、はるかに多様化し複雑になって、自由に遊べる時間は少なくなっているように感じられる。

私は地元の小学生の野球チームで、毎週、土日にボール拾いをさせていただいて三年が過ぎようとしている。

子供たちの元気で爽やかな笑顔に接していると、自分の子供の頃を思い出し、若さと元気を与えてもらいながら楽しませていただいている。

これからも、私の身勝手の押し売りを子供たちが受け入れてくれるならば、昔、子供の声であふれ賑わった我が町を夢見ながら、気力と体力が続く限り子供たちと関わりを持っていきたいと考えている。

コメント