たわいもない話

かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂

お地蔵さまは百面相(4)

2015年01月31日 16時49分44秒 | 朝の散歩

おはようございます、お地蔵さん。

今日は、ほんとにさむいは、何とかならんだ―か?

 

お前、そげなことわしに言ったって、どげしょやもないがなー

春になったら、ぬくんなーけん、もーちょっと辛抱せやれ!

 

まぁー お地蔵さんも、どげしょやもないだらーけん、しかたがないわなぁー

 

まぁー それはそれとして、お地蔵さん。

去年の年末ジャンボ、また九百円だったぜ! もう、そろそろ当ててごしなっても、ええと思うけどなー

 

お前、そげに欲だすもんだないけん。

今日も元気で、こげして散歩さしてやっちょうがな。

ちったぁー 感謝せんと罰があたあぞ。

 

そげいわれーと、返す言葉もないわ。

ぼくの村に、同級生が八人おっただーもん、もお、三人も死んでしまったけんなー

 

そげだらぁー 欲だすもんだない。

元気なのが一番だけん。

 

そやー そげだーもん、一回ぐらいは夢みしてごしないやい。

 

まぁー 気が向いたら、いつぞあてちゃーがな。

 

お地蔵さん、あてにせずに待っちょうけん。

ほんなら、少ないだーもん、賽銭箱に十円入れちょくけん、頼むは。

 

いつんなーだか分からんだーもん、あてにせずに待つちょれやい。

それと、賽銭を毎日入れーのだけは忘れんなよ!

コメント

深夜のたわごと

2015年01月30日 12時08分49秒 | 雲雀のさえずり

夜中にふと目が覚めた。

時計を見ると午前三時十五分だった。

すぐに頭に浮かんだのが、イスラム国に拉致された後藤健二さんの生死の事だった。

新聞、テレビ等で連日報道され始めてかなりの日数がたつ。

彼の生死はいったいどうなるのだろうか?

無事に解放されるのか、それとも、ヨルダン、日本、ならびに支援各国政府の懸命な努力にもかかわらず、彼の存在はこの世から消滅され「無」になってしまうのか。

「無」とは、一体とういう状態の事なのだろうかと考え始めた。

無念・無能・夢想・無上・無情・無常・無想・無心・無届・無頓着・無敵・無動・無知・無恥・無茶・無尽蔵・無礼講、無い、「無」のつく言葉は、まだまだ多くある。

この「無」の意味するものは一体どういうことだろう?

「無」について考えた。

「・ないこと ・存在しないこと ・欠けていること ・いかなる有でもないこと

・万有を生み出し、万有の根源となるもの」

「無」は「無」であり、ほかの何物でもない、極限の「無」と言うことか?

「無」とは、水も空気も、文字も言葉も、人間の心も生命も、地球や宇宙の存在も、「無い」状態なのか?

こんなことすら考えることのできない状態が「無」かも知れない。

「無」すなわち「無」すらない状態なのかも?

こんな、馬鹿げたことを考えているうちに朝を迎えてしまった。

「お父さん、御飯ですよー」妻の声がする。

今日も未知の時間「無」の一秒から一日が始まる。

後藤健二さんが無事で解放されますよう。

 

コメント