採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

アプリコット入りパン・ド・ジェーヌ

2018-07-05 | +お菓子(西洋)

パン・ド・ジェーヌをまた作りました。
今度知人に会う機会があるので、おみやげにしようかと思って。

前回は、パウンド型の底か上、どっちを上にするか迷い、結局、どちらも地味だけれど上になっている方を上にしました。
今回は、底が上になるように、そして少し飾りがあるように考えてみました。

 

パン・ド・ジェーヌ

こんな感じ。
パウンド型の底に、から焼きしたスライスアーモンドと少量のパンプキンシードを散らしてみました。
具は自家製ドライアプリコット(本当は黄梅)。
前回はレモンの皮すりおろしを混ぜましたが、今回はダイダイの皮のすりおろしを干したものを混ぜてみました。
(あんまり香らないかな?・・)

前回はあまり膨らまず固いケーキになりましたが、今回は型からあふれんばかりにふんわか。
前回はハンドミキサー、今回は量も5本と多いためスタンドミキサーを使ったせいかもしれません。スタンドミキサーはやはりパワフル。
ただ、あまりしっかり泡立ててしまうと、ふわふわほろほろしてしまって、しっとり感がやや失われるかも。
次は適度な泡立て具合を目指してみよう。

今回、表面が珍しくテカっとしてるでしょ?
たまたま、いいものがあったのです。

 

パン・ド・ジェーヌ

作りかけの黄梅ジャム。
獅子柚子ピール(比較的ジューシーな状態で冷凍してある)をスライスしてママレードぽくしたのですが、ここからアプリコット部分をすくい出して、電子レンジで軽く煮て塗ってみました。


 

パン・ド・ジェーヌ

塗った後にしばらく乾かすと、なるほどテカテカの被膜に。
乾燥防止にもなるし、味もきりっと甘酸っぱくて、このケーキとよく合う気がします(具もアプリコットだしね)。

具のドライアプリコットはお酒に漬けてあったのですが、粉をまぶして入れようかなーと思っていたのに、そのまま入れてしまいました。
なのでやや沈み気味。次こそ、粉をまぶしてみよう。


型の底面に散らしたスライスアーモンドとパンプキンシードは、前よりは見た目が寂しくなくなって、よかったかな?どうだろうか。
見た目は彩りになったかもしれないけれど、切るときは、ちょっと切りにくかったです。
冷蔵して固くなった状態で切るとまだましかな?


渡すのはしばらく先になるので、ラップして、更に真空袋に入れてシールして、冷凍してしまいました。
塗ったジャムが、冷凍すると、残念なことになりそうな気も、します。
せめてべちょっとならず、うまいことケーキに吸い取られるといいのだけれど・・・。
 


自家製ドライアプリコットがだいぶ片付いてきました。
(「こんなに使ったらだいぶ減っちゃう。勿体ないかも」「いやいや、使うために作ったんでしょ」「今年は梅が不作で作らなかったし少し残しておいた方がいいかも」「いやいや、今年不作ということは来年豊作の可能性があるし、在庫は綺麗にしちゃって、来年またいっぱい作ればいいじゃん。2瓶作ってもいいからさ!」と自分で自分を説得していました。)

梅酒の梅を干したものはまだあるので(母に少し押し付けたほかは一向に減ってない)、今度はそれを使った何かを作ろう。
パンに入れてみようかしらん? 酸っぱすぎる場合は・・・、レーズンと混ぜて使うとか。あ、干し龍眼と混ぜて使うといいかも。あれは酸味がほとんどないし。



■パン・ド・ジェーヌ
■材料(ダイソーのパウンド型5個分)
ローマジパン 750g (ない場合はアーモンド粉500g、砂糖250g)
粉砂糖   165g
卵    650g
薄力粉   65g
コーンスターチ 65g(不足だったため一部レンコンデンプン使用)
溶かしバター 215g
ダイダイの皮すりおろしドライ
ドライアプリコット(黄梅) 
梅酒とリモンチェッロ原液を混ぜたもの  適量

■作り方
1)型にオーブンペーパーを敷く。
2)ボウルにローマジパン、粉砂糖、卵の3分の1を入れ、むらなく混ぜる。今回はスタンドミキサーで。
3)さらに残りの卵をまぜ、泡がリボン状に積み重なるくらい、とろり、ふんわりとするまで泡立てる。スタンドミキサーの場合は泡立てすぎに注意。
4)薄力粉とコーンスターチをあわせてふるったものを一度に加え、木べらでさっくりと混ぜる。
5)熱めの温度の溶かしバターを加え、つやが出るまでしっかりと混ぜ合わせる。
  アプリコットの水気を切り粉を軽くまぶして混ぜ込む。
6)型に流しいれ、台の上に落下させて大きな気泡がないようにする。160度のオーブンで35~40分焼く。比較的小さい型だが焼き時間は意外とかかる。
7)濃い目の茶色い焼き色がつき、表面に大きめのしわがよる。生地が縮んで型のふちから少しすきまができるくらいになる。多少焼き色が強く表面が固くても、あとでお酒を染ませるので大丈夫。
8)熱いうちに型から外してケーキクーラーの上におく。すぐにお酒を表面全体に塗る。
9)完全にさめてから表面に煮詰めたアプリコットジャムを塗る。(今回丁度アプリコット(黄梅)ジャムがあったのでやってみました)
 テカテカになって、すごくそれっぽくなりました。

■食べごろ
常温で。二日目がおいしい。保存は1週間以内。


■過去のパン・ド・ジェーヌ
オレンジコンフィを飾りに使ったもの(初めて作ったとき)
栗渋皮煮入り
生のブラックベリー入り。タルト皮つき 
ドライアプリコットとレモンの皮入り
ドライアプリコットとダイダイの皮入り(今回)

コメント