遙かなる透明という幻影の言語を尋ねて彷徨う。

現代詩および短詩系文学(短歌・俳句)を尋ねて。〔言葉〕まかせの〔脚〕まかせ!非日常の風に吹かれる旅の果てまで。

「遙かなる透明という幻影の言語を尋ねて彷徨う。」記事一覧

投稿日が 古い順  |  新しい順