健康塾通信

皆様がより健康であるための情報やご家庭でお手軽にできる健康法をお伝えいたします。

秋の旅、養生の旅 

2009年09月23日 21時24分29秒 | Weblog
シルバー連休も今日の秋分の日で終わります。

朝晩は涼しい秋風が吹くので油断はできませんが今日の日中も気温がかなり上がり暑い日になりました。
中国ではこのように暑さが急に戻ることを「秋老虎」と呼ぶそうです。

ところで皆様は、この連休どこかお出掛けになりましたか?
私は高校一年の時の友人達と、塩尻市の奈良井という中山道の宿場、『奈良井宿』にいってまいりました。

お世話になったお宿は江戸時代から今日まで二百年の歴史を刻むという『ゑちごや』さん。
その昔、島崎籐村や野麦峠を越えてやって来た、飛騨の工女さん達も宿をとったという昔のたたずまいのままで迎えてくれました。

この奈良井宿はひなびた奈良井の駅からずっと続く宿場の町並みがなんとも風流ですぐ近くに迫り来る山やまが一層大自然の迫力を与えてくれました。

お食事は宿の若旦那さんが土地の新鮮な農作物をふんだんに使って腕をふるい、またこれもみごとな年代物の漆器などに盛り付けられて御膳に並びます。
特に朝食の御膳は百年前の漆器を何度か塗り替えられた貴重なものでした。
まさに季節の真心料理と時代の重みを堪能でき感謝感謝でした。

そしてこちらのお食事は食養生にかなった「身土不二」のお献立です。川魚の苦手な私もイワナの田楽をまるごと頂くことができ、「一物全体食」にも通じるものでした。

普段は激しい車の往来や忙しく行き交う雑踏…そしてそびえ立つビル群と激しい音と光…何かしらざわめきのある日常ですが…
時には日の光と共に寝起きして自然の恵みを食として生きる、そんな暮らしを体感して、命の洗濯をするゆとりを持ちたいものだと感じました。

江戸時代からの旅籠行灯のあるゑちごやさん、ご家族の皆様の温かい眼差しと
おもてなしにほのぼのとした時を過ごすことができ、有り難うございました。

まさに養生の旅となりました。

ところで秋の養生のポイントですが

*秋は五行に基づくと肺と大腸に関与しています。

*急に気温が下がり始め、湿度も下がり空気が乾燥してきます。

*乾燥した空気は肺に影響し、口やのどの渇きが空咳を呼び起こします。特に忍び寄るインフルエンザにはシッカリと予防策を講じましょう。

*さらに肌の乾燥や水分不足から便秘にもなりやすいのです。

*次に冷えです。夏に汗をかいて身体の組織も水分不足になりがちです。

*水分不足プラス冷気は頭痛、関節痛、胃痛やその他の慢性病を呼び起こします。

*四季の養生で秋は『秋収』といい、人体には体力を養う重要な時期です。これはまさに収穫の秋である自然界と同じです。

ということで、実りの秋を迎え身も心も充実させて「乾燥・冷え・体力増進」に心を配りながら過ごしたいと思います。

奈良井宿のお気に入りスポットは写真で次回からご紹介させていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水分補給まとめです。

2009年09月20日 05時14分32秒 | Weblog
皆様、お水の投稿がすっかり遅れたまま秋たけなわの季節を迎えてしまい大変申し訳ございませんでした。

個人的にはいま日本が直面している「介護」がはじまりまして長い間の生活が大きく変化いたしました。
まず生活の中に占める介護にかかわる時間との戦いですべてがオーバーワークになることです。
今後は慣れと工夫とのやりくりになることと思いますが、このシルバーウイークは
少しだけ介護の場を離れ、自分を取り戻す時にしたいと思っています。

さて本日はまず「水分補給」のまとめをしたいと思いいます。

まずは少年少女の学童期から

この時期の特徴は身体の成長に伴って、体内の水分量が成人に近づいてきます。
成長期には筋肉量が増え臓器や器官が正常に機能していくための水分補給が必要です。
代謝が活発になることで老廃物も増えてきますのでデトックス(解毒)のためにはより水分が必要なのです。

スポーツの秋ともいわれます。学校やその他の施設などでの運動の時は、発汗による脱水症状には特に注意を呼び掛けてください。
頑張りすぎないことと、こまめな水分補給と体調管理が必要かと思います。

またこの時期は食生活の乱れはじめるときでもあります。
特に「朝食抜き」による水分補給の減少とか「ファーストフード」などの塩分の多い食事で排泄に多くの水分が必要になりますので注意が必要です。

次に青年期と壮年期です。

働き盛りの世代は生活一般のリズムが乱れやすく、水分摂取も不規則になりがちです。ではこの時期に気をつけたいことと、病気や身体の症状と水分の関係をお伝えしたいと思います。

①水分不足で特に心配なのは血液の濃度が高まることによって循環器障害を引き起こす事です。ドロドロ血液は、脳梗塞や心筋梗塞の引き金にもつながります。

②男性の30歳代がピークといわれる「痛風」は血液中の尿酸値が増えるものです。
水分補給は血液の粘りを防ぎ尿量を増やすことで尿酸の排出を促してくれます。

③膀胱炎などの尿路感染も水分をこまめにとることで尿量を増やすので、予防につながります。

④女性の多くがかかえる「便秘」も水分不足が大きなポイントになります。水分によって便を和らげてくれますが、それ以外ストレスや食事の制限、食物繊維の不足、運動不足も手伝いますからそれらも注意が必要です。


生活習慣病予防が叫ばれている今日ですがお水の飲み方を生活のリズムとマッチさせることで規則正しい生活をおくるカギになるのではと思います。

さあ今朝も朝起きた時のコップ1杯からスタートしてみませんか?
そしてお元気に休日をお過ごしください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加