健康塾通信

皆様がより健康であるための情報やご家庭でお手軽にできる健康法をお伝えいたします。

元気で長生き・健康寿命

2007年07月31日 08時42分19秒 | Weblog

皆様も新聞などでご覧になられたかと思いますが、厚生労働省は7月26日、2006年簡易生命表を発表しました。
それによると、日本人の平均寿命(ゼロ歳の平均余命)は男性79.00歳、女性85.81歳で、前年の年齢を男性は0.44歳、女性は0.29歳上回ったとしています。

なお、男女の平均寿命の差は6.81歳で、前年より0.15歳縮小しているそうです。
 
主要各国・地域の最新データでは女性は22年連続の世界一で、続いて香港 84.6歳、スペイン、スイスの83.9歳、フランス 83.8歳となっているそうです。
 
男性は、1位アイスランド 79.4歳、続いて2位日本 79.0歳、3位以下は香港 78.8歳、スイス 78.7歳、スウェーデン 78.5歳の順になっているそうです。

このように日本は世界最長レベルの長寿国として高齢化が進んでいるわけです。
そんな中、平成12年からスタートした「介護保険制度」は高齢者が自立して生活できるよう支援することを目的にしてきました。

もちろん介護予防の重要性もうたわれていたわけですが、5年たったときに問題が浮上しました。
それは要介護認定者数の推移です。要介護認定というのは要支援1から要介護5まで7つの段階の分類(参考までに下記にお伝えします)があるのですが要支援から要介護2までが全体のほぼ半分をしめて、要介護1などの軽度が多くなってきている点です。
しかも軽度者の中に要介護度が悪化する傾向が問題になりました。

こういった観点から介護保険制度を「予防重視型」に転換する見直しがなされ
平成18年4月から施行されました。

*見直しの基本的視点
明るく活力ある超高齢社会の構築
制度の持続可能性
社会保障の総合化

*見直しの全体像
1 予防重視型システムへの転換 
2 施設給付の見直し 
3 新たなサービス体系の確立 
4 サービスの質の確保・向上 
5 負担の在り方・制度運営の見直し 
6 介護サービス基盤の在り方の見直し 


まず介護予防とはどういう定義づけがされているかといいますと、
「要介護状態になることを出来るだけ防ぐ、さらにすでに要介護状態になってもその悪化を出来るだけ防ぐ」とされています。

これまで「国際障害分類」に基づいて、人間の機能と障害という面で「何が出来ない」というマイナス面を考慮していましたが、現在は「国際生活機能分類」の生活機能として「何が出来る」というプラス面から見ることで健康な65歳から活動的な85歳へと高齢者の生きがいや、自己実現の取り組みを支援して生活の質を向上していくという新しい考えの基に改革されました。

そして、「健康寿命」といって日常生活活動に障害が無く健康で自立した生活を続ける期間を延ばすために介護予防は推進されています。

私たちも活動的な85歳目指し、できることなら介護保険にたよらない生活を目標に自分の健康管理に取り組んでいけたらと思います。

参考のために要介護度 認定の目安を転記しました。

要支援1
生活機能の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。

要支援2
生活機能の一部に低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。


要介護1
身の回りの世話に見守りや手助けが必要。立ち上がり・歩行等で支えが必要。

要介護2
身の回りの世話全般に見守りや手助けが必要。立ち上がり・歩行等で支えが必要。排せつや食事で見守りや手助けが必要。

要介護3
身の回りの世話や立ち上がりが一人ではできない。排せつ等で全般的な介助が必要。

要介護4
日常生活を営む機能がかなり低下しており、全面的な介助が必要な場合が多い。問題行動や理解低下もあり立ち上がりや歩行などがほとんどできない。

要介護5
日常生活を営む機能が著しく低下しており、全面的な介助が必要。多くの問題行動や全般的な理解低下もあり意思の疎通が困難。





コメント   トラックバック (2)

色いろ・・です。

2007年07月22日 16時11分59秒 | Weblog
十人十色と言うようにみなさんの個性もさまざま、そして好きな色もさまざまかと思います。

東洋医学の陰陽五行説の中では五色といって青、赤、黄、白、黒の色が、五臓の病変によって皮膚に現れるといわれます。

皮膚といっても特に顔面、眼瞼、額などで、勿論はっきりとした原色ではありませんが、健康なときと比較した相対的な色調で現れます。

肝の病では青く、心の病では赤く、脾の病では黄色く、肺の病では白く、腎の病では黒く変化して現れます。

そしてさらに五臓の健康を養う為に食材の色もそれぞれの臓器の五色を参考に取り入れます。

肝は青で、小松菜、パセリ、キャベツ、魚介など。

心は赤で、ニンジン、トマト、赤カブ、ほうれん草の根、鶏肉など。

脾は黄色で、かんきつ類、馬鈴薯、れんこん、バナナ、なしなど。

肺は白で、ねぎ、大根、白菜、もやし、やまいも、小魚、魚介など。

腎は黒で、しいたけ、黒ゴマ、なす、しじみ、海草、ぶどうなど。

また五季といって季節と五臓と五色では

肝(青)は春・・色は青で組み合わされている言葉に青春があります。

心(赤)は夏          

脾(黄)は土用

肺(白)は秋・・色は白で白秋という言葉があります。

腎(黒)は冬・・色は黒で玄冬という言葉があります。


それではここで色を使った色いろな言葉をご紹介いたします。

*色を使って顔色や体の部分を用いて表現された言葉の中で

緑の黒髪、青い顔、額に青筋、青色吐息、赤い鼻、白い眼、黒い腹などもあります。

*色を使った熟語でしゃべりに関しては・・
白状、自白、告白、真っ赤な嘘、沈黙は金などがあります。

*そして人の成長も赤子で生まれ、3.4歳の嬰児(みどりご)青二才、青年となります。

ところで私たちは1500万色を見分けることが出来るといわれていますが、それは眼に入った色(光)が脳の視床に届き、認識されます。
この情報は大脳辺縁系に伝達され、視床下部に連絡します。
視床下部は自律神経にかかわりますので、血液の流れ、呼吸、代謝、ホルモンバランスなどに影響を与えます。
また、色の好き嫌いなども心身に与える影響は大きいものです。
色によって気分を変えることも出来るほど、何気なく選んだ色も、意識的に選んだ色も自分にとって大きなエネルギーになっています。

近頃、耳にすることばで「カラーセラピー」のことはご存知ですか?
これは心理4原色である 赤・青・緑・黄の4色を使って、基本的欲求である 赤→力・緑→自由・黄→学ぶ、遊ぶ・青→愛と絆 をもとに選択されているものです。

次に解説した色でコンディションを判断する基準として参考にしてみてください。

* 赤 *
情熱、行動的に前進するエネルギーをもった色。
ネガティブなとらえ方では、不安感や攻撃など

* 橙 *
自由、動きの色で生命力を活発にします。
ネガティブなとらえ方では、抑圧

* 黄 *
希望、「開放的」「楽天的」で考え方がポジティブな状態です。
ネガティブなとらえ方では、不安


* 黄緑 *
新しいことを何か始めようとする「チャレンジ」「意欲」の色。
ネガティブなとらえ方では、愛情否定

* 緑 *
平和、家庭の象徴色
熱い-冷たい、興奮-落ち着き、混沌-整理、といった極端なもののバランスを作り出します。
ネガティブなとらえ方では、心身の疲労

*青 *
接触、身体と心を穏やかに、リラックスさせます。医療では、青色は身体の炎症を押えるのに用いられます。
ネガティブなとらえ方では、精神的疲労

* 紫 *
信頼、精神的なもの、内面性を表現する色。
他の6色を包括する色でもあります。
ネガティブなとらえ方では、自分や人を信じられない

あなたにとっていま必要な色のエネルギーは本当は自分が一番知っていて、知らず知らずに選んでいるということもあります。
また好きな色の表現は自分らしさの象徴にもなります。その季節、あるいはその年代によく身に付けていた色、選んでいた色をさぐることが、自分のルーツの発見にもつながりそうです。
さて、私も10代、20代の頃の自分を色の歴史で振り返ってみたくなりました。
コメント   トラックバック (2)

毛染めをする前に・・

2007年07月10日 02時34分03秒 | Weblog
前回お伝えしたへナでかぶれを起こしてしまった方は毛染めをした後、たまたま日光に当たる機会がありひどくなったようです。

HENNA(ヘナまたはヘンナ)とは、インドから北アフリカに自生しているミソハギ科の低木で和式名は指向花(しこうか)というそうです。
オレンジからブラウン系の天然染料で毛染めやシャンプーなどに使われています。
100%へナだから安心と思っても、植物アレルギーのある方は使えません。

このように毛染めの染料による皮膚炎をアレルギー性皮膚炎といいます。
これは特異体質の人や、抗原抗体反応によって発生しますが、一般的には夏や今頃の高温多湿の時期というのが要注意で、この時期は皮膚の吸収状態がよく、発汗も多いため従来なら溶出しない抗原物質まで溶出して皮膚炎を起こしてしまうということです。

はじめにヘナのかぶれが日光に当たってひどくなったといいましたが、
これは個人の体質によっても起こり方は違いますが、日光過敏症ということもあって、たとえば香水をつけたところが赤くなったり、皮膚に接触または吸収された化学物質などが熱や紫外線などによってさまざまな皮膚変化や皮膚炎を発症します。やはり、紫外線には要注意ですね。

毛染めというと植物性以外に、酸化染料を使ったヘアダイ(ヘアカラー)がありますが最も毛髪を損傷する可能性が大きく、薬剤によっては皮膚に炎症を起こす場合もあります。
特にヘアダイに使われるパラフェニレンジアミンという酸化染毛剤は接触性皮膚炎を起こすことやアナフィラキシーを起こしたという報告も有ります。
(アナフィラキシーはアレルギー症状の中で、生命の危険をもたらすものをいい全身の臓器に起こり、ショック状態に陥って意識を失ったり、時に死亡することもあります。)
 
このようにアレルギー反応の恐れがある方はかぶれにくい非酸化型の染毛剤に変える必要が有ります。


ご自宅で毛染めをする場合の注意点

*まずお子様の手の届かないところに染毛剤を保管すること。
*毛染め中に抱っこやおんぶを避けること。
*妊娠中は胎児が低酸素状態になる恐れがあるのでヘアダイは中止する。
*ご高齢の方や植物アレルギーがなければヘナ100%の染毛剤にし、酸化染毛剤は
 避ける。 

いろいろ調査をしていくと、髪のおしゃれを楽しむということは多くのダメージなくしてはという壁に突き当たってしまいますが、やはり現実を受け止める為に髪の損傷原因を美容技術もふくめて考えてみたいと思います。

・ドライヤー
 温度が80~100度を超えると髪の毛はもろく乾燥毛に変化します。
・パーマ
 薬液の選び方やロットの選び方、技術の誤りなどによってもいためる。
・ヘアダイやヘアブリーチ
 メラニン脱色や染料により毛髪内部まで損傷させ、皮質や髄質のケラチンを
分解して溶かすので毛質がもろくなる。
・逆毛などの技術やブラッシング、レザー、はさみなどのカット技術も多少
 であっても損傷を与えます。           
・自然損傷
 強い太陽光線・乾燥状態・ほこりなどの環境も損傷を与えます。


このようなダメージをできるだけ少なくして、なお美的に満足感を得てもらう為に美容室では多くの研修や毛髪の健康管理のための処置として事前の予防処置(プレトリートメント)や事後の手当て処置(アフタートリートメント)もなされていることも忘れてはならないと思います。またこのような美容室を選ぶことも大切です。

美しくなりたいという願望は美容技術によって、心身ともに満足感を与えられている事実は感謝しなければなりません。

そして、日ごろのケアーは自己責任として弾力と艶のある髪の毛を目標に
手入れをしていきたいと思います。

コメント   トラックバック (4)

脱毛のこと

2007年07月04日 19時21分08秒 | Weblog
先週横浜で開催された乳癌学会に行ってまいりました。
数多くのセミナーや演題の中から、ほんの一部しか拝聴することができませんでしたが、術前化学療法に関する研究や化学療法の副作用も含めて患者様と向き合いながら、チーム医療に取り組んでいる研究発表に興味を持ちました。

化学療法の副作用による脱毛は女性にとって精神的ダメージも強いものです。

チーム医療とは、乳腺医師、心療内科医師、看護士、薬剤師、管理栄養士
また医療機関によっては美容師、メイクアップアーチストなども加えてのサポートチームを組んで、医療者と患者様がコミュニケーションをとりながら、患者様の精神的不安を軽くして治療を継続していく上でのQOLを向上するという目的で取り組まれています。

最近ブログで髪の毛のことを続けてテーマにしていたこともあり、今回は化学療法による脱毛のことや、化学療法中の頭皮と髪のケアーなど参考までにお話したいと思います。
 
<抗がん剤>
がんの治癒や症状を緩和することを目的にがん細胞の増殖を抑え死滅させる薬剤で静脈注射による投与と飲み薬があります。

抗がん剤はがん細胞だけを死滅させるのではなく、分裂が早い細胞を死滅するよう作られています。

前回、「髪が伸びるのは毛根部分の毛母細胞が細胞分裂を繰り返して、角質化した細胞を押し上げるから・・」とお伝えいたしましたが、この毛母細胞は分裂が早いのでダメージを受けて、脱毛の症状が出やすくなります。

脱毛は多くの場合抗がん剤を投与して2~3週間後から始まり治療終了後3~6ヶ月頃から生え始めると言われています。

しかし、個人差や抗がん剤のレベルの違いがありますので、すべての人に起こるわけでもなく、脱毛の症状もだんだん薄くなっていく場合や完全に抜け落ちる場合があったり、すべての治療が終了してから生えてくる場合と治療中生え始める場合も有ります。

また、髪の毛のみではなく、全身の脱毛の可能性も有ります。
私の患者様の場合、再び生えてきた髪は今までと髪質が変わったという方が多くいらっしゃいます。

<化療中のケアー>
シャンプー剤は低刺激のものを選んでください。
ドライヤーの熱は低温か送風で使いましょう。
パーマやヘアカラーはやめます。
髪は短めにカットしておくと脱毛が起きたとき対処しやすくなります。
刺激の強い育毛剤や整髪剤は使わないようにするか、専門家に相談します。
やわらかいヘアブラシを使いましょう。
脱毛が起きたときは紫外線から頭皮を守る為に、帽子やスカーで保護しましょ  う。

すべての髪を失った場合、ヘアーピースと言う選択もあります。
もし、その方法をとる場合は多くの髪を失う前に入手されることで、
自分に合ったものを準備することができると思います。

実は私の体験ですが、3年ほど前ストレスから円形脱毛を発症いたしました。
はじめは、2センチくらいの大きさが順に大きくなり最終的には6センチまで広がりました。
この円形ができる1ヶ月前に実は片方のまつげがすべて抜け落ちました。
女性としてはまつげと言えども顔の事、私にとっては事件でした。
眼科医なのか、皮膚科に行けばよいのか・・このまつげ事件はその時の私には何が原因かわかりませんでした。
ある日突然、鏡の中で左右の目の違いを発見しました。まつげが少ないだけでも目の雰囲気はちがうものです。
はじめに気がついたときはすでに片方がすだれ状態のまつげでした。
そして、ちょっと触れただけでもハラハラと落ちるのでした。毎日どんどん抜け落ちて最後の1本は軽く引っ張っただけで簡単に抜けてしまいました。
何かの化粧品のせいなのか?いろいろ思い巡らしましたが、結論が出たのはそれから1ヵ月後の円形脱毛発見の日です。

この円形出現ですべての原因はストレスだとわかりました。ストレスって本当に怖いですね。そして、一番ストレスのかかっているときは現れず、すべてが決着しやれやれと思ったとき現れることも知りました。実はまつげ事件のさらに1ヶ月前、スポーツ合宿中の次男が熱中症にかかり大変な状態に陥っていました。

円形脱毛が徐々に大きくなる恐怖は今でも忘れられない経験です。でもこの経験は私が今かかわらせていただいている患者様の心の痛みを分かち合える為に必要な経験だったと思っています。
わずかな脱毛であっても、心の動揺、カバーしたいと思う気持ち・・いったいいつになったら生えてくるのか?などなど心配は尽きないと思います。

そして、脱毛と言う経験から私自身落ち込んだこともありましたが、周りの人に状況を話し宣言することで少し気持ちが楽になったこともありました。
また脱毛をカバーする為の部分ヘアピースやこれまで使わない飾りピンやスカーフのおしゃれもでき、その間はお灸治療などをこころみて完全復元まで約1年かかりましたが健康な髪を取り戻しました。

ところで今日の健康塾で、インド製100%へナを使いご自宅で毛染めをした方が
かぶれを起こしてしまったとおっしゃっていました。
そんなわけで、次回は毛染めのことをお伝えしたいと思います。
髪の毛シリーズはもう少し続きそうです。
コメント   トラックバック (3)

元気な髪の毛

2007年07月03日 10時21分39秒 | Weblog
私たちの毛髪は胎生といって、母親の胎内で始まるのです。だから、毛髪にかかわる親の遺伝子を受け継ぐので金髪か黒髪かなど髪の色から髪質、直毛か縮毛か太いか細いかなどなど・・母のおなかの中で決められています。

髪が伸びる部分は、毛先ではなく毛根部分です。
毛根部分にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、角質化した細胞を上に押し上げることによって毛が伸び、個人差は有りますが1日約0.4mm、1ヶ月で約1.2cm、1年で約15cmくらい伸びます。
健康な毛髪が作られるためには、栄養状態や血液循環が良く、さらに自律神経やホルモン状態が良いことが大切です。

ヘアサイクル
人間の髪の総数は、10~15万本といわれていて、ある程度まで伸びると髪は自然に成長をやめるといった成長期と退行期と休止期があります。
これをヘアサイクルというのですが
新生⇒成長期(3~5年)⇒
退行期(約3週間)⇒
休止期(約3ヶ月)⇒脱毛⇒次の毛の新生(脱毛後2~3ヶ月)という過程を
たどって女性が5~7年、男性は3~5年といわれています。

髪の毛の役割
頭部を直射日光や暑さ寒さから護る役割や衝撃から脳を護る役割をしていますが
さらに体内に入り込んだ有機水銀、カドミウム、砒素毒素などの毒素を毛乳頭を経て体外へ排泄するなどの重要な役割を担っています。デトックスですね。

気になる抜け毛
1日の抜け毛の本数 を平均すると、毎日80本前後の髪が抜けています。
秋には1日120本前後もの髪が抜けてしまいます。
これは正常な自然現象の抜け毛ですが、それ以外の脱毛で急に抜ける量が増加したり、異常に細い、短いなどの場合は異常脱毛の可能性ありです。

原因は
食生活の乱れや睡眠不足、ストレス、加齢、ホルモンのアンバランス、薬の副作用、さらにはヘアケア製品にも問題があります。
抜け毛の原因になるシャンプー
 頭皮の状態をアルカリ性の不健康な状態にするシャンプー
 毛穴を塞いでしまうシャンプー
 刺激の強すぎるシャンプー
 洗浄力が強すぎて、過剰な皮脂を分泌してしまう頭皮になるシャンプー
 合成界面活性剤の入ったもの

合成界面活性剤の問題点
合成界面活性剤は石油から出来ていて石油などから採れた化学物質を皮膚に付けると経皮毒性を起こすといわれます。台所の洗剤で手が荒れる主婦の方の多くもこの合成界面活性剤が原因だと思われます。
又、下水に流すと環境汚染にもなりますので出来ることなら避けたいものです。
本来混ぜる事が出来ない水と油ですが合成界面活性剤という仲介者によって
混ぜる事が出来るようになったので、多くの製品に使われています。

抜け毛予防策 
 ドライヤー
シャンプーのあと髪が濡れていると、菌が繁殖しやすくなりますので
必ず乾かすようにしましょう。

 睡眠
22:00~02:00は髪にとってゴールデンタイムと呼ばれ
髪が1番成長する時間帯なので、質の良い睡眠をとりましょう。

 シャンプー&育毛剤
いま使用しているヘアケア製品を見直し頭皮・髪の健康を考えた物を使う必要があります。また、急に髪が細くなってきた場合は、脱毛症の前兆ですので
育毛剤を併用するのもよいかと思います。

 食生活
特に良質のたんぱく質を大豆製品や青魚でとり、そのたんぱく質をアミノ酸に変えるために必要なビタミンB、身体の免疫力を高めるビタミンC,Eなどをバランスよく食べることが重要です。かぼちゃ、ごぼうなどの根菜類。のりやゴマなどです。

「マゴワヤサシイ」と覚えてください。
マ・・豆類
ゴ・・ゴマ類
ワ・・ワカメ(海藻類)
ヤ・・野菜類
サ・・魚類
シ・・シイタケ
イ・・芋類


私たちの髪は母親の胎内でその形状が決定付けられていますが、直毛の人がウエーブを求め、縮毛の人がストレートパーマをかけ、また好きなカラーに染めたりと、美容の技術の進歩のおかげでさまざまなスタイルでおしゃれが楽しめる現代です。
しかし、元気な髪は日々の生活から生まれてくるものですから、体の一部として
健康に育んでいきたいと思います。
コメント (1)   トラックバック (4)