港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

60年代ポップス変遷史 1961年8月

2014-11-29 10:14:53 | 60年代ポップス変遷史

1961年8月にはこんな曲が流行していました。

峠の幌馬車 ビリー・ヴォーン楽団
栄光への脱出 パット・ブーン
黒い傷あとのブルース アンリ・ド・パリ楽団
コーヒー・ルンバ ウーゴ・ブランコ楽団
太陽がいっぱい サウンドトラック
サレンダー エルヴィス・プレスリー
ポケット・トランジスタ アルマ・コーガン
小さい悪魔 ニール・セダカ
悲しき街角 デル・シャノン
カレンダー・ガール ニール・セダカ
⑪今夜二人で ポール・アンカ

8月に入って『峠の幌馬車』がベストワンに輝き、ここから独走して九週連続でトップの座を守ります。
意外にも『荒野の七人』が早々と姿を消し、代わってデルシャノンの『悲しき街角』がランクインして
上位を狙います。ポール・アンカが久々にベストテンに入ってきましたがコニー・フランシスの
『ボーイ・ハント』がベストテンから陥落したため「一姫四天王」の揃い踏みはなりませんでした。

↓はポール・アンカの『今夜二人で』 YOUTUBEより


ベストテン入りはしませんでしたが、映画主題歌の『愛するために愛されたい』、
ファウスト・パペッティ楽団の『鞄を持った女のブルース』、プレスリーの『燃える平原児
などもこの頃のヒット曲でした。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 映画音楽史(296) 『みじかく... | トップ | 映画音楽史(297) 『真夜中の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
燃える平原児 (オンリー・ザ・ロンリー)
2014-11-29 11:06:43
こんにちは、COCHINさん。
この作品、エルヴィス映画
にしては、意外や意外!
「まとも」です。FOXはほかに
比べて文芸的な作品が得意
だから社風が出てますね。
では私の贔屓にしている
デヴィッドのをお聴き下さい。
ほとんど素人さんです。
YouTubeは
http://youtu.be/wE0FP_A4txQ
です。
オンリー・ザ・ロンリーさんへ (CHOCHIN)
2014-11-30 00:54:56
エルヴィスはこの作品で夢の俳優業を
目指していたので、その意気込みが
垣間見えたように思います。

David Slater については
存じ上げませんが、
上手くコピーしていますね。

コメントを投稿

60年代ポップス変遷史」カテゴリの最新記事