港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

『愛の讃歌』 エディット・ピアフ

2016-12-23 16:25:11 | 名曲セレクション

”Hymne à l'amour ” Edith Piaf



1949年にエディット・ピアフが作詞、マルグリット・モノーが作曲したシャンソンの名曲で、当時ピアフと不倫関係にあり
不慮の飛行機事故でこの世を去ったマルセル・セルダンとの真実の愛の姿を綴ったものです。
その歌詞は、愛するあなたが望むなら宝物も盗むし国や友達を見捨てたりどんなことでもするという背徳的な内容で
妻子あるマルセル・セルダンとの不倫の愛を世間に堂々と語りかけ、最後にはあの世で私たちは愛し合うのだと
いった内容で、ピアフは究極の愛を高らかに唄い上げています。
そういう意味合いのシャンソンなので結婚式の余興やBGMでは絶対に使ってはならないとも言われています。

Le ciel bleu sur nous peut s'effondrer
Et la terre peut bien s'écrouler
Peu m'importe si tu m'aimes
Je me fous du monde entier
Tant qu'l'amour inond'ra mes matins
Tant que mon corps frémira sous tes mains
Peu m'importe les problèmes
Mon amour puisque tu m'aimes

↓はエディット・ピアフの『愛の讃歌』 YOUTUBEより



また、アメリカに渡ると1953年に ”If You Love Me” のタイトルでジェフリー・パーソンズが英詩をつけ、翌年には
ケイ・スターが唄ってヒットしていますが、日本では1963年のブレンダ・リー盤がお馴染みになっています。

『愛の讃歌』 ブレンダ・リー

”If You Love Me” Brenda Lee



If the sun should tumble from the sky,
If the sea should suddenly run dry,
If you love me, really love me,
Let it happen, I won't care,
If it seems that ev'ry thing is lost,
I will smile and never count the cost,
If you love me, really love me,
Let it happen, darling I won't care,

↓はブレンダ・リーの『愛の讃歌』 YOUTUBEより

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『涙のバースデイ・パーティ』 レスリー・ゴーア

2016-12-22 11:56:14 | 名曲セレクション

”It's My Party” Lesley Gore



この曲は1963年にジョン・グルック、ウォルター・ゴールド、ハーブ・ウィナーが共同で作詞・作曲したレスリー・ゴーアの
デビュー曲で、わずか17歳になったばかりの少女が全米No.1に輝きました。
女子高校生であったレスリー・ゴーアはたまたま大学生たちのバンドで唄っていたときにジャズ界の大御所である
クインシー・ジョーンズに見いだされ、1963年4月にデビューしたちまちポップス界の頂点を極めてシンデレラ・ガール
になりました。
日本でも同年夏にシングル盤がリリースされ大ヒットの兆しはあったのですが、【今週のベストテン】では7~8月に
約一か月ほどベスト20位内には入ったものベストテンには入りませんでした。
彼女のシングルとしては後に『涙のジュディ』や全米2位の『恋と涙の17才』などがありますが、マイナー・ヒットに終り、
残念ながら【今週のベストテン】に登場することはありませんでした。

It's my party, and I'll cry if I want to
Cry if I want to, cry if I want to
You would cry too if it happened to you
Nobody knows where my Johnny has gone
Judy left the same time
Why was he holding her hand
When he's supposed to be mine

↓はレスリー・ゴーアの『涙のバースデイ・パーティ』 YOUTUBEより



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ラッキー・リップス』 クリフ・リチャード

2016-12-21 18:10:31 | 名曲セレクション

”Lucky Lips” Cliff Richard



この曲は1957年にジェリー・リーバーとマイク・ストラーの作詞・作曲コンビによる楽曲で、同年にリズム&ブルースの
女王と言われたルース・ブラウンが唄っていました。
これをイギリスのクリフ・リチャードがカヴァー、全英4位のヒットとなり、日本でも『ヤング・ワン』、『サマー・ホリデイ』
に次ぐヒット曲となりました。
【今週のベストテン】では1963年9月から6週間のランクインで最高位は5位でした。

When I was just a little baby
I didn't have many toys,
But my mama used to say, son,
you've got more than other boys.
Now you may not be good looking,
And you may not be too rich.
But you'll never ever be alone,
Cause you've got lucky lips.

↓はクリフ・リチャードの『ラッキー・リップス』 YOUTUBEより


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『霧の中のジョニー』 ジョーン・レイトン

2016-12-20 21:54:04 | 名曲セレクション

”Johnny Remember Me” John Leyton



この曲は1961年にイギリスのジェフ・ゴダードが書き下ろしたブリティッシュ・ポップスで、当時、俳優志望であった
ジョーン・レイトンに余興としてレコーディングさせたのが何と全英1位の大ヒットとなってしまいました。
アメリカでは全くヒットしていなかったのですが、哀愁を帯びた日本人好みの曲調が注目を集め【今週のベストテン】
では1962年3月から7月にかけて21週連続でランクインし、最高2位を記録しています。
(レコード・ジャケットは、ジョン・レイトンではなくジョーン・レイトンになっています)

When the mists are rising and the rains are falling
and the wind is blowing cold across the moon
I hear the voice of my darling
the girl I loved and lost a your ago
Jhonny remember me
Well and I'ts heard to belive
I know that I hear singing in the sigh of the wind
blowing the treetops way above me

↓はジョーン・レイトンの『霧の中のジョニー』 YOUTUBEより




また、姉妹編ともいえる『霧の中のロンリー・シティ』もよく流行りました。

”Lonely City” John Leyton



この曲は1963年1月に【今週のベストテン】登場し10週連続でランクイン、最高4位を記録しています。
(こちらのレコード・ジャケットはジョン・レイトンですね)

Deep in the heart of a lonely city
I wandered sad and all alone
Then in the heart of a lonely city
I saw the girl that I want for my own
She, just like me, was alone in the city
A-searchin' for someone who really could care
Then in a moment I've lost my heart
To this lovely young girl who was standing there

↓はジョン・レイトンの『霧の中のロンリー・シティ』 YOUTUBEより




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『夜のヴァイオリン』 マランド楽団

2016-12-19 23:42:43 | 名曲セレクション

”Un Violon Dans La Nuit” Malando Orchestra



原曲は1935年にイタリアのツェザーレ・アンドレア・ビクシオが作曲したカンツォーネ『ジプシーのヴァイオリン』です。
その後フランスに渡りティノ・ロッシが唄ってシャンソンとなりやがてコンチネンタル・タンゴにアレンジされました。
イタリアではミルヴァなどもレコーディングしているようです。

↓はマランド楽団の『夜のヴァイオリン』 YOUTUBEより



コメント
この記事をはてなブックマークに追加