港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

独り言

2018-05-14 11:07:54 | 独り言


このたびは諸事情の関係でブログを長期間無断で休んでしまいました。
お立ち寄りいただきました皆様方に深くお詫びいたしますとともに
ご心配のコメントをいただきました皆様に心より御礼を申し上げます。

GW過ぎは例年のごとく体力、気力ともに著しく低下するのですが
寄る年波に勝てず無気力状態が続き、何とかそこから抜け出したいと
現在も悪あがきの最中です。
GW中の突発的な厄介事も先週末に何とか片付いたと思われますので
ブログの方は少し不定期になるかもしれませんが気持ちを刷新して
「港町のカフェテリア」の開店準備に取り掛かろうと思っている次第です。

また、私が読者登録をさせていただいている皆様方のブログにつきましては
その間、殆ど立ち寄れなかったことをお詫びいたします。
遅まきながらこれから皆様方のブログをさかのぼって拝見する所存です。

いろいろとご心配をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

臨時休業のお知らせ

2018-04-16 22:46:17 | 独り言


遅くなりましたが

本日4月16日は勝手ながら臨時休業いたします。

店主・CHOCHIN

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日から23年

2018-01-17 14:37:59 | 独り言

1995.1.17 Am 5:46
激震が走り抜けた連休明けの寒い朝から23年
わが町神戸でも多くの尊い命が失われ
家族や住処を奪われた人々が悲しみのどん底に落とされました。
各地でイベントが行われています。
私自身体調も弱まり、出歩くこともままならなくなりましたが
夕刻には近隣の鎮魂イベントに出向いて黙祷を捧げてきます。


私の自宅も震度7の直撃を受けて全壊状態になり
建物が倒壊する物音、そしてガス漏れの匂い
四方で火の手も上がりましたが
幸いにも家族は無事でした。
しかし、現在でもあの日の恐怖は
身に沁みついてしまって
小さな揺れや響く物音に緊張が走る
そんな PTSDは現在でも消えることがありません。

あの日生まれた人もすでに立派な社会人に育ち
神戸市民の半数近くが地震を知らない住民に移り変わりました。
街並みも立派に復興して震災の影も見えなくなりました。
しかし、繰り返されるであろう悲劇を最小限にするためにも
次なる災害への備えは進めてもらわなくてはなりません。

極寒の中で見知らぬ人たちと、わずかな食べ物を分け合い、
声を掛け合い、助け合い、励まし合う …
あの時の純粋な心ほど尊いものはありませんでした。

私はそんな神戸の人々の真心を誇りに思っています。
そして、神戸が大好きです。

神戸市歌  【YOUTUBEより】



  ****************


今朝、10時過ぎに携帯の緊急メールのアラームが鳴り響きました。
PTSDが発動して激しく驚いたものの何事もありませんでした。
ネットによりますと、
「緊急速報」を装った悪質な迷惑メールがあるそうです。
迷惑千万、不届き者め、ふざけるな!
と叫びたくなります。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

前日の記事の続報です。

2018-01-16 16:14:44 | 独り言

心配で心を痛めておりました「ろこさん」のブログが無事に復活いたしました。
何はともあれ、喜ばしい限りです。

まずは、弊ブログにお越しいただきました皆様にまで
心配をおかけいたし、お騒がせいたしましたことを
お詫び申し上げます。

強い後押しをいただきました「いせえびさん」、本当にありがとうございました。


私自身の人生も、挫折と絶望の繰り返しでした。
でも
人生、七転び八起き、最後に笑っていられたら
それが一番なのかもしれませんし
そうありたいものです。


そして

  『心はいつも暖かく』

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

『言葉の泉』が…

2018-01-15 17:52:00 | 独り言

私が心からリスペクトしている「ろこさん」のブログ『言葉の泉』が突然休止になってしまいました。
いったい、何があったのか、詳しい事情はわかりません。

私の感じたところでは訪問者の心無いコメントに関することではないかと推測しております。
具体的なコメントの内容やどのようなやり取りがあったのかはわかりませんが、
知性溢れ心優しい「ろこさん」が十数年も大切にしてきたブログを停止するに至ったということは
極めて不快な思いをされたのではないかと大変心配いたしております。
私のブログにおきましても、中には不快なコメントを頂戴することもあり、
そんな時はそのコメントを非公開にして対応しているのですが
きっとそれ以上に傷つかれてしまったのではないかと思うと私まで悲しくなってしまいます。


『言葉の泉』はタイトルさえも跡形もなく消えてしまっておりますが、少し休息されて
お気持ちが鎮まり次第、近々に再出発していただけるものと信じております。


くだらない中傷するたったの一人よりも、
毎日千人を超える読者の皆様のためにも


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加