港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

映画音楽史(178) 『世界残酷物語』 1962年公開

2014-07-13 00:03:29 | 映画音楽



『世界残酷物語』 Mondo Cane (伊) 1961年制作
監督 グァルティエロ・ヤコペッティ
音楽 リズ・オルトラーニ
主題歌 『モア』 ( More ) 演奏・オリジナルサウンドトラック

未開国・文明国を問わず世界中からショッキングな映像を集め、人間の獣性を問い質した異色記録映画。
内容としては、豚に人間の母乳を与えるニューギニア原住民、ローマのカラーひよこ、無理矢理ビールを飲まされる
松阪牛、放射能汚染で海に戻れずに屍をさらすビキニの大海亀、ロスアンゼルス郊外の自動車の墓場、牛の頭を
切り落とすシンガポールの祭り… など現地で撮影された冷酷非情な数多くのフィルムで構成された。

リズ・オルトラーニはこの映画のために数曲の作曲をして組曲風に仕上げていますが、主題歌の『モア』もその
一曲です。『モア』はリズ・オルトラーニとニーノ・オリヴィエロとの共同による作曲で、当初は『モア』というタイトルは
命題されていなかったのですが、アメリカのノーマン・ニューウェルが『モア』というタイトルで詩をつけました。
これをオルトラーニ夫人のカティナ・ラニエリが歌唱したものが何故かサントラ盤としてリリースされています。
後日には、フランク・シナトラ、アンディ・ウィリアムス、ブレンダ・リーなどのの歌唱の他にもカーメン・キャバレロ、
ロス・インディオス・タバハラス、クレバノフ・ストリングスなど数多くの歌手・楽団が競ってレコーディングしています。
なお、オリジナルサウンドトラック盤の演奏はリズ・オルトラーニ楽団によるものです。

↓はオリジナルサウンドトラック盤(リズ・オルトラーニ楽団)の『モア』 YOUTUBEより



折角ですので、好みの歌唱を一つUPしておきます。

More than the greatest love the world has known,
This is the love I give to you alone,
More than the simple words I try to say,
I only live to love you more each day,

↓はブレンダ・リーの『モア』 YOUTUBEより




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ポップス・ベストテン 1962年... | トップ | 映画音楽史(179) 『白銀に踊... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (オンリー・ザ・ロンリー)
2014-07-13 06:16:07
More、待ってました~!。
アンディ版、実は私の十八番なんです。
ブレンダ・リーのは初めて聴きました。
ありがとうございます。

魚(名前失念)の群れが牛を喰い尽くすのは
続編でしたっけ?。
オンリー・ザ・ロンリーさんへ (CHOCHIN)
2014-07-13 08:00:48
『モア』は公開当時はまったくヒットしませんでした。
有名になったのは英詩がつけられてからだと思います。
先ほどまでビデオを引きずり出して全編を確認しましたが
魚群が牛を喰い尽くすシーンは見当たりませんでした。
違う作品かもしれません。
恐れ入ります。 (オンリー・ザ・ロンリー)
2014-07-13 14:20:40
久しぶりに聴いて堪能しました。
ありがとうございます。
オンリー・ザ・ロンリーさんへ (CHOCHIN)
2014-07-14 08:05:50
アンディの方が鉄板でしたね(汗)

映画音楽」カテゴリの最新記事