増田カイロプラクティックの事務スタッフブログ

増田カイロプラクティックセンターの事務(雑務?)スタッフが発信する近況レポート。きまぐれ更新♪

BOSSのライブ行ってきました

2013-10-27 | 音楽
先日の金曜日、7時台に仕事をあがらせていただいて行ってきたのは
大野雄二 大先生のライブ@LIFE TIMEでござんした♪

私がどれほど大野雄二氏を敬愛しているかというとですね・・・
詳しくはいつぞや書いた記事↓を、時間のある人はお読みください。
http://blog.goo.ne.jp/c_killy/e/4c103498187859b350de544ee79dec8b
そう、ワタシがJazzを聞き始めた元々のきっかけは、大野雄二氏のルパン三世があったからなのですねー。

その割にはあんまり大野雄二氏のアルバム持っていないです・・・(^^;あり?
持っているのはDVDを含めて以下の三点
「ルパン三世のテーマ」30周年コンサート “LUPIN!LUPIN!!LUPIN!!!” [DVD]
大野雄二
バップ
sweet lost night
VAP,INC(VAP)(M)
VAP,INC(VAP)(M)


←数年前に衝動買いしたけど、殆ど聴いてないし(^^;
大体1985年以降「ルパン三世」を全く観てないのに、なぜか買ってしまいました。
ルパン三世オリジナル・サウンドトラック3(紙ジャケット仕様)
YOU & THE EXPLOSION BAND
日本コロムビア


←コレは大井貴司氏のビブラフォンライブの後に買ったなぁ~

大野雄二氏のアルバムをそんなに持っていない理由は・・・あまりにCDいっぱい出過ぎてるからです!
どれから手をつけてイイかわからないぢゃないですか・・・てなわけです。
アマゾンで大野雄二ストアを参照

しかし高校生の頃のワタシは、既にテレビで大野雄二氏が音楽を担当した番組(おそらくNHK 小さな旅)が流れ始めると
「あ!この番組の音楽担当は大野雄二だ!!」
と聞き分けられるようになっていたという、変態になっておりました。
アニメ版のコブラを初めて見たときも、オープニングのイントロ部分1小節目で
「あ!!大野雄二!」
と叫んでいたという・・・う~ん、なんの自慢にもならない特技ですね(^^;

そんな話はいいとして・・・
BOSSのライブはですね、超盛り上がり!でした。
さすがはプロ歴長いというか、JAZZの楽しさを世間に知らしめるために活動しているだけあって、お客さんを演奏だけでノセるのが上手いこと♪
BOSSのブログを読んでると、お客さんがノッてくるとすごく嬉しいようなことが書かれていたので、この日のワタシも遠慮無く、会場に乗り込む前から
「声出していくよー!!」のハイな状態。
仕事で遅刻組なので後ろの方の席(相席)だったのですが、既に会場が数曲目で盛り上がっていることも手伝って、遠慮を知らない中年であるワタシは
「ヒュー!!」「ヒャッハァ!「ヒャッハァ」って何だ・・・_| ̄|○
と、お一人様でも勝手に盛り上がるという、何かを丸出しな感じでありました。
(ちなみにワタシのドリンクはホットコーヒー[Black]2杯のみ)
お客さん達も(おそらく数グループは静岡以外から来て盛り上げてくれていた)大盛況!・・・だったと思う。

それに応えてくれるかのように、大野雄二氏は「普段は滅多にやらない」MCしてくれたり、立ち上がる・肘で弾く・右足上がるのエキサイティングプレーで、終始「偉大なカンレキ+12」ぶりを見せつけてくれました。
楽しい曲はたっぷり楽しく、しっとり聴かせる曲はうっとり・・・と、メリハリのある演奏も大変魅力的でした。
コブラのエンディング曲「シークレット・デザイアー」も演奏してくれました。
この曲は大好きだったので、本格的なJAZZで聴けたのは大変幸せでした(^^)

ワタシは休憩中にちゃっかりCDを2枚手に入れて
BOSS PIANO
バップ
バップ

LUPIN THE THIRD “JAZZ” 「FOR LOVERS ONLY」
VAP =music=
VAP =music=

サインまで貰ってしまいました。
(ホントはお疲れの休憩中にサインを貰うのはしのびなく、遠慮しようかと思っていたのですがLIFE TIMEのスタッフの方が、大野氏が空いた頃を見計らってワタシに声を掛けてきてくれたので、お言葉に甘えてしまいました。LIFE TIME スタッフ様、大野雄二様、そして江藤良人様、井上陽介様、ホントにホントに、ありがとうございます!)
大野さんはよくブログで「お客さんがノリノリだとすぐ豚になっちゃう」「木に登っちゃう」などと書かれていますが、サインには豚ちゃんが描かれていました(^^)
家宝にしたいと思います!!
静岡のノリは果たしてどうだったのか、ちょっぴり気にはなりますが、観客としては大満足でした。

よく「静岡はノリが悪い」「おとなしすぎる」と文句を言うミュージシャンがいるらしいのですが・・・。
たしかにそんな夜もあるのは事実です。
でも、観客の所為にしているようではミュージシャンとしてはどうなのでしょう。
大野雄二氏の、自分自身が楽しげな演奏を見て、聴いてから言ってほしいと思ったりもします。
「お客さんをノセる」とはどういうものなのかを学べるのではないかと思います。

この日の大野雄二トリオのメンバーは以下の通りでした。
大野雄二(pf) ■井上陽介(b) ■江藤良人(dr)
どの楽器を取っても天下一品!のメンバーです♪
この記事についてブログを書く
« カプセルトイ | トップ | 連休いただきまーす♪ »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事