Yum Yum Yummy !!

私とBisouとマリモのうまうまノート

ブログ放置中のアレコレ ③

2017-05-30 | Yummy!

ほったらかしブログの最後のPostは2013年8月。

えぇ、えぇ、もう それから3年10ヶ月も過ぎているので
出来事は本当にアレコレある訳で(笑)

この3年10ヶ月の間に日本最大級レシピサイトから
出ているレシピ本に2回、掲載。
その他にも某食品メーカーのレシピカードに使って頂いたり
スーパーマーケットで配布されるレシピカードになったり
docomoの有料サイトでレシピ掲載されることになったり
他にもレシピコンテストなどお声がけ頂いたり 賞を頂いたり。

 

私自身は 自分から宣伝することは殆どなくて 何とも
他力本願にアレコレとレシピ制作のお仕事を頂いたり
レシピコンテストに出品することになったり。
レシピ本出版のお話を頂いても 「メンドクサー」と簡単に
断ってしまうので実家の父には「なんや、お前。勿体ないなぁ。と
残念がられたり。 

レシピ作りは楽しいし好きな時間。
更にそれが 誰でも手に取れる媒体に載るのも嬉しいこと。
だけど自分のレシピ本のお話を受けないのは 本になるまでの
細かいことをする時間が なんとなく勿体無く感じているから。

その時間があったら。他にしたいことが色々あって。
レシピサイト経由や レシピのアプリ経由で チョコチョコ
単発のお仕事を頂く方が圧倒的に楽で 私には良いかも。
 
ブログはお休みしても私の食い意地にお休みは無く(笑)

相変わらず 作るために食べるのか? 食べるために作るのか?
答えを見つけないまま 作って食べて 食べて作って。

パンも焼きました。

    

お菓子も作り。
   

   

   


パンもお菓子も 所々、猫モチーフを入れてみたり。

ご飯も おかずも作って食べて 
≠( ̄-( ̄)モグモグモグ パクパク。

  

   

  

 

梅干しだって 毎年 ちゃーんと漬けて。


ほらね ぬか床だって健在です。

とりあえず。食べないことにはね。
アレコレ あれこれ (笑)



 

コメント (2)

ブログ放置中のアレコレ ②

2017-05-30 | 日記

昨日の「アレコレ ① 」にはビズのことを書きましたが
うぅ〜ん・・・何から話しましょう? 良いこと?悪いこと?

後味悪いのは嫌なので まずは不運なお話を(笑)
昨日の「アレコレ ① 」にもチラッと書いた昨年後半からの
笑っちゃうほど不運が次々やってきたお話。

昨年、8月頃だったかビズがお昼寝しているときのこと。
お鼻がピー。ピー。と鼻詰まりみたいな音を発していました。
チョット息苦しそう。

実はビズ、子猫の頃 我が家に来たときから左鼻の穴の中に
小さなイボのような突起があって 小さい鼻の穴が更に
少し狭まっていました。
でも「奇形」と言う程でもなく それが彼女の体の特徴と
いう感じだったのですが 少しずつ体が大きくなるにつれて
今までの体の大きさとの対比のまま突起が大きくなったのか
突起だけ大きくなっているのか判別は難しい程度で左鼻は
空気の通る隙間でした。

ビズも もうシニア。もし万が一 その突起が大きくなり過ぎて
鼻の穴を塞いでしまったら?、、、と少し不安になり
かかりつけの獣医師さんに相談しました。

結果。ビズの一生が この先 どの位なのかは分からないけれど
鼻の中の突起が大きくなり過ぎても あまり老齢になって
しまってからでは手術で取るにも ビズの体力が心配だし、、
と言うことで 早めに手術で取った方が良いかも???と
手術をすることに。

でも。手術間近になっても 鼻の中の突起がどのような形状か
不明なままでした。そして手術日。小さな病院のレントゲンでは
やっぱり形状を見極めることができず 手術取りやめに。

本格的に細部までMRIなどで確認した方が良いことになり
ビズ、初めての大学病院の受診になりました。
結局、突起は異常な大きさになっている様子ではなさそうなので
暫く様子を見て結論を出すことになり 数ヶ月ごとの通院に
なりました。

次は私がピロリ検査で陽性反応。
ピロリ除菌をすることになりました。

薬のアレルギーの有無を確認されたけれど
自分の知る限り、記憶のある限り何もなし。
ピロリ除菌薬に反応するとは思って居なかったのですが
薬を服用し始めて2日目の夜あたりから 夕方〜夜間に
なると両側の上腕内側にポチポチポチと小さい赤い
発疹がブワワワワ〜〜と出て 痒いったらないっ。

「うむむむ。。。これは薬疹???
たぶんきっと薬疹だけど 他に熱も出ないし吐いたりも
しないし 何とか頑張って薬を飲みきってしまいたい」と
病院には連絡せず忍耐。1週間の投薬中、薬疹との戦い。
「ピロリの前に私が死滅しそうだ・・・」と思ったけれど
変な意地で負けたくなかったから 我慢。我慢。我慢。
遂にピロリ除菌薬は飲み切りました。

そんなビズと私のゴタゴタが続いていたある夜。
台所に立つ私の足元に音なくビズが来ていて 危うく彼女を
踏みそうになり 咄嗟に私は足を勢い良くよけたらガンッ‼️と
シンク下の扉に左足激突

動きが粗野なので足の小指が千切れたかと思うほどの時も
ありますが 何だか それを超越した声も出ない痛み・・・・
痛いっ。痛すぎる・・・・
腫れは酷くないけれど 見る見る紫色に変色。痛みで1晩
眠れぬ夜を過ごし翌朝、徒歩4分の整形外科へ。

レントゲンを撮って診察室へ。
 





骨折していました・・・・・ 
・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

しかも もうチョットでポッキリ折れそうになっていた
亀裂骨折 

根雪になってきた12月初旬。履ける靴は長靴と・・・他に
あるのか痛い足で靴箱をガサゴソ。
何とか1足だけ ワラビーが履けました。これから3ヶ月は
ワラビーか長靴と仲良しこよし。

家の中での移動だって エッチラコ オッチラコ。
1人+1ニャンの生活です。ご飯は私が作ります。
掃除も私がします。 生きるって大変だなー・・・と
思いながら迎えた年末。

そんな不便な(不運な?)年末でしたが 家の中も何だか
何処かでポタンポタン、、と滴る水音が聞こえるような
聞こえないような???の状況でした。
玄関の湿度も 今までとは何だか違う・・・
でも その「何か」が突き止められない モドカシイ感じでした。
が!その「何か」がハッキリしたのは ナント!大晦日の夜8時。

トイレに行ったら トイレの天井から雨がポタポタ
降っていました

玄関の床を見たら 水たまり・・・・
玄関横の戸棚を見たら 棚内部も壁から滲み出た水で
ビショビショ

なんとまぁ。上階の家で何かあったのか どうなのか?
年末も年末、大晦日の夜なので管理会社も何も連絡したって
連絡が付きません。

そんな宅内 雨降りの年末年始の2016〜2017。
お正月1月1日の元日なんて 雨漏り最大。
20分に1回は床やら天井やら壁やら 拭き掃除。

兎に角 水がポタポタジャージャー
トイレなんて傘をささなきゃ入れないし。




御用始め4日まで 自力で対処して漏水の家の中で骨折足を
引きずりつつ過ごす年明け。 とんだ1年の始まりでした。

そうして その後、家の保障や修繕のことで家主とワイワイ。
足は痛いし家も痛むしビスは病院通い。やれやれ。

少し落ち着いた頃。 ある夜、持病の過呼吸発作が出て
洗面所で蹲っている間に ちょっと酷くて意識消失。

そうやって暖房なしの洗面所で倒れて何時間経ったのか?
次に意識が戻った時には 何だか体が思ったように動かず
声も大きな声が出ず 手も足も痺れていて あまり感覚なし。

スマホを持っている筈の手が自分の どちらの手なのか?
どうやら 元から低体温な私は過呼吸発作で倒れている間に
更に体温が低下してしまって 意識も朦朧、体も自分の
思ったようには動かせなくなっていた様子。

何時間もかかって何とか救急車を呼び、玄関まで這って行って
玄関の鍵を開けたところで再び意識喪失。

自分で読んだ救急ですが玄関へ近づく足音を聞いたら安堵して
意識が遠のいてしまって 次に気がついた時は病院でした。

過呼吸発作から低カリウム血症で痺れている間に 
低体温症になり 足先は骨折している上に軽度 凍傷に
なっていました・・・・ 

暫し入院。 ビズは丸2日半 放置され飢えました
普段、体温が35℃台になってしまう冬場の私。
この時は病院へ運ばれた時に深部体温が33℃ほどだったらしい。
自分で何とか救急を呼べたので 今、ここにいます。

ほんと、昨年後半から今年の春先は 山あり谷あり、、じゃなく
谷に次ぐ谷、谷、谷・・・・でした。 

きっともう、今年の不運は全部消化したに違いない、、、と
思いたい今日この頃。

次回、「アレコレ ③」は明るく行こうねー。 

コメント (2)