猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

親父座りセバスチャン

2011-08-31 17:55:08 | 
玄関で涼んでいるセバスチャンです。親父座りなので撮影しました。 . . . 本文を読む
コメント

はやぶさ再突入写真観測

2011-08-31 17:51:14 | 宇宙開発
オーストラリアの地上観測で得られた、はやぶさ再突入の写真です。4地点から観測した結果。カプセルは、事前予想の100m以内の軌道で再突入。はやぶさ本体は、1km上の軌道で再突入、最大光度は-12.6等級、高度47kmまでに燃え尽きた。今日は、はやぶさ関連の論文が複数ありますが、とりあえずこれを以下、機械翻訳。 はやぶさ再突入の写真の観察 要約:我々は2010年6月13日、13:52のUTに南オーストラリアの上に探査機はやぶさとカプセルの再突入の写真の観察を分析しました。 関連づけられた火の玉の輝きの放射分析の測定が同様に得られました。 我々は「はやぶさ」その4つの破片と、カプセルの軌道と速度を得ました。 カプセル軌道は数事前の JAXA によって予測された軌道の百メートル以内に再突入でした。 はやぶさ軌道はカプセル軌道よりおよそ1キロより高かったです。 . . . 本文を読む
コメント

ハッブルレガシーサーベイ?

2011-08-30 12:40:10 | 太陽系外縁部
ハッブル宇宙望遠鏡の観測データから外縁天体を探し出した。以下、機械翻訳。 ハッブル宇宙望遠鏡アーカイブの動的に興奮した太陽系外縁天体 要約:我々は太陽系外縁天体の HST の史料の捜索の2番目の地域で最も弱々しい中央の黄道緯度調査を提出します。 我々は黄道から離れたバンド5度- 20度 で28の新しい海王星以遠天体と1の小さいケンタウロス(R ~ 2km)の発見を報告します。 これらの興奮した天体の軌道傾斜角分布は、より明るい黄道調査から得られた分布と一貫しています。 . . . 本文を読む
コメント

ハイペリオンに接近

2011-08-29 12:45:55 | 土星系
画像版権:米航空宇宙局/ジェット推進研究所-カリフォルニア工科大学/宇宙科学研究所 土星の衛星ハイペリオンの接近画像が発表されたので翻訳します。表面にクレーターが多く、比重が少ないところからスポンジと表現されるハイペリオンです。 タイタンの影響で自転速度と軸が安定しないので、接近しないと何処を撮影出来るか分からない。以下、機械翻訳。 カッシーニが土星の倒れている衛星・ハイペリオンに迫ってきます 2011年8月26日 NASAのカッシーニ宇宙船は8月25日木曜日にこの穴を開けられた本体でその遭遇の間に土星の奇妙に形づくられた衛星ハイペリオンの新しい写真を獲得しました。 宇宙船が、これを2番目に最も近い遭遇にして、およそ25,000kmの距離において衛星を通り過ぎたとき、生のイメージが獲得されました。 ハイペリオンは、直径の小さい衛星 - ただ270km - です。 それは不規則な形と見た目を持っています、そして、それが軌道で前方へ倒れるとき、それは無秩序に回転します。 この奇妙な回転は科学者が正確に宇宙船のカメラがこの近接飛行の間に何の地形を映し出すであろうか予測するのを阻止しました。 . . . 本文を読む
コメント

タイタン希ガス除去システム

2011-08-27 19:00:07 | 土星系
タイタンでは、大気中の希ガス(アルゴン、クリプトン、キセノン)を地殻中に取込むシステムが有るそうです。地球でも炭酸ガスを取込んでいますが、メタンハイドレートの希ガス版がタイタンには有るのかも、以下、機械翻訳。 表面 クラスレートによる隔離によっての、タイタンの大気の希ガスの撤去 要約:タイタンの大気の顕著な特性は、アルゴン以外の重い希ガスがその降下の間にタイタンの表面に2005年1月にホイヘンス着陸機に搭載したガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS)によって検出されなかったということです。 ここで我々はタイタンの大気でこれらの希ガスの神秘的な欠如あるいは希少性の説明を提供します . . . 本文を読む
コメント

イトカワ粒子から分かった事

2011-08-26 19:28:25 | 宇宙開発
イトカワの形成シナリオは、 1.太陽系創成期に原始太陽系星雲内で凝縮した微粒子が、 2、集積合体して直径20km程度の微惑星まで成長した段階で他天体との衝突でバラバラに成り、 3.再集積して現在のイトカワ程度の大きさになった。 現在、将来とも、太陽風や小天体の衝突で表面が削られているので、後10億年で無くなる。 と言う事らしい。各報道機関の記事や、日本語発表のある 東北大学、首都大学東京を読むと800℃まで加熱された粒子から低温の経験しかない粒子まで混在しているので、原始イトカワと言うか母天体は、内部が溶けて分化するほど大きく成らなかった。 重力エネルギーの解放と放射性物質の崩壊エネルギーにより中心部では800℃程度の加熱と圧縮が粒子に加わって岩石化している。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ベピコロンボ耐熱テスト

2011-08-25 10:17:00 | 宇宙開発
画像版権:欧州宇宙機関 - レミー・バン・ハールレム オランダで、ベピコロンボのヨーロッパ側探査機MPOのエンジニアリングモデルで耐熱テストを行います。 地球軌道の10倍以上の日射を日除けで防ぎ、それでも流入する熱と内部発生する熱は、冷媒?を介してラジエータから放熱する機能がちゃんと動くかを確認します。 壊れても直しに行けないので、本物を作る前にテストにテストを重ねます。以下、機械翻訳。 ESAは水星へのベピコロンボのミッションのために焼けつくような日光をシミュレートします 2011年8月22日 ESAは激しい日光とヨーロッパで最も大きい真空室の中に水星、太陽系の一番内側の惑星の周りで遭遇する持続する熱を再生しています。 オランダベースのテストキャンペーンはESAの水星表面探査機(MPO)、水星への多宇宙船のベピコロンボのミッションの一部を評価することです。 最終の MPO の大いに正確な、全面的なエンジニアリングのモデルがトリノで7月29日に タレスアレニナ スペースイタリアから ノールトヴァイク のESAの ESTEC テストセンターに到着しました。 . . . 本文を読む
コメント

白雪姫はバラ色

2011-08-24 11:20:04 | 太陽系外縁部
2007OR10の表面は、スペクトル的に氷しか見えませんが、メタンが有るはず。確証を得るためにはケック天文台の望遠鏡の様に大型望遠鏡による観測が必要。 外縁天体の追加観測体制は無いので。望遠鏡の観測時間の確保が先決。バラ色とは行きません。結局、白雪姫は、バラ色に見える?以下、機械翻訳。 天文学者が氷ともしかするとメタンを白雪姫、遠い準惑星の上に見いだします カリフォルニア州パサディナ- カリフォルニア工科大学においての天文学者が準惑星2007OR10 は - 白雪姫とニックネームをつけられて - かつて古代の、みぞれを噴出させる火山から流れ出た氷で覆われたその表面のおよそ半分で、氷で覆われた世界であることを見いだしました。 新しい調査結果は同じく赤に薄く色づいた準惑星がメタン、ゆっくりと虚空に失われている大気の残存物の薄い層で覆われているかもしれないことを示唆します。 「あなたはかつて水火山と大気を持った活性化している小さい世界であったもののこのすてきな写真を見ることができます、そしてそれは今ただ氷のように冷たくて、死んでいて、ゆっくりとさっと消えている大気を持っています」 . . . 本文を読む
コメント

御室仁和寺

2011-08-23 10:44:13 | 京都
仁王門には、阿形と吽形がいます。 中門には、毘沙門天がいました。 . . . 本文を読む
コメント

白雪姫は白い

2011-08-22 19:54:10 | 太陽系外縁部
白雪姫こと2007OR10の表面は、思ったより白い。メタン霜が有ればもっと赤いはずだが、氷火山からの供給で表面が更新しているらしい。 褐色矮星研究用に適した- FIRE スペクトルグラフ(赤外高分散分光装置)-を使って観測された。以下、機械翻訳。 白雪姫(3の第3部)の取り戻し 白雪姫の取り戻しチャンスは去年最終的に来ました。 私は地元の世界における褐色矮星の彼の研究で最もよく知られているアダム Burgasser 、UCサンディエゴでの天文学者からの電子メールを受けとった(それほどよく知られていない、しかしこの場合多分いっそう適切で、私が10年前に彼のPh.D. アドバイザーであったということです)。 アダムはちょうど彼が(すでに)完全に褐色矮星を勉強することに適しているチリのマゼラン望遠鏡 - FIRE スペクトルグラフ - のために新しい道具を設計するのを手伝っていたところに、MITから動いたところでした。 . . . 本文を読む
コメント