猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

かに座55番星の地球型惑星

2009-02-28 20:51:05 | 惑星形成論
かに座55番星に地球型惑星が存在可能な領域は、かなり広い。但し、本当にあるかどうかは未だわかんない。ケプラー待ち。以下、機械翻訳。 五つ一組惑星系かに座55番星のダイナミックな構造と住むのに適した地帯 我々は、フィッシャーと協力者(2008)によって首尾一貫した軌道の解決で五つ一組惑星系かに座55番星で永年的な軌道の進化とダイナミックな構造をよく見るために、数のシミュレーションを行う。 シミュレーションで、我々がこの惑星系が10億年の間少なくとも安定でありえることを示すこと。そのほかに、我々は0.790AU<軌道半径<5.900AUの広い地域で、1つの地球型惑星で広範囲に4以外の仲間の惑星構成を調査する。潜在的小惑星構造と住み易いゾーン(HZs)の存在を調べる。 . . . 本文を読む
コメント

真如堂の花

2009-02-28 20:40:54 | 京都
参道の横に花壇のように梅と水仙が植えられています。 . . . 本文を読む
コメント

真如堂の猫

2009-02-28 20:16:52 | 
下鴨神社の前に真如堂に寄りました。とりあえず猫のみアップします。 飼い猫状態なのか落ち着いた猫です。 jpgデータがおかしいのか、梅と水仙が登録できません。 . . . 本文を読む
コメント

京都御苑の猫

2009-02-27 20:00:33 | 
御苑を烏丸通から抜けずに丸太町通まで歩くと前回見なかった梅の木以外に動物を多数発見しました。 野良猫ですが、すごくゆったりしてます。写真には撮れませんでしたが、なついている猫もいました。 . . . 本文を読む
コメント

京都御苑の梅2

2009-02-27 19:50:00 | 京都
下鴨神社から京都御苑に移動しました。 撮影順からいうと逆から載せていきます。南側からです。 . . . 本文を読む
コメント

巨大惑星移動の痕跡

2009-02-27 18:28:42 | 惑星形成論
小惑星帯(メインベルト)のシミュレーションから、巨大惑星移動の証拠が出ました。エッジワース・カイパーベルトの分布でも予想されてる事なので外堀は完璧に埋まった感じです。 土星、天王星と海王星を外へ動かす反動で、木星が少し内側に移動したと考えるとカークウッドの空隙の外側の小惑星が少ないのが説明できるそうです。後は、天王星を横倒しに出来るくらい大きな外縁天体が見つかればいいのにな。以下、機械翻訳。 UA科学者は、小惑星が取り逃がすのと、ことによると理由であることがわかります。 なくなった小惑星のパターンは、小惑星帯の中に保持された巨大惑星の放浪した足跡のようです。 2009年2月25日 アリゾナ大学の科学者はなくなった小惑星の好奇心の強いケースを発見しました。 小惑星帯は、火星と木星の軌道の間に何百万個もの岩の多い天体を含むゾーンです。 科学者は、そこの研究者が観測するより多くの小惑星があるべきだと考えます。 なくなった小惑星は、太陽系の巨大惑星がそれらの現在の位置に移動する、およそ40億年前に起こった出来事に関する証拠であるかもしれません。 . . . 本文を読む
コメント

下鴨神社の梅

2009-02-26 19:26:32 | 京都
今日が休みで土曜日出勤。下鴨神社に光琳の梅を見に行きました。 . . . 本文を読む
コメント

イアペトス表面起源

2009-02-26 19:13:16 | イアペトス
イアペトス暗い材料起源はフェーべとヒペリオンと言われてますが、スペクトルと衛星から飛び散った粒子の軌道進化から検証しようということらしい。以下、機械翻訳。 イアペトスの上で暗い材料の起源を調べます。 土星の氷衛星の中では、イアペトスは公転方向前半球と後半球(後者よりかなり暗い前者)の間の衝撃的な二分を示しています。 カッシーニのVIMSイメージ分光計のおかげで、より広いスペクトル域以内と高められた精度で土星系における、衛星のスペクトル特徴を調査するのは現在、以前に利用可能なデータより可能です。 . . . 本文を読む
コメント

金星夜光

2009-02-25 20:20:14 | 金星
画像版権: ESA/VIRTIS/INAF-IASF/Obs. de Paris-LESIA 金星の雲は清らかに白い。だが、嵐のように荒れ狂い、その香りは硫酸の匂いがする。一酸化窒素はNOxの一種。金星に公害があるはずも無く自然発生のみ。 地球人から見ると、金星の大気危なすぎ。以下、機械翻訳。 ビーナスが暗がりで赤くなるのを見ること 2008年2月24日 ESAのビーナスエキスプレスは、金星の夜間空気で、不気味な輝きを観察した。 この赤外線明りは一酸化窒素から来て、地球の最も近い隣人の大気が強風と乱気流の個性の強い場所であることを科学者に明らかにしている。 残念なことに、それが赤外線の見えない波長で起こるので、金星の上の輝きは肉眼で見られることができない。 ESAのビーナスエキスプレスは、しかし、光学および赤外線温度画像分光計(VIRTIS)器具を備えている。そして、それはこれらの波長を見ることができる。 . . . 本文を読む
コメント

四条川端

2009-02-24 20:43:15 | 京都
天気は良くないですが、四条川端で夕暮れの撮影に挑戦しました。上は出雲の阿国の像。 . . . 本文を読む
コメント