猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

トリトンホッパー

2018-04-03 11:23:08 | 海王星系
海王星周回軌道への投入過程は不明ですがトリトン表面での移動用推進剤は現地調達の窒素ガス。凍結した窒素を加熱して噴射。バッタの様にジャンプして移動。以下、機械翻訳。 2018年3月30日 トリトンホッパー:海王星に捕獲されたカイパーベルトオブジェクトを探検するスティーブン・オレソン NASAグレン・リサーチ・センター トリトンホッパー Triton Hopperの図解:海王星に捕らえられたカイパーベルトオブジェクトを探る クレジット:S. Oleson . . . 本文を読む
コメント

スピッツアー宇宙望遠鏡による海王星観測

2018-03-12 19:42:25 | 海王星系
太陽からの電磁波をそのまま反射するだけでなく吸収した後に放射。以下、機械翻訳。 海王星の中央の赤外線の 反射能 はスピッツァー観察から得られました 要約 海王星の中央の 赤外線 の 幾何学的反射能がストーフェールおよびその他によって報告されたスピッツァー宇宙望遠鏡測定から得られます。 (2016)。 この導出の方法は記述されます、そして結果は幾何学的な 反射能 がおよそ1%、あるいは2016年により低度に観察の時点であったことを示します。 海王星の短期の中央の赤外線の可変性は、それら自身スピッツァー観察によって証拠づけられて、0.4%の平均で0.2%から0.6%に及ぶ3.6μmにおいて 反射能を示します。 4.5μmにおいての対応する 反射能 は0.7%、1.3%と0.9%です。 さらに、海王星が数十年前に際立ってもっとかすかであったことを示す可視光線明るさ相違の60年の歴史はそのより早い期間の中央の 赤外線の 反射能が1%よりはるかに少しだけであったかもしれないことを示唆します。 ここで報告された albedo 値は海王星の大気のモデルに対する帰結的意味を持つことができます。 . . . 本文を読む
コメント

海王星の衛星の影をつかむ

2017-10-01 15:58:23 | 海王星系
トリトンの影を飛行機で追いかけることで掩蔽時間を延ばして高度による大気組成の変化を掴もうということか?以下、機械翻訳。 2017年9月29日 海王星の衛星の影をつかむ 赤外線天文学の成層圏天文台である飛行観測所ソフィアの研究者たちは、海王星の衛星のトリトンの大気を、地球の表面に薄暗い影を投げかけながら2分間、勉強する機会を用意しています。これは16年間でトリトンの大気を調べる最初のチャンスです。 10月5日、トリトンが遠くの星の前を通り過ぎると、星座の光が掩蔽と呼ばれるような形でブロックされます。天体のアライメント中に、特別装備のボーイング747SP機に搭乗したチームは、遠く離れた星の光がトリトンの大気を通過するのを観察します。 トリトンは長年にわたって明るい星の前を通過しておらず、掩蔽観察を困難にしています。トリトンが明るい星の前を通過するとき、SOFIAの口径2.5メートルの望遠鏡と3つの強力な機器によって収集されたデータは、研究者が温度、圧力、温度など衛星の大気をよりよく研究し、密度。 . . . 本文を読む
コメント

海王星の新しい嵐

2017-08-10 18:48:28 | 海王星系
新しいストームは海王星に驚きを出す 2017年8月2日 新しいストームは海王星に驚きを出す 夕暮れの観測で撮影された海王星の画像は、天文学者が一度も明るい雲を見たことがない海王星赤道付近の非常に大きな明るい嵐のシステム(上の図では「雲の複合体」と表示されています)を示しました。嵐の複合体の中心は、地球の大きさの約3/4、または海王星の半径の1/3〜9,000kmです。嵐は7月2日に撮影された画像の対数スケールで指摘されているように、6月26日と7月2日の間にかなり明るくなった。 . . . 本文を読む
コメント

ネレイドの宇宙望遠鏡観測

2016-01-15 11:27:17 | 海王星系
海王星の衛星ネレイドをケプラー、ハーシェルとスピッツァーの3つの宇宙望遠鏡で観測しました。ざっくりとした形状はラグビーボール。以下、機械翻訳。 宇宙からネレイド:ケプラー/ K2、ハーシェルとスピッツァーから観測。回転、サイズと形状解析 (2016年1月11日に提出) 本論文では、ケプラーK2ミッションキャンペーンの分析、不規則海王星の衛星、ネレイドの3観測を提示します。私たちは、地上の観測で得られた以前の短い回転期間を確認し、DM = 0.0328(+/-)00018のP = 11.594(+/-)0.017時間と振幅の回転周期を決定しました。2001年から2015年の間の光曲線振幅の類似ネレイドは、昨今の低振幅回転状態にあり、それが半ば1960年代に高振幅の回転状態にされている可能性を示しています。別の高振幅の期間は約30年で期待されています。 . . . 本文を読む
コメント

ケプラー宇宙望遠鏡での海王星大気観測

2015-12-30 19:36:03 | 海王星系
ケプラー宇宙望遠鏡で海王星の光度変化を集めたら49日間の光度曲線が得られます。ケック望遠鏡の観測とリンクさせると、雲による明暗が光度の強弱に直結している事が分かったので、褐色矮星の光度変化で雲や嵐の存在が推定できる。以下、機械翻訳。 ケプラーK2観測から海王星のダイナミック大気:褐色矮星光度曲線分析のための含意 (2015年12月22日に提出) ケプラー宇宙望遠鏡と海王星の観測は、1分のリズムで98%の範囲で、49日間の光曲線が得られます。ライトカーブの大幅な署名は、個別のクラウド機能から来ます。我々は、9ヶ月後に取得された1.65ミクロンでケック10メートルの望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡の可視画像から海王星の同時ディスク分解イメージングと光曲線データから抽出された結果を比較します。この直接比較は海王星の東西風のプロファイルに基づいて、K2光曲線期間に割り当てられた機能の緯度を検証し、観測された雲の機能の変動を確認します。 . . . 本文を読む
コメント

海王星とトリトン

2015-05-16 13:22:38 | 海王星系
ケプラー宇宙望遠鏡は地球と似たような軌道で太陽の周りを回り、海王星は165年で太陽の周りを1周します。 ケプラー宇宙望遠鏡は2個しかリアクションホイールが生き残っていないので同じ方向を継続して観測できないので海王星が画面を横切る映像になってます。 多分、遠くの恒星の減光を観測してたら海王星がカメラの中に入って来たので70日間の画像をつないでアニメーション化した。 海王星の自転軸傾斜は28度なのにトリトンの公転がよく見えるなと思ったらトリトンの公転軌道が海王星の赤道に対して23度傾いて逆行しているので地球(黄道面)から見て51度傾いている。以下、機械翻訳。 ケプラーは海王星がそのムーンと踊るのを観察します . . . 本文を読む
コメント