猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

コローExo-4a

2009-01-31 20:18:35 | 宇宙望遠鏡
コローの観測から他の恒星にも、黒点と白斑があることがわかりました。以下、機械翻訳。 惑星を持つ星のCoRoT-Exo-4aの光球活動と回転 宇宙実験CoRoTは最近、適度に活発なF-タイプ主系列星の周りの軌道のトランジットの熱い木星を検出しました。(CoRoT-Exo-4a)。 それには9.202日間(これまで知られていたトランジット惑星の中の2番目に長い方)の軌道周期があるので、この太陽系は特別におもしろいです。 私たちは58日間の光の観測のとぎれない系列の間、表面回転とホスト星の活動を研究します。 . . . 本文を読む
コメント

タイタン降雨

2009-01-31 20:00:41 | 土星系
タイタンの大気を維持するには、湖でもタリン・パワー。そういや、ひょっこりタイタン大陸では地下に海洋の可能性があったな。以下、機械翻訳。 カッシーニは、炭化水素雨がタイタン湖を充填するかもしれないとわかる NASAの探査機カッシーニからのタイタンの最近の肖像は、雨量によってもたらされる湖の変化を捕えることによって、液体炭化水素の湖の存在を主張する。 数年の間、カッシーニ科学者は、土星最大の衛星の南北極の近くの暗い地域が液体を満たした湖であるかもしれないと思った。 タイタンの南極地域の最近の絵のジャーナル地球物理学研究論文で今日発表される分析法は、1年早くとられる同じ地域のイメージで見られない新しい湖機能を明らかにする。 . . . 本文を読む
コメント

京都夜景

2009-01-30 20:16:10 | 京都
昨晩、手持ち撮影しました。東山と . . . 本文を読む
コメント

コンドリュール衝撃波加熱

2009-01-30 20:02:52 | 惑星形成論
原始惑星系円盤になる前の原子星が出来る段階で、衝撃波で高温になったコンドリュールが急速冷却されたという理解でいいのか?以下、機械翻訳。 ショッキングな原始太陽系星雲? 原始太陽系星雲における衝撃波がいん石と彗星で観察された高温の材料を形成したと示唆されました。 原始太陽系星雲の内側の縁の温度がコンドリュールを生産する十分な長さの時間十分高かったかもしれないのが示されます。とCAI、手に負えないほこりの粒、および他の高温の材料は彗星といん石の中で観測しました。 太陽の双極子流は時間がたつにつれて原始太陽系星雲におけるO16(普通の酸素)の裕福を起こしたかもしれません。そして、コンドリュールの酸素の同位体の貯水池はことによると原始太陽系星雲の内端の相対的な位置と太陽の双極子流のその後の強さにおける時の変化のためです。 . . . 本文を読む
コメント

セバスチャン寝踊り

2009-01-29 21:07:01 | 
猫が無さ過ぎるので、隣で寝てるセバスチャンをアップします。 寝踊り . . . 本文を読む
コメント

3次元シミュレーション

2009-01-29 20:12:46 | 惑星形成論
乱流があっても、微惑星は出来るということらしい。以下、機械翻訳。 3次元モデリングは、惑星形成論をあわてさせる。 考えは、初期の原始惑星系の範囲内で荒れ狂う力の下でばらばらになる 木星と土星のようなガスの豊富な惑星は結局それ自身の重力不安定性の下で紙のようにつぶれたちりとガスの円盤から成長した-あるいは、とてもある理論は行く。 現在、コンピュータシミュレーションはこの考えが初期の原始惑星に属するシステムの範囲内で荒れ狂う力の下でばらばらになることを示唆する。 それが臨界点に着くまで、古い、好意を持たれた理論は、より濃くてよりやせているようになっている原始惑星に属するちり円盤に頼る、そこで、それは重力で不安定になって、ガス巨大惑星の基礎を作るkmサイズの微惑星に崩れる。 しかし、3次元モデリングは乱気流がちりが重力不安定性のために動くのに必要な濃い円盤に落ちつくのを防ぐことを初めて示した。 . . . 本文を読む
コメント

パロマー外縁観測

2009-01-28 19:07:10 | 太陽系外縁部
パロマーの観測でも、50AU以遠には天体が見つからない。全天の10分の1未満で、黄道周辺だけ、21.3等より明るい天体と制限ありだけど、台湾アメリカ掩蔽観測や、すばるによる観測でも見つからないので、本当に微惑星未満の天体しか居ないかもしれない。以下、機械翻訳。 セドナの地域の遠くの太陽系天体の検索 我々は、パロマー天文台で1.2mのサミュエルオースティン望遠鏡を使っている外の太陽系で、遠くのセドナのような天体のために広視野の調査の結果を提示する。 我々は、平均制限する21.3等級まで~12,000平方角を捜した。総数で53のカイパー・ベルト天体のそして、ケンタウロスは見つけられた。この調査において発見された25。 . . . 本文を読む
コメント

彗星探査機ロゼッタ レポート109

2009-01-28 17:39:43 | 彗星探査機ロゼッタ
画像版権:ESA 外合で通信できなかった彗星探査機ロゼッタのレポートが出ました。以下、機械翻訳。 No. 109-外合段階 2009年1月22日12:54 2008年12月6日から2009年1月16日までの期間を報告します 報道期間は6週の活動をカバーする。そして、それの間、ロゼッタはうまく外合段階を過ごした。 地球と2008年12月17日と2009年1月6日の間で3°(合)の下で抑えられる探査機から見られる太陽の間の角度分離(12月27日に起こっている最小限の角度分離による)。 報道期間の間の探査機と地上部分活動は、名ばかりだった。 活動がそうであったミッション ESAニューNorcia(NNO)地上局の支持で実行される . . . 本文を読む
コメント

チャンドラヤーン撮影、南北の永久影

2009-01-26 20:27:13 | 月探査
画像版権:ISRO/NASA/JHUAPL/LPI/コーネル大学/スミソニアン かなり遅れましたが、チャンドラヤーンが観測した北側永久影。まだ、月面氷をあきらめてないようです。 都合よく彗星が月にぶつかるかな?そんな彗星おらへんやろ。以下、機械翻訳。 NASAレーダーは内面の月が影でおおった最初の外観にクレーターを提供します。 このイメージは地球ベースのアレシボ観測所電波望遠鏡イメージのMini-RFの合成の開口レーダー(SAR)重ね合わせです。 2008年11月17日に取った、南の極のSAR断片は、以下の前に決して遭遇しなかった月の一部を見せています。 永久に地球と太陽から影でおおわれるハワースクレーターの一部。 これらの領域を探検する唯一の方法はMini-RFなどの軌道のレーダーを使用することです。 . . . 本文を読む
コメント

相乗り衛星の配置

2009-01-26 19:05:14 | 宇宙開発
画像版権:JAXA いぶき分離後の写真と、相乗り衛星の概要を見比べれば、分かるんでしょうが、ややこしいので、写真に書き込みました。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)