猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

水都大阪2009在庫

2009-09-30 21:23:55 | 国内旅行
多数の写真から気になったのを、とりとめも無くアップします。 大川に浮かぶアヒルと、手前の木が繁っているのが北岸です。 すでに、アヒルは移動済みなので、これを見て、見に行こうと思わないでください。 . . . 本文を読む
コメント

すばらしいガニメデ

2009-09-30 20:01:13 | 木星系
画像版権:NASA  ガニメデの全球地図が発表されましたが、溝の原因が、共鳴軌道による潮汐力の積算による加熱と、金属核、岩のマントル、水氷の積層構造で、新しい知見が無いよう。以下、機械翻訳。 素晴らしいガニメデ: 新しい地図は、太陽系の最も大きい衛星で、神秘的な特徴の起源を明らかにするのを助けます。 地図は、ガニメデ、エウロパ、およびイオが木星を旋回する中で、ガニメデの溝が軌道共鳴の結果であるという理論をサポートします。 地球外生物の検索では、木星と太陽系の中で最も大きい衛星ガニメデで、エウロパではありません。 それがおそらく抱く 塩辛い水面下の海洋はエウロパの ありえそうな液体海洋よりはるかに表面の下で遠いです。そして、氷の層の間にはさみ込みました、ほとんどの科学者が、ガニメデの上と、そして、ガニメデの中の生命の見通しが薄暗いと結論を下すように導いて。 . . . 本文を読む
コメント

水都大阪2009どらじま

2009-09-29 21:08:58 | 国内旅行
係留中のどらじまを観察しました。川舟だから、橋の下を通過するために、低いです。そのため、東京のヒミコに似てる。 . . . 本文を読む
コメント

タイタンのポリアセチレン

2009-09-29 20:38:02 | 土星系
画像版権:マノア、ホノルルハワイプレス escのラルフ・カイザーとXibin Gu、化学部、ハワイ大学 図の解説:右への左: 急進的なエチニル、アセチレン、ジアセチレン、および「3-アセチレン」分子のボールと棒のイメージ。 エチニルは末端炭素原子の上にひとりの電子を持っています、そして、それは、他の分子に対するエチニルの攻撃を開始するこのひとり的、または、急進的な電子です。 ひとりの電子は白の三角形をしている図によって表現されます。 分子の中のすべての原子がシングルか三重結合のどちらかによって接続されます。 炭素原子は黒いです、そして、水素原子は青いです。 今度は、ポリアセチレンですか。タイタンは炭化水素化合物の宝庫です。以下、機械翻訳。 科学者はタイタンの霞んでいる大気の化学を解きます。 2009年9月15日 カッシーニの2005年3月31日、フライバイの間に見られた、タイタン . . . 本文を読む
コメント

土星の昼夜平分時

2009-09-28 20:46:48 | 土星系
画像版権: NASA/JPL/宇宙科学研究所 かなり、出遅れてますが、土星の環に真横から光が当たる時期に、環の凸凹な構造が、あちこち見つかっています。輪の中に衛星にも取上げました。以下、機械翻訳。 カッシーニは土星昼夜平分時の間、新しいリングよじれ、影を明らかにします。 09.21.09 カリフォルニア -- NASAの科学者は、先月惑星の昼夜平分時の間に土星の環で明らかにされた波立ちと塵雲の驚嘆する範囲以上です。 科学者は、一度リングがほぼ完全に平坦であると考えましたが、新しいイメージは、リングでのいくつかの新たに発見された隆起の高さがロッキー山脈と同じくらい高いのを明らかにします。 NASAは、月曜日にイメージを発表しました。 「それは立体眼鏡を身につけて、初めて3番目の寸法を見ているようです。」 . . . 本文を読む
コメント

水都大阪2009アヒルVSドラゴン

2009-09-28 20:26:56 | 国内旅行
天満橋から噴水を撮影していたら、どらじまがフレームイン。土日は運転しているんだ。 . . . 本文を読む
コメント

水都大阪2009北側からのアヒル

2009-09-27 20:14:47 | 国内旅行
ノーマルトらやんを撮影後、まだ居るアヒルを北側から撮影しようと移動しました。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

地上望遠鏡対宇宙望遠鏡

2009-09-27 18:48:59 | 地上望遠鏡
地球型系外惑星を検出するのは、30m級地上望遠鏡なのか、16m級宇宙望遠鏡なのか?地上のほうが次々新開発の観測機器を付け替えれるメリットがある反面。昼は使えない。宇宙望遠鏡は、太陽方向以外はいつも見放題な反面、壊れても直せないし、しばらくすると観測機器が時代遅れになります。どちらにもメリットがあるので、両方いると思いますけどね。以下、機械翻訳。 来たる数10年間の光学観察能力の比較: 地面対宇宙 赤外線での地面ベースの適応光学(AO)は、より高い収集領域で宇宙のような画質にアプローチする際に例外的な進歩をしました。 また、可視光アプリケーションは現在、範囲で成長しています。 したがって、私たちは可視光で観察の能力の賛否両論の比較を地面と宇宙からここに提供します。 未来に向かった目で、私たちは8-16mの宇宙望遠鏡と~30mの地上望遠鏡の比較に焦点を合わせます。 . . . 本文を読む
コメント

見張り

2009-09-26 20:05:31 | 
猫の写真が無いので、探したら、あさみが外を見ていました。 昼は寝てるしタイミング合わないな。 . . . 本文を読む
コメント

水都大阪2009トらやん

2009-09-26 18:44:44 | 国内旅行
水都大阪2009、見逃したノーマルサイズのトらやんを見に、京阪なにわ橋の駅まで出かけました。係りの人に撮影可能か確認したらストロボは禁止でした。色温度やホワイトバランスって、何ですかマンなのでストロボは要りません。一眼レフだからダウンライトの明かりで十分撮影できます。 . . . 本文を読む
コメント