猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

ロシターマクラフリン効果による系外衛星検出

2012-07-31 20:12:14 | 系外惑星系
ロシターマクラフリン効果を利用して系外衛星か連惑星を検出しようと言う事。光度曲線とスペクトル分析を行えば分かるんでしょうか。以下、機械翻訳。 系外衛星あるいは2つから成る惑星のための ロシター- マクラフリン効果 要約:このペーパーで我々は ロシター- マクラフリン(R-M)効果の上に2つから成る惑星あるいは 系外衛星の可能な署名を勉強します。 我々の分析は2つから成る惑星のための効果あるいはその完全な通過段階の間の 系外衛星がそうであり得る R-M が2つの部分に分かれたことを示します。 最初は大量のそして計画されたエリアが2進法のコンポーネントの組み合わせである R-M に類似している1が、一つの惑星の通過から、もたらす従来のものです; そして第2が星の放射状の速度カーブにサインあるいは線の様式の逸脱を加えるかもしれない2進法のコンポーネントの軌道の回転によって起こされます。 . . . 本文を読む
コメント

ハウメア族のフォロー観測

2012-07-30 20:21:24 | 太陽系外縁部
表面に氷が有るか無いかでハウメア起源の天体かどうか決めてる。軌道が似通っているだけでは、ハウメア族と言えない。以下、機械翻訳。 (136108) ハウメア族の候補メンバーの性格付け:2。 フォローアップ観察 要約: 海王星以遠天体(TNOs)の軌道の要素の 動的な分析から、 Ragozzine &ブラウンは最初の 衝突族の候補メンバーのリストがこの住民の間で見いだされて、(136108) ハウメア(2003 EL61 としても知られます) と結び付けられると報告しました。 我々は ハウメア衝突族の本当のメンバーを不法侵入者から区別することを目指します。 我々はそれらの表面で氷を捜します、そしてそれは周知の族メンバーの普通の特徴です。 確信に満ちた家族の性質は ハウメア 、その衛星の形成メカニズムとその家族を制限するために使われます。 可視光と近赤外線の測光学が氷を識別するために使われます。 . . . 本文を読む
コメント

膨張膜再突入体

2012-07-29 19:18:29 | 宇宙開発
画像版権:NASA 日本でも研究はされてますが、弾道飛行とは言え実証機的な膨張膜再突入体は世界初では無いでしょうか?出来るだけ大風呂敷を広げた方が、大気との激しい圧縮加熱が起こる前に減速出来るので、一般的な素材で再突入体を作れるそうです。 これが発展すれば木星以遠の惑星周回機も大気上層部のエアロキャプチャーに使えるから、探査機重量の過半が減速用推進剤という呪縛から解き放たれる。以下、機械翻訳。 IRVE - 3:膨らませて使うヒートシールドは3年の彼らの頑張りが月曜日に7月に大西洋で突っ込んで水をはね散らして成功しました07.23.12 そしてNASAエンジニアのグループがいっそうわくわくしていたはずがありません。 彼らは膨らませて使う熱シールドを開発するために働いている膨らませて使う再突入体実験(IRVE - 3)チームの一部でした。 技術は、惑星の大気に入るか、あるいはここで地球に戻るとき、宇宙船を保護するために使われることができました。 . . . 本文を読む
コメント

へー初なんだ

2012-07-28 18:42:50 | 系外惑星系
アストロアーツの『太陽系以外では初、軌道が揃った惑星系』の記事を見て、「なんで初なの」と思い自分のblogを見直して見ると。 確かにHARPS等視線方向速度から多惑星系を検出した場合、中心恒星を地球から見て前後に動かしてるとは言え、全惑星の公転面が揃っている証拠にはならない。 しかし、ケプラーやコローの様なトランジット(系外惑星の恒星面通過)検出の場合は、全惑星の公転面が揃っている証拠になります。 今回の場合は、中心恒星の自転軸を黒点の動きから解析した結果、惑星の公転面と恒星の赤道面が一致していた。 太陽系は惑星の公転面が7度程太陽の赤道面から傾いているんですが、それぐらいは許容範囲なのか計算誤差範囲なのかは不明です。 黒点の動きから軌道傾斜角を導き出す方法は、系外惑星の軌道傾斜角を導き出すには、ロシター・マクラフリン効果を利用するもんだと思い込まされていた人間には目からウロコです。 . . . 本文を読む
コメント

ガス惑星マイグレーションの証拠

2012-07-27 19:06:27 | 惑星形成論
ガス惑星は、原始惑星系円盤の雪線の外側で出来るはずが、何の因果か中心恒星のそばに居るホットジュピター。ガス惑星同士の相互干渉で中心恒星方向に落とされる場合より、原始惑星系円盤内のガスがギャップごと中心恒星にガス惑星を引きずり込む場合が多い?以下、機械翻訳。 巨大惑星での終了の潮の進展:タイプ2マイグレーションの証拠? 要約: 原始惑星系円盤でガス惑星が今旋回する半径で惑星形成が起こったにはあまりにも温度が高かったであろうとき、「熱い木星」が本来の場所にできなかったことは十分に受け入れられています。 これらの惑星は、その代わりに、より大きい半径でできて、そして次にガス惑星が今旋回する地域の中に入ります。 惑星におけるこれらの近い - の形成に導く正確なプロセスは、しかしながら、不明確です、そしてこれらの短期システムを生産することができる1以上のメカニズムがあるかもしれないように思われます。 多数の惑星のシステムの中の Dynamical 相互作用が、もし 近点 が十分に親星に近いなら、潮のように惑星と星の間の潮の相互作用によって 環状化されることができる大いに風変わりな軌道の中に惑星を四散させることができます。 . . . 本文を読む
コメント

ヒットエンドラン ジャイアントインパクトシナリオ

2012-07-25 19:48:56 | 惑星形成論
原始地球と衝突天体から月が出来るシナリオは、ゆっくりオフセット衝突から始まるらしい。1万5千度まで熱くなるのに大気はどこから来たんだ?以下、機械翻訳。 ヒットエンドラン ジャイアントインパクトのシナリオ 要約 原始地球(キャメロン&ウォード1976年、 Canup & Asphaug 2001)に対する火星サイズの衝突天体のゆっくり進行して、そしてかすめている巨大な衝突残骸からの月の形成は今日広く受け入れられています。 我々はほんの少し増加したインパクト速度とより険しいインパクトのアングルで当て逃げ衝突(Asphaug 2010)で代わりのシナリオを提出します。 . . . 本文を読む
コメント

スンヨン誕生日おめでとう

2012-07-24 00:04:52 | 懐かしいKARA
スンヨン誕生日おめでとう。7月24日で24歳です。 まずは、スンヨンの歌唱力をお楽しみください。 スンヨン - 愛のために Because of love スンヨン - ミラクル Miracle 次は、スンヨンの度胸。日本の番組なら怖さを強調するため、引っ張るんですが、すぐにバンジー。ほんとに度胸あります。 驚異のスンヨンちゃん (まさしく、最強の童顔) 降下訓練 人間のモノマネも出来るよ。2PMのテギョンのモノマネです。2PMはNHK韓国語講座に出演してるので知ってますよね。 可愛らしくカッコイイ スンヨン 한승연:韓勝妍:ハン・スンヨン . . . 本文を読む
コメント (2)

GJ581のスーパーアース

2012-07-23 22:31:08 | 系外惑星系
記事によって4惑星だったり5惑星だったりするGJ581惑星系。ドップラーデータ解析では5惑星以上は確実のようです。以下、機械翻訳。 GJ 581の更新:住み易いゾーンでの超地球の追加の証拠 要約:我々は Forveille およびその他によって提供された2011年の視線方向速度データが GJ 581のために準備した際立って拡大されたHARPSの分析を提出します。 (2011)。 我々の分析は星の住み易いゾーンで超地球 - 質量の惑星の証拠に関して十分に異なった結論に達します。 我々はただ、若干の 異常値を、それらのモデルから取り除いて、そして削減された下方の RV セットを修理した後で、それらの報告されたχカイ - {nu}^2と RMS 対価 - を複製することが可能でした。 それらの Keplerian モデルの4000のN体シミュレーションのセットがすべて不安定なシステムをもたらして、そしてそれを明らかにしたそれら GJ 581e の離心率のためのe = 0.32の3.6シグマ検出が明白にシステムの dynamical 安定性と不適合であると報告する。 . . . 本文を読む
コメント

KARA新CM

2012-07-22 17:15:33 | 懐かしいKARA
KARAの新CMを見かけるので集めてみました フリカラ LIVEDAM カラオケ ロート Cキューブ アイランド篇 . . . 本文を読む
コメント

自己重力ディスクの微惑星形成

2012-07-22 17:10:42 | 惑星形成論
原始惑星系円盤内に生じる疎密波で微惑星が出来るって事?以下、機械翻訳。 自己重力ディスクにおける 微惑星 形成 要約:我々は単純な冷却ルールで自分で引き寄せられているアクリーションディスクのローカルな2次元のシミュレーションで粒子力学を勉強します。 重力の混迷のためにディスクのガスのコンポーネントで生ずる構造がちりの粒子の進展に対する重要な効果を持つことができることは知られて申し分がありません。 グローバルなシミュレーションを使った前の結果が、重力崩壊を受けることが可能であるかもしれない重要なローカルな過度密度を作って、らせん状の密度波が大いにちりの粒子を集めることにおいて能率的であることを示します。 . . . 本文を読む
コメント