猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

古在メカニズムと潮汐摩擦

2009-04-30 19:51:43 | 太陽系
去年の9月の翻訳から見ると、要約に具体的な小惑星名が入っています。以下、機械翻訳。 古在サイクル、潮汐摩擦と連小惑星の力学的な進化 要約:最近の年多くの連小惑星(BMP)が、太陽系で発見された。 多くのモデルは、彼らの形成(彼らの観察された特徴を説明しているこれらの遭遇困難以外の)のために提案された。 ここでは、我々は太陽(古在メカニズム)による非宗教的な混乱が基本的に、そのようなモデルで予測されて、独特の観察のサインに導かれるBMPの進化と最初の配布を変えることを示す。 古在メカニズムは、つながることができる我々が2、3年(例えば連小惑星フエナのために)以内に現在の正確さで観察可能なそのような影響を予測する非常に傾斜したBMP軌道の奇抜さと傾向で大きい周期的な振動。 . . . 本文を読む
コメント

宇宙基本計画に意見する?

2009-04-30 19:45:37 | 宇宙開発
「宇宙基本計画(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)についてhttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/utyuu/pc/090428/090428pc.html は、なんでかパブリックコメント・キーワード検索(意見募集中案件一覧)http://search.e-gov.go.jp/servlet/Publicにはありませんので気をつけて。 相変わらず形ばかりの意見募集だな。 . . . 本文を読む
コメント

ハーシェル、プランク打上延期

2009-04-29 20:30:52 | 宇宙望遠鏡
画像版権:ESA ハーシェルとプランクの打上が1週間ほど遅れます。衛星相乗り用構造材は、SYLDAと呼ばれる。以下、機械翻訳。 5月14日に離昇するハーシェルとプランク 2009年4月28日 アリアン5 ECAランチャーのさらなるチェックが完了された今、アリアンスペースとESAはハーシェルとプランクの発射日付を5月14日木曜日に設定した。 一方、発射のための2つの衛星の準備は、仏領ギアナのヨーロッパ宇宙港で完全に続く。 ハーシェルとプランクは、ヒドラジンをすでに充填されている。 . . . 本文を読む
コメント

レイリー安定による惑星停止

2009-04-29 19:40:13 | 惑星形成論
ガス惑星の種の地球並みのコアが、円盤の作用で中心星に直ぐ落込む事になってますが、レイリー安定性とやらで、円盤の端で止まれる学説。 直接撮影では思い切り離れた所にガス惑星が見つかっていたりするので、なんか止まるシステムが有るはず。以下、機械翻訳。 原始惑星系円盤にある狭いバリアのレイリー調整 原始惑星系円盤にあるの鋭い密度特徴(たとえば磁気によって不活発な地帯の端に)は、彼らの中心星に惑星芯が落ちる問題として失速するか、速い移動さえ止める効果的バリアとして、最近提案された。 彼らが不安定なレイリー(またはより一般にソルバーグ-Hoiland)でありえた時から、しかし、円盤縦軸高い所に接近している半径軸の密度特性が存在しないかもしれない。 . . . 本文を読む
コメント

みなみ

2009-04-28 21:23:57 | 
警戒感0。こんな格好で寝ています。 . . . 本文を読む
コメント

HR8799系広い

2009-04-28 21:09:24 | 系外惑星系
10年間の映像を比べて固有運動を評価。しかし、600AU付近でガス惑星探しって、どんだけ大きな惑星系やねん。以下、機械翻訳。 広い系外惑星系HR8799での仲間の捜索 HR8799の周りの系外惑星系は、最初に像を描かれた多惑星系です。 また、それは大差で25AU以遠で惑星の質量>27木星質量がある最も高い質量系です。 これはいかなる他の知られている惑星系に類似のない異例な惑星系です。 この紙の最初の部分では、私たちが惑星系の近くに像を描かれた2個の暗い天体の性質を調査します。 これらの天体はかなり暗く(H=20.4、および21.6等級)て、知られている3惑星の仲間b、c、およびd(68-24 AU)より遠い(612、および534AUの分離を映し出す)です。 . . . 本文を読む
コメント

系外ガス惑星の逆転層

2009-04-27 20:17:28 | 系外惑星系
酸化チタンって日焼け止めの中身にも入っているので、恒星に近い熱い木星にも存在するとはおもしろい。以下、機械翻訳。 酸化チタン(TiO)は照射された巨大惑星の上層の大気で熱逆について説明できますか? スピッツァー宇宙望遠鏡赤外線の観測は、いくつかのトランジットの系外巨大惑星がそれらの上層の大気に熱逆を持っているのを示します。 相対的な最小限より上では、温度が高度で増加するように見えます。 そのような逆はたぶんかなりの量の付随している光の/UV放射を吸収する高度で種を必要とします。 作者の中には強い光学吸収装置酸化チタン(TiO)と酸化バナジウム(VO)が必要な追加不透明を提供できたことを提案した人もいました。 . . . 本文を読む
コメント

猫写。テーブル下のあさみ

2009-04-26 19:08:38 | 
雨が降ったり止んだりの京都。撮影に行く気力が出ません。 こんな時は、猫を撮影。困った時は、猫頼みの当ブログ。 . . . 本文を読む
コメント

最も軽い系外惑星

2009-04-26 18:57:03 | 系外惑星系
画像版権:ESO アストロアーツを見てから修正しました。lightestをPCも私も「最も明るい」と訳したので、どういう意味かと考えていました。 low-mass-exoplanetと合わせれば、すぐ分かるはずなんですが、明るいから地球に近いのか反射率がいいのか方向ばかりに考えが行きました。 主星も軽いし、惑星が軽くても公転で恒星が動くのが分かるぐらい、分光分析の精度が上がってきたのでしょう。以下、機械翻訳。 ESO 15/09-科学リリース 2009年4月21日 これまでに発見された中で最も軽い系外惑星 有名な外惑星調査者ミシェル・メイヤーは、今日、これまで見つかった最も軽い系外惑星の発見を発表した。 惑星「e」は、有名なグリーゼ581系にあり、我々の地球の質量のわずかおよそ2倍です。 . . . 本文を読む
コメント

太陽風による小惑星焼けVol2

2009-04-25 18:09:49 | 太陽系
太陽風が直接当たると100万年未満で表面が赤くなるらしい。ESOよりこちらが簡潔なので続けてアップします。以下、機械翻訳。 小惑星面を古くするとわかる太陽風 発表される:2009年4月23日の午後2時31分 PARIS、4月23日(UPI)-欧州宇宙機関の天文学者が率いるチームは、小惑星面で見られる急速な宇宙風化が太陽風にたぶん起因すると断定した。 ESA科学者ピエールVernazzaによって導かれる研究で、太陽風が以前考えられるより速く ― 100万年未満で ― 非常に小惑星面を古くして、赤くすることが分かる。 . . . 本文を読む
コメント