猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

ジュノとガリレオの観測を満足する木星の新しいモデル

2019-01-18 21:57:05 | 木星系
探査機2機の観測結果を矛盾なくつなぐ木星の内部構造モデル。以下、機械翻訳。 ジュノとガリレオの観測を満足する木星の新しいモデルhttps://arxiv.org/abs/1901.05697 (2019年1月17日に投稿された) ジュノによる木星の重力場の観測は、20年前にガリレオによって測定された重元素の存在量を考慮すると、高次重力モーメントの驚くほど小さい値を明らかにしました。水素とヘリウムの最近の状態方程式の導出は、Mbar地域でははるかに密度が高いため、これら2つの観測間の矛盾を悪化させます。このパズルを回避するために、現在の木星モデル研究はガリレオからの制約を無視するか、または状態方程式の特別な修正を呼び出す。本稿では、JunoとGalileoの両方の制約を満たす木星モデルを導出する。木星の構造は、少なくとも4つの異なる領域を含む必要があることを確認します。外側の対流エンベロープ、組成の領域、つまりエントロピーの変化。内部の対流エンベロープと重い元素が豊富な拡張希薄コア、そして潜在的には中央のコンパクトコア。我々は、JunoとGalileoの観測を再現するために、外部と内部の包絡線間のエントロピーの大幅な増加と、外部差動回転に伴う等エントロピープロファイルよりも小さい密度が必要であることを示します。この後者の条件を満たすための最善の方法は、この地域の重元素の内向き減少量です。エントロピーと組成のそのような変化をもたらすことができる3つの物理的メカニズムを詳細に調べます:一次分子 - 金属水素転移、水素とヘリウムの間の非混和性または層状対流の領域。我々の水素の圧力イオン化の現在の知識という条件のもとで、2つの後のメカニズムの組み合わせが最も人気がある解決であるように思われます。 . . . 本文を読む
コメント

SOFIAを用いたエウロパの水蒸気プルームの探索

2019-01-03 16:54:56 | 木星系
ハッブル宇宙望遠鏡でもエウロパは小さく。ジュノーは木星本体専用だから延長ミッションが終わってから衛星を見るかもしれないがESAのJUICEが飛ぶまでは本格探査は無し。以下、機械翻訳。 SOFIAを用いたエウロパの水蒸気プルームの探索 (2019年1月1日に投稿されました) 我々は、エウロパの表面から放出されるプルームから生じる水蒸気の存在の直接的証拠を求めて、エウロパの中赤外線SOFIA / EXES分光法を提示する。水の振動 - 回転輝線の強度に定量的に有用な上限を設定します。水の質量制限への変換は、蒸気の回転温度に依存します。低い回転温度では、限界は以前のHSTプルーム観測から推定された水塊の下にあります。 . . . 本文を読む
コメント

ジュノーミッションの成果

2018-12-15 15:47:38 | 木星系
NASAのジュノミッション、木星科学の途中 2018年12月12日 南熱帯擾乱は、木星の象徴的なグレートレッドスポットを通過したばかりで、NASAのジュノーからのこの一連の色が強調された画像で、大赤斑のオレンジ色のかすみを盗んで捕らえられています。左から順に、この一連の画像は、ジュノーが木星の12番目の近木点通過を行ったので、2018年4月1日に午前2時57分から午前3時36分(PDT:午前5時57分、午前6:36)の間に撮影された。市井の科学者GeraldEichstädtとSean Doranは、この画像を、ジュノーのJunoCamイメージャからのデータを使用して作成しました。 クレジット:NASA / JPL-Caltech / SwRI / MSSS / GeraldEichstädt/SeánDoran NASAのジュノーは、木星の雲頂から5,053キロメートル上にあり、207,287キロメートルの健全なクリップで飛び降りるだろう(米国時間12/21、午前8時49分48秒) 1時間当たり)。 . . . 本文を読む
コメント

木星にイルカは居るか?

2018-12-03 13:39:55 | 木星系
誰も知らない木星の雲にイルカが泳いでます。 . . . 本文を読む
コメント

ジュノーの木星、大赤斑

2018-11-28 21:02:00 | 木星系
ジュノーカムの画像がNASAのサイトに出ないのでジュノーカムから探した ジュノーの木星、大赤斑 2018-11-27 13:51 UT クレジット: NASA / JPL-Caltech / SwRI / MSSS / Sebastian Voltmer© パブリックドメイン 提出者: SebastianVoltmer ミッションフェーズ: PERIJOVE 12 ソースイメージ: JNCE_2018091_12C00099_V01 . . . 本文を読む
コメント

木星に接近遭遇

2018-11-12 20:00:32 | 木星系
近木点通過だから接近するのは当たり前。以下、機械翻訳。 木星に接近遭遇 2018年11月9日 ジュピターのダイナミックな北北温帯域には、NASAのジュノーの画像が収録されています。現場に現れているのは、いくつかの明るい白い「ポップアップ」雲と、白い楕円形と呼ばれる高気圧の嵐です。 この色が強調された画像は、ジュノーが木星の16番目の近木点通過を実行したため、2018年10月29日午後1時58分(EDT午後4時58分)PDT午後1時58分に撮影されました。当時、ジュノーは惑星の雲頂から約7,000キロメートル、北緯約40度の緯度であった。 . . . 本文を読む
コメント

木星の高気圧の渦

2018-10-30 09:52:30 | 木星系
低気圧と逆回りと言うことは地球基準で高気圧だろ。当ブログでは高気圧に決めた。反サイクロンて長ったらしい名前は不要だ。以下、機械翻訳。 2018年10月26日 ジュピター・ホワイト・オーバル ジュピターの南南温帯域にある渦巻く卵形の白い雲が、NASAのジュノ宇宙船の画像から取り込まれています。 ジュピターの南南温帯域にある渦巻く卵形の白い雲が、NASAのジュノ宇宙船の画像から取り込まれています。白い楕円形のA5と呼ばれるこの機能は、高気圧の嵐です。高気圧は、嵐の周りの風が、低圧の領域の周りの流れの風とは反対の方向に流れる気象現象です。 . . . 本文を読む
コメント

バックミラーの中の木星

2018-10-10 21:09:05 | 木星系
バックミラーの中の木星って、近木点通過直後にジュノーが振り返って南極を撮影した?と思ったが、ジュノーは昔ながらのスピン安定の衛星やった。スキャナーみたいに線状のデータを2次元に組んでくのかな。以下、機械翻訳。 2018年10月5日 木星のバックミラー 木星 最近の木星の近距離飛行の最後の数分で、NASAの探査機ジュノーは、惑星の旋回する南半球の出発点を捉えました。 この色が強調された画像は、ジュノーが木星の15番目の近木点通過を実行したため、2018年9月6日午後7時13分(EDT午後10時13分)午後7時13分(PDT)に撮影されました。当時、ジュノーは惑星の雲頂から約89,500km、南緯約75度以上であった。 . . . 本文を読む
コメント

活性化しているイオの火山の全球分布と潮の加熱モデル

2018-10-06 21:55:21 | 木星系
地球以上に活発な火山活動を見せるガリレオ衛星イオ。熱源は潮汐加熱。以下、機械翻訳。 活性化しているイオの火山の全球分布と潮の加熱モデルに対する帰結的意味 要約 潮の加熱は太陽系外縁部の主要な熱の源です。 その強い潮の相互作用のために木星と他の ガリレオ 衛星で、 Io は信じられないほど火山のように活動中です。 我々は Io の火山の直接慎重な火山活動レベルを表面熱の流れの委任状として使用して、そしてモデル予測を潮の暖房と比較します。 火山活動はただ火山の概念の場所より良い熱の流れの委任状です。 我々は3つのデータセットを使って火山活動レベルを決定します:ガリレオ PPR 、ガリレオ NIMS とニューホライズンズ LEISA 。 我々は同じく51の活火山の3.5μm輝きを決定するためのガリレオ NIMS 観察の体系的な再分析を提出します。 . . . 本文を読む
コメント

木星の渦

2018-10-01 17:05:04 | 木星系
木星は雲の渦だらけ。低気圧か高気圧か知りませんが大赤斑みたいに長寿命の渦も有ります。以下、機械翻訳。 木星の渦 2018年 9月 28日 ジェット N5 と呼ばれる Jovian ジェット気流での雲がNASAの探査機ジュノーからこの色が拡張されたイメージのセンターで渦を巻きます。 「茶色のてんま船」として知られている茶色のだ円がイメージの一番上 - 左の部分で北北温和なベルト地域で見られることができます。 探査機が木星のその第15番目の近木点通過を行なったとき、このイメージは2018年9月6日太平洋夏期時間午後5時58分(東部夏期時間午後8時58分)にとられました。 その時、 Juno は、およそ52度の北の緯度の上に、惑星の雲トップから12,300kmでした。 . . . 本文を読む
コメント