猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

最小原始惑星系円盤

2009-03-31 20:05:56 | 惑星形成論
タイプⅢの惑星落下て何何?質量の少ない原始惑星系円盤でないと、出来た惑星が中心星に落込む。太陽系の惑星移動形跡と逆に4大惑星が太陽に全部落込む。 でも現実は全部生き残り、木星以外は外へ移動しています。なんじゃこの論文。以下、機械翻訳。 最小の質量原始太陽系星雲と惑星軌道の移動 最小質量原始太陽系星雲(MMSN)は太陽系の惑星を造るのに必要な固体の最小の量を含む原始惑星系円盤です。 巨大惑星がそれらが「ニースモデル」の始めに持っているコンパクトな構成で形成されたと仮定して、デッシュ(2007)は新しいMMSNを造りました。 彼は、ガス円盤、およそ周知の林MMSNより10倍も濃いのがわかります。 . . . 本文を読む
コメント

コンパクト惑星系

2009-03-30 20:06:51 | 惑星形成論
惑星系は、ギュウギュウで生まれて、だんだん離れていくと言う事なのか?以下、機械翻訳。 惑星-惑星散在は、きつく圧縮された惑星系につながる 既知の太陽系外の複数の惑星系は、驚くべきダイナミックな特質を共有する:彼らは、ヒル安定性境界線の向こうでちょうど群がる。 ここでは、我々は惑星-惑星散在モデル(それは自然に観察された外惑星奇抜さ配布を説明する)がダイナミックな構成の観察された配布を再生させることができることを示す。 我々は、我々の散らばった惑星系の各々がどのように視聴配列の適当な範囲以上現れるかについて計算した; . . . 本文を読む
コメント

こけら葺きが新しい銀閣寺

2009-03-30 18:00:23 | 京都
工事中の銀閣寺。屋根のこけら葺きのみ完成しました。金ぴかに光っている屋根を見るなら今のうちと、撮影に行きました。半年もすると、風雨にさらされて渋い銀閣寺に戻るそうです。 . . . 本文を読む
コメント

近衛桜

2009-03-29 19:27:23 | 京都
昨日も撮影したんですが、雲が多くて光が弱いので、今日も午後から行って来ました。上だけ昨日です。 . . . 本文を読む
コメント

衛星捕獲メカニズム

2009-03-29 18:46:24 | 惑星形成論
火星のフォボスとダイモスの捕獲は、連小惑星起源ですか。他に相対速度を落とす方法が無いし。双子や連なったクレーター群から予想もされた事。 しかし、ラブルパイル衛星の場合は、地球の月と同様に衝突後飛び散った破片が集積たから、フォボスグラント待ちです。以下、機械翻訳。 連小惑星分離からの火星の衛星の起源 火星の衛星ダイモスとフォボスの起源は、論争の的である。 彼らの起源のための1つの仮説は彼らが捕獲された小惑星であるということである、しかし、メカニズムはとても濃い火星の大気圏を必要とする、そして、太陽の軌道の小惑星が火星軌道に捕えられる十分な軌道のエネルギーを放棄することができたメカニズムはよく説明されなかった。 . . . 本文を読む
コメント

真如堂のメジロ

2009-03-28 19:56:28 | 
山門は人通りが多い。真如堂と書かれた石をバックに撮ろうとすると、タクシー、犬の散歩、観光客、カップル……仕方ないのでアップを撮ってたら、いっぱい集まりました。 . . . 本文を読む
コメント

真如堂の猫2

2009-03-28 19:46:14 | 
今回は初めて見る猫も居ました。 . . . 本文を読む
コメント

真如堂の桜

2009-03-28 19:38:54 | 京都
真如堂では枝垂桜と山門前の桜の2箇所だけが満開状態。あとは、これから咲き始める感じです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

毛繕い中

2009-03-27 21:51:14 | 
セバスチャンが毛繕い中。被写体ブレのため体だけピントが合ってるように見えますが、狙ってません。 . . . 本文を読む
コメント

巨星に惑星あり

2009-03-27 19:05:02 | 系外惑星系
K型だと、太陽と同程度の重さの恒星だから惑星が有っても不思議はない。3年間も観測を続けたので周期1125日の惑星も見つけれた。主系列星から進化しても惑星が残っている。 惑星の重さは分からないけど、普通の公転周期なので惑星本体は無理でも衛星になら生命体が発生しても不思議はない。以下、機械翻訳。 K巨星 竜座42番星とHD 139357の周りの惑星仲間候補 過去3年の間、我々はツリンガー・ランデステンワルテ・タウテンブルグ(TLS)の2mのアルフレッド・ジェンシュ望遠鏡で正確な星の視線速度(RV)測定を使っている62Kの巨星をモニターしていた。 中間の質量巨星の回りに惑星を見つけることによって、星の質量の上で惑星形成の依存を徹底調査すること。 我々は、K1.5 III星42 DraとK4 III星HD 139357の高い正確さRV測定を提示する。(K1.5 3型とK4 3型は、Kがスペクトルを表し、3型は巨星の事です) . . . 本文を読む
コメント