猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

分光偏光計高コントラスト系外惑星観測

2011-04-30 21:45:06 | 地上望遠鏡
画像版権:ESO 中心星から1から100AU範囲内のガス惑星を直接撮影するための機器について翻訳しときます。VLT ナスミス焦点に設置されたら、系外惑星の画像を量産すると予想されるので、その時に「なんじゃ、これは」と思わないように備えときます。以下、機械翻訳。 分光偏光計高いコントラスト系外惑星調査 - SPHERE ベースライン仕様 必要条件            IRDIS                     IFS            ZIMPOL 視覚のスループット      40%(45%ゴール)それぞれの光線のために  60%(70%ゴール)    25%(40%ゴール) 周波数範囲          0.95-2.320µm                  0.95-1.7µm         0.6 - 0.9µm(ゴール: 0.5 - 0.9µm) スペクトルの解像度      DBI: R ~ 20-30                 R ~30           -                LS: R ~ 50 (Y-K), 500 (0.95-1.8µm)        視界             >11秒角 直径                   >1.35秒角 正方形 (ゴール 3秒角 正方形)  >3秒角 正方形 空間のサンプリング      12.25秒角(l/2Dにおいて0.95µm)         12.25秒角(l/2Dにおいて0.95µm)        . . . 本文を読む
コメント

シュテインスの特性

2011-04-29 19:47:55 | 太陽系
熱慣性の条件に関係なく、シュテインスの赤道表面の正午の温度は-20℃程度。メインベルトは寒いのう。枯渇彗星核が隠れてもなかなか見つからない。以下、機械翻訳。 スピッツァー観察と OSIRIS形状再構成 からの小惑星(2867)シュテインスの特性。 要約:我々は熱特性について報告します、そして小惑星(2867)シュテインスの構成が2005年11月に、前に発表されたSST観察に加えて、2008年3月に行なわれた観察が行なった新しいスピッツァー宇宙望遠鏡(SST)の分析から生じました。 我々は3次元の形がモデルであると思います、そして光度測定の特性が2008年9月に彗星探査機ロゼッタの近接飛行の間に得られた OSIRIS イメージから生じました、そしてそれを我々が適切に観察されたSSTの熱の光度曲線とスペクトルのエネルギー分布を解釈する熱のモデルと組み合わせます。 . . . 本文を読む
コメント

系外天王星を見付ける方法

2011-04-28 20:00:46 | 系外惑星系
公転周期80年超えの惑星を検出するには、視線方向速度法、トランジット法、アストロメトリ、直接撮影、マイクロレンズのどれが良いか検討。結論は、視線方向速度の検出精度の向上を期待して、超大型望遠鏡の登場待ちの様です。以下、機械翻訳。 天王星と海王星の署名を検出すること 要約:太陽のような星を旋回している惑星の最初の視線方向速度発見から15年以上が、視線方向速度調査のためのベースラインが今である時は外に木星類似の軌道の外に及ぶという状態で。 極めて少数しか太陽類似恒星を旋回している氷巨大惑星の流行に関しての手がかりが我々にとって入手可能ではないように、しかしながら土星の軌道の半径のそれを越える系外惑星の軌道の期間に対する敏感さはまだ我々の限界を越えてあります。 . . . 本文を読む
コメント

エンケラドスと彗星の類似性から

2011-04-27 20:38:28 | 惑星形成論
エンケラドスのD / H(重水素/水素)比と彗星のD / H比の類似性から、エンケラドスと彗星は、太陽から同じような距離で出来たはず。彗星をオールトの雲に送り込むにあたっては、天王星と海王星が重要な役割を果たしているので、土星の近くに居たはず。と分かりやすいけど、補強する観測データ待ちの学説が出ました。以下、機械翻訳。 動的によって同じぐらい制約を受けている天王星と海王星の形成の場所と彗星の化学的なモデルに関して 要約:土星の衛星エンケラドスに観察されたD / H(重水素/水素)豊かさは、非常にほとんど等方性の彗星の中で観察された値に類似しています。 太陽の星雲における日心距離を持っているD / Hの予測された強い変化という条件のもとで、この観察は、ほとんど等方性の彗星の原始の発生源を エンケラドスの形成の場所とリンクします。 . . . 本文を読む
コメント

ハートレイ第二彗星は一酸化炭素が少ない

2011-04-25 19:59:20 | 太陽系
103Pハートレイ第二彗星の一酸化炭素検出量は、通常の彗星の100分の1です。短周期彗星だから枯渇寸前なのか、最初はメインベルト近傍で出来た天体が、木星に軌道を伸ばされたのか。以下、機械翻訳。 EPOXI 接近飛行の間の 103P / ハートレイ彗星での一酸化炭素存在度 要約:我々は2010年に11月4日、NASAの探査機EPOXI(ディープインパクト延長ミッション)が最接近の近くで紫外線の 分光器 観察の間にハッブル宇宙望遠鏡(HST)から 103P / ハートレイ彗星からCO4番目の肯定的なグループのいくつか発光帯の発見を報告します。 得られるCO / H2O比率は、最もCOが枯渇した彗星の間に 103P を置くと 0.15-0.45 %です。 . . . 本文を読む
コメント

平野神社の桜

2011-04-24 18:24:25 | 京都
今シーズンの桜の在庫を最終放出。17日は、最後に平野神社に行きました。人が多いせいもあって焦っていたのか、品種を撮影しておりません。何桜かは、来年までおあずけ。 . . . 本文を読む
コメント

ダスト鉱物学の進化

2011-04-23 18:51:13 | 惑星形成論
原始惑星系円盤内での固体粒子の形成は、中央平面と表面の両方が考えられ、今のところ決定打が無い。以下、機械翻訳。 ダスト鉱物学の進展に関して、原始惑星系円盤から惑星系まで 要約: 原始惑星系円盤と太陽系の天体におけるダスト粒子によって発散された ケイ酸塩 機能の 鉱物学の研究が惑星形成の進歩に光をあてることができます。 彗星、 コンドライト隕石と惑星間のダスト粒子での水晶のような材料の重要なほんの少しはそこからそれらができたほとんど完全に無定形の ISM ほこりの修正を示します。 水晶のような ケイ酸塩の生産はそれで 原始惑星系円盤で起きるに違いありません、そしてそこで粉末が惑星と微惑星 を作るように変化します。 . . . 本文を読む
コメント

エンケラドスに電子ビーム

2011-04-22 20:12:42 | エンケラドス
画像版権:ジェレイント・ジョーンズ、 UCL 土星とエンケラドスの間に電子流が流れています。磁気圏の中を衛星が公転することに起因するのか、稲光がいきなり雲に飛ばずにエンケラドスのジェット経由で、回りくどく落雷? 電子のビームが土星にその衛星エンケラドスを接続します NASAカッシーニからのデータが エンケラドス(土星の小さい衛星の1つ)が、惑星と衛星の間に前後に流れ出る強力な電気の流れ - 電子のビーム - によって土星に関連づけられることを明らかにしました。 調査結果は今日本質的に出版されるペーパーの一部です。 . . . 本文を読む
コメント

京都御苑の桜2

2011-04-22 19:53:23 | 京都
5日前の桜ですが、アクセス数アップ(久々の300IP超え)に対応して京都御苑の桜を続行します。 御者返しの桜です。 . . . 本文を読む
コメント

京都御苑の桜

2011-04-21 18:55:30 | 京都
京都御苑は近衛桜は葉桜ですが、枝垂れ桜が満開でした。 児童公園周辺も枝垂れ桜がきれいでした。 . . . 本文を読む
コメント