猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

オウムアムア小さくて明るい

2018-11-17 22:32:36 | インターステラオブジェクト
スピッツアー宇宙望遠鏡で昨年11月21,22日に観測した結果見えなかった。赤外線で見えないということは普通の彗星より反射率が高く小さい事を示している。以下、機械翻訳。 NASA、星間訪問者のオウムアムアについてもっと学ぶ 2018年11月14日 2017年10月の発見以来、太陽系を通過した星間小惑星1I / 2017 U1(オウムアムア)のアーティストの概念。オウムアムアの観測によると、急激な輝度の変化のために非常に細長いスペース。 クレジット:ヨーロッパ南部天文台/ M. Kornmesser 科学者たちは、Oumuamuaの表面の通気孔は2017年に地球を通過したときの物体の位置を測定することによって検出された、速度のわずかな向上をもたらす気体ジェットを放出しているに違いないと結論付けた。 クレジット:NASA / JPL-Caltech . . . 本文を読む
コメント

1I / オウムアムアの起源 2

2018-11-03 00:04:43 | インターステラオブジェクト
恒星間宇宙に漕ぎ出すにはオールトの雲天体の方がΔVが小さくて良いという発想?以下。機械翻訳。 1I / オウムアムアの起源 2。 排出された 系外 オールト雲天体?https://arxiv.org/abs/1811.00023 要約 1I / オウムアムア は最初の発見された星間の侵入者です。 我々はそれが主系列後の質量の損失と恒星の遭遇の効果の下で追放される 系外 - オールト雲天体のバックグラウンド住民の代表者であるという仮説を試します。 我々は、それへの1I / オウムアムア がこれらの2つの片付けられている処理に期待した の発見から推定されて星間のオブジェクトの累積的な番号密度を比較することによって、これをします。 我々は0.08 - 8M質量の範囲を考慮して、星の質量を持っている依存、 銀河 距離と進化の状態、を考慮に入れて、そして排出されたオブジェクトに関して広範囲の大きさ分配を考えます。 . . . 本文を読む
コメント

ガイアは星間彗星オウムアムアの故郷候補を見つける

2018-09-27 16:45:00 | インターステラオブジェクト
ガイアは星間彗星オウムアムアの故郷候補を見つける アーティストの印象「オウムアムア」Copyright ESA / Hubble、NASA、ESO、M. Kornmesser 2018年9月25日 天文学者は、ESAのガイア宇宙探査機のデータを用いて、2017年に太陽系を短時間訪れて発見された星間物質であるオウムアムアの起源の可能性のある4つの星を特定しました。 昨年発見されたのは大規模な観測キャンペーンでした。最初は星間小惑星として知られていましたが、後で小さな体が彗星であることが明らかになりました。その軌道に記録されている小さな変化の最も可能性の高い説明は、それらが表面から発するガスによって引き起こされ、それが彗星に似ているということでした。しかし、この宇宙旅行者は天の川のどこから来たのですか? . . . 本文を読む
コメント

オウムアムア追跡

2018-06-29 19:17:23 | インターステラオブジェクト
オウムアムアの動きから彗星核の様にガスを出していた可能性が高い。以下、機械翻訳。 追いかける 'オウムアムア 2018年6月28日 「オウムアムアは、たとえ大きな望遠鏡であっても、光点以上のものとして現れるには小さすぎた。しかし、7〜8時間ごとに輝度が大きく変化するため、非常に細長い天体でなければなりません。全長が地球に向いているとき(中央の画像)は最も明るく見えましたが、地球に向かって指されたときは劇的に暗くなりました(左右の画像)。物体が空間を転倒するにつれて、輝度の変化(最下行の四角で表される)が何度も何度も繰り返される。 クレジット:NASA / JPL-Caltech . . . 本文を読む
コメント

木星の逆行の 共有軌道の小惑星は星間の出身

2018-05-25 21:50:30 | インターステラオブジェクト
微惑星が成長して木星と共有軌道になる可能性は限りなくゼロ。メインベルト、カイパーベルトかオールトの雲に送り込まれる。太陽系に取り込まれたインターステラオブジェクトが高傾斜角に存在するはずという一筆は今後に期待が膨らみます。以下、機械翻訳。 木星の逆行の 共有軌道の小惑星は星間の出身 要約 小惑星(514107)2015 BZ509 が太陽の周りに逆行の動きを持っている木星の 共有軌道 範囲で最近発見されました。 太陽系外縁部の周知の混沌としたダイナミックはこれまでのところその起源の身元確認を妨げました。 ここで、我々は安定した軌道のために高解像度の統計上の検索を行なって、そして小惑星(514107)2015BZ509 が太陽系の形成から(今まで)その現在の軌道の状態にあったことを示します。 この結果はそれを示します . . . 本文を読む
コメント

1I / 2017 U1オウムアムアの励起スピン状態

2018-04-12 19:29:03 | インターステラオブジェクト
光度曲線的に短周期で回転している天体。以下、機械翻訳。 1I / 2017 U1オウムアムアの励起スピン状態 (2018年4月10日に提出) 我々は、オウムアムアの興奮したスピンは、高エネルギーのLAM状態にある可能性があることを示している。これは、その形状が以前の研究で見られた非常に細長い形状から遠いことを意味する。CLEANアルゴリズムとANOVAアルゴリズムは、オウムアムアの光度曲線を29.3日以上の818回の観測を使って解析するために使用されます。(2.67 0.34)〜h (3.74)に対応する周波数(2.77 0.11)と(6.42 0.18)〜サイクル/±0.11)〜hである。段階的なデータは、光カーブが単純な方法で繰り返されないことを示していますが、約2.77〜1サイクル/日で約2倍、6.42〜これは、励起されたスピン状態の特徴である。 . . . 本文を読む
コメント

オウムアムアが教えることができる新しい研究

2018-03-28 10:21:52 | インターステラオブジェクト
今までの惑星形成理論ではオウムアムアの様な惑星系から放出された天体は彗星を起源としてるはずが太陽に近づいてもコマが発生しないカッチカチの岩石に見える。以下、機械翻訳。 2018年3月27日 恒星訪問者のオウムアムアが教えることができる新しい研究 「オウムアムア(Oumuamua)」と名付けられた私たちの太陽系で今までに見られた最初の星間物質は、惑星系の開発に関する新鮮な展望を科学者に与えています。メリーランド州のグリーンベルトにあるNASAのゴダード宇宙飛行センターの天体物理学者を含むチームによる新しい研究では、太陽系外のこの訪問者がどのように惑星、小惑星、彗星がどのように形成されているかを知ることができました。 2017年10月19日、ハワイ大学でNASAが資金を提供しているパノラマ測量望遠鏡とRapid Response System(Pan-STARRS1)を使用している天文学者は、太陽系を非常に高速で通過する物体を見つけました。NASAのニア・アース・オブジェクト・オブザベーション・プログラムが資金を提供したマイナー・プラネット・センターの科学者たちは、これが私たちが見た星間起源の最初の目的であることを確認しました . . . 本文を読む
コメント

オウムアムア のような天体の本来の場所の探検の実現可能性と利点

2018-03-22 20:08:47 | インターステラオブジェクト
地球の傍を通過したから見つかったオウムアムア。双曲線軌道で高速で通り過ぎる星間小天体を地球の化学推進ロケットで追いつけるのか?遠くから見るより近くに探査機を送り込んだ方が良くわかる。以下、機械翻訳。 オウムアムア のような天体の本来の場所の探検の実現可能性と利点 要約 観察の速い蓄積と解釈が の航跡に乗って「内部の太陽系を通しての 1I オウムアムア の旅行の後に続きました。 我々は手短かに星間の小惑星のこの最初の発見が惑星を形成するプロセスのために暗示する結果を概説します、そして、このタイプの未来の太陽系訪問者を発見して、そして(間接的にもそして本来の場所にも共に)観察することに対して、我々は短期の見込みを査定します。オウムアムア の異常な形とその混沌とした倒れること両方を考慮に入れる詳細な 熱伝導 計算を引き出して、我々は(頑固な質量の組成よりむしろ)検出可能なコマの欠如がオブジェクトの深いイメージで非常に多分高い分子量資料の放射能によって変更されたコーティングの存在から生ずること確言します。 . . . 本文を読む
コメント

オウムアムアは、排出された 活動を停止した彗星様の微惑星の破片

2018-03-09 23:36:42 | インターステラオブジェクト
氷がメインで出来た微惑星がガス惑星に接近して分裂した後、減速スイングバイ中心星に接近して揮発性物質をカラカラになるまで蒸発させた後に再度ガス惑星に接近して加速スイングバイして銀河系内に排出したのがオウムアムア説です。以下、機械翻訳。 星間のオブジェクト「オウムアムア」は、排出された 活動を停止した彗星様の微惑星の破片 要約 オウムアムア は双曲線軌道の上に我々の太陽系を通過して発見されました。 それは太陽へのその近いアプローチの間に揮発性物質を多く含む太陽系のボディーのものにしかし目に見えるいっそう上回ってむだ話をすることあるいは活動がない状態で、色が類似であるという状態で、外見上明白な矛盾を提出します。 ここで我々はこの矛盾が巨大な惑星で 微惑星 排出の力学によって説明されることができることを示します。 我々はオウムアムアが木星 - 質量の巨大な惑星への同じく海王星を形成した惑星を形成するディスクで生まれた彗星のような 微惑星 の消滅した破片であることを提案します。 . . . 本文を読む
コメント

オウムアムアの電波調査

2018-02-27 18:32:16 | インターステラオブジェクト
いくら形が葉巻型UFOだからって銀河系内に宇宙船を飛ばせるだけの科学力と経済力を持ってる宇宙人が通信に電波を使うはずないだろ。透過力に優れた重力波かもっとオーバーテクノロジーを使うはず。 遅れた地球人に合わせてくれる優しい宇宙人が生きて乗ってない限り、天体と高度文明産の宇宙船の区別はつかない。コミュニティラジオ局以下の電波も確認できなかった事はラッキー以下、機械翻訳。 1I / 2017 U1 オウムアムアからの狭帯域および広帯域低周波電波送信のための不連続MWA探索 (2018年2月26日に提出) 私たちは、2017年11月28日に間もなく星間物のオウムアムアを偶然に含む視野について、72-102MHzの周波数範囲のマーチソン広視野アレイ (MWA)からのデータを調べる。観察は0.5秒の時間分解能で行われ、周波数分解能は10 kHzです。この観察は別の目的のために行われたが、MWAの非常に大きな視野のために、オウムアムアは同時に同時に観察された。オウムアムアは星間宇宙船であるという面白いが、非常にありそうもない示唆に基づいて、いくつかの異常な軌道と形態的な特性のために、オウムアムアに関連した知的生命体の存在を示す可能性のある信号を調べる . . . 本文を読む
コメント