猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

2007TU24のアレシボ画像

2008-01-31 19:50:44 | 太陽系
アレシボから出た電波をグリーンバンクで受けた画像。1ピクセル当たり7.5mだから105m?予想の150~600mに対して小さすぎるぞ。反射の良い物質が表面にあるのか。 ×0.02Hzの意味が分かりません(50秒に1回パルス出してる?)。以下、機械翻訳。 2008年1月28日に2007TU24のこのレーダー像を得ました、小惑星の地球最接近1.4月距の通過12時間前で。 プエルトリコのアレシボ観測所とウェストヴァージニアのグリーンバンク電波望遠鏡は、この画像を取るのに使用されました。 . . . 本文を読む
コメント

メッセンジャー観測結果

2008-01-31 18:36:10 | 水星
メッセンジャー観測結果のまとめ的な記事が出ました。詳細はリンク先を見てもらうのが確実ですが、磁気圏が有り、長い崖が有り、クレーターの底が明るいクレーターが有るところが月と違います。以下、機械翻訳。 NASAの探査機の動向は水星から驚きを支持します。 NASAのメッセンジャー探査機による水星の最近の接近飛行は、地球の月と同様の特性を持っていると一度考えられた惑星への完全に新しい視線を科学者に向けました。研究者はものからの地質学の過程と非常に異なった磁気圏の多様性が30年以上前に発見されて、抽出されている状態でユニークな世界を示しているイメージとデータの富で驚いています。 . . . 本文を読む
コメント (2)

2003EL61の高精度光度測定

2008-01-30 21:23:16 | 太陽系外縁部
自転周期3.9時間でフットボール型、表面に明暗有り。それが(136108)2003EL61 以下、機械翻訳。 極端な外縁天体2003EL61の高い精度測光法 私たちは大きい(直径~2500km)太陽系外縁天体(136108)2003EL61の高い精度で時間分解されている可視光と近赤外線の測光法を提示します。 新しいデータは、P=3.9155+/-0.0001時間の期間での最大振幅が光度測定の範囲Δ光度R=0.29+/-0.02等級である急速な回転とさらに微妙な特徴が、しかし、回転で再現可能な色の変化と等しいと確認します。 . . . 本文を読む
コメント

長ぁーい目で見て下さい。水星の崖

2008-01-29 19:56:45 | 水星
画像版権:NASA/ジョーンズ・ホプキンス大学応用物理研究所/ワシントンカーネギー協会 まだまだ続くメッセンジャーの画像公開。休みが無い。水星版グレートバリアリーフの大きさがある地形か?以下、機械翻訳。 水星の長いがけ メッセンジャーチームが、2008年1月14日の水星接近飛行遭遇の間に取られた解像度の高い像を研究し続けているとき、長距離の間に広がる急斜面(がけ)は発見されます。 水星撮像装置(MDIS)の狭角カメラ(NAC)によって取られたこのフレームは、場面でマリナー10号の以前に見えない水星表面と大きい急斜面の領域が垂直に交差するのを示します、イメージの極右で。 この急斜面は1月16日に発表されたNACイメージで見られたものの北継続です。 . . . 本文を読む
コメント

日本の宇宙開発へもの申す

2008-01-28 06:01:23 | 宇宙開発
機械翻訳ばかりで個性を消しているブログなのに本性が出ちゃうなあ。締めきりは31日。政府にもの申すチャンスです。 「宇宙開発に関する長期的な計画への意見」 意見:太陽系はどうなっているのか気になる私としては、惑星や小惑星や彗星に探査機を送り込んで欲しい。    そのために現状不足していると思えるのは、    1,H-ⅡAに合う上段(惑星間軌道投入用の3段目)が無い。開発が必要です。    2,データのアップロード、ダウンロードするための地上局が貧弱。北米か南米に1局、ヨーロッパかアフリカに1局の計2局必要です。24時間見守るための増員も必要です。臼田の更新も必要です。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

アレシボで見る2007TU24

2008-01-27 06:56:12 | 地上望遠鏡
画像版権:NASA/JPL-Caltech ゴールドストーンで観測された映像では2個のピークがあって「イトカワ」みたいにラブルパイルと想像できる2007TU24をアレシボ天文台が、今日と明日と2月1日~4日に観測します。 以下、機械翻訳 アレシボの天文学者は小惑星拡大図の用意をします。 2008年1月25日 2007TU24と呼ばれる新たに発見された小惑星が地球から1.4倍の月距以内か53万4000km通るとき、来週アレシボ観測所で目標を設定するでしょう、。 直径(フットボール競技場が91mであるという、シカゴ110通りのシアーズタワーは443mである)が150~600mと見積もられた小惑星は2007年10月にアリゾナ大学のカタリナ掃天観測によって発見されました。 . . . 本文を読む
コメント

彗星か小惑星か中途半端やなあ

2008-01-26 19:44:47 | 太陽系
画像版権:NASA 彗星の形成は外でも材料は太陽周辺から飛ばされた物質らしい。星屑のふるさとの理解はあたらずも遠からずということ?以下、機械翻訳 彗星のサンプルは、驚くほど小惑星の様です。 2008年1月24日 彗星ヴィルド2のサンプルは、それが岩石材料で作られているのを示します、彗星に予想された噴煙のほこりよりむしろ小惑星の様に。 天体は太陽系の肌寒い縁に蹴られる前に小惑星帯の中で形成した避難民であるかもしれませんか、その極寒の分野で内側の太陽系から投げられた材料からそれを形成してあるかもしれません、と科学者は言います。 . . . 本文を読む
コメント

コローの成果発表

2008-01-25 19:59:51 | 宇宙望遠鏡
コローの1年の成果が発表されました。過去に出てたまとめでしょうか?以下、機械翻訳。 コロー: 打上の1年アップデート後 コロー衛星(対流、回転、および惑星の通過のための)は宇宙で最初の年を完成しました。 それは、2006年12月27日にソユーズロケットによってバイコヌール宇宙基地から始められて、2007年2月2日に科学的データを集め始めました。 300日間以上の観測の後に報告するために、何がありますか? コロー、CNES衛星、正確で長期のデータコローの先駆けている獲得は絶え間ない観測で非常に多くの星を保って、それぞれによって放たれた光の強度で変化の非常に正確な測定値を取ります。 およそ1万2000の光度曲線があらゆるシリーズの観測のためのこのように企まれました。 . . . 本文を読む
コメント

水星探査機メッセンジャーによるマチスクレータ

2008-01-25 02:56:19 | 水星
画像版権:NASA/ジョーンズ・ホプキンス大学応用物理研究所/ワシントンカーネギー協会 NASAの発表も一段落みたいです。今日は新しい画像は無し。カッシーニみたいにRAW画像を説明付きで毎日出すのはまだまだ後のようです。 水星探査カテゴリーを作るのはお預けにします。以下機械翻訳。 マチスによるメッセンジャーダンス NASAのメッセンジャー探査機が2008年1月14日に水星に近づいたとき、探査機はマチスクレーターのこの画像を撮りました。 . . . 本文を読む
コメント

開催結果

2008-01-24 21:10:52 | 宇宙開発
第一回国際始原天体探査ワーキンググループ(IPEWG)会議開催報告は、 めんそーれ国際始原天体探査作業部会の結果です。 はやぶさ2はもちろんのこと、オシリス、ディープインテリア?フォボスグラント?レオナード?アステロイドファインダー?ドンキホーテ、マルコポーロ 有るわ有るわ。全部現実になったら忙しいだろうな。 . . . 本文を読む
コメント (2)