猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

温故知新トリトン画像

2009-08-31 19:16:47 | 太陽系外縁部
画像版権:NASA/JPL/大学宇宙調査協会/月と惑星学会 少し前の記事ですが、ボイジャー2号が撮影したトリトンを最新技術で蘇らせました。外縁天体が海王星に捕獲されたに違いないトリトン。カテゴリーは太陽系外縁部。以下、機械翻訳。 海王星の衛星トリトンの回想場面 海王星の衛星トリトンの火山の多い平野のこの眺めは、その1989年8月の接近通過(20年前今週)の間、NASAのボイジャーで得られるイメージに由来する地形図を使って生じられました。画像版権:NASA/JPL/大学宇宙調査協会/月と惑星学会 > 完全なイメージとキャプション > ビデオを再生してください 2009年8月25日 新しくリリースされたイメージは、2009年8月24日に海王星の衛星トリトンのボイジャー2号接近通過の20年の記念日を祝います。 . . . 本文を読む
コメント

眠い

2009-08-31 18:41:23 | 
眠っているのでカメラを向けたら起きました。 . . . 本文を読む
コメント

チャンドラヤーン通信不能

2009-08-30 17:28:23 | 月探査
1時間前には、通信できてましたので、突然姿勢制御が出来なくなったようです。先月の皆既日食の時は、地球を撮影出来ていたので、残念です。恒星センサーが壊れたので、ほかのセンサーでカバーしていたのですが力尽きました。以下、機械翻訳。 月周回機チャンドラヤーン1号は、無線連絡不能になりました。 月周回機チャンドラヤーン1号との無線連絡は、インド標準時2009年8月29日 01:30に、急に失われました。バンガロールの近くのビャラルの深宇宙ネットワークは、前の軌道 00:25に、月周回機チャンドラヤーン1号からデータを受け取りました。 チャンドラヤーン1号から受け取られるテレメトリーデータの詳細なチェックは進行中です。そして、サブシステムの状態は分析されています。 . . . 本文を読む
コメント (4)

タイタンの霧

2009-08-30 17:21:39 | 土星系
久々に、ブラウン博士のブログを翻訳しました。土星の衛星タイタンには、エタンによる液体-蒸気サイクルがあるようです。エタンの海で泳ぐ魚がいるのか?エチルアルコールじゃないから酔わなくていいのか?以下、機械翻訳。 霧!タイタン!タイタン霧!(そして、査読実験) 2009年8月27日木曜日 見てください!タイタンは、南極で霧を持ちます!それらの明るい煌くような赤みがかった白いパッチの全ては、タイタンの後期の南の夏に表面でぶらぶらしている霧堤です。 私は1年前最初にこれを理解しました、しかし、これまで、最終的に、私が現在通りに誰にでも歩み寄ることができて、以下のように言うことができる十分を確信させている学術論文に部分の全てをまとめることができる時間があるには私が必要でした:タイタンは、南極で霧を持ちます! . . . 本文を読む
コメント

水星の自転軸

2009-08-29 19:40:53 | 水星
水星の自転軸は、公転軌道に対して傾いていません。太陽に近いから潮汐作用で引っ張り込まれたと思ったら、水星自体のコアとマントルの摩擦も原因らしい。以下、機械翻訳。 水星の自転の長期発展 I.傾斜の結果とコアマントル摩擦 水星の現在の傾斜は非常に低いです(0.1度未満)、どれが前であることの状態で導いたかは、発展の先の惑星の間、いつも傾斜をほとんど全く採用するというわけではないために研究されます。 しかしながら、水星の回転軸の初期のオリエンテーションは未知であり、たぶん多くが今日と異なっています。 結果として、私たちは、惑星の回転速度が最初に自転-軌道共鳴に遭遇したとき、傾斜が重要であったかもしれないと信じています。 どんな進化論的シナリオのために共鳴での捕捉確率も計算するために、私たちは一部始終で回転の長期発展を治める力学的な方程式を提示します、傾斜貢献を含んでいます。 . . . 本文を読む
コメント (2)

一条妖怪ストリート

2009-08-29 19:28:02 | 京都
銀閣寺の後、昼食を食べてそのまま家に帰るのも勿体無いので、毎日見てるブログに載ってた大将軍商店街に行くことにしました。 . . . 本文を読む
コメント

銀閣寺のこけら葺き8月27日

2009-08-27 19:31:44 | 京都
お盆休みの無い我社。分散して休みます。今日は、天気も良いし一ヶ月ぶりに銀閣寺に行きました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

N体シミュレーション

2009-08-26 20:38:27 | 惑星形成論
現在の惑星形成のシナリオでは、恒星が出来たときに残った周辺円盤から惑星が出来ることになっています。惑星の2段階ぐらい前の微惑星体の形成シミュレーション。以下、機械翻訳。 N-体シミュレーション 微小惑星体構成は、重力の不安定性と凝固による。 II。 増大モデル ちり層の重力不安定性は、微惑星体の形成のためのシナリオのうちの1つです。ちり層の密度が、原始惑星系円盤の中心平面の方へちり粒子の堆積の結果として十分に高くなるならば、層は重力で不安定になって、自発的に微惑星体に分解します。剪断している箱方法を使用して、我々はガスなしでちり層と以降の凝固の重力不安定性のローカルN-体シミュレーションを行って、微惑星体の基本的な形成プロセスを調査しました。本論文では、我々は累積モデルを衝突モデルに採用しました。1対の重力で縛られた小片は、一組の全体の量で、一つの小片と取り替えられます。 . . . 本文を読む
コメント

みなみ上目線

2009-08-26 19:16:39 | 
いつもの場所に居るみなみ。何を見ているのかわかりません。 . . . 本文を読む
コメント

ナロ号失敗

2009-08-25 19:49:18 | 宇宙開発
人工衛星搭載ロケット・羅老号、衛星の正常軌道投入に失敗 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」(KSLV-I)が、予定されていた目標軌道への衛星投入に失敗した。打ち上げは一部失敗となった。  全羅南道・高興の羅老宇宙センターによると、25日午後5時に打ち上げられた羅老号は、打上げ9分後の高度306kmで科学技術衛星2号を切り離さねばならなかったが、衛星はこれより36km高い342kmの上空で切り離された。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)