猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

銀河系の傾きを用いた星形成とISM特性の探査II

2018-05-18 22:16:24 | 恒星
粗密波とか腕の回転が重なって銀河面から傾いた分子雲で恒星が形成される?以下、機械翻訳。 銀河系の傾きを用いた星形成とISM特性の探査II:典型的なFUV減衰補正のz 0.7 へのテスト∼ (2018年5月17日提出) 我々は、星形成銀河のサンプルについて、およびでの粉塵補正された遠紫外(SFV)の星形成速度(SFR)を評価し、ハイブリッドからのUV色に基づく補正によって得られた値中赤外(MIR)とFUVの関係、および放射伝達に基づく減衰補正法から得られる。減衰補正方法の性能は、補正されたSFRの傾きに対する依存性を取り除く能力と、平均して予想される母集団平均SFRを返す能力によって評価される。我々は、MIR(rest-frame 13z∼0z∼0.7∼μm)およびFUV輝度は、傾きに依存しないSFRを最も多く与え、試験された方法の内因性SFRのばらつきを低減する。しかし、Tuffsらの放射伝達ベースの方法を適用する . . . 本文を読む
コメント

ALMAとVLTは、ビッグバン後わずか2億5千万年で形成するスターの証拠を見つける

2018-05-18 00:15:48 | 恒星
ビックバン後2億5千万年で形成される恒星が早いのか遅いのか良くわかりませんが250 Millionを250万年と訳す自動翻訳には困ります。百を忘れて日本語を書くな。以下、機械翻訳。 ALMAとVLTは、ビッグバン後わずか2億5千万年で形成するスターの証拠を見つける 2018年5月16日 天文学者は、非常に遠い銀河MACS1149-JD1の星形成が予期せず早期に開始したことを決定するために、アタカマ大型ミリメートル/サブミリ波アレイ(ALMA)とESOの超大型望遠鏡(VLT)の観測を使用しました。バング。この発見はまた、宇宙で今までに発見された最も遠い酸素とALMAまたはVLTによって観察された最も遠い銀河を表す。その結果は2018年5月17日のNature誌に掲載されます。 国際的な天文学者のチームは、ALMAを使って遠方の銀河MACS1149-JD1を観察しました。彼らは、銀河のイオン化された酸素によって放出された非常に淡い輝きを検出しました。この赤外光が宇宙を行き来するにつれて、宇宙の膨張はそれを地球に到達するまでに10倍以上長波長に伸ばし、ALMAによって検出された。チームは、信号が133億年前(またはビッグバン後5億年)に放出されたことを推測し、これまでどんな望遠鏡でも最も遠い酸素を検出しました . . . 本文を読む
コメント

K2で発見された公転周期15.7分のAMCVn連星

2018-04-22 10:13:34 | 恒星
15分で回り続ける連星なんて想像もつかない。潮汐力で引き伸ばされてる?以下、機械翻訳。 K2で発見された公転周期15.7分のAMCVn連星 2018年4月19日に提出) SDSS J135154.46-064309.0の発見、K2キャンペーン6で30分間のケイデンス測光を使用して観測された短期変数を提示する。フォローアップ分光法および高速測光法は、希少クラスの新しいメンバーとしての分類をサポートする。 AM CVn星として知られる超小型降着連星。分光軌道周期は 15.65 ± 0.12 分であり、このシステムは知られている第4の最短周期であり、このタイプの第2のシステムはケプラー宇宙望遠鏡によって発見される。K2データは、軌道周期、超臨界期、およびディスク歳差運動期間として識別する 15.7306 ± 0.0003 分、 16.1121 ± 0.0004 分および 664.82 ± 0.06 それぞれ、スーパー・ハンプトンと軌道周期から、バイナリー質量比 q = M_2 / M_1 = 0.111 ± 0.005 と推定され、この質量比の決定方法は、ヘリウム支配のバイナリについては十分に較正されていない可能性がある。 . . . 本文を読む
コメント

中性子星合体の光

2017-10-17 17:51:35 | 恒星
中性子星同士の合体による重力波を観測すると共にESAのインテグラル衛星とNASAのフェルミ衛星はガンマ線を他の望遠鏡は赤外線等、電磁波による観測に成功。「マルチメッセンジャー天文学」の夜明けです。以下、機械翻訳。 インテグラルは重力波を伴う爆風を見ます 2017年10月16日 ESAのインテグラル衛星は、最近、2つの中性子星の衝突によって放出された重力波に関連するガンマ線のフラッシュを発見する上で重要な役割を果たしました。 8月17日に、ガンマ線の爆発が宇宙空間で約2秒間点灯した。インテグラルとNASAのフェルミ衛星によって速やかに記録されました。 このような短いガンマ線バーストは珍しいことではありません。インテグラルは毎年約20回捕獲されます。しかし、この1つは特別でした.2つの衛星が爆発を見た数秒前、地球上ではまったく別の手段が引き起こされました。 米国のレーザー干渉計重力波観測装置(LIGO)実験の2つの検出器の1つは、強力な宇宙イベントによって引き起こされる時空の布に重力波の揺らぎを記録した。 . . . 本文を読む
コメント

太陽ナノフレア

2017-10-15 13:13:21 | 恒星
画像版権:©ISAS/JAXA、UC Berkeley、NASA、NAOJ 「見えない」ナノフレア、太陽X線超高感度観測で発見した存在の証拠 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の石川真之介研究員率いる国際共同研究グループは、硬X線観測装置を搭載した太陽X線観測ロケット FOXSI(Focusing Optics X-ray Solar Imager)と太陽観測衛星「ひので」の観測データから、一見太陽フレアが起きていないように見える領域でもナノフレア(微少なフレア現象)の発生していることを示すことに成功しました。ナノフレアが頻繁に発生することによって、数百万度のコロナが保たれるとする仮説は、「コロナ加熱問題」を解決する有力な説の一つとなっています。今回の結果は、コロナ加熱を説明する理論モデルに大きな制限を与えることになります。 . . . 本文を読む
コメント

星の表面と大気の最高の画像

2017-08-29 09:15:12 | 恒星
6月はオリオン座のベテルギウスの形が発表されてましたが今回は赤色巨星大気の動き。段々と高精細の観測ができるようになってきた。以下、機械翻訳。 eso1726 - サイエンスリリース 星の表面と大気の最高の画像 太陽以外の星の動きの最初の地図 2017年8月23日 ESOの超大型望遠鏡を使用して干渉計の天文学者は、赤色巨星であるアンタレス(Antares)の最も詳細な画像を構築しました。彼らはまた、太陽以外の星の大気の中で物質の速度の最初の地図を作って、アンタレスの巨大な大気の予期せぬ乱気流を明らかにしました。結果はNature誌に掲載されました。 肉眼では、有名な明るい星のアンタレスは、さそり座(The Scorpion)の星座の中心に強い赤い色合いで輝きます。それは超新星になる途中で、人生の後期には巨大で比較的涼しい赤い超巨星です[1]。 . . . 本文を読む
コメント

褐色矮星の大気の動きを理解する

2017-08-19 06:46:21 | 恒星
コアで重水素しか融合出来ない褐色矮星では、大気の動きがガス惑星と同様と考えられる。褐色矮星全体の明るさの変化が速いので大気中に二つの波が存在し、ガス惑星の様な雲の帯が回転していることが分かった。以下、機械翻訳。 2017年8月18日 科学者は褐色矮星の天気予報を改善する この芸術家のコンセプトは、海王星と他の外惑星で見られるものに似ていると考えられる雲の帯を持つ茶色の矮星を示しています。 クレジット:NASA / JPL-Caltech 太陽よりも巨大ではなく木星よりも巨大な褐色矮星と呼ばれる薄暗い物体は、強力な風と雲、具体的には鉄の小滴とケイ酸塩の塵からなる熱い斑点の雲を持っています。科学者たちは最近、これらの巨大な雲が地球の日よりも驚くほど速く動くことができることを認識しましたが、理由を理解できませんでした。 . . . 本文を読む
コメント

ヘビーメタルな超新星

2017-08-08 10:35:27 | 恒星
恒星の中で熱核融合により窒素や炭素といった重い元素が作られるのですが、証拠ともいえる超新星を発見。以下、自動翻訳。 天文学者が "重金属"超新星を発見https://www.cfa.harvard.edu/news/2017-24 リリース番号:2017-24 リリースの場合:2017年7月31日(月) - 10:00 am マサチューセッツ州ケンブリッジ - 多くのロックスターはルールで遊ぶのが好きではなく、宇宙的なものも例外ではありません。天文学者のチームは、驚くべき場所で異常に明るい超新星が発生したことを発見しました。この「重金属」超新星発見は、そのような超荷電超新星がどのようにそしてどこで発生するかについての現在のアイデアに挑戦する。 超新星は、宇宙で最も活発な出来事のいくつかです。巨大な星が燃料を使い果たすと、それは崩壊して壮大な爆発を作り、銀河全体を短期間に輝かせ、重要な要素を宇宙に分散させます。 . . . 本文を読む
コメント

星の磁気サイクルの秘密

2017-08-02 21:16:25 | 恒星
ゆっくり自転している恒星ほど早く磁気逆転する。以下、自動翻訳。 星の磁気サイクルの秘密 リリース番号: 2017-23 リリースの場合:2017年7月26日水曜日 - 午後2時 マサチューセッツ州ケンブリッジ - 新しい数値シミュレーションと観測を使用して、科学者は今や太陽の磁場が11年ごとに逆転する理由を説明することができます。この重要な発見は、星の磁気周期の持続時間がどのようにその回転に依存するかを説明し、太陽やそれに類似する星の周りの暴力的宇宙天気現象を理解するのに役立ちます。 太陽サイクルとして知られている間に、太陽の磁場は過去何世紀にもわたって11年ごとに逆転しています。 . . . 本文を読む
コメント