猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

より速いもつれた道の干渉計はLISAよりも簡単です

2018-07-09 19:54:13 | 重力波
地上の鏡と静止衛星の間で光を行き来させて重力波を検出。全く理解出来ない原理で宇宙空間を編隊飛行するLISAより高感度に重力波を検出できる。以下、機械翻訳。 LISAより単純な、より速いもつれた道の 干渉計 https://arxiv.org/abs/1807.02159 巻き込まれている光が一つのチャネルでハイゼンベルク限界を達成しないでさえ解像度感度に影響力がある改良を提供することができます。 このペーパーで、「封筒の後部」タイプ計算に基づいて、私はスペースに本拠地がある長い腕の 干渉計 への代わりのパスを実証します。 LISAに関してのその利点は類似の分解能を達成することが多くのアクティブなコンポーネントで複雑な衛星を必要としないということです。 . . . 本文を読む
コメント

S0-2星は単独であり、ビッグアインシュタイン試験の準備ができている

2018-02-22 23:20:28 | 重力波
銀河中心のブラックホール周りの星の動きを見ることで超大質量ブラックホールの質量等のデータを観測できる。以下、機械翻訳。 天文学者がS0-2星が単独であり、ビッグアインシュタイン試験の準備ができていることを発見 2018年2月21日 クレジット:SAKAI / A.GHEZ / WMKECK観測/ UCLA GALACTIC CENTER GROUP いいえコンパニオンは周回有名な若い明るい星が見つかりません 天の川" の超大質量ブラックホールを マウナケア、ハワイ - 天文学者は、アインシュタインの「一般相対性理論」のエキサイティングなテストのために「完全な」ものを持っています。 今までは、S0-2は2つの星がお互いの周りを巡るバイナリであると考えられていました。そのようなパートナーを持つことは、今後の重力テストを複雑にするだろう。 . . . 本文を読む
コメント

パルサータイミングアレイを用いた太陽系研究

2018-02-18 13:34:25 | 重力波
天空にほぼ固定されてるパルサーと違って、太陽系の見えない大質量天体は公転により天空を移動していくから、パルサーの手前近く横切る時一番タイミングの変化が有るだろうから、プラネット9だろうがダークマターだろうが全てお見通しだ。 パルサー・タイミング・アレイ(PTA)は全天のパルサーを観測すると共に超低周波(〜10^ -9 -10^ -8 Hz)の重力波を検出するプロジェクト。以下、機械翻訳。 パルサータイミングアレイを用いた太陽系研究 (2018年2月15日に提出) 高精度のパルサのタイミングは、天体物理学および基本的な物理学アプリケーションの広い範囲の中心です。パルサー・タイミング・アレイ(PTA)として知られる様々な空の位置にミリ秒パルサーのアンサンブルをタイミングさせるとき、空間相関を介して超低周波重力波(GW)を探索することにより、GWを通過する時空の変形が誘発するパルスの到着時刻(TOA)に基づいて決定される。パルサー・タイミング・モデルでは、すべてのTOAが参照される(準)慣性フレームである太陽系重心の位置を適切に予測するために、太陽系天体暦(SSE)を使用する必要があります。 . . . 本文を読む
コメント

GW170817 中性子星合併と結び付けられるスーパーカミオカンデのニュートリノのサーチ

2018-02-15 20:25:26 | 重力波
中性子星合体によるニュートリノ発生は無いと受け取るべきなのか、1億3000万光年離れた中性子星合体からのニュートリノを検出出来るほど敏感な観測装置は地球に無いと受け取るべきなのか?以下、機械翻訳。 GW170817 中性子星合併と結び付けられるスーパーカミオカンデのニュートリノのサーチ 要約 我々はニュートリノの結果が二値の中性子星合併によって産み出された最初の検出された引力の波、短いガンマ線バーストによって追われた GW170817 、 GRB170817A と kilonova / macronova と一緒にスーパーカミオカンデに同時に起こるシグナルを検索すると報告します。 我々は500秒、発見の後の14日間の期間にと同様、重力の波発見時間ごろに3.5MeV から 100 PeV までの範囲で、時間の窓±で同時に起こるニュートリノイベントを捜しました。 重要なニュートリノシグナルがいずれかの時間の窓のために観察されませんでした。 我々は GW170817 でニュートリノ 流束量 の上に90%の信頼レベル上限を計算しました。 . . . 本文を読む
コメント

中性子星合併のマルチメッセンジャー解析

2018-02-09 09:29:37 | 重力波
中性子星の質量、半径、自転速度、合体前の距離などの情報が重力波以外の電磁波に含まれてるようで、解析すれば現象がすべて丸見えになる。「見え過ぎちゃっても困らない」以下、機械翻訳。 中性子星合併のマルチメッセンジャー解析 (2018年2月5日に提出) 要約。 2つの中性子星の合併は非常に複雑なプロセスです。 それが起きる種々のステップをひもとくために、我々が検出することができるすべてのシグナルを調べることは義務的です:重力波と電磁波、X線から達している莫大なスペクトルとγ線 - 光線の中で下方にある赤外線そして電波を。 これらのシグナルのそれぞれがメッセージを提供します、そしてこの情報の全体は我々がただそれらの極端な条件において合併しかし同じく物質の行動のプロセスを理解することだけをすることを可能にするでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

中性子星合体からのX線放射を明るくする:流出のさらなる証拠

2018-02-05 19:33:20 | 重力波
中性子星合体の場合、両極から噴き出すジェットが周囲のガスを加熱して長期間明るい事が予想されていたが4か月経ってもX線で明るい。以下、機械翻訳。 GW170817 / GRB 170817AからのX線放射を明るくする:流出のさらなる証拠 公開された2018年1月18日 抽象 中性子星合体GW170817 / GRB 170817AからのX線放射の起源は、未解決の合併後の物語の重要な診断であり、異なるシナリオは、そのX線光線の明確な進化を予測する。GW170817 / GRB 170817Aの感度が高いX線モニタリングは、太陽との距離が近いため、バースト後16日の以前の検出以来可能ではありませんでした。太陽制約が解除された直後、バースト後109日で、GW170817 / GRB 170817Aの新しい深いチャンドラ観測を提示する。X線放射は、0.3か . . . 本文を読む
コメント

中性子星合併からの残存物の破たんは磁気の爆発を強力にします

2018-01-21 17:21:52 | 重力波
中性子星合体後に降着円盤が残る残らないで、ガンマ線バーストの強さと継続時間に影響してる。中性子星合体の方がブラックホールより出てくる情報量がけた違いに多い。以下、機械翻訳。 2つから成る中性子星合併からの残存物の破たんは磁気の爆発を強力にします:短いガンマ線バーストへのほのめかし。 要約 2つから成る中性子星合併が超大きい中性子星を作り出すことは知られています。 この簡潔な残存物の生涯は全体の量と状態の方程式に依存します。 ブラックホール - トーラス システムへのこの簡潔な残存物の破たんはパワフルなジェットと短いガンマ線バーストを呼び起こすことを予想されます。 にもかかわらず、もし破たんが半秒かそこら遅れているなら、周囲の物質はすでに加えられて、そして/あるいは排出されるでしょう、そしてそれ故 torus が組織されないでしょう。 しかしながら、破たんはそれ自身準等方性の磁化された火の玉を呼び起こすでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

星の奇妙な行動は、巨大な星クラスターで孤独なブラックホールの隠れを明らかにする

2018-01-18 23:08:27 | 重力波
恒星の動きからブラックホールを発見。以下、機械翻訳。 eso1802 - サイエンスリリース 星の奇妙な行動は、巨大な星クラスターで孤独なブラックホールの隠れを明らかにする 2018年1月17日 チリの超大型望遠鏡でESOのMUSE装置を使用している天文学者は、非常に奇妙に動作している球状星団NGC 3201の星を発見しました。これは、太陽の質量の約4倍の目に見えないブラックホールを旋回しているように見えます - 球状クラスターで見つかった最初のそのような不活発な星団のブラックホールとその重力を直接検出した最初のブラックホール。この重要な発見は、これらのスタークラスタの形成、ブラックホール、重力波イベントの起源に関する我々の理解に影響を与える。 . . . 本文を読む
コメント

発見:最も遠いブラックホール

2017-12-11 20:40:28 | 重力波
WISEはこんな使い方もある。て言うか赤方偏移が大きすぎて炭素イオンの輝線が赤外線領域にシフト。以下、機械翻訳。 2017年12月6日 発見:最も遠いブラックホール このアーティストのコンセプトは、これまでに発見された最も遠い超大型ブラックホールを示しています。これは、ビッグバン後わずか6億9000万年後のクアザールの一部です。 クレジット:Robin Dienel / Carnegie Institute for Science 科学者たちは、初期の宇宙からはまれな遺物を発見した:最も知られている超大型ブラックホール。この物質を食べる獣は、私たちの太陽の質量の8億倍であり、それは若い年齢のために驚くほど大きくなります。研究者はこの発見をNature誌に報告している。 . . . 本文を読む
コメント

重力波が超大型ブラックホールを押し出す

2017-11-25 19:33:03 | 重力波
ブラックホールが合体して重力波が出る時に非対称になるからブラックホールが押されて高速移動を始める。遠方から観測して分かるほど移動しているブラックホールは少数派?以下、機械翻訳。 2017年3月24日 重力波が銀河核からモンスターブラックホールを蹴る 天文学者は、重力波の素晴らしいパワーである可能性があることによって遠方の銀河の中心から追い出された超大型ブラックホールを発見しました。 他にもいくつか疑わしい、同様に起動したブラックホールが他にもあるが、これまでに何も確認されていない。天文学者は、NASAのハッブル宇宙望遠鏡によって検出されたこの物体は非常に強力なケースであると考えている。太陽の10億以上の重さの有る、放浪ブラックホールは、これまでに中央の家から追い出されたとされる最も巨大なブラックホールです。 ハッブルが放浪超大型ブラックホールを検出 . . . 本文を読む
コメント