らいちょうのあし日記

山登りが大好きで今日も日本のどこかで歩いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

晩秋の北八ヶ岳縦走

2017年12月29日 | 縦走

11月連休は北八ヶ岳へ向かう。
この時期のアルプスは、天候を読むのが難しい。
下界では秋晴れでも山頂は降雪があったり、もしくは暖かい陽気かもしれないし、
まったくわからない。
山の上の紅葉は終わっているだろうが、下の方はまだ間に合うかもしれない。
久々の3日間縦走だ、楽しくいこう!!


茅野駅からバスに乗車、1時間ほどでピラタスロープウェイ乗り場へ。
八ヶ岳へは何度も来ているが、このロープウェイを利用するのは初めてだ。
乗り場となる山麓駅は、スイスを思わせるような建物でゼラニウムの花がとても可愛く咲いている。
そしてここから山頂駅まで一気に標高2,240mまで上がる。
ここまでは観光客で賑やかである。


ロープウェイを降りたところが坪庭で、簡単な散策が出来るようだ。
啄木鳥の大きな模型に付いている紐を引っ張るとコツコツと木をつつく。
娘はこれが面白いらしく、何度も引っ張っている。


連休初日のこの日は見事な秋晴れで、それはそれは素晴らしい展望である。
北アルプス・槍ヶ岳までもはっきり見えて、気持ちが昂る。
やはり、山はいい、アルプスは最高だ!!


縞枯山を左手に見やりながら、平坦な道を進む。
木道がずっと続き、登山道としては単調で少し退屈気分…
娘の歩行に合わせてゆっくりペースで先を行く。


所々に凍結したまま融けずになっている箇所がある。
朝晩の冷え込みが想像できる。やはり、下界では秋でも山の上はもう冬だ。
今夜はどれくらい冷えるだろうかと、まだ冬慣れしていない身体を思い少しドキドキする。


17時前に青苔荘のテント場に到着。周囲を見ると、10張以上はテントがあろうか。
この時期だけに、思っていたよりも多い。
17時半、あたりはすっかり暗くなりテントの中で味噌煮込みうどん鍋を食べる。
うむ、そんなに寒く感じないぞ。大丈夫、これなら途中で起きたりせずに眠れそうだ。
ウイスキーをちびちびやりながら、いい気分になったところでサッとシュラフに潜り就寝。


翌朝6時起床、外は薄っすら曇り空であまり天気は良くなさそうだ。
小屋に牛乳を買いに行き、コッフェルに入れて温めてから娘に飲ませる。
昨夜の鍋の残りにご飯を入れて雑炊にしたものを食べる。
朝食はこれが一番身体が温まるし、食料を無駄なく残すことなく活用できる。
8時前、テント撤収して出発準備完了。気温は摂氏0度。


まずは、高見石小屋を目指す。登り1時間のコースタイムだ。
娘に最初のうちは、歩かせていたが…
ゴロゴロ石の多い登り道は、やはり難しいようなので背負子に乗せていくことにする。
本当はもう少し歩かせてやりたかったが、仕方ない。


高見石小屋に到着。天気は回復するどころか、ますます悪くなってきた。
ガスがかかり、小雨がぱらつき風も出てきた。
立ち止まることなく、先を目指す。


中山展望台まで来たが、ガスで辺り一面真っ白。
おまけに天候は悪くなるばかりだ。
とりあえず写真だけササッと撮り、一目散にこの場を過ぎる。
きっと晴れていれば、大展望が望めたのであろう…仕方ない。


中山峠からすぐの場所にある黒百合ヒュッテで昼食を取る。
この頃、空から雨まじりの雪が降りだして、食べるのも一苦労する。
長居は無用、早くしらびそ小屋まで行こう!
と、中山峠からその先を見ると下り始めの箇所が結構急な傾斜で雪で滑りそうだ。
背負子に娘を乗せてここを下るのはどうなものか、一瞬迷う。
それでも元に引き返すわけにもいかず、細心の注意を払いながら進む。


15時前、しらびそ小屋に無事到着。
降っていた雨や雪は止み、ようやくホッとして気持ちが落ち着く。
しらびそ小屋は、7年ほど前に下山時に一度通りかかったことがあった。
その時に素敵な小屋だな、と印象に残っていたので今回来ることを楽しみにしていた。
ここでは、リスや鳥が小屋の周りにエサを食べに来る姿を見ることが出来るらしい。


あいにくリスの姿を見ることは出来なかったが、いろんな鳥類を観察できた。
それも、かなりの至近距離だからとても楽しい。写真はホシガラス。
さっきまでは悪天候で何も見えず、ただ黙々と寒さと闘いながら歩いてきただけに
この光景にいつも以上の安堵感を感じる。


翌朝6時、テントの外に出ると天候はすっかり回復して快晴。
小屋前まで歩いていくと、真正面には太陽に照らされて輝く山が見える。
ミドリ池に反射して写る景色が、また美しい。
最終日、良い天気に恵まれてうれしい。


8時半、小屋をあとに下山する。
まもなく本格的な冬山が訪れるであろう北八ヶ岳の景色を堪能しながらゆっくり進む。
娘と共に冬の八ヶ岳に登れるようになるのは、何年先だろう…


バスで松原湖駅に到着したが、小海線は一日の運転数がとても少ない。
当分来ない列車をのんびり待ちながら、秋の優しい暖かい日差しで日光浴。
3日間で秋と冬を一気に体験した山行であった。
また、春先にでも来てみたいと思う。











 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入笠山~晩夏の山へ~

2017年10月17日 | 縦走

夏山に行く機会がないまま時が過ぎ、気が付けば9月になろうとしていた。
アルプスの山々を満喫すべく歩きたいというワタシの願い。
しかし、娘は背負子にはもう乗りたくない、自分で歩くと強い意志表示。
この両者の願いをうまく両立させてくれた山が今回の入笠山だ。
標高2千メートル近くあるが、下界の登山口から1時間半ほどで山頂。
また、牧場近くのキャンプ場がありテント泊も出来るからゆっくり山を満喫できる。
もちろん、娘には本人の希望通り山頂まで歩けそうなコースである。
夏休み最後の週末、我が家は入笠山に向けて出発する。


入笠山へのアクセスは、JR富士見駅からバスもしくはタクシーで登山口へ。
私たちは、都内自宅から鈍行列車でここまでやってきたのでバスの時刻には間に合わず、
タクシーにて沢入登山口に向かう。所要時間はタクシーで20分だ。
準備体操をして、さぁ出発!


緩やかな登りの登山道を楽しそうに歩く娘。
時間が午後の遅めとあって、他の登山者とこの道ですれ違うことはなく静かだ。
道中、様々なキノコが生えているのを発見しては立ち止まり歌をうたい…
と、娘のペースでかなりゆっくり歩き続ける。
キノコは、見たこともないような色や形のモノがたくさんあり確かに面白い。
ワタシにキノコの知識があり、食べられるモノを選別、収穫して食べることが出来たら…!
もっと楽しい山登りになるかもしれない。
食べれる野草、なんてのも勉強すればきっと役立ちそうである。今後の課題か?


入笠湿原に15時到着。とてもよく晴れていて、しかも涼しい。
あぁ、夏のアルプスって本当に最高に気持ちよい!
この日は、午前中に雨がぱらつく天気だったせいでつも混んでいる湿原も人はまばら。
入笠山は、山頂までゴンドラが通っていることもあり週末は日帰り登山を楽しむ人で混むらしい。
それゆえに、今回のように空いている日に歩けたのはラッキーである。


マナスル山荘前を通り過ぎ、ひたすら道路を歩くもテント場らしい標識もなく不安がよぎる…
本当にこの道であっているのか分からないまま歩くので、疲れも倍に感じるワタシ。
そのうちにウシたちが数匹放牧されている牧場が現れ、気分が幾分か癒される。
あともう少し、もう少しと思いつつ歩いていくと…


40分道路を歩き続けて、ようやく入笠JAハウスに到着。
分からないまま歩き続ける40分という時間の長く感じたこと!
看板が一つでもあればよかったのに、と思うワタシ。
娘はというと、思いのほか元気そうで安心する。よく歩いたものである。
テント場は草原上にあり木々も多くて、開放感たっぷりで居心地もよさそうだ。
しかも、空いているからここの自然な空間を独り占めしたような贅沢な気分。
予想以上の素敵なテント場に満足度100%だ。


久しぶりのテント生活に気分最高、宴会も盛り上がる。
やはり、山の楽しみは歩いた後のテント場で過ごすこの時間だろう。
夕食の豚味噌鍋を美味しく食べて、19時就寝。
夜中、起きてテントの外に出ると素晴らしい星空を眺めることができた。


翌朝5時起床。
前日に、キャンプ場の管理人さんから教えて頂いたテイ沢沿いに行くルートに行くことにする。
沢沿いの登山道は途中何回かの橋を渡り、大阿原湿原に出る。
そこから首切登山口に向かい、入笠山まで約20分というコースである。
昨日歩いた舗装された道路を再び40分歩いて入笠山山頂に向かうより、こちらの方が断然面白そうである。
よし、頑張って歩くぞ!と娘と共に気合いを入れて7時半出発。


出発してから40分経過するもテイ沢に入渓する標識がなかなか出てこない。
誰ともすれ違うことなく、だんだん不安になってきたころようやく入口が見つかる。
登山道に入るや否や、丸太橋の連続で娘が歩けるかどうか心配になる。
自分の足で歩かせることが自信につながると、リーダーが補助しながらゆっくり進む。
頑張って歩く娘は、意外にも楽しそうであるから安心する。


沢沿いの登山道を1時間近くかけていき大阿原湿原に出る。
登山者の姿はなく静かだ。
ここから20分ほど歩けば首切登山口があり、そこから山頂まで20分だ。


入笠山山頂1,995メートルに到着。今朝までの静けさがウソのような大賑わいの山頂だ。
御所平峠登山口から登ってきた登山客がほとんどのようだ。
山頂からは八ヶ岳全貌、甲斐駒ケ岳や北岳、諏訪湖、と大展望である。
これだけの眺望が望め、尚且つ安全な登山道で歩ける山だから人気があるのも肯ける。
景色を楽しみながら、ゆっくり1時間昼食休憩を取ってから御所平登山口へ下山する。
途中、岩場コースと岩場迂回コースとの分岐があったようだが見落として前者の方を行く。
3歳の娘に岩場コースを下るのは難しく、ここはよく見て迂回コースを取るべきだったと反省。


晴れて気持ち良い青空を見上げながら入笠湿原を歩く。
ここは、6月に咲くスズランが有名らしい。


緩やかな登りの木道を上がりきれば、ゴンドラ山頂駅だ。
標高約1,700mにいるが日差しはまだ夏を感じさせるくらい暑く、娘はシャツ一枚で歩く。
今回、冬山用の防寒着も持参していたがほぼ使うことはなかった。
それでも、この時期は朝晩の冷え込みがあるから油断大敵である。


山頂駅からゴンドラに乗り、一気に下界へ戻る。
いつもなら最後まで歩いて下山するのだが、時間の都合上で利用してゴンドラ。
仕方ないな…という思いで乗ったが、展望抜群で乗り心地もいいものだから楽しめた。
それでも、ゴンドラで下山するなんて贅沢だったなとも思いつつ…

家族全員で歩いて登った入笠山。
山、ちゃんと歩るようになったねと笑顔で話す娘を見て、いい思い出になったなと感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残雪期・蝶ヶ岳縦走

2017年06月21日 | 縦走

5月連休の山行は、何度も話し合い検討した結果、蝶ケ岳に決まる。
この時期、山域によっては降雪もあり、それなりの装備が必要となる。
出来るだけ危険箇所が少なく、極力静かなコースで雪山縦走を楽しめる所とは…
三股から蝶ケ岳へ登頂、その後は徳沢に下山する縦走コースを選択。
出発の朝、ずっしりと重いザックを担ぎ、目的地に向かう。


新宿から特急あずさに乗り、松本で大糸線に乗換えて穂高駅で下車。
そこからは、タクシーで登山口になる三股まで移動。
三股に着くと、駐車場は車であふれるくらいの多さに驚く。
さぁ、出発だ!気合いをいれて行くぞ!入念な準備体操後、いよいよ出発。
歩き始めて1時間ほどで、常念岳側の山肌が見えてくる。



途中、力水で水1ℓを二つ汲みとり、さらにザックは重みを増す。
リーダーの担ぐ背負子には、体重13㎏の娘が乗っていてかなり肩が痛そうだ。
ワタシは、3人分の生活道具一式がほぼすべて入ったザックでこれもかなり重い。
それでも、いいペースで登り続け、まめうち平にコースタイム通りで着く。
前回、昨年夏に同じコースを登っているのだが、雪があると全く違うところに来たように感じる。
ここを越えると、いよいよ今回の縦走核心部である急登が山頂まで続く。
かなりの体力勝負である。ここから先は、12本爪アイゼンを着用して登る。


傾斜はどんどん増してくるが、雪の締りがよくない状態のため、アイゼンの効きが悪い。
天候は最高に良いが、気温も上昇しているから雪はどんどん腐ってくる。
こうなると、いよいよ重いザックを担いでの急登は苦しい。
しかし、縦走すると決めたのだから弱音を吐かずに、ただひたすら山頂を目指すのみだ。
さらに進むと、雪壁のいやな場所に出た。この辺りは登りより下りの方が大変そうだな…
そう思っていると、目の前で足を滑らしてしまう登山者がいた。
キックステップで一歩一歩確実に、慎重に進む。


その後も延々と急登は続き、さすがに嫌気がさしてきた頃、ようやく森林限界を越える。
傾斜は緩くなったが、雪上を歩いていると太陽の反射が眩し過ぎてサングラスをかけないと目が痛くなる。
すれ違う登山者に、「もう少しで絶景が見えてきますよ」と励ましの声掛けをしてもらう。
そうだ、もう少しだ、と分かってはいても、ここまでの急登で疲労度はかなり高い。
少し休憩を取ってから、山頂へ向かう。


ハイマツの茂る道を抜け稜線に出ると、目の前に槍・穂高連峰の絶景が大きく広がった。
もうかなり疲れていたが、青空の下でこの景色を見た途端に元気が出てきた。
山頂標識までは緩い坂道なので、背負子から娘を降ろして歩かせる。
そしてついに蝶ケ岳登頂、家族全員で喜びを分かち合う。


山頂で昼食をとり、しっかり1時間休憩を取る。
その間もほとんど雲が出ることなく絶景を楽しめる。
ここまで頑張って登り続けた自分たちへの最高のご褒美だな、と思う。
ここからは徳沢方面への長塀山ルートを下る。
このルート、幾度となく歩いてはいるが、これまたかなりの長丁場であるから気合いを入れる。
最初のうちは、まだまだ調子よく歩いていたのだが…


延々と続く下り坂に、もう体力限界に近いぞ…
そう思っていたとき徳澤園の赤い屋根が下のほうに見えてきた。
そして、ついに15時30分徳沢に到着。ワタシとリーダーは、もう疲労困憊であった。
それでも、こんなに疲れ果てるくらいの山行が久しぶりだと気付くと嬉しくも感じる。
徳沢のテント場は連休のためかなり混み合っているが、仕方ない。
適当な場所を見つけてテント設営したのち、大人はビール、娘はジュースで乾杯をする。

 翌朝、雨降りの中、上高地まで移動する。ガスっていて、景色は何も見えない。
前日は快晴だったおかげで山々の素晴らしい景色を堪能出来たからとても幸運だ。
しかし、山に悪天候は付きものであるから、今後もその時々の状況判断を確実なものにしていきたい。
そして何よりも安全第一で、家族全員で楽しめる山登りを続けていきたい。




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の陣馬山~一ノ尾尾根コース~

2017年05月08日 | 山登り

春らしい陽気の4月中旬、久しぶりに陣馬山へ向かう。
山の上では、この時期なら桜や山ツツジが見頃かもしれない。
前夜に激しく降った雨はすっかりあがり、空は快晴。
こんな日は、気持ちよい尾根歩きが一番!と、いうことで一ノ尾尾根コースを歩くことにする。


JR藤野駅からバスで10分程いった所の上沢井停留所で下車。
降りた道路を山側に渡ったところに一ノ尾尾根コースへの標識が見える。
しばらく民家横脇の道を進んでから登山道へ入る。
この時期なら、さぞかし混んでいるだろうと思いきや、誰も歩いていない…
静かな登山道を気持ちよいペースで進む。
雨上がりのおかげで、呼吸をするたびに新緑の香りが身体の中に染み入ってくる。
あぁ、春の匂いだなぁと嬉しくなる。


登山道のあちこちに野イチゴの花が可愛らしく咲いている。
春山の良さは、新緑はもちろん、いろんな花があちらこちらから咲きはじめているのを見つける楽しさだろう。


山頂直下のところで木段が出てきて、これをもうひと頑張りすれば茶屋が見えてくる。
登りきれば陣馬山855mである。


茶屋の周辺は芝が青々としてとても心地よい。
鯉のぼりが風にゆらゆら揺れていて、思わずゴロゴロ転がりたくなる。
周りの子どもたちは、結構転がって遊んでいたがオトナなので我慢する…
フラットな場所でお昼ご飯休憩をとる。


暖かくなってきたので、山ご飯は鍋物から炒め物に変更。
ニンニク味噌味の焼うどん、藤野駅で購入したほうれん草の卵炒め。
娘はかなり空腹だったようで、気持ちよい食べっぷり。
食べ盛りの娘のためにも山食メニュー、そろそろ新しいモノを開拓して、もっと山ご飯を充実させよう。


山頂にある白馬から見下ろした時の風景。
この日は、春霞がなく空気が澄んでいたので周辺の山々もクリアに見える。
都心もよく見渡せて、スカイツリーまで見えた。


下山は、陣馬高原下への道を行く。
40分ほど下れば林道に出て、ここを20分歩けばバス停が見えてくる。
ここからは、JR高尾駅行きのバスに乗り帰路につく。

陣馬山一ノ尾尾根コースは、なだらかな道がほとんどで春山をゆっくり楽しむことが出来た。
晴れた日のこの尾根歩きが本当に気持ちよく歩けて、いい山登りであった。

 

 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪山・赤城山~雪上テント泊~

2017年04月26日 | 山登り

今年こそは、冬山シーズンが終わる前に雪山を登頂したいと考えていた。
3歳の娘を連れて、安全且つ楽しく登れる山はどこか…
いろいろ情報を集め検討した結果、赤城山が一番好条件ではないかとリーダーと意見一致する。
登山口までのアクセスが良く、ベースキャンプで日帰り登山が可能であること。
3歳になる娘には、念願の雪だるまを作って楽しめそうであること。
また無雪期に一度ではあるがルート確認のために登った経験があること。
等々、家族全員が雪山を楽しめそうだということで赤城山行きが決まる。
久しぶりの冬山テント泊準備にワクワクしながら出発の日を迎える。


3月に入ってすぐの週末は天候に恵まれ快晴。
前橋駅から赤城山まではバスが冬季でも運行しているから便利だ。
この時期は、凍り付いた大沼で氷上ワカサギ釣りをする人たちでとても賑やか。
氷の上で釣ったワカサギをその場で天ぷらにして食べるなんてサイコー!!
うん、次回は山&ワカサギ釣りプランも良さそうだ…と到着早々気分が盛り上がる。
釣り人を見やりながら、赤城山キャンプ場まで凍った大沼の上を歩く。
無雪期は歩けない大沼横断でキャンプ場まで時間短縮である。


キャンプ場は我々のほか1組しかいないため静かである。
テント設営後、娘は楽しみにしていた雪だるま作りに夢中。
雪上遊びが初めての娘は、もうそれはそれは大喜び。
喜ぶ姿にワタシ自身も幼少期はこうやって寒さに関係なく雪遊びをしていたなぁと思い出す。
夕方、早めに夕食を取り19時半就寝。


翌朝5時半起床。気温は、マイナス10度だが無風・快晴で寒さはそれ程感じない。
昨夜の味噌鍋の残りにお餅と白飯・卵を入れて雑炊にしたものを食べる。
必要な装備のみをザックに詰めて、7時半にテント場を出発。
黒檜山登山口まで歩くこと15分程で到着すると、既にかなり多くの登山者がいたので少々驚く。
冬山に日帰りで登れるからだろうか、とても人気があるようだ。
ワタシは今から、4年ぶりに12本爪のアイゼンを使って冬山を登ることの大きな喜びを感じる。
ようやく雪山に登れる日がやってきたんだな、と思うと感極まる。
まずは、安全第一にいくぞとリーダーと共に確認しあう。


登り始めから、いきなり急登が続く。
しばらくガシガシ登り続けると暑くなり、着ていた冬用のアウターをとる。
足元は、雪が固くアイゼンがよく効いて歩きやすい。
猫岩まで来ると、大沼と赤城神社がよく見える。
そして、またひたすら急登が続く雪道をひたすら登る。


登り始めて1時間半、赤城山最高峰・黒檜山1,828mに到着。
青空の下、大展望を楽しむ登山者で賑わっている。
いつの山でもそうだが、やはり冬山の天候に恵まれたときの登頂の喜びはひとしおである。
北関東方面の山には疎く、見えている山の名前が分からないのが惜しい。
今年は、登ったことのない山を中心に行きたい。


景色を楽しみながら昼食休憩をとる。
幸い、風がないおかげでゆっくりと日光浴しながら雪上ランチを満喫出来る。
これぞ山での醍醐味だと感じる。娘も普段、お目に掛かることのない雪景色を楽しんでいる。
たっぷり1時間、休憩をとった後下山にかかる。


雪上を歩きたがる娘のために少しだけ一緒に歩く。
何度もツルリと滑ってこけそうになり、危ないので背負子の載せる。


太陽が高くなるにつれ、気温も一気に上昇。
ズボ足状態になると、思うように前に進めなくなるから大変である。
それでも、雪がグサグサに腐ってしまう前になんとか下山することが出来た。
山頂から小一時間ほどで登山口に戻ってこれたから、かなりあっという間である。
山行時間としては少し物足りなさを感じたが、4年ぶりの冬山登山復帰を果たせたワタシの喜びは大きい。


今回は好条件での冬山だったため、何だか少し得したような気分。
もう少し苦労があったほうが冬山らしいような…
などと過去のことを思い出しつつ、娘がまだ小さいうちは無理は出来ないなと思い直す。
まずは、安全第一で無事に赤城山山行が出来て良かった。
また来シーズン、冬山を楽しむことが出来ることを願う。



 



 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加