Moments musicaux

Moments musicaux、楽興の時、すなわち音楽的瞬間。それを享受し、探求する日々の記録。

【新着動画】Debussy: Clair de lune

2013年02月11日 | 演奏記録
新しい動画をUpしましたので、よろしかったらお聴きください。昨年10月の演奏で、映画音楽の録音のついでに録らせていただいたものです。滋賀Stimmer Saalの、すばらしいベーゼンドルファーの音色です。

Debussy: Clair de lune


2012.10.10 at Stimmer Saal (Moriyama, Shiga)
Akira Naito, piano
Bösendorfer Imperial tuned by Yasunaga Ueno
コメント

公開レッスン・アルバム

2013年02月08日 | 講座
2月3日(日)、八王子ギャラリー・スペースことのはにて、「カンタービレ」さんの主催で6名の方の公開レッスンをさせていただきました。その様子を一部ご紹介します。



会場入口には立派な掲示が!



たくさんの方が聴講にいらしてくださいました。

♪ショパン:エチュードOp.25-1



「ピアノはトライアングルと同じように振動体なんです。弦振動が増幅されていくなかでボディ全体で振動しているので、脱力してボディの振動を開放してあげましょう!」…鳴らそうとして下向きに力んでしまうと、かえってボディの振動を抑制してしまうのです。

♪チャイコフスキー:秋の歌



「僕が伴奏(弦楽)を弾きますから、例えばオーボエになったつもりでメロディーラインだけ弾いてみてください。そのとき、ぴったり合わせようと相手の様子をうかがいすぎずに、心の赴くままに、自然な抑揚で歌ってみてください!」



「次は逆をやってみましょう!メロディーを待ちすぎないで、リードしていくようなつもりで自然に音楽を運んでいってみてください!」

♪ドビュッシー:花火



ペダリング実演中。足を見てもらっています。…響きの切り替えの瞬間の、一瞬のにごり(接続部分、「のりしろ」のようなもの)、前の響きを濾過するタイミングがポイントです。

♪シューベルト:ソナタ19番第2楽章



「僕がソプラノ(1st Violin)をやりますから、1st Violinを聴きながら寄り添う2nd ViolinやViolaの気持ちになってアンサンブルしてみましょう!…ここで動きが生まれておしゃべりしてますよね。一人何役も同時に演じながら、それぞれが心を通わせておしゃべりをする…腹話術の世界です。」



指揮をしながら、受講生の方の気持ちを乗せていきます。

皆さま真摯に音楽と向き合ってくださり、お陰様でたいへん楽しい1日を過ごさせていただきました。
コメント

「矢田川のバッハ」試写会にて

2013年02月07日 | お知らせ
「ショートストーリーなごや」は、名古屋を舞台にした短編小説を公募し、それを映画化する、という名古屋市のユニークな事業です。
今回、昨年度の佳作受賞作「矢田川のバッハ」(原作:伊藤由美子さん)の映画化を、「仇討ち」の谷口未央監督が担当することになり、再び谷口監督と一緒に音楽で映画制作に携わらせていただきました。
昨日、名古屋ドームのそばの「東文化小劇場」で、関係者の試写会が行われ、はるばると馳せ参じてきました。

外国帰りで鬱になっている母親 絵里が、矢田川のほとりの畑の「さだまさん」というおばさんとの交流をきっかけに徐々に立ち直っていく姿を、小学生の息子 洋介くんの視点で描いています。その過程で、バッハのメロディーが重要な役割を果たしています。



試写会終演後、関係者でパチリ。左から、原作の伊藤由美子さん、谷口未央監督、洋介役の古橋息吹くん、わたくし、録音で協力いただいた調律師の上野泰永さんです。古橋息吹くんのけなげさのにじみ出た演技はすばらしく、監督も絶賛していました。彼がピアノを弾く場面の演奏吹き替えもやらせていただいていますが、監督からは「もっとたどたどしく」などと言われ、なかなか大変でした!

半年ぐらい後のようですが、CSでテレビ放映も予定されているようです。乞うご期待!
コメント

2月6日(水) 映画「矢田川のバッハ」試写会 at 東文化小劇場 [名古屋]

2013年02月06日 | お知らせ
映画「矢田川のバッハ」(監督:谷口未央・原作:伊藤由美子・主演:冨樫 真・音楽:内藤 晃 / ショートストーリーなごや2012入賞作の映画化作品)試写会@名古屋の案内が来ましたので、下記に転載いたします。無料招待があるようですので、お近くの方はぜひどうぞ!



-----

第5回ショートフィルム完成披露会のお知らせ

名古屋を舞台としたショートフィルムの完成披露会へ無料ご招待!

名古屋を舞台とするショートストーリーのコンテストと、受賞した作品を映像化する事業「ショートストーリーなごや」。第5回の入賞作品を映像化したショートフィルムの上映と監督を交えたトークショーを実施いたします。
他では観ることのできない名古屋の魅力がぎゅっと詰まったショートフィルムで、地元の魅力を再発見しませんか?

日時
平成25年2月6日(水)
18:00開場 18:30開始 (21:00終了予定)

場所
東文化小劇場(名古屋市東区大幸南一丁目1番10号 カルポート東)


上映作品
  「過去を描いた伊藤さんの話」
  「キスナナ the Final」
  「矢田川のバッハ」
  *原作の小説はこちらからご覧いただけます。
   
招待数
100組200名様

応募方法
郵便番号・住所・氏名を明記の上、下記宛先までハガキにてご応募ください。

応募先
〒460-0008
名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク 8階
名古屋市文化振興事業団 ショートストーリーなごや実行委員会事務局 宛

応募締切
平成25年1月10日(木)消印有効

※当日は第6回コンテスト事業の表彰式も合わせて予定しております。
※当選者の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。
※収集した個人情報は当イベント運営以外の目的に一切使用いたしません。
※当イベントの様子を収録・撮影した映像および写真はショートストーリーなごやの告知・宣伝などに使用させていただく場合がありますので、予めご了承ください。
※イベントの内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

詳細は、ショートストーリーなごやウェブサイトをご覧ください。
コメント

2月3日(日) 公開レッスン会@八王子

2013年02月03日 | 講座
社会人ピアノサークルCantabileのお招きで、公開レッスンを実施することになりました。

【日時】  2月3日(日) 13:00~18:00

【場所】  ギャラリースペース「ことのは」スタジオ
      東京都八王子市万町38-2



【受講曲目】
・エチュードop25-1「エオリアン・ハープ」/ショパン
・「四季」より10月「秋の歌」/チャイコフスキー
・舟歌 op66/フォーレ
・前奏曲集2巻「花火」/ドビュッシー
・ピアノソナタ2番 第1楽章/ショパン
・ピアノソナタ19番 D.958 第2楽章/シューベルト

【聴講料】 1000円

受講してくださるピアニストは、大人のピアノ愛好家の方が中心です。
席数に限りがございます(既に残席僅少)ので、もし聴講ご希望の方がいらっしゃいましたらお早目にお問い合わせくださいませ(こちら
コメント