Moments musicaux

ピアニスト・指揮者、内藤 晃の最新情報です。日々、楽興の時(Moments musicaux)を生きてます。

愛聴盤ひとことレビュー(8)

2008年01月16日 | レビュー
■フェレンツ・フリッチャイのリハーサル風景「モルダウ」■

僕の宝物。40代で亡くなったハンガリーの指揮者フリッチャイのリハーサル風景。

何度観ても胸が熱くなる。限りない音楽への畏敬の念と愛情のにじみ出たリハーサル。音楽をすべて具体的な場面に置き換え言葉で語る手法は独特だが、彼の非凡なイマジネーションは楽員の心をとらえ、音楽がみるみるドラマティックな生命力を帯びてゆく様が圧巻。自らさし迫る死期を悟りながらも「生きることは素晴らしい」と語りかける後半は涙無しには観られません。

2月に再発売予定。音楽を愛する一人でも多くの人に観ていただきたい偉大な記録です。


名指揮者の軌跡Vol.2 フェレンツ・フリッチャイ/スメタナ交響詩(モルダウ)名指揮者の軌跡Vol.2 フェレンツ・フリッチャイ/スメタナ交響詩(モルダウ)
フリッチャイ(フェレンツ) スメタナ シュトゥットガルト放送交響楽団

ジェネオン エンタテインメント 2008-02-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

愛聴盤ひとことレビュー(7)

2008年01月16日 | レビュー
■バックハウス 最後の演奏会■

バックハウスの亡くなる1週間前のラストリサイタルの記録。体調悪化でベートーヴェンを中断し、代わりに弾き始めたシューマン「夕べに」のこの世ならざる美しさ!バックハウスの「辞世の歌」。

私の友人に聴かせると皆言葉を失います。あの「意志の人」バックハウスが、すっかり魂の抜け切った演奏をしています。その響きの優しく美しいこと!!リパッティのブザンソン・ラストリサイタルとともに、偉大な音楽家のすばらしい生き様・逝き様を伝える録音であり、ピアノを愛する人ならば絶対に「聴かざるべからざる」ものだと思っています。


最後の演奏会最後の演奏会
バックハウス(ヴィルヘルム) モーツァルト シューベルトほか

ユニバーサル ミュージック クラシック 2004-03-24
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント

愛聴盤ひとことレビュー(6)

2008年01月09日 | レビュー
■ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
 フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリンフィル


この「歌」にあふれた素晴らしい音楽にはただただ圧倒されるばかり。フリッチャイは、遺されたリハーサル映像から分かるように、音楽を非常に具体的なイメージで捉えていた指揮者で、この起伏の激しい雄弁な演奏からもそのスタンスは伝わってくる。むせび泣くような弦の音色の切迫感が出色で、第2楽章にあふれる郷愁には胸を締め付けられる。「新世界」最高の名演のひとつ。

ドヴォルザーク:交響曲第9番ドヴォルザーク:交響曲第9番ほか
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン放送交響楽団 フリッチャイ(フェレンツ)

ポリドール 1996-12-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コメント