Moments musicaux

ピアニスト・指揮者、内藤 晃の最新情報です。日々、楽興の時(Moments musicaux)を生きてます。

10月27日(土) 日仏会館 with 今福龍太氏・小沼純一氏

2012年10月27日 | コンサート
トークとピアノの工房〈レヴィ=ストロース 夜と音楽〉

〈語り〉今福龍太(東京外国語大学教授・文化人類学)
    小沼純一(早稲田大学教授・音楽文化論)
〈ピアノ〉内藤 晃(ピアニスト)



フランスの民族学者にして20世紀の思想的巨人クロード・レヴィ=ストロース(1908-2009)。彼の生涯と思索は「音楽」と深く結びついていた。祖父はパリ音楽大学管弦楽協会の創始者。曽祖父はベルリオーズやオッフェンバックの協力者だったヴァイオリニスト。レヴィ=ストロースはそうした家族的伝統のなかに生まれ落ち、幼少時代からドビュッシー、ストラヴィンスキー、サティ、ラヴェル、ミヨーらフランス近代音楽の誕生の息吹を同時代的に受け止めた。のちに、音楽を思想的モデルとしてインディオの神話研究の領域で偉大な理論をつくりあげたレヴィ=ストロースの生涯や著作にかかわりのある音楽作品を新進ピアニスト内藤晃のピアノ演奏によって実際に聴きながら、『レヴィ=ストロース 夜と音楽』(みすず書房、2011)を上梓した今福龍太と小沼純一の対話によって彼の思想の本質を浮き彫りにする、例のない形態の催しである。
黄昏が夜へと移りゆく時間帯に、即興的な言葉と音のひとときをお楽しみ下さい!

I レヴィ=ストロースと音楽家たち

ショパン 練習曲作品10第3番「別れの曲」
サティ 「ジムノペディ第1番」
ドビュッシー 「水の反映」
ラヴェル 「ボレロ」(ピアノ版) ほか

II レヴィ=ストロースのブラジル

ダリウス・ミヨー 「ブラジルの郷愁」より 「ソロカーバ」「ガヴェア」
エイトール・ヴィラ=ロボス 「ブラジル風バッハ第4番」より Prelude
アントニオ・カルロス・ジョビン「ブラジルへの郷愁」 ほか

III レヴィ=ストロースの神話論理と音楽的主題
バッハ パルティータ第4番より序曲 
 平均律クラヴィーア曲集第2巻ハ長調
 「ゴルトベルク変奏曲」より
ドビュッシー 「音と香りは夕暮れの大気に漂う」 ほか

会場:東京日仏会館ホール
開催日時:2012年10月27日(土)午後3~6時
入場無料(資料代:1,000円) C.BECHSTEIN C使用
要予約(定員120名)
ご予約・お問い合わせ:
〈レヴィ=ストロース 夜と音楽〉レクチュアコンサート実行委員会
 yorutoongaku@gmail.com [当イベント専用アドレス]
(お名前ご記入のうえご送信ください)

*満席となりましたので、事前予約は締切となりました(10/17)

今福龍太 東京外国語大学総合国際学研究院教授。文化人類学者。著書に『クレオール主義』『ミニマ・グラシア』『群島-世界論』『レヴィ=ストロース 夜と音楽』『薄墨色の文法』など多数。
小沼純一 早稲田大学文学学術院教授。音楽文化論。著書に『武満徹 音・ことば・イメージ』『パリのプーランク』『サウンド・エシックス』『ジョン・ケージ著作選』など多数。
内藤 晃 ピアノ、指揮、作曲、楽譜校訂など各方面で活躍する新進ピアニスト。その繊細なテクニックと斬新な作品解釈で話題となる。CDに『Primavera』『Les Saisons』など。

主催:〈レヴィ=ストロース 夜と音楽〉レクチュアコンサート実行委員会
共催:日仏会館
協賛:みすず書房
コメント

終演後の一コマ

2012年10月20日 | 演奏記録


10/6の滋賀県Stimmer Saalでのコンサートでは、終演後、コンサートに来てくれていた友人のギタリスト豊田渉平さんとセッションして遊んだり、知り合いの小学生リトル・ヴァイオリニストも参戦したりして、楽しい音楽のひとときが遅くまで続きました。音楽っていいなぁ、と改めて感じ入った、幸せな1日でした。
コメント

「オール・ピアニッシモ」でさらう

2012年10月20日 | オピニオン
新しい楽曲をさらうときに、動きが手に馴染んでいない段階では随所でつい力んでしまうものです。それを避けるために、僕は「オール・ピアニッシモ」でさらうことを生徒に勧めています。
これは、往年の巨匠アール・ワイルド氏が提唱・実践していた練習法だそうで、彼に師事していたデイヴィッド・コレヴァーさんが教えてくれました。無理のないテンポで、力の抜けた状態で、よく音色に耳を傾けながら、ピアニッシモでさらう。手の運び方も、硬直せずにスムーズに行けるように留意します。このような手に「馴染ませる」プロセスを経ることで、後からテンポを速めたりダイナミクスの起伏を拡げたりしても、力の抜けた状態の自然な身体の動きがインプットされているので、力んで不快な音が出ることが無くなります。力みを排することで、思考回路がついていく余裕が生まれて、隅々までイメージの指令が行き届くのです。ぜひ、試してみていただきたいと思います。
コメント

記事掲載のお知らせ

2012年10月20日 | オピニオン
先日発売された月刊「音楽現代」11月号のドビュッシー特集に、拙稿「ドビュッシーの〈美意識〉を聴く―自作自演に刻まれたジャズ的センスの萌芽」を寄せています。宜しかったら是非ご一読ください!

コメント

10月7日(日) 芦屋Salon Classic

2012年10月07日 | コンサート


2012年10月7日(日)
14:00開演(13:30開場)
Salon Classic1F 芦屋市東芦屋町3-9
参加費:2,500円

フランス音楽のマチネ
ドビュッシー生誕150年に因み、ドビュッシーにいたるまでのフランス音楽の流れをピアノ小品で辿ります。

1.F.クープラン [1668-1733]:
「神秘のバリケード」(「クラヴサン曲集第6オルドル」より)[1717]
2.F.ショパン [1810-49]:
ワルツ第3番 イ短調 Op.34-2 [1831]
ノクターン第8番 変ニ長調 Op.27-2 [1835]
3.G.フォーレ [1845-1924]:
即興曲第3番 変イ長調 Op.34 [1883]
4.M.ラヴェル [1875-1937]:
「亡き王女のためのパヴァーヌ」[1899]
5.C.ドビュッシー [1862-1918]:
「月の光」「パスピエ」(「ベルガマスク組曲」より)[1890]
「水の反映」[1905]

ピアノ:内藤 晃
お話:尾山 格(ピアノ調律師)
W.HOFFMANNピアノ使用

お問い合わせ/お申し込み
主催The Music Center Japan 0797-55-0730
090-7423-8050 email: info@tmcj.jp
コメント