ケルベロスの基地

三本脚で立つ~思考の経路

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BABYMETAL探究(大阪城ホール2017前前前夜)

2017-10-13 00:33:25 | babymetal
15日の、大阪城ホール2日目、「法則」どおりに雨になりそうだ。

僕が今まで参加したBABYMETALのライヴは、

① 2015年 6月21日 
 <幕張メッセ 巨大天下一メタル武道会>
 整列時間のころから、雨。

② 2015年 8月21日
 <新木場スタジオコースト 黒ミサⅡ>
 快晴。

③ 2015年12月13日
 <横浜アリーナ2日目>
 雨。

④ 2016年4月 2日未明
 <ZEPP なんば WEMBLEY・LV>
 夜だったから判然としないが、雨ではなかった。

⑤ 2016年 9月19日
 <東京ドーム 1日目 RED NIGHT>
 台風接近中、大雨。

⑥ 2017年 8月30日
 <ZEPP 大阪ベイサイド 白キツネ祭り>
 晴れ。

大箱は、雨。
という「法則」がみごとに成り立つ。

娘と一緒に参加するのは、③、⑤に続いて三回目だが、
どれも雨(になりそう)だ。

だからどう、という話でもないのだが、
この鮮やかさは何か楽しい。
神懸かっている、と思うのは、
ファンならではの思い込み、なのだろうか。
(でも、東京ドーム公演が、台風って・・・ねえ)

で、15日の、ライヴ当日、
楽しみなのは、

a 新たな調べ 降臨。
 ははは。まだ意地汚くあきらめていないのだ。

b 娘と一緒に、生「紅月」!生「メタ太郎」!
 娘は、③⑤参戦なので、この2曲をまだライヴでは体験していないのだ。
 スタンド席だが、結構前の方になりそうなので、
 THE ONEたちのモッシュの熱気を感じながら、
 生「紅月」に感涙し、生「メタ太郎」をともに合唱したい。
 (カラオケでは、「紅月」で90点超えを出したこともあるそうな。
でも、そんな娘もライヴでは、耳を澄まして、神々しい歌声を堪能する時間になるはず。)

c 大きなスクリーンを使った熱演、の目撃。 
  つい先日のライヴ⑥では、ちらちらとしか見えなかった3人+4神の
 「最新の雄姿」を、たっぷり堪能するのだ!

ライヴ後の「重大発表」については、どうも翌日のLV後に全容発表という気配が漂っているので、これはあまり期待せずに参加する。

まあ、何にせよ、ワクワクが止まらない!

余談だが、先日、「音楽チャンプ」というテレビ番組を観た。

かつて栄光を味わったこともある、歌の名人たちが、再起をめざして
厳しいオーディションに臨む、という趣旨の番組だ。

番組全体としてはきわめて粗っぽく、安っぽい演出が鼻についた。

とりわけ、審査員の「辛口」発言は、すべての出場者に対しての4人の審査員の発言すべてを紹介すべきだろう、
それが番組の「売り」なのだから。
何だかなあ・・・、という感想を抱く番組ではあったが、

決勝戦に残った2人がどちらも、一週間、ボイストレーナーのりょんりょん先生の厳しいレッスンを受ける風景など、
BABYMETALファンにとっても興味深い映像が流れたりして、それなりに楽しみはした。

ああ、SU-METALも、こんなレッスンを受けているのだな、なんて思ったりした。
映像から伺えた範囲では、単にテクニック的な発声法等の指導ではなく、
感情表現、観客に魅せること、という、
「プロの歌い手」としての根幹を鍛えるものであった、ようだった。

で、あらためて感じたのが、「いわゆる歌のうまい人=プロレベルの技術の歌い手」なんて、いくらでもいて、
「歌手」になりたい、「歌手」としてやっていきたい、って願いを持ちながら、
でも芽が出ずに、いつ光があたるかわからない下積み生活を必死に送っている人たちも、たくさんいるのだなあ、
ということだ。

ロボット審査員(精密採点の最高機種)の採点で、99点台とか出す出場者もいたし、97点、95点とか、
みんな、とんでもない巧さ(音程の正確さや、テクニック)である。

しかし、そのほとんどは、審査員(特に「鬼」キャラの菅井氏)が語っているように、
「巧く歌えているだけで、誰に向けて、どういう感情を放っているのかわからない。全く僕の心には響かない」
「楽曲・歌詞に籠められたエモーションを表現しようなんてこれっぽっちも思っていない。おしゃれな楽曲に巧みに声を乗せているだけ」だ。
僕も、(おそらく)視聴者のほとんども、そう感じる、そんなパフォーマンスだった。

まあ、カラオケをバックに、
他人の曲を、
オーディション番組という場で歌っているのだから、
仕方がない部分は多分にあるのだけれども、
SU-METALの歌を日々聴き慣れている身にとっては、
「巧いけれど、それだけ」としか感じられないものであることは確かだった。

で、あらためて、
BABYMETALのボーカルがSU-METALであることのしあわせ・贅沢さ
を濃厚に噛みしめた、のだった。

いや、ほんと、
心震わせる澄みきった歌声を、
美少女の超絶舞踊&神バンドの超絶演奏が奏でる、奇妙キテレツなかっこいいメタル楽曲に載せて
堪能できる、世界で唯一無二の、極上のエンターテインメント。

それを、いよいよ(地元・・・?)大阪の大箱で、娘と一緒に楽しめる、のだ。

まさに、楽しみの極み。至高の贅沢。

雨(おそらく)の中、堪能しに行ってきます。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« BABYMETAL探究(番外編:「に... | トップ | BABYMETAL探究(「三種の神器... »

コメントを投稿

babymetal」カテゴリの最新記事